高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2013年1月22日

 先日(1月8日)の北陸中日新聞に「昇竜道は日本縁起街道 4県 著名社寺回る」という記事が載り(→こちら)、記事中に高岡市の国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)も登場しました。

 

 これは日本を訪れる外国人観光客、特に中国人観光客に関する記事です。早くから日本訪問が解禁され、日本訪問に査証も必要ない韓国台湾香港から日本への観光客は半数以上は日本訪問が2回目以上で、旅行形態も団体旅行より個人旅行の方が多く、訪問先もどんどん多様化しています。特に台湾は訪日回数が6回以上という観光客が2割以上いるという親日国で、当ブログにも台湾からの視察や取材に対応した記事が時々登場します(→最近ではこちらこちら)。

 

 一方で、日本訪問解禁からまだ日も浅く、外国旅行もまだまだ一般的ではない中国は、初めて日本を訪問する観光客は8割以上で、団体旅行比率も8割です。つまり、圧倒的多数の中国人観光客は日本訪問が初めてで、団体旅行、つまり添乗員付きのパッケージ旅行で来日します。

 

 日本訪問が初めてですから、とりあえず有名なところを回ろうということで、中国人観光客の日程は、成田空港から入国し、東京やディズニーランドを見学し、富士山を見てから、京都を観光し、大阪でショッピングして、関西空港から帰国(もしくはその逆ルート)というコースが大多数を占めています。観光業界ではこのコースをゴールデンルートと呼びます。

 

 ところが、このゴールデンルートですと見事に中部地区や北陸が抜け落ちてしまいます。そこで考え出されたのが、中部国際空港(愛知県常滑市)から能登半島(石川県)まで東海北陸道などでつなげる観光ルートを、縁起の良い昇竜に見立てたドラゴンルート(昇竜道)なんです。

 

 能登半島の和倉温泉のとある旅館の社長が、ある日、地図を眺めていたら、能登半島は竜の頭に、中部国際空港のある知多半島(愛知県)は竜のしっぽに似ていることに気付いたことから始まりました。そういえば名古屋のプロ野球球団は中日ドラゴンズだし・・・

 

  ドラゴンルート(昇竜道)の沿線には、世界遺産の五箇山(富山県)や白川郷(岐阜県)、世界農業遺産の能登半島など、有望な観光資源があり、将来性があるということで、中部運輸局がこのアイデアに乗り、ドラゴンルート(昇竜道)を海外にPRするプロジェクトが辰年の2012年に始まりました。

 

 冒頭に引用した新聞記事は、このドラゴンルート(昇竜道)の魅力づけのひとつとして、沿線の7つの神社・仏閣を結ぶルートを「日本縁起街道」と称し、PR戦略を強化するものです。

 

 参加する神社・仏閣は下記の7つ。北から順番に並べます。
須須(すず)神社(石川県珠洲(すず)市)
気多(けた)大社(石川県羽咋(はくい)市)
瑞龍寺(ずいりゅうじ)(富山県高岡市)
白山比咩(しらやまひめ)神社(石川県白山(はくさん)市)
桜山八幡宮(岐阜県高山市)
真清田(ますみだ)神社(愛知県一宮市)
熱田神宮(愛知県名古屋市)

 

 残念ながら2012年後半からは日中関係の悪化で中国人観光客は落ち込んでいますが、将来的には、どんどん豊かになっていく中国からの旅行者が増えるのは確実。その時に、このような試みが実を結ぶといいですね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-日本縁起街道

(SH)

2012年12月26日

 高岡市では国内の観光客と並んで、外国(主に台湾)からの観光客の誘致にもつとめています(→最近の活動はこちら)。その誘致活動の成果の一つとして、台湾の「自由時報」という新聞のホームページで高岡市が紹介されました。(→こちらの記事

 

 中国語はわかりませんが、漢字は読めますので、記事中では高岡市の名前の由来が中国の「詩経」の中の「鳳凰鳴矣、于彼高岡(鳳凰鳴けり、彼の高き岡に)」という一節をもとにしていることもちゃんと書いてありますし、高岡大仏、土蔵造りの町山町筋(やまちょうすじ)」瑞龍寺(ずいりゅうじ)、路面電車万葉線、千本格子の町金屋町(かなやまち)」などについて触れています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-自由新報
右上の写真は高岡市内のレストラン柿の匠(かきのしょう)の料理写真。右下の写真は瑞龍寺(ずいりゅうじ)

 

(SH)

2012年12月5日

 高岡市へ台湾のTV局の取材が先週あったことや(→こちら)、そのTV番組のレポーターのfacebook高岡大仏の記事が16,000超えのアクセスがあること(→こちら)を当ブログでご報告しましたが、実は今週は台湾からの視察団が2本も高岡を訪問しました。

 

 ひとつは富山県の高岡市・南砺(なんと)市と岐阜県郡上(ぐじょう)市の3市合同で招待した視察団(旅行会社2名、メディア2名の計4名)。もうひとつは石川県・富山県・新潟県の3県合同で招待した視察団(旅行会社4名)です。

 

 前者の3市合同で招待した視察団は12月3日(月)の午後と4日(火)の午前中に高岡に滞在し、雨晴(あまはらし)海岸、国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)金屋町(かなやまち)の鋳物工房利三郎(りさぶろう)で文鎮づくり体験、高岡大仏道の駅万葉の里高岡ドラえもん電車など、幅広く視察していただきました。

 

 その4人の視察団の中には台湾からの観光客誘致の関係者の中ではかなりの有名人も含まれていました。その方のお名前は哈日杏子(ハーリーキョウコ)さん。漫画家、紀行作家、エッセイストで、1996年に「哈日族(ハーリーズー)(=日本が大好き人たち)」の言葉を創作し、台湾全土に広めたことによって、日本でも知られるようになりました。

 

 そんな哈日杏子さんの高岡での日々が彼女のfacebookに綴られています(→こちら)。12月3日(月)の雨晴(あまはらし)海岸から始まり、柿の匠での懇親会、コンビニで見つけたKITTYチョコまん、金屋町ドラえもん散歩道、ドラえもん電車と続き、五箇山に移ります。コメントは日本語と中国語の両方で書かれていますよ。また、同行者の中にはブログで瑞龍寺や、安置されているトイレの神様こと烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)を詳しく綴っている人もいます(→こちら)。

 

 一方で3県合同で招待の視察団は昨日12月4日(火)の昼過ぎまで高岡に滞在し、瑞龍寺金屋町の鋳物工房利三郎で風鈴づくり体験、高岡おとぎの森公園ドラえもんの空き地を視察して五箇山に向かいました。

 

 両方の視察団でドラえもんは大受けでした。恐るべし台湾でのドラえもん人気

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-哈日杏子(ハーリーキョウコ)さんの名刺
哈日杏子さんの名刺(表)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-哈日杏子(ハーリーキョウコ)さんの名刺
哈日杏子さんの名刺(裏)

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-台湾からの視察団
3市合同で招待した視察団(4人とも女性)と高岡市の観光関係者との懇親会での記念写真。中腰で両手でグーをしているのが哈日杏子さん。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-台湾からの視察団
ここからは3県合同で招待した視察団の写真です。瑞龍寺
でボランティアガイドの説明を聞いています。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-台湾からの視察団
金屋町の鋳物工房利三郎で風鈴づくり体験。5代目利三郎さんの説明を通訳が一生懸命通訳しています。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-台湾からの視察団
溶かしたスズを恐る恐る鋳型に流し込みます。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-台湾からの視察団
できあがった風鈴を手に大喜び。実際は短冊の紙を今から下にぶら下げます。

(SH)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.