高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2013年3月4日

33高岡でイベントが満載の日でしたね!
高岡市観光大使の「あみたん娘」が1年記念ということで、
めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa
が行われ、新ポーズ発表!小説化決定!公式コスプレイヤー発表!グッズ販売!など!
内容盛りだくさんなイベントが!
くわしい記事は
北日本新聞
北國・富山新聞

朝日新聞

中日新聞

BBT

そこで、筆者は
ウィングウィング高岡にイラストレーターの松原秀典さん声優の平松晶子さんのトークショーに行ってまいりました♪ε=ε=ε=(ノ≧▽≦)

 

午後の部に行ってきたのですが、
開場前からなにやらエントランスホールにそわそわ感が・・・
そこへ!(っ゚)

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
お二人の美女
が!なんと公式コスプレイヤーさんの写真撮影会でした!
あみたん娘の新ポーズイラストの前でカメラマンさんの注文に応えていらっしゃいます!
ポーズもしっかり決まって、
「面倒見がよく、落ち着いて考えてから行動するタイプ。天然ぽいところもあるが、本人は全く気付いていない。」セシル(写真左)
「明るく活発で、好奇心旺盛。じっとしているのが苦手で、思い立ったら即行動するタイプ。」カノン(写真右)
の二人のキャラクターにぴったりです☆
ちなみに変身前は小学生(せしる・かのん)で大仏の化身「あみたん」からパワーをもらって変身するんですよ(*´ェ`*)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
なんと公式コスプレイヤーさんは6人!
衣装を着ているのはグランプリのお二人だそうですが、全員がセシル・カノンになり高岡のPRのために活動してくださるとか!

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
そりゃカメラマンさんの腕が鳴りますよね!
(筆者はなかなかこの中に入れず正面の写真が撮れませんでしたが(^_^)

 

15時になりイベントスタート☆
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
入り口で参加者限定アイテムも貰えました☆(ポストカードはイベント限定だそうですよ!)

 司会進行のフリーアナウンサー車吉章さんブログ)、BBTアナウンサー谷藤博美さんが登場し、お二人の紹介の後にトークショーがスタート♪
(余談ですが、谷藤さんが新世紀エヴァンゲリオン新劇場版の登場人物のマリのコスプレでの登場でした(*´ェ`*)
高岡のイメージ・印象の話から、業界の裏話とか今のお仕事を始めたきっかけとか、本当に生でしか伺えない内容でした♪(フリーアナウンサー車さんの場の回し方が上手で、緊張を解いていい質問をしていらっしゃるのも凄かった!)
また、平松さんはスラムダンクの赤木晴子、ケロロ軍曹のママの声などのセリフを演じてくださいました!
中でも会場が一番どよめいたのは「となりのトトロの車掌さんの声」会場が「え?そんな声やってたの?」と思っている中、知っていたのは3人!声を演じている平松さんが一番驚いていました☆
松原さんの生イラスト描き披露などもあり、瞬く間にキュートなセシルちゃんが!

イベントには北陸のローカルアイドルである「除雪アイドル おやゆびプリンセス
」からみさりん・ぷにたんがダンスのパフォーマンスを披露してくれました

最後の抽選会ではサイン入りポスターや生で描いてくださったセシルちゃん、好きなキャラクターを描いてもらう権利(!)など豪華すぎる商品たちが☆

そして閉演後のウィングウィング高岡エントランスでは
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
松原さんのサイン会の長蛇の列が・・・・!物販コーナーで500円以上購入した方先着200人にサイン会整理券が配られたそうです!
あみたん娘のイベントももちろん盛り上がりましたが、プロの方を呼んでその空気に触れるだけで高岡が元気になりますよね♪
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
こちらが新ポーズ!
TR@P実行委員会
↑こちらからまた公式情報をチェックしてみてくださいね♪
プチ情報ですが、それぞれのキャラクターがツイッターアカウントをもっていて、特にあみたん(変身前)のつぶやきがオール高岡弁で癒されます♪

 (F.I)

2013年3月4日

 2015年(平成27年)3月頃と予定されている北陸新幹線開業まで、いよいよあと丸2年となりました。“北陸新幹線富山県」開業”キャッチフレーズ「きてきて富山 きときと富山」のロゴが決まったことは以前の当ブログでもお知らせしましたが(→こちら)、お隣の石川県金沢市でも開業ロゴが決まりました。しかも2種類。

 

 新幹線の車窓からのぞく雪吊りの風景をデザインしています。広く普及をはかるため、富山県と同じように、金沢市のホームページからダウンロードして、自由に2次使用できるようになっています(→こちら

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-北陸新幹線「富山県」開業こちらは富山県のロゴ。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-北陸新幹線金沢開業PRロゴ  金沢市内向けのロゴです。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-北陸新幹線金沢開業PRロゴ

こちらは首都圏からの観光客を呼び込むことを狙い、新幹線で移動時間が短縮されることを強調するために、「ちょっと、金沢まで。」となっているロゴです。この二つのデザインは雪吊りの位置が左右対称になっています。それぞれ、上りの東京行き、下りの金沢行きとで進行方向が変わることを反映しています。

(SH)

2013年3月5日

 昨日の当ブログで3月3日(日)に開催された、高岡市の観光大使「あみたん娘」の1周年記念イベント「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」の様子をご報告させていただきましたが(→こちら)、セシル役とカノン役それぞれの公式コスプレーヤーグランプリのお二人が、ご自身のブログで喜びを語っています。

セシル 役の道音亜惟(みちおとあい)さんのブログ「目指せ!富山の看板娘〃´∀`)」 より
3月4日(月) あみたん娘セシル!!


カノン 役の久織(くおり)じゅんさんのブログ「じゅんと小次郎の♪うさうさ日記♪」 より
3月4日(月) 載ったどぉー!@あみたん娘
3月3日(日) グランプリとったぁ(((o(*゚▽゚*)o)))
3月2日(土) 富山のみなさぁん*
2月4日(月) ふぁいとだぁp(^_^)q ・・・オーディション時


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
左がセシル役の道音亜惟(みちおとあい)さん、右がカノン役の久織(くおり)じゅんさん。

 

 また、このイベントでは、脚本家を起用し、「あみたん娘」を小説化する計画も発表されました。創作を依頼された酒井直行さんも、ご自身のブログでその喜びを語っています。

 

★酒井直行さんのブログ「脚本家酒井直行の『新よもだ的どこか征服宣言』」より
3月4日(月) 松原秀典さんはすっごくいいお方だった
3月4日(月) 松原秀典氏とのコラボ小説ニュースその2
3月4日(月) 「サクラ大戦」「エヴァンゲリオン」の松原秀典氏とのコラボプロジェクト スタートです。
3月3日(日) 出張?


(SH)

2013年3月5日

 北陸新幹線の開業がいよいよ2年後に迫ってきました。富山県ではその開業をさらに広く県民にPRし、機運の醸成を図るため、新幹線駅のできる県内の3市で順番に開業2年前イベントを開催しており、高岡市では3月24日(日)の予定であることは、以前の当ブログでもお知らせしましたが(→こちら)、その概要がわかりました。

 

【日時】
3月24日(日) 14:00〜16:00(会場13:00)

 

【会場】
ウイング・ウイング高岡 生涯学習センター ホール
JR高岡駅前)

 

【トークショー】
北陸新幹線の概要や新幹線開業後の県西部の姿などについて語り合います。
・シンガーソングライターの高原兄(けい)さん
・高岡商工会議所 会頭の川村人志さん
・富山大学芸術文化学部教授の渡邉康洋さん

 

【参加申込み方法】
ホームページの参加フォーム、はがき、FAXにてお申込みください。(→くわしくはこちら

 

【地域のゆるキャラ大集合!】
元気とやまマスコットのきときと君をはじめとした地域のゆるキャラが集まります。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-きときと君

 

【展示】
北陸新幹線の工事現場の航空写真パネルや「新高岡駅(仮称)」の模型を展示します。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-北陸新幹線

 

【県西部の特産品コーナー】
県西部の特産品をご紹介します。

 

【みんなで「きときと夢体操」!】
高原兄(けい)さんの歌、演奏に合わせて、きときと君や地域のゆるキャラ、そして富山のご当地アイドル「vienolossi」(ビエノロッシ)と一緒に、「きときと夢体操」をみんなで踊りましょう!

 

(SH)

2013年3月6日

 高岡市内も最近は電気自動車用の充電スタンドが増えてきました。EVNaviによると、富山県内で66か所(→こちら)、高岡市内だけでもすでに15か所の充電スタンドが設置されています(→こちら)。

 

 従来の充電スタンドは自動車販売店や公共施設(市役所など)に設置されていましたが、昨年11月に、富山県内の観光駐車場の設置としては初めて、高岡市は国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)門前の観光駐車場(八丁道第一観光駐車場)充電スタンド設置し、新年度には更に市内主要施設3か所に設置の予定です(→こちら)。

 

 高岡市は並行して公衆無線ランの整備も進めて、「高岡スマート・ドライブ&ステイプロジェクト」と銘打って、観光情報を提供しながら、環境に優しいエコ観光を提供していきます。旅行の形態もどんどん変わっていきそうですね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-瑞龍寺門前駐車場の充電スタンド
充電スタンド
は国宝瑞龍寺門前の観光駐車場(八丁道第一観光駐車場)のトイレ横に設置されました。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-瑞龍寺門前駐車場の充電スタンド
ここに車を停めて充電します。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-瑞龍寺門前駐車場の充電スタンド
これが充電スタンドです。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-瑞龍寺門前駐車場の充電スタンド
利用時間は9:00〜18:00。充電時間はプラグインハイブリッド車(PHV)なら約90分(→こちら)。ゆっくり瑞龍寺を観光して、戻ってきたら満充電だね。電気自動車(EV)は約5〜8時間で満充電です。利用料は無料です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-瑞龍寺門前駐車場の充電スタンド
操作方法も載っています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-瑞龍寺門前駐車場の充電スタンド
24時間365日のサポート付きです。

 

(SH)

2013年8月2日

 伏木港(みなと)まつりの一環として明日8月3日(土)催される「港で働く船大集合!」と、伏木港まつりの協賛行事として8月3日(土)・4日(日)に催される海上自衛隊護衛艦の一般公開に先立って、本日8月2日(金)に伏木富山港で、海上自衛隊護衛艦「ちくま」と、国土交通省大型浚渫兼油回収船「白山」の入港歓迎式がとり行われました。

BIMG_0005
海上自衛隊護衛艦「ちくま」

BIMG_0024
国土交通省大型浚渫兼油回収船「白山」

 

BIMG_0014
左が「ちくま」、右奥が「白山」。伏木富山港に並んで停泊しています。

 

BIMG_0046
入港歓迎式でのアトラクション「伏木けんか山七福神音頭」。左で整列しているのが「ちくま」の乗務員。右に整列しているのが「白山」の乗務員。

 

BIMG_0073
地元関係者からの挨拶の後に、「ちくま」を代表して第15護衛隊司令に高岡万葉大使から花束贈呈。

 

BIMG_0080
「白山」を代表して新潟港湾・空港整備事務所長に高岡万葉大使から花束贈呈。この後、記念品贈呈などが続きます。

 

BIMG_0121
第15護衛隊司令の答礼のご挨拶。うしろに「ちくま」とその乗務員。

 

BIMG_0133
「白山」の船長による答礼のご挨拶。うしろには「白山」の乗務員。

 

BIMG_0152
明日の「港で働く船大集合!」のために伏木港左岸に停泊している伏木海上保安部巡視船「やひこ」。

 

(SH)

2013年9月19日

今週末9月21日(土)〜23日(月・祝)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
特別展「たかおか町絵図探訪!」
7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。  


水中写真家・鍵井靖章写真展「なないろのうみ」
8月24日(土)〜10月20日(日)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


画家 岸田劉生の軌跡 〜油彩画、装丁画、水彩画などを中心に〜

9月14日(土)〜10月20日(日)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら


秋の特別企画展「デザインされた万葉集 上野博之彩画展」

9月18日(水)〜10月28日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。    

 

【 高岡市内のイベント 】
土曜おもしろ講座・高岡のみじかい話

9月21日(土) 14:00〜15:30 
会場:高岡市立博物館
受講無料。事前申込み不要。詳しくはこちら


金屋町楽市 in さまのこ

9月21日(土)・22日(日)
会場:金屋町一帯
詳しくはこちら


第30回 中田かかし祭

9月21日(土)〜23日(月・祝)
会場:中田市街地・中田中央公園
詳しくはこちら


第45回 高岡大仏まつり

9月23日(月・祝)
会場:大仏寺
詳しくはこちら
 


第156回サロンコンサート「古城を彩るトワイライトJAZZライブ」

9月23日(月・祝)
17:00〜19:00
会場:高岡市民会館ロビー
詳しくはこちら


第32回 動物園まつり

9月23日(月・祝)
10:00〜16:00
会場:高岡古城公園動物園
詳しくはこちら


福岡町つくりもんまつり

9月23日(月・祝)・24日(火)
会場:福岡町中心市街地一円
詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント
秋のファミリーフェスティバル in 海王丸パーク
9月21日(土)〜23日(月・祝)
会場:海王丸パーク (射水市)
詳しくはこちら


海老江曳山まつり
9月23日(月・祝)
会場:海老江山町内一円
詳しくはこちら

 (SH)

2013年12月3日

 人気作家の井沢元彦さんが「週刊ポスト」に連載中の「逆説の日本史」が連載1000回突破&単行本20巻発売記念で、今週の「週刊ポスト」(12月13日号)に特別版(全9ページ)が掲載されました。連載の中で万葉集を取り上げていることから、特別版の冒頭は高岡市の記事です。これは、「万葉集」を編纂したとされる大伴家持が若き日に国司として高岡の越中国府へ赴任し、多くの歌を詠んだことによります。

 

 高岡とのゆかりも深く、高岡市観光親善大使もおつとめの井沢元彦さんは、この特別編のために、4月に高岡に取材で訪れ、咲き誇る桜や梅の花のもとで大伴家持のコスプレで写真撮影もなさっておられます(→当ブログの記事はこちら)。特別版では残念ながらモノクロ写真が1枚掲載されているだけですので、その時のきれいな写真もあわせてご紹介します。

 

B2013年12月13日週刊ポスト
今週の「週刊ポスト」12月13日号)の特別版記事。

 

B画像 002
高岡市万葉歴史館の庭の梅の花のもとで。高岡万葉大使(当時)の竹川千尋さんも万葉衣装を着て一役買いました。

 

B画像 044
高岡古城公園の満開の桜をバックに。

 

B画像 040
人気作家の登場ということで、たくさんのメディアが集まりました。その取材風景です。

(SH)

2013年3月6日

 本日3月6日(水)日本気象協会桜の開花予想(第3回)を発表しました(→こちら)。以前の当ブログでお知らせしたように(→こちら)、今回の発表から、開花日に加えて満開日も予想され、また、富山県内は富山市に加えて高岡古城公園も予想地点に含まれます。

 

 高岡古城公園の予想開花日は「平年並み」4月7日(日)<平年より1日遅く、昨年より5日早い>、予想満開日は4月10日(水)<平年と同じく、昨年より7日早い>となっています。

 

 なお、日本では天気予報は1995年(平成7年)に自由化されており、開花予想は民間気象会社からも発表されており、高岡古城公園さくら名所100選にも選ばれているので、それらの予想地点にもよく含まれています。

 

 (株)ウェザーニューズが運営する「さくら情報」では、高岡古城公園の予想開花日は4月7日(日)頃、予想満開日は4月13日(土)頃〜となっています(→こちら)。ここは高岡市福岡町の岸渡川(がんどがわ)も予想地点に含めており、予想開花日は4月10日(水)頃、予想満開日は4月16日(火)頃〜となっています(→こちら)。

 

 また、(株)ライフビジネスウェザーが運営する「桜開花予想」では、高岡古城公園の予想開花日は4月7日(日)、見頃機関は4月10日(水)17日(水)頃となっています(→こちら)。

 

 満開日には若干の差があるものの、この3社での高岡古城公園の予想開花日は4月7日(日)で一致していますね。あと1カ月。楽しみですね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の桜 
高岡古城公園内の高岡市立博物館の屋上から見た

(SH)

2013年3月6日

当ブログでも何度も取り上げてきた
TAKAOCan DREAM(タカオカンドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」
の、主人公「鈴木三郎」役を演じてくださった、渡辺裕之さんのオールアップでした!

 
こんなビックな俳優さんが見られるなんて、ラストチャンス!と、思って城光寺球場にこっそり行ってきましたよ☆(も、もちろん関係者としてですよ!)

 
この日、15時半には高岡を出て、飛行機に乗らなくてはならない渡辺さん。
筆者が球場に着いたのは14時前・・・。もう撮影は終わっちゃったかな?
と、思ったら・・・

撮影している!!(゜ロ゜)

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!! 
おなじみのサンダーバーズのユニフォームを着ても俳優さんのオーラがバシバシ出てます。


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!! 
チームメイトの役の俳優さんのカットも撮影中。

 大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!! 
これはメイクさんがお直しをしているところ。市川監督はこの瞬間もカメラを見つめています!そんな中・・・・

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!! 
さて、問題です!この渡辺さんは何を注意しているでしょうか〜?




「審判の後ろに補給のボールがない」との指示が!
実はこのシーン、ボールは使わず、構えるところのカットなんです。
だから補給用のボールはあっても使わないのですが、渡辺さんと監督から
「ないと不自然」という指示があり、ボールが用意されていました!
さすがプロ!演じるだけでなく周りもきちんと見てらっしゃるんですね!
このシーン、筆者もどこのシーンなのかわからないのですが、実際に見に行って「あ、補給用のボールあるな!」と確認してください♪

 大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
マウンドとホームくらいの距離で指示を出す監督と渡辺さんの様子。
城光寺球場は小春日和でさわやかに晴れているのに、撮影の瞬間だけピリっと場が引きしまるのが印象的でした!

 
渡辺さんのシーンはこの日で終わりですが
32日に雨で中止になってしまった、
試合応援エキストラのシーンを39日城光寺球場で午前10時より撮影いたします♪(申し込みは不要です)
詳しくはこちら→高岡市HP内募集ページ
なんと、エンドロールに名前が入るらしいですよ!

 ☆さて、閑話休題(())
帰りに雨晴観光協会JR雨晴駅の駅舎の中です)に用事で立ち寄ったのですが、

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-JR雨晴駅
よく見ると帽子に
義経岩!

実は雨晴観光協会の職員はJRのチケットやホーム管理もお仕事♪
全員が駅員さんのような帽子を着用しますが、JRの職員さんとは違うこちらの帽子!ここでしか見られない特注品(!)です☆
みなさんシャイだったり、話しかけにくいなと思いがちですが、職員の部屋には有名人のサインや写真が趣味のスタッフの雨晴海岸の絶景写真もありますので、チラチラっとのぞいてください♪

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-ハットリくん列車
帰り際、ハットリくん列車と運よく遭遇♪
車体にも負けない快晴の日に撮影で本当によかったです。


F.I

2013年9月21日

 9月21日(土)〜23日(月・祝)の3日間、中田地区で「中田かかし祭」が開催されています。昭和58年に初めて地域おこしのイベントとして開催されて以来、今年は第30回目を迎え、大勢の皆様にお運びいただこうと地域ではひときわ力が入っています。特にNHK朝ドラの『あまちゃん』や「今でしょう」の『林先生』が目を引いています。

 

 今年は、地区内外から参加した175作品に、昨年度入賞作品41作品、及び地区で特別企画として出展した64作品を加え、全部で280作品をご覧いただくことができます。30回目を記念した今年は、かかしの原点に思いをいたそうと、新たに「素朴なかかし部門」も設けられ、花を添えています。また、大会事務局が力こぶを込めて作った特別企画作品の「源平倶梨伽羅合戦場」は、大パノラマで迫力満点です。

 

 百聞は一見にしかず、是非間近でご覧ください。祭について詳しくはこちら

 

 

BグランプリP1070004 
総合グランプリ:「源平合戦 激突火牛レース」(下山田自治会)

 

 B団体 優賞P1060934
団体の部 91作品エントリー
優勝:「中田かかし祭りに利長公おでまし」(宮町自治会)

 

 

 

B個人 優賞P1060915
個人の部 41作品エントリー
優勝:「田舎のプロポーズ『おらで良いがけ?』『おら、ずっと前から決めとった』」(井上登美子さん)

 

B事業所 優賞P1060942
事務所CMの部 9作品エントリー
優勝:「復興の応援団長『道祖神』、降臨」(農事組合法人ファーム貞杉)

 

B素朴 優賞P1060893
素朴なかかしの部 17作品エントリー
優勝:「3本のなかよし」(今泉新壮青会)

 

B子供 優賞DSC_0002
子どもの部 17作品エントリー
優勝:「いくせい忍者学園”ただいま修行中”」(中田校下児童育成クラブ)

 

BポスターP1070015    
特別企画作品「源平倶梨伽羅合戦場」

 

この他部門ごとに次勝、三勝、佳作が決められたほか、アイディア賞やキャラクター賞が選ばれました。いくつかご紹介します。

 

BP1060920
団体の部 佳作:「アベコベミックス」(東町自治会)

 

BP1060909
団体の部 佳作:「かかしいつ見るの!?今でしょっ!!」(砺波信用金庫中田支店)

 

BP1060930
団体の部 佳作:「利長君 東京へ出陣」(東保新自治会)

 

BP1060946
団体の部 佳作:「決定!!新高岡駅」(常国自治会)

 

B個人 次賞P1060904
個人の部 次賞:「フライングゲット(きんたろう)」(大門美容院)

 

 

BP1060916 
個人の部 佳作:「くまモン」(中村久子さん) 

 

 

 B個人 佳作P1060917
個人の部 佳作:「ジェジェジェッ」(中村知呂さん)

(SH)

2013年3月6日

 以前の当ブログで、3月20日(水・祝)JR高岡駅前のウイング・ウイング高岡「伏木富山港クルーズ講演会」が開催されることをお伝えしましたが(→こちら)、その講演会のPRのため、伏木(ふしき)と関わりのあるクルーズ船のポスター展JR高岡駅の南北自由通路(万葉ロード)で今日3月6日(水)から開催中です。12日(火)まで。

 おなじみの「飛鳥Ⅱ」や、今年9月に伏木に入港予定の、アジア最大級となる14万トン級の外航クルーズ客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」号のポスターなどが並べられています。

 

 このポスター展は3月13日(水)〜19日(火)ウイング・ウイング高岡で巡回展示します。ぜひ、のぞきに来てくださいね!

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-クルーズ客船のポスター展
改札口前のコンビニ「チャオ」の横で開催中。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-クルーズ客船のポスター展

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-クルーズ客船のポスター展
反対面です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-クルーズ客船のポスター展
2006年(平成18年)のデビュー以来、毎年伏木に寄港している「飛鳥Ⅱ」の説明を興味深げに眺める通行人。

 

(SH)

2013年3月7日

 高岡市を舞台に、地元野球チームと住民の交流などを描く映画「TAKAOcan DREAM(タカオカン・ドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」の撮影が高岡市内で進行中であることは、当ブログでお伝えしましたが(→こちらこちら)、昨日の当ブログでもお知らせしたように(→こちら)、3月9日(土)高岡市営城光寺野球場で撮影時のエキストラを募集しています。

 

 これは当初3月2日(土)に撮影予定だったものが、悪天候のため延期になったもので、この映画の最後の撮影となります。
★映画の公式ホームページはこちら

【日時】
2013年3月9日(土) 10:00〜
 ※ 10時までに野球場にお越しください。
 ※ 事前の申し込みや登録などは不要です。

 

【場所】
高岡市営城光寺野球場 観客席
 ※ 住所:高岡市城光寺字犬山34番地
 ※ 案内地図はこちら

 

【撮影内容】
観客席での応援シーンの撮影を行います。
 ※ この日は主役の渡辺裕之 さんは球場には来ません。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!! 
3月5日(火)高岡市営城光寺野球場で撮影時に。バッターボックスに立っているのが主役の渡辺裕之さん。渡辺さんが何をしているのかは、昨日の当ブログをご覧ください(→こちら)。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!! 
3月2日(土)の撮影が延期になり、結果的には最後の撮影は3月9日(土)となりましたが、当初の予定では最後の撮影日は3月5日(火)だったので、打ち上げ3月5日夜に高岡商工ビル10階で開催されました。左から市川徹監督、高橋高岡市長、ひとりおいて川村高岡商工会議所会頭・高岡市観光協会会長、永森富山サンダーバーズ社長。渡辺裕之さんは残念ながら東京にお戻りになり不参加。

(SH)

2013年3月7日

今週末の3月9日(土)・10日(日)の高岡市及び周辺地区のイベントをご紹介します。

 

 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】
GEIBUN4 富山大学芸術文化学部卒業・修了制作展
3月8日(金)〜24日(日)
会場:高岡市美術館
詳しくはこちら

 

報道写真の先駆者 写真家 名取洋之助展
2月9日(土)〜3月24日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら

 

絵と写真でたずねる越中万葉ゆかりの土地
1月30日(水)〜4月8日(月)
会場:高岡市万葉歴史館 回廊
詳しくはこちら


館蔵品展「未来へつなぐ高岡のお宝
-新収蔵品を中心に-」
2月9日(土)〜5月6日(月・振休)
会場:高岡市立博物館
入館無料。詳しくはこちら


【 高岡市内のイベント 】
土曜おもしろ講座 高岡のみじかい話 「館蔵品展のみどころ」
3月9日(土) 14:00〜14:30
会場: 高岡市立博物館
入館無料。詳しくはこちら


第16回 Uの祭典

3月9日(土) 9:30〜17:00
会場:高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)
詳しくはこちら


第13回 山町筋のひなまつり

3月9日(土)・10日(日)
会場:山町筋 一帯
詳しくはこちら


第7回 わくわくメルヘンランド

3月10日(日) 12:00〜15:00
会場:御旅屋(おたや)メルヘン広場
詳しくはこちら

 

 

【 高岡市周辺のイベント 】
となみニューグルメと伝承料理
3月9日(土) 14:00〜16:00
会場:砺波市文化会館 (砺波市)
入場無料。詳しくはこちら

 

わかめの収穫体験
3月9日(土) 10:00〜13:30
会場:氷見漁港内 氷見水産センター (氷見市)
参加無料。詳しくはこちら

 

あったか鍋と映画の集い
3月10日(日) 9:30〜16:00
会場:道の駅メルヘンおやべ (小矢部市)
詳しくはこちら

 

(SH)

2013年12月3日

 いよいよ北陸新幹線の富山県内での試験走行が昨日から始まりましたね。その北陸新幹線新高岡駅の「顔」となる南側駅前公園に設置するモニュメントのデザイン案が3つ公表されました。「銅合金、アルミ、鉄などの高岡銅器の鋳物を基本とし、デザインや仕掛けによっては鋳物以外の高岡の地場産業の素材も活用する」などの必須事項を元に、高岡市から依頼を受けた3人の作家が提案したものです。

 

 12月1日(日)〜12月21日(土)に市民投票を実施した上で、芸術や景観の専門家でつくる審査会を経て、来年1月中旬にデザインが決まります。投票所は高岡市役所1階、JR高岡駅南北自由通路(万葉ロード)、生涯学習センター1階の3か所で、郵送やメールでも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。さあ、高岡市民の皆さんは一緒に考えてみませんか!

 

B(A案)
【A案「響きあう風景」】 飛、越、能、それぞれの意味合いをもつ様々な素材で鋳造された3つのタイプの曲面のイメージで構成されています。

 

B(B案)
【B案「飛越能 光の樹(き)」】 大樹の機能を持ちながら、光環境をも考慮し、高岡市の新たなるスタートとして、「伝統と革新」をテーマに創造するものです。

 

B(C案)
【C案「夢壺(ゆめつぼ)」】 高岡が世界一の鋳造のまちとして発展することを願い、過去から現在・未来へ「たくさんの夢が詰まった壺」をデザインしました。

 

B設置場所
モニュメント設置場所

 

BIMG_0001
JR高岡駅の改札口前に設置された投票所。

(SH) 

2013年3月7日

 3月3日(日)に開催された、高岡市の観光大使「あみたん娘」の1周年記念イベント「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」の様子は当ブログでもご報告させていただきましたが(→こちら)、このイベントの新聞報道の中で、「これから、(3月)20日に東京、4月には岐阜県大垣市でイベントが予定されている」(→こちら)とあり、3月20日(水・祝)「acoico fes 2013」というイベントらしいとわかったけど、4月の大垣は、そもそも「なんで大垣?」と思っていたら、4月7日(日)に大垣市で「全国萌えキャラフェスティバル」なるものが開催されるんだね。

 

 日本全国で萌えキャラによる町おこしをめざしているところが、こんなにたくさんいるのにも驚いたけれど(→こちら)、開催地の大垣市の「大垣きゅん物語」 なるプロジェクトのキャラクターがやけに多いのが不思議だったけど(→こちら)、なんと!大垣市の200ある町名すべてをキャラクター化するつもりなんだね。壮大だねえ。「今後、毎月2〜3人づつ新しいキャラクターを発表し、2年を目途に市内の各町ごとに約200人のキャラクターが出来上がる予定」だそうです(→こちら)。「あみたん娘」も負けていられないね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」でお披露目された「あみたん娘」の公式コスプレイヤー。左がセシル役の道音亜惟(みちおとあい)さん、右がカノン役の久織(くおり)じゅんさん。

(SH)

2013年3月8日

 昨日の当ブログで、日本各地の萌えキャラをご紹介したけど(→こちら)、お隣の石川県にも、石川県の伝統工芸とロリィタファッションがコラボした「加賀ロリプロジェクト」なるものがあり、イメージキャラクターとして「溶(よう)ちゃま」という萌えキャラがいるんだね。

 

 12代加賀藩主の前田斉泰の正室「溶姫(ようひめ)がモチーフなんだって。なんでもこの「溶姫(ようひめ)は時の将軍・徳川家斉の実の娘だったとか。

 

 3月2日(土)には金沢で「加賀ロリ ファッションショー」もやったばっかりなんだ(→関連新聞記事はこちらこちら)。「あみたん娘」も負けていられないね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」
でお披露目された
「あみたん娘」の公式コスプレイヤー。左がセシル役の道音亜惟(みちおとあい)さん、右がカノン役の久織(くおり)じゅんさん。

(SH)

2013年3月8日

 高岡市を舞台に、地元野球チームと住民の交流などを描く映画「TAKAOcan DREAM(タカオカン・ドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」の撮影が、残すところ3月9日(土)の高岡市営城光寺野球場での撮影のみとなり、撮影時のエキストラを募集していることは、昨日の当ブログでもお知らせしましたが(→こちら)、3月5日(火)の撮影で一段落したので、主役の渡辺裕之さん、共演の竹内晶子さん、市川徹監督にお願いして、色紙と台本表紙にサインしていただきました。

 

 当協会では協力した映画のスタッフやキャストに手形をお願いして、高岡の地場産業である青銅器に仕上げることがありますが、今回もこの3人にお願いして手形を粘土に取らせていただきました。粘土に取った手形は、高岡の地場会社の(株)竹中銅器青銅製に仕上げてもらい、漆塗りの枠にはめこんでいただきます。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
色紙4枚と台本です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
主役の渡辺裕之さんのサイン。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
共演の竹内晶子さんのサイン。かわいいですね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
市川徹
監督のサイン。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
寄せ書きです。左が渡辺裕之さん、右下が竹内晶子さん、右上が市川徹監督です。市川監督は「九転十起」と書いています。これは2006年に市川監督が高岡市のお隣の氷見(ひみ)出身の実業家である浅野総一郎の映画「九転十起」を製作しているからです。(→浅野総一郎の生涯についてはこちら

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-がんばれ!サンダーバーズ!!
台本の表紙にもサインしてもらいました。

 

(SH)

2013年3月8日

 北陸新幹線「富山県」開業PRブログ「きときと君日記」が2回にわたって新高岡駅(仮称)をレポートしています。

 

 「再び!新高岡駅(仮称)をていさつして来たよ♪〜外観編〜」はこちら、「〜内観編〜」はこちら。表題に「再び」とあるのは、昨年12月に1回目のレポートをしているからです(→こちら)。

 

 写真や完成イメージ図、構内図などで、工事の進捗状況がとてもよくわかるレポートですよ。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-北陸新幹線

 

(SH)

2013年3月9日

 今日・明日の3月9日(土)・10日(日)は重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の山町筋(やまちょうすじ)ひなまつりです。(→くわしくはこちら

 

 さっそく行ってきました。とっても華やかでにぎやかでしたよ。山町筋のひなまつり東から西にご紹介します。(全てを網羅しているわけではありません)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり 
牧野屋呉服店

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり 
高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家)。通常は有料の施設ですが、ひなまつり期間中は無料公開です。ひなまつりも多数展示してあります。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり 
高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり 
高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
高岡市土蔵造りのまち資料館(旧室崎家)では、ひなまつり期間中は茶席も設置されています(有料)。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
萩野仏壇店
はウインドウを外から眺めます。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
ひなまつり
を飾っている家の前には、のぼり旗が掲げられています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
梅田屋呉服店

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
ちょっと路地を北に入って、車和裁学院

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
筏井(いかだい) 。県指定文化財の建物の中に入れるだけでも価値があります。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
JR
高岡駅前から延びる昭和通りと山町筋との交差点の角の塩崎商店

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
反対の角の大野屋菓子舗

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
昭和通りを西に渡って、元屋呉服店はショーインドウを外から眺めます。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
井波屋仏壇店。国登録文化財の建物です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
中條家

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
スーパーマーケットのスパー守山町店

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
岩城家。つるし飾りや花が飾られており、にぎやかでした。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
中村漆器店

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
太田家。3月9日(土)・10日(日)の両日午後に2回ずつ、合計4階の演奏があります。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
太田家

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
太田家

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
若森家。たくさんのひな飾りで華やかでした。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
アライブのショーウインドウ

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山町筋のひなまつり
山町筋の西の端の松崎家

(SH)

2013年3月11日

 昨日3月10日(日)高岡大和のお隣の御旅屋(おたや)メルヘン広場で、今年度の最後となる「第7回 わくわくメルヘンランド」が開催されました。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
先着100名にぜんざいが無料で振る舞われました。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
ぜんざい
をおいしそうにいただく人々。

 大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
利長くんふあふあ
は子供たちに大人気。1回100円です。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
中では子供たちが元気に飛び回っていました。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
無料の足湯コーナーであったまる家族連れ。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
足湯に入るために靴を脱ぎます。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド
参加無料のフラワーアレンジメント教室。

 

オタヤ通りはたくさんの切り花で飾られていました。
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-わくわくメルヘンランド

 

(SH)

2013年8月3日

 大小約1,200本の七夕飾りが市街地を彩る高岡七夕まつりが始まり、2日目の8月2日(金)の夜の様子をお伝えします。複数の会場でイベントが開催されました。当ブログで主要行事や関連行事を日付別・会場別に整理したのはこちら。8月1日(木)から始まった「足首屋敷」も遅くまで盛況でしたよ。

BIMG_0042 
坂下町通りでの「やわやわ参道納涼祭」には富山ご当地アイドル「ビエノロッシ」が登場。今日はイベント出演が重なったので、半分の4人でした。

BIMG_0160 
桐木町サマーフェスティバルでのバンド演奏。

BIMG_0191 
旧万葉の杜では高岡民謡のど自慢大会。

BIMG_0197
旧万葉の杜のダイワ屋台村も遅くまでにぎわっていました。

 

BIMG_0237
「足首屋敷」は20時を過ぎても、これだけの列。

 

(SH)

2013年12月3日

 高岡市観光協会では、映画やTVドラマなどのロケの誘致と受け入れを進めるフィルムコミッション(FC) という活動も行っており、高岡市内でTVドラマを撮影する際の、ロケ地探しの協力やエキストラの手配などをしばしば行っています。以前の当ブログでも、高橋英樹主演のTVドラマに触れたことがありますが(→こちら)、実は、ただ今、高岡市を中心とした呉西地区(富山県西部)で浅野温子主演のTVドラマを撮影中なんですよ。

 

 番組名は「警察庁特別監察官〜氷の女・氷室透子〜」。どんなドラマかというと、企画書によれば「氷の女と恐れられる特別監察官・氷室透子。警察の不正を取り締まり、失われた正義を取り戻すべく全国を駆け回る!主演・浅野温子、その他豪華キャストで送る新シリーズ!」とのこと。新しいシリーズなんですね。フジテレビ系で、金曜プレステージ枠での放送予定ですが、具体的な放送日は未定です。今日(12月3日)は高岡古城公園での最後の撮影があったので、スタッフの皆さんに温かい飲み物の差し入れをしてきました。12月20日(金)まで呉西地区(富山県西部)各地でロケの予定です。放送が楽しみですね。

 

BIMG_0010
訪れた時には古城公園管理事務所で撮影が行われていました。見えていませんが、屋内には主演の浅野温子が撮影中でした。

 

BIMG_0009
撮影にはたくさんのスタッフがかかわっています。

(SH)

2013年3月11日

 昨日3月10日(日)午前中に高岡古城公園日本野鳥の会富山県支部主催のバードウォッチングの会がありました。ちにみに日本野鳥の会ではバードウォッチングの会探鳥会(たんちょうかい と呼びます。

 

 日本野鳥の会富山県支部では毎年この時期に高岡古城公園探鳥会を開催しています。(→去年の様子はこちら

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
あいにくの雨天でしたが、みなさん熱心に観察していました。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
高岡古城公園のお堀にはたくさんのカモがいました。マガモホシハジロキンクロハジロハシビロガモなど。シベリアから冬鳥として渡来し、日本で越冬します。まもなく北(シベリア)へ帰っていきます。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
上がキンクロハジロの雄。頭・背中・胸は黒い。クチバシは灰青色で先端は黒い。下はキンクロハジロの雌。全体的に褐色。ほとんどの野鳥は雄の方が派手な色をしています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
クチバシの先が黄色いのですぐわかるカルガモ。ほとんどのカモは雄が派手な色で、雌は地味ですが、カルガモは雌雄同色です。また、カルガモ渡り鳥ではありません。1年中、高岡古城公園の濠にいます。カルガモのように渡りをせず1年中いる鳥を留鳥(りゅうちょう)といいます。

 

 

【おまけ】
探鳥会が終わった後に、1人で立ち寄った古城公園動物園で撮った写真です。飼育されているオシドリを撮影しました。大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会
仲のいい夫婦を「おしどり夫婦」といいますが、いかにも仲の良さそうに寄りそうオシドリのカップル。ほほえましいですね。左が雄で右が雌です。オシドリも上述したように、雄の方が派手な色をしていますが、日本の野鳥の中でも、オシドリの雄はとってもきれいな部類です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
雄単独ではこのような姿です。きれいですね。

(SH)

2013年3月11日

 昨日3月10日(日)に、JR高岡駅と射水(いみず)市新湊を結ぶ万葉線に乗車したら、JR高岡駅側の運転席の後ろで、JR高岡駅でのJR各方面との乗換案内と、越ノ潟(こしのかた)での県営渡船との乗換案内の情報提供が試験運用中でした。

 

 いつから正式運用なのか知りませんが、いやあ、どんどん便利な世の中になっていきますね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-万葉線の乗換案内 
現在時刻と終点の高岡駅前駅への到着予定時刻が上部に載り、下部では北陸本線での富山方面への列車の発車予定時間と乗換時間が載っています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-万葉線の乗換案内 
画面はしばらくすると切り替わります。これは北陸本線の金沢方面の乗り継ぎ案内です。特急も載っています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-万葉線の乗換案内 
こちらは城端(じょうはな)線です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-万葉線の乗換案内 
氷見線への乗換案内です。北陸本線は次の2列車が載っていましたが、城端線と氷見線は次の1列車のみの案内のようです。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-万葉線の乗換案内 
反対側の終点の越ノ潟(こしのかた)での県営渡船 との乗換案内です。

 

(SH)

2013年3月12日

 昨年初めて実施して好評だったオタヤオープンカフェ「願い」が、今年も4月から10月までの第2土曜日に、高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街アーケードで楽しいイベントと共に営業再開します。

 

 昨年は6月〜10月の第2土曜日に開催されたイベント(ミニコンサート、フラダンス、三味線、大道芸など)は、今年は4月から開催します。


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-オタヤオープンカフェ「願い」

高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街アーケードのわろんがとモードサロンスギ前にオープンします。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-オタヤオープンカフェ「願い」 
御旅屋(おたや)通り商店街アーケードで告知がありました。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-オタヤオープンカフェ「願い」
昨年6月9日(土)の第一回のカフェの様子。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-オタヤオープンカフェ「願い」
昨年7月14日(土)の第2回。奥ではフラダンスを踊っています。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-街角オペラ
昨年10月13日(土)の最後のオタヤオープンカフェ「願い」
「街角オペラ」。ご覧の通り大盛況でした。

(SH)

2013年12月3日

 国民的人気漫画「ドラえもん」の生みの親で、高岡市出身の漫画家、藤子・F・不二雄氏(本名:藤本弘)の生誕80周年を記念して、高岡銅器製のドラえもんポスト高岡市美術館1階アートホールに登場しました。

 

 藤子さんの誕生日12月1日(日)から来年1月5日(日)までに投函すると、高岡郵便局が回収し、「藤子・F・不二雄 生誕80th記念」のドラえもんの記念消印が押されます。入館料無料ですので、どなたでもご利用になれます。ただし、美術館休館日は投函できません。期間中の休館日は12月2日(月)、9日(月)、16日(月)、24日(火)と12月29日(日)〜1月3日(金)。
※年賀状を投函されても消印は押されませんのでご注意ください。

 

 ポスト設置を記念して、藤子・F・不二雄ギャラリーも同時開催され、藤子氏の歩みが分かる年表やドラえもんポストができるまでを説明したパネル展示、人気キャラクターとの撮影コーナーなどが設けられています。こちらも入館料無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

 

BIMG_0018
高岡市美術館のロビー風景。子供たちが主役の展覧会「ジュニア☆アート☆ワールド 2013-2014」と同時開催。

 

BIMG_0023
藤子・F・不二雄ギャラリーのバナー。

 

BIMG_0027
高岡銅器製のドラえもんポスト。高さ2メートル、重さ350キロ。

 

BIMG_0031
ドラえもんポストに投函すると、この特製消印が押されます。ただし、美術館休館日は投函できません。期間中の休館日は12月2日(月)、9日(月)、16日(月)、24日(火)と12月29日(日)〜1月3日(金)。
※年賀状を投函されても消印は押されませんのでご注意ください。

 

BIMG_0032
人気キャラクターとの記念撮影コーナー。

 

BIMG_0035
ドラえもんのび太とも一緒に記念撮影ができます。

 

BIMG_0040
地下1階のミュージアムショップでは、たくさんのドラえもん関連グッズを販売しています。

 

 

(SH)    

2013年3月12日

 JR高岡駅改札口前のコンビニ「チャオ」横の待合所の窓際に、そこから見える立山連峰の案内パネルが設置されたことは以前の当ブログでお知らせしましたが(→こちら)、今日は天気が良くて立山連峰もよく見えるので、パネルと一緒に写真を撮ってきました。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-立山連峰
う〜ん、写真は素人なので、あまりうまく撮れませんでした。

(SH)

2013年3月12日

 今年も4月30日(火)に ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2013 in 高岡 がやってきます。もう恒例になりましたね。今年も例年のように国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)でも公演があります。

 

 「熱狂の日」を意味する「ラ・フォル・ジュルネ」は、フランスで1995年に誕生したクラシック音楽祭で、「一流の演奏を低料金で楽しめる」という考えに基づいて運営されています。

 

 世界各地に広がり、日本では2005年から東京、2008年から金沢で開催され、今では新潟大津(滋賀県)、鳥栖(九州)でも開催されています。

 

 毎年、世界共通のテーマが設定され、そのテーマにそった曲目が選定されます。今年のテーマは 「パリ、至福の時」〜フランスとスペインの音楽 です。ちなみに去年は「サクル・リュス(ロシアの祭典)」でした。

 

 国宝瑞龍寺では4月30日(火)14:00開演で、「フランス音楽のひととき」と称して、ドビュッシーをはじめフランス音楽の名曲をロマンティックなフルートとハープ・デュオの演奏でお贈りします。昨年は屋外での演奏でしたが、今年は重要文化財の大茶堂(だいさどう)での開催です。

 

 同日19:00開演で高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)では、「至福のフランス音楽」と称して、パリ・コロンヌ管弦楽団メンバーによる四重奏団の演奏をお楽しみください。

 

 いずれも有料で、一般1,000円、学生500円です。(→くわしくはこちら

la_folle_journee2013_takaoka

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-ラ・フォル・ジュルネ金沢
高岡市内でもポスターが目立ち始めましたね。

 

(SH)

2013年3月13日

 暖かい日が続いていますね。春ももうすぐです。今朝、高岡市の国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)参道の八丁道(はっちょうみち)を通りかかったら、雪の重さや冷たさから樹木を守る「雪囲い」の取り外しをしていました。冬が終わろうとしているんだなと実感しました。


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-八丁道の雪囲いの取り外し
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-八丁道の雪囲いの取り外し
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-八丁道の雪囲いの取り外し

(SH)

2013年8月3日

 昨日の当ブログでもお知らせしたように(→こちら)、8月3日(土)には伏木港で、伏木港(みなと)まつりの一環として「港で働く船大集合!」と、伏木港まつりの協賛行事として海上自衛隊護衛艦「ちくま」の一般公開がありました。「港で働く船大集合!」8月3日(土)のみですが、海上自衛隊護衛艦「ちくま」の一般公開8月4日(日)も開催されます。

 

BIMG_0406
護衛艦「ちくま」の午後の一般公開開始の5分前には長蛇の列。

 

BIMG_0423
62口径76mm速射砲

 

BIMG_0428
アスロックランチャー(ロケットブースターを装着した魚雷の発射装置)

 

BIMG_0432
魚雷発射管

 

BIMG_0437
高性能20mm機関砲

 

BIMG_0439
艦対艦誘導弾「ハープーン」

 

BIMG_0400
国土交通省大型浚渫兼油回収船「白山」のブリッジ。

 

BIMG_0267
伏木海上保安部巡視船「やひこ」

 

BIMG_0276
「やひこ」のブリッジ。レーダーが見えます。

 

BIMG_0314
「やひこ」では潜水士訓練の公開がありました。

 

BIMG_0326
溺れている人(左奥で発煙筒を振っている緑色の人)に向かって潜水士2人が「やひこ」から飛び込み泳いでいきます。

 

BIMG_0353
駆け付けたボートに助け上げます。

 

BIMG_0359
海の「もしも」は118番

 

BIMG_0297
伏木港内体験航海をしている伏木富山港湾事務所港湾業務艇「なごかぜ」

 

BIMG_0365
高岡市消防本部消防艇「やまと」

 

BIMG_0371
「やまと」でお子様は放水体験。

 

BIMG_0374
伏木税関支署広域監視艇「たてやま」

 

BIMG_0447
富山県引船「日本海」。いわゆるタグボートです。

 

BIMG_0387
「ゆるキャラ大集合」はやっぱり大人気。

 

BIMG_0279
北陸新幹線の新高岡駅のPRコーナー

 

 

BIMG_0265
屋台もいろいろ出ていました。
 

(SH)                  

2013年3月13日

 3月3日(日)に開催された、高岡市の観光大使「あみたん娘」の1周年記念イベント「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」でも新ポーズが発表されましたが、そのポーズも含めて7種類の「あみたん娘」の新ポーズが発表されました。(→詳しくはこちら

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘 1st Anniversary festa
3月3日(日)
1周年記念イベント「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」で発表された新ポーズ。この他にも4種類のポーズが発表されました。

 

(SH)

2013年3月13日

 高岡市美術館2013年度(2013年4月〜2014年3月)の企画展の内容が発表されました。(→詳しくはこちら
 

 高岡市民美術展日本伝統工芸富山展のように、高岡市美術館で毎年開催されているものを除けば、純粋な企画展は以下の4つになります。
 

 まずは、「特別展 イセ文化基金30周年記念 初公開・明治の刺繍絵画展〜英国王室で愛された至宝〜」。明治時代に輸出産業として欧米向けに作りだされた美術工芸作品の展覧会です。会期は3月30日(土)〜4月7日(日)【会期中無休】の9日間のみです。
 

 次は6月15日(土)〜7月15日(月・祝)に開催の 女性アーティスト展「私たちは越えていく」 です。7人の女性作家たちの、個性豊かな創造の世界の紹介とのことです。
 

 話題を呼びそうなのが、夏休み期間中の7月27日(土)〜9月8日(日)に開催の「ドラえもんの科学みらい展」。当ブログでもすでに2回触れています(→こちら)。(→チラシはこちら

 

 高岡市美術館では、毎年アニメ関係の展覧会をひとつ開催していますが、今年はこの「ドラえもんの科学みらい展」ですね。

★2012年はアニメ背景画家・美術監督である山本二三(にぞう) の作品の展覧会「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 〜天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女〜」。当ブログでも7回触れました(→こちら)。

★2011年度は高岡市育ちのアニメーター松原秀典氏の原画展でした。(→関連の当ブログはこちら

 

 最後の4つめは、一転してグッとオーソドックスに「画家 岸田劉生の軌跡 -油彩画、装丁画、水彩画などを中心に-」。自分の娘、麗子を描き続けたことで有名な岸田劉生の展覧会です。9月14日(土)〜10月20日(日)の開催。
 

 4つともどれもとっても楽しみですね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-山本二三展山本二三展のロビーの様子。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-松原秀典原画展松原秀典氏の原画展のロビー。

 

(SH)

2013年3月14日

 JR高岡駅改札口前のコンビニ「チャオ」横の待合所の窓際に、そこから見える立山連峰の案内パネルが設置されたことは以前の当ブログでお知らせしましたが(→こちら)、待合所と反対側の窓際にも更に一基、立山連峰の案内パネルが設置されました。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-立山連峰
待合所と反対側の窓際です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-立山連峰

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-立山連峰

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-立山連峰
待合所のパネルと同じ写真です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-立山連峰
待合所のパネルと同様に、山の名前と標高が記されています。

 

(SH)

2013年3月14日

 昨日3月13日(水)日本気象協会桜の開花予想(第4回)を発表しました(→こちら)。高岡古城公園の予想開花日は「平年並み」で、第3回の発表より1日早くなり、4月6日(土)<平年と同じで、昨年より6日早い>、予想満開日も1日早くなり、4月9日(火)<平年より1日早く、昨年より8日早い>となっています。

 

 また、民間気象会社の(株)ライフビジネスウェザーが運営する「桜開花予想」 も昨日3月13日(水)に情報を更新し、こちらは1週間前の発表より2日早くなり、高岡古城公園の予想開花日は4月5日(金)、見頃機関は4月8日(月)15日(月)頃となっています(→こちら)。

 

 九州の福岡ではもうが開花したというし、高岡古城公園の開花まで、あと3週間ほどだね。楽しみに待ちましょう。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の桜
高岡古城公園内の高岡市立博物館の屋上から見た


(SH)

2013年6月20日

今週末6月22日(土)・23日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
女性アーティスト展「私たちは越えていく」
6月15日(土)〜7月15日(月・祝)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら
 

刊行記念 回廊展示「越中万葉をたどる」展
5月15日(水)〜7月15日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら
 

6人の写真家たち 「光・風・色」 NATURE PHOTO AID 2013
6月15日(土)〜8月18日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら 


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら 

 

【 高岡市内のイベント 】
土曜おもしろ講座・高岡のみじかい話「むかしの暮らし再発見〜民具っておもしろい〜」
6月22日(土)
14:00〜14:30
会場:高岡市立博物館
詳しくはこちら
 

 

【 高岡市周辺のイベント ※花のイベントが各地で開催されています。
花菖蒲祭り
6月15日(土)〜23日(日)
会場:小矢部河川公園 (小矢部市)
詳しくはこちら


第28回 頼成の森花しょうぶ祭り

6月21日(金)〜30日(日)
会場:県民公園頼成の森 (砺波市)
詳しくはこちら


あじさい祭り in 太閤山ランド

6月21日(金)〜30日(日)
会場:太閤山ランド (射水市)
詳しくはこちら


海王丸の総帆展帆
(そうはんてんぱん)

6月23日(日)
会場:海王丸パーク (射水市)
詳しくはこちら

(SH)

2013年6月20日

 6月10日発売の文芸春秋社の女性向け旅行情報誌「CREA Traveller 2013年夏号」季刊)で高岡市が紹介されました。記事は2015年春の北陸新幹線の開業を見据えた、富山県、富山市、高岡市、南砺市の広域連携による記事「富山が近づく。富山に出会う。」で、越中の匠を訪ねる旅をする女性たちの視点で、富山県の魅力を紹介しています。これは、富山県、富山市、高岡市、砺波市、南砺市、氷見市の1県5市による広域プロモーション事業の第一弾で、クラフトに着目した内容となっています。CREA WEB(http://crea.bunshun.jp/)でも雑誌の記事を掲載しているので、以下のように高岡市の記事を見ることができます。

★高岡市・国宝瑞龍寺
http://crea.bunshun.jp/articles/-/3229?page=3

★ものづくりのまち高岡へ
http://crea.bunshun.jp/articles/-/3231?page=2

 

(SH)

2013年4月21日

 今日4月21日(日)に、高岡古城公園内の射水(いみず)神社をスタート/ゴールとした第1回高岡ねがいみち駅伝が開催され、寒くて冷たい雨の降る中ではありましたが、たくさんのランナーが高岡市の中心市街地を走るぬけました。その仮装部門のランナーたちをご紹介します。

★駅伝そのものの記録はこちら

 

BIMG_0267
高岡と言えば日本三大仏のひとつ、高岡大仏なので、2組の大仏が走っていました。こちらは数珠まで持ち、時々このように拝みながら走っていた本格派。頭の先から足の先までピンク色です。

 

BIMG_0303
その駅伝チームの駅伝終了後の記念写真撮影風景。ねっ、みんな見事にピンク色でしょ。インパクト大でシュールな光景ですね。

 

BIMG_0284
もう1組の大仏さんはお面だけ。

 

高岡ねがいみち駅伝
相撲の盛んな高岡市伏木(ふしき)地区から参加と思われるお相撲さんの着ぐるみを着たランナー。「伏木ちゃんこ」のノボリを持って走っていました。

 

 

 

BIMG_0281
武士。矢が頭を貫通しており、落ち武者のつもりか?

 

BIMG_0093
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、一番左のランナーは、鼠小僧のような江戸時代の典型的な盗人(ぬすっと)の格好をしています。

 

 BIMG_0262
ボケボケの写真ですみません。日本髪風のカツラをつけています。芸者のつもり? 黒づくめの服装は忍者のつもり? いずれにせよ、さすが歴史都市・高岡だけあって、以上のように和風の仮装が目立ちました。

 

BIMG_0099
2年後に開通の北陸新幹線。ノボリも持参で、4人組で走っていました。

 

高岡ねがいみち駅伝
ゴールデンボンバーの樽美酒(ダルビッシュ)

 

BIMG_0312
その樽美酒(ダルビッシュ)の女性版の記念写真撮影風景。

 

 BIMG_0279
消防士さん。もしかして本当の消防士さん?

 

 BIMG_0283
猫耳をつけ、顔にはおひげが書いてあります。

 

BIMG_0193
犬(?)の着ぐるみ。

 

BIMG_0287
その色違い。

 

 BIMG_0294 
意味不明。

 

 BIMG_0374
そして、インパクトがあり、大会を明るく盛り上げた服装や衣装をしたチームに贈られる「仮装賞」を見事に受賞したのは(つまりは一番バカバカしかったのは)、なかやす酒販のチームでした。なお、一番右の巫女さんはコスプレではありません。表彰式を手伝ってくれた、射水(いみず)神社の本当の巫女さんです。

 

      BIMG_0211
そのランナー姿がこちら。右わきにワインボトルをはさみ、右手にワイングラスを持ち、白いシャツにエプロン、蝶ネクタイ(?)。そう、ソムリエの格好ですね。酒を扱うご商売の会社が、真面目にふざけているのが愉快ですね。皆さん、ご苦労様でした。

(SH)          

2013年6月24日

海上自衛隊のミサイル艇「はやぶさ」(200トン、長さ50m、乗員約21名)の一般公開は以下の通りです。

6月29日(土) 9:10〜15:30
場所:海王岸壁(富山県射水市新湊)・・・高岡市のお隣です。
入場無料です。

※詳しくはこちらをご覧ください。
※ミサイル艇「はやぶさ」についてくわしくはこちら
海王岸壁について詳しくはこちら

700PG824はやぶさ_02
ミサイル艇「はやぶさ」(海上自衛隊ホームページより転載)

海王岸壁(富山県射水市新湊)


 

伏木港まつりの時の護衛艦「ちくま」(2,000トン、長さ109m、乗員約120名)の一般公開は以下の通りです。

8月3日(土)・4日(日) 13:30〜15:20
場所:伏木富山港伏木地区万葉岸壁(富山県高岡市)
入場無料です。

※詳しくはこちらをご覧ください。
※ミサイル艇「ちくま」についてくわしくはこちら
伏木地区万葉岸壁について詳しくはこちら

※両日とも10:00〜11:30に体験航海が行われますが事前の応募が必要です。
 
詳しくはこちらをご覧ください。締切は7月12日(金)です。

700DE233ちくま_01
護衛艦「ちくま」(海上自衛隊ホームページより転載)

(SH)

 

2013年9月21日

 重要伝統的建造物群保存地区に指定されていると共に、銅器工芸の職を今に残す金屋町(かなやまち)全域を使って、工芸作品の展示・販売を行う「金屋町楽市 in さまのこ」が今日9月21日(土)から始まりました。伝統的な家屋の中でも、石畳の路上でも、富山県内外の工芸作品が展示され、気に入れば購入することができます。

 

 また、同時に「きもの通り」というイベントも行われ、特別価格での浴衣レンタルがあり、会場が華やいでいます。明日22日(日)まで。そぞろ歩きするだけでも楽しいですよ。

 

BIMG_0004
石畳の路上で、工芸作品の作者本人とお話しすることができます。

 

BIMG_0191
普段は入ることのできない、伝統的な家屋の内側に入ることができるのも、「金屋町楽市 in さまのこ」の楽しみの一つです。工芸作品を手に取るも良し、庭を眺めるも良し。

 

BIMG_0149
展示・販売されているのは伝統工芸作品だけではありません。これはロシアの民芸品マトリョーシカに、漁師や富山の薬売りなど、富山で働く人々の姿を描いたトヤマトリョーシカ。おもしろいですね。

 

BIMG_0025
着物姿の女性がたくさん歩いていて、会場がとても華やかです。

 

BIMG_0038
アトラクションのブラスバンドの女性も全員が浴衣姿です。

 

 

BIMG_0092
いろんな体験もできます。これは人気を呼んでいた「金箔体験」。

 

BIMG_0117 
こちらは「とんぼ玉のワークショップ」

(SH)

2013年12月4日

 昨日の当ブログでお知らせしたように(→こちら)、ただ今、高岡市を中心とした呉西地区(富山県西部)で浅野温子主演のTVドラマを撮影中です。本日(12月4日)午前中は高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り周辺で撮影がありました。筆者も通行人役のエキストラで撮影に参加してきました。残念ながら、浅野温子は登場しない場面の撮影でした。

 

BIMG_0003
御旅屋(おたや)通りのアーケードの入口での撮影風景。左は高岡大和デパートです。

 

BIMG_0009
別の角度から。大きな機材です。

 

BIMG_0013
高岡大和デパートの入り口前で立ち並んでいるのは見物人、ではなくて、ほとんどが通行人役の市民エキストラです。ただ今待機中で、撮影の様子を眺めています。ちなみに、この後、筆者はバス停でバス待ちの役を振られて、撮影スタッフから「腕時計でも眺めてください」と指示されました。

 

BIMG_0024
御旅屋通りのアーケードを抜けたところの、えんじゅ通りでの撮影風景。左のミニパトは本物ではなく、東京から持ってきた撮影用の偽物です。多摩ナンバーでした。屋根の赤色警告灯は撮影の時以外はシートで隠されていましたが、通りがかる車の運転者は、ミニパトは止まっているわ、人だかりはあるわで、皆一様に「何事か」と驚いている様子でした。ちなみに、この時は筆者は反対側の歩道を歩く通行人の役で、3人1組で、「今日のランチ何を食べよう、とかの相談をしながら歩いてきてください」と撮影スタッフから指示されました。

 

BIMG_0005
エキストラ参加のお礼でいただきました。ミニタオル(左上)、メモ帳(右上)、ボールペン(下)です。3つともフジテレビのロゴが入っています。

(SH) 

2013年3月14日

 昨年初めて実施して好評を博した「千保川(せんぼがわ)・さくら・クルーズ」が今年も4月13日(土)・14日(日)に実施されることは以前の当ブログでもお知らせしましたが(→こちら)、その詳細が発表されました。(→公式ホームページはこちら

 

 前回の当ブログで発表した概要と変わったのは、使用するゴムボートの数が、2艘から3艘に増えたことです。乗船できる人数が1.5倍になりました。

 

 ゴムボート3艘は同時に高岡おとぎの森公園スタートしますが、途中から笹舟1艘が伴走します。その笹舟には、高岡市のマスコットキャラクターの利長くんが乗ったり、チンドンが乗ったり、婚礼の際に花嫁を送り出す「嫁入り舟」を模した「花嫁舟」だったりします。どんな笹舟が伴走するかはお楽しみ。

 

 乗船券は1,000円(小学生以上)で、利長くんの缶バッジ、さくら・カフェのクーポン付き。明日3月15日(金)から高岡市金屋町フジチュウ(高岡市金屋町5-1 電話0766-22-0170 9:00〜18:00)で販売開始します。

 

 また、「千保川・さくら・クルーズ」に先立ち、4月7日(日)7:00〜8:00に「千保川大清掃」を実施します。軍手やゴミ袋は主催者が準備しますので、タオルのみご持参ください。事前申込みは不要です。参加を希望される方は午前7時にお集まりください。集合場所は星友橋(国道156号を砺波方面に向かい、清水町の交差点から約380m南の「泉町南」交差点で左折すぐ)。

 

千保川・さくら・クルーズ 
乗船箇所は昨年の一文橋とは変わり、千保川を上流へ約1kmさかのぼった高岡おとぎの森公園で、下船箇所は昨年と同じく横田橋付近です。運行距離は約2.5kmで、運行時間は約30分を予定。

 千保川・さくら・クルーズ
昨年の本番時の運航の様子です。昨年のは平年より開花が遅く、本番時は三分咲きといったところでした。今年は4月9日(火)が満開予想(→こちら)。4月13日(土)・14日(日)吹雪の中でのクルーズとなるのでしょうか。


(SH)

2013年6月24日

 北陸も梅雨入りした6月18日(火)、JR高岡駅の南北自由通路に、水を霧状に噴出させて温度を下げる装置(ドライ型ミスト発生装置)が今年も4台設置されました。

※置かれている装置はこちら
※昨年の設置の当ブログでの報告はこちら

 

BIMG_0014
改札口近くに1台。

 

BIMG_0011
コンビニ横の待合スペースには2台(右の角と左の奥)。

 

BIMG_0028
北口寄りに1台。風通しを良くするために、窓が全部開いています。
   

BIMG_0007
こんな感じで細かいミスト(霧)を噴出しながら首を左右に振ります。(これは昨年の写真です)

(SH)

2013年3月15日

今週末の3月16日(土)・17日(日)の高岡市及び周辺地区のイベントをご紹介します。

 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】

GEIBUN4 富山大学芸術文化学部卒業・修了制作展

3月8日(金)〜24日(日)

会場:高岡市美術館

詳しくはこちら


報道写真の先駆者 写真家 名取洋之助展

2月9日(土)〜3月24日(日)

会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら


絵と写真でたずねる越中万葉ゆかりの土地

1月30日(水)〜4月8日(月)

会場:高岡市万葉歴史館 回廊

詳しくはこちら

 

館蔵品展「未来へつなぐ高岡のお宝

-新収蔵品を中心に-」

2月9日(土)〜5月6日(月・振休)

会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら

 

【 高岡市内のイベント 】

アグリピア高岡の春まつり

3月16日(土) 9:00〜15:30

会場:アグリピア高岡

詳しくはこちら


第16回 高岡つばき展

3月16日(土)・17日(日)

会場:高岡おとぎの森公園

詳しくはこちら


伝統工芸修理技術者養成事業報告展

3月16日(土)〜25日(月) [19日(火)は休館]

会場:高岡地域地場産業センター

詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】

特に無し。


(SH)

2013年3月21日

今週末の3月23日(土)・24日(日)の高岡市及び周辺地区のイベントをご紹介します。



【 高岡市内で開催中の展覧会 】

GEIBUN4 富山大学芸術文化学部卒業・修了制作展

3月8日(金)〜24日(日)

会場:高岡市美術館

詳しくはこちら 。 ※今週末で終了です。

 

報道写真の先駆者 写真家 名取洋之助展

2月9日(土)〜3月24日(日)

会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら 。 ※今週末で終了です。

 

絵と写真でたずねる越中万葉ゆかりの土地

1月30日(水)〜4月8日(月)

会場:高岡市万葉歴史館 回廊

詳しくはこちら

 

館蔵品展「未来へつなぐ高岡のお宝

-新収蔵品を中心に-」

2月9日(土)〜5月6日(月・振休)

会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら

【 高岡市内のイベント 】

北陸新幹線開業2年前イベント「新幹線とこれからのとやま」

3月24日(日) 14:00〜16:00

会場:ウイング・ウイング高岡 生涯学習センターホール

参加無料。詳しくはこちら

 

伝統工芸修理技術者養成事業報告展

3月16日(土)〜25日(月) [19日(火)は休館]

会場:高岡地域地場産業センター

詳しくはこちら


TAKABUNアートクラフト展 こうぼうからの風

3月20日(水・祝)〜25日(月) 10:00〜18:00

会場:富山県高岡文化ホール 3階ギャラリー

入場無料。詳しくはこちら

【 高岡市周辺のイベント 】

海王丸竣工記念イベント

3月23日(土)・24日(日)

会場:海王丸パーク (射水市)

詳しくはこちら


春の全国中学生ハンドボール選手権大会

3月23日(土)〜27日(水)

会場:氷見市ふれあいスポーツセンター、氷見高校、旧有磯高校 (氷見市)

詳しくはこちら


(SH)

2013年12月5日

今週末12月7日(土)・8日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。
 
 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】
蜷川実花「noir」

10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


ジュニア☆アート☆ワールド
同時開催「高岡市ドラえもんポスト誕生記念 藤子・F・不二雄ギャラリー」
12月1日(日)〜2014年1月5日(日)
会場:高岡市美術館

入場無料。詳しくはこちら


正月特別展示

11月27日(水)〜2014年1月27日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら


開館20周年記念プレ企画 あなたが選ぶベスト・コレクション展

11月10日(日)〜2014年3月9日(日)
会場:高岡市美術館 2階 ビコーレギャラリー

詳しくはこちら

  

【 高岡市内のイベント 】
第4回 クリスマスペットボトルアート in TAKAOKA
12月7日(土)〜25日(水)
16:30〜23:00
会場:御旅屋(おたや)通り商店街・御旅屋メルヘン広場周辺
詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】
第3回 探鳥会
12月8日(日)
8:30〜10:30
会場:富山新港臨海野鳥園(海王バードパーク) (射水市新湊)
詳しくはこちら


チューリップ公園KIRAKIRAミッション

12月1日(日)〜25日(水)
17:00〜22:30(金・土・日・祝は23:00まで)

会場:砺波チューリップ公園及び公園周辺 (砺波市)
入場無料。詳しくはこちら


ツゥインクルナイト in 射水
12月1日(日)〜1月31日(金)
17:00〜22:00
会場:JR小杉駅前、駅南広場、下条川河川公園、JR越中大門駅前、射水市役所下庁舎前 (射水市)
詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (SH)

2013年3月21日

 高岡市の伏木(ふしき)へ外国客船の寄港が昨年(2012年)初めて実現し、大型クルーズ客船の寄港が相次ぐ中で、高岡市民の皆さんにクルーズ旅行の魅力を伝え、伏木港から世界の船旅を呼び掛ける「伏木富山港クルーズ講演会」3月20日(祝・水)に、JR高岡駅前のウイング・ウイング高岡で開催されました。

  講演会は「ようこそ、クルーズの世界へ」と銘打ち、旅行会社の執行役員で、全国に43人しかいない「クルーズマスター(社団法人日本外航客船協会認定)」第一号認定者の祖師英夫(そし ひでお)氏が「クルーズ旅行のお勧め」と題して講演しました。30年以上にわたり、クルーズの企画・販売を担当し、70隻以上の乗船経験からクルーズの魅力を紹介していただきました。

 

 祖師氏は、「クルーズは一粒で3度おいしいお得な旅(船内・寄港地・船からの景観)」とか、「クルーズに対する多くの不安には多くの誤解がある」などとクルーズの魅力を伝えてくれました。

 

 会場には旅行会社のクルーズ相談会や、クルーズPRブースなども開設され、客船グッズが当たる抽選会も開かれました。

 

 今年9月にもアジア最大級となる14万トン級の外航クルーズ客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」号伏木港への決まっているなど、今後も伏木港への大型客船の寄港が続きます。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
開場前の賑わうロビー。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
クルーズ船ごとにPRブースが設けられ、DVDが上演されました。これはおなじみ「飛鳥Ⅱ」伏木港に今年は3回寄港します。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
FKKエアーサービスのクルーズ相談デスク。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
JTB富山支店のクルーズ相談デスク。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
約200名の市民が集まりました。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
祖師英夫(そし ひでお)氏。

 

伏木富山港クルーズ講演会 
講演の様子。

 

(SH)

2013年9月24日

今週末9月28日(土)・29日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
特別展「たかおか町絵図探訪!」
7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。  


水中写真家・鍵井靖章写真展「なないろのうみ」
8月24日(土)〜10月20日(日)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


画家 岸田劉生の軌跡 〜油彩画、装丁画、水彩画などを中心に〜

9月14日(土)〜10月20日(日)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら


秋の特別企画展「デザインされた万葉集 上野博之彩画展」

9月18日(水)〜10月28日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。    

 

【 高岡市内のイベント 】
高岡☆ダンスストリート13
9月28日(土)・29日(日)
会場:高岡駅前(末広町通り)歩行者天国特設ステージ
詳しくはこちらこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】
旧北陸道アート in 小杉
9月28日(土)・29日(日)
会場:荒町商店街等
詳しくはこちら

(SH)

2013年12月6日

 高岡市の中心部で、師走の御旅屋(おたや)通り商店街を彩る「第4回 クリスマスペットボトルアート in TAKAOKA」がいよいよ明日12月7日(土)から始まります。12月7日は16:30から点灯式で、おいしいロールケーキの配布もあり、点灯式に引き続いてクリスマスコンサートやダンスの披露などのイベントも予定されています。

 

 また、14:00〜19:00には御旅屋通り商店街入口付近にコカコーラクリスマストラックポーラーベアがやってきて、あなたのメッセージと共にコカ・コーラ1本を大切な人へプレゼントできる「コカ・コーラ ハッピーギフトカード」が配布されます(なくなり次第終了)。ご家族、友人、恋人とぜひお越しください。詳しくはこちらをご覧ください。

 

BIMG_0003
御旅屋通り商店街アーケードでの準備風景。

 

BIMG_0005
御旅屋メルヘン広場で制作中の高さ6mのツリー2基。

 

BIMG_0012
ツリーの中心にはこのようにLEDが設置され、16:30から23:00は点灯し、さまざまな色に変化していきます。

 

Bコカコーラちらし
コカコーラクリスマストラックポーラーベア

 

以下は昨年の写真です。
BIMG_0010
BIMG_0016
BIMG_0022

 

(SH)

2013年9月24日

 以前の当ブログでお知らせしたように(→こちら)、高岡のシンボル、高岡大仏は昭和8年(1933年)に建立され、今年(2013年)は建立から80年となります。そこで、9月23日(月・祝)の例年通りのお身拭い(おみぬぐい)などを行う第45回高岡大仏まつりの他に、今年は高岡大仏ライトアップされ、高岡大仏スナップフォトコンテスト2013が募集中です。

 

 高岡大仏ライトアップ9月20日(金)・21日(土)に行われ、高岡万葉まつり10月4日(金)・5日(土)にも、18:00〜22:00に実施されます。高岡大仏スナップフォトコンテスト2013の応募期間は9月20日(金)〜10月10日(木)で、最優秀賞1点には高岡市商品券1万円分、入賞30点には同3千円分が進呈されます。詳しくはこちらをご覧ください。皆さんもどしどし応募してくださいね。

 

 

BIMG_0025
境内に入ると、参道の両側に172個の発光ダイオード(LED)が輝き、光が流れているので川のようです。

 

BIMG_0011
大仏に近づくと参道の両側ではロウソクの灯が足元でゆらめいています。ほのかに音楽もかかっており、なかなか幻想的です。

 

 

BIMG_0004 
仁王様もいつもとは雰囲気が違います。

 

 

Bちらし
大仏を写したスナップフォトを募集中です。

 

[mappress]

 

 

(SH)

2013年6月25日

BIMG_0003

 高岡市中心商店街にあり、高岡大和などが入る御旅屋(おたや)セリオ屋上庭園「セリオスカイガーデン」が4月にオープンしたことは以前の当ブログでもお伝えしていますが(→こちら)、養生中ため立ち入り禁止だった芝生広場6月24日(月)から全面開放となりました。

BIMG_0111
芝もしっかりと根付き、青々と茂っています。

 

BIMG_0105
いろいろな花も咲いています。
 BIMG_0007 BIMG_0018

BIMG_0102
お昼休みには散歩する人、お弁当を食べる人を普通に見かけるようになりました。

 

BIMG_0028
ベンチもたくさん設置してあります。
 BIMG_0029

BIMG_0033  
花壇の中のベンチ。

(SH)

2013年8月5日

 高岡七夕まつりの3日目の8月3日(土)の様子をお伝えします。イベント盛りだくさんでした。午後には御旅屋(おたや)通りでは親水イベント「まちなかウォーターランド」オタヤオープンカフェ「願い道」、ホラーハウス「足首屋敷」も大盛況。夕方からスエヒロードでは、たかまちフレンドパークやストリートバスケット、旧万葉の杜ではダンスイベント「Dance×3」。そして、20時からは「あみたん娘」の特別ステージがあり、カノンとセシルの声優の発表と、3DCGモデルが公開されました。

 

 

BIMG_0452
BIMG_0454
BIMG_0461
13:00〜15:30には御旅屋メルヘン広場で親水イベント「まちなかウォーターランド」で、子どもたちの歓声が響きました。

 

 

BIMG_0039
BIMG_0041
午後には御旅屋(おたや)通りでオタヤオープンカフェ「願い道」。胡弓(こきゅう)とキーボードの姉妹ユニット、胡恋風(こいかぜ)が心にしみいるような素敵な演奏を聞かせてくれました。

 

BIMG_0337
BIMG_0335
高岡大和前のフタバビル1階では、墨田区ミニ物産展(上)や北陸新幹線開業PRコーナー(下)。

 

BIMG_0061
BIMG_0065
ホラーハウス「足首屋敷」は大盛況で長蛇の列。17時頃には90分待ちとなり、入場制限がかかりました。

 

Bオリジナルメニューちらし
「足首屋敷」の周辺飲食店のオリジナルメニューや半券サービスのちらし。

 

BIMG_0078
17時からは旧万葉の杜でダンスイベント「Dance×3」。

 

 BIMG_0089 BIMG_0094 BIMG_0096
 スエヒロードでは18時からストリートバスケット(上)や、たかまちフレンドパークで利長くんふあふあ(中)、バンド演奏(下)が始まりました。   

 

BIMG_0124
そして、20時からは「あみたん娘」の特別ステージ。セシル(左)とカノン(右)から重大発表。

 

BIMG_0132 BIMG_0148
まず、セシル(左)とカノン(右)の3DCGモデルが曲に合わせて踊ります。写真ではピンとこないかもしれませんが、実際に見ると、これはすごい!

BIMG_0173
続いて、セシルカノンの声を担当する声優さんの発表です。カノンの声を担当する声優の山本希望(のぞみ)さんはビデオレターでの登場です。

BIMG_0248 
セシルの声を担当する女優のエリザベス・マリーさんは会場に駆けつけてくれました。

 

BIMG_0292
最後に3人で フォトセッションが行われました。

 

(SH)

2013年12月11日

現在富山県では、AKB48の32ndシングル『恋するフォーチュンクッキー』の曲に合わせて地元の方々が楽しく踊る『恋するフォーチュンクッキー』富山県バージョンの動画を制作しています!

これに伴い、高岡市でも下記の観光地と出演者により撮影が行われました!

1 国宝瑞龍寺  利長くんと芳野中学校のみなさん                        

P1040598

 

 

                                                                             

 

 

 

 

 

2 雨晴海岸  家持くん、高岡万葉大使と市役所職員

IMG_1730

 

 

 

 

 

 

 

3 金屋町   伝統産業青年会とクリエイ党のみなさん

IMG_9447

                      

 

 

 

 

 

 

 

4 高岡大仏   高岡商業高校応援部のみなさん

IMG_1827

 

 

 

 

 

 

 

5 ドラえもんトラムと万葉線株式会社のみなさん

 写真

 

 

 

 

 

 

 

完成した動画は12月中に動画サイトyoutubeに投稿される予定ですので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

高岡市と富山県の魅力がギュッと詰まった『恋するフォーチュンクッキー富山県Ver』をお楽しみください!!

A.T

2013年12月6日

 高岡の冬の風物詩、「第28回 日本海高岡なべ祭り」は年が明けてすぐの2014年1月11日(土)・12日(日)の開催です。前売券[2枚セット]500円(当日券1枚300円)を高岡駅観光案内所など高岡市内各所で発売中! くわしくはこちら

 

Bちらし

 

以下は去年の写真です。
BIMG_0141
BIMG_0135
BIMG_0234

(SH)

2013年10月1日

今週末の高岡はイベントがいっぱい。整理してみました。
※事前予約が必要なものは除いています。

 

———————————————————————————
高岡クラフト市場街
TAKAOKA CRAFT ICHIBA-MACHI

工芸都市2013
高岡クラフト展
10月3日(木)〜7日(月)
会場:大和高岡店4階催事場 →詳しくはこちら

作家の引き出し展
10月3日(木)〜7日(月)
会場:高岡市内中心市街地4か所 →詳しくはこちら

クリエイ党展
10月3日(木)〜7日(月)
会場:彌栄(いやさか) →詳しくはこちら

クラフトマンズギャザリング
10月3日(木)〜7日(月)
会場:大和高岡店1階アトリウム →詳しくはこちら

高岡ファクトリークラフトショップ
10月3日(木)〜7日(月)
会場:高岡市内中心市街地5か所 →詳しくはこちら

クラフトの台所
10月3日(木)〜7日(月)
会場:高岡市内中心市街地10か所 →詳しくはこちら

たかおかローカルキッチン
10月3日(木)〜7日(月)
会場:小泉家(金屋町) →詳しくはこちら

山元醤油と、クラフト作家10人の醤油挿し
10月3日(木)〜7日(月)
会場:GEIBUN GALLERY →詳しくはこちら

富山ガラスのうつわ展
10月3日(木)〜7日(月)
会場:土蔵造りのまち資料館 →詳しくはこちら

もう一つの高岡ストーリー、菱川勢一写真展
10月3日(木)〜7日(月)
会場:小泉家(金屋町) →詳しくはこちら

無料巡回バス
10月5日(土)・6日(日)10:00〜18:00(約30分おきに巡回)
巡回コース:高岡駅前→末広町→金屋町→山町筋→広小路→古城公園

 

———————————————————————————-
富山デザインウエーブ2013
10月2日(水)〜7日(月)
会場:ウイング・ウイング高岡1階交流スペース →詳しくはこちら

 

———————————————————————————-
富山県デザイン展
10月4日(金)〜7日(月)
会場:高岡文化ホール →詳しくはこちら

 

———————————————————————————
第33回 高岡万葉まつり

第24回 万葉集全二十巻朗唱の会
10月4日(金)〜6日(日)
会場:高岡古城公園 中の島特設水上舞台 →詳しくはこちら

芸能発表
10月4日(金)〜6日(日)
会場:高岡古城公園 中の島特設水上舞台 →詳しくはこちら

万葉大茶会
10月4日(金)〜6日(日)
会場:高岡市民体育館特設席 →詳しくはこちら

観光ボランティアと行く万葉故地めぐり
10月4日(金)〜6日(日)→詳しくはこちら

燈火の路(ともしびのみち)
10月4日(金)〜6日(日)
会場:高岡古城公園 梅園、園路ほか →詳しくはこちら

夕星(ゆふづつ)
10月4日(金)・5日(土)
会場:高岡古城公園 池の端濠(西外濠) →詳しくはこちら

 

—————————————————————————–
週刊ポスト「逆説の日本史」連載1000回記念&高岡市観光親善大使就任記念
井沢元彦氏 講演会
10月4日(金)
会場:射水神社(高岡古城公園内)
参加料:1,000円(記念品付き!) →詳しくはこちら

 

—————————————————————————-
高岡大仏ライトアップ
10月4日(金)・5日(土)18:00〜22:00
会場:大仏寺境内 →9月のライトアップの様子はこちら

 

—————————————————————————-
高岡空き家蚤の市
10月5日(土)・6日(日)
会場:本町の家 →詳しくはこちら

 

—————————————————————————-
日本酒で乾杯推進会議 富山大会
10月5日(土)
会場:[第1部・第2部]富山県高岡文化ホール、[第3部]高岡古城公園 本丸広場]
有料 →詳しくはこちら

 

 

 Bちらし(表)

 

 (SH)

2013年6月26日

 高岡駅南北自由通路(万葉ロード)で毎週火・金曜日に開かれている「えき近(ちか)夕市」7〜9月の間は暑さを避けるため、JR高岡駅前のウイング・ウイング高岡に一時移転します。(→詳しくはこちら

 

 「えき近夕市」は以前は高岡ステーションビル地下で「えき地下夕市」として実施していましたが、2012年1月からはビル建て替えに伴って万葉ロード南口近辺へ移りました。一時移転は、眺望に配慮してガラス張りの壁面が多い万葉ロードでは、夏の強い日差しで通路内の気温が高くなることへの対応策です。夕市は15〜17時。8月2日、9月3日、6日は会場の都合で休みとなります。

 

Bimg-625111855-0001


にぎわう「えき近夕市」

IMG_4538 IMG_4539 IMG_4537

(SH)

2013年10月3日

今週末10月5日(土)・6日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
特別展「たかおか町絵図探訪!」
7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。  


水中写真家・鍵井靖章写真展「なないろのうみ」
8月24日(土)〜10月20日(日)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


画家 岸田劉生の軌跡 〜油彩画、装丁画、水彩画などを中心に〜

9月14日(土)〜10月20日(日)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら


秋の特別企画展「デザインされた万葉集 上野博之彩画展」

9月18日(水)〜10月28日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。    

 

【 高岡市内のイベント 】 ※今週末の高岡市内のイベントの詳細はこちら
高岡クラフト市場街
(いちばまち)
10月3日(木)〜7日(月)
会場:高岡市中心市街地
詳しくはこちら


第33回 高岡万葉まつり

10月4日(金)〜6日(日)
会場:高岡古城公園
詳しくはこちら


週刊ポスト「逆説の日本史」連載1000回記念&高岡市観光親善大使就任記念
井沢元彦氏 講演会
10月4日(金)
15:00〜17:00
会場:射水神社(高岡古城公園内)
参加料:1,000円(記念品付き!)。詳しくはこちら


高岡大仏ライトアップ
10月4日(金)・5日(土)
18:00〜22:00
会場:大仏寺境内
9月のライトアップの様子はこちら


高岡 空き家 蚤の市

10月5日(土)・6日(日)
11:00〜18:00
会場:本町の家
詳しくはこちら


日本酒で乾杯 推進会議 富山大会

10月5日(土)
会場:[第1部・第2部]富山県高岡文化ホール、[第3部]高岡古城公園 本丸広場]
有料。詳しくはこちら。 

 

【 高岡市周辺のイベント 】
まんがロードフェスタ2013
10月5日(土)
会場:氷見市中心市街地 (氷見市)
詳しくはこちら


ひみ番屋街 創業1周年感謝祭

10月5日(土)・6日(日)
会場:ひみ番屋街 (氷見市)
詳しくはこちら


庄川遊覧船ウォーターカフェ

10月土・日
会場:庄川遊覧船 (砺波市)
詳しくはこちら


となみ夢の平 コスモスウォッチング

10月5日(土)〜20日(日)
会場:となみ夢の平スキー場 (砺波市)
詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

(SH)

 

2013年10月3日

 高岡クラフト市場街(いちばまち)高岡市中心市街地で始まりました。400年ものあいだ、鋳物や漆器など「ものづくり」に専心してきた工芸都市高岡で、全国そして高岡のクラフトに出会えます。会場は、高岡の歴史とおもむきのある街並みを舞台にした約25か所。イベントマップを手に、街歩きとクラフトを同時にお楽しみください。スタンプラリーもやっています。10月3日(木)〜7日(月)。入場無料。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 大和高岡店4階では「工芸都市高岡2013クラフト展」。1986年より開催している全国公募「工芸都市高岡クラフトコンペティション」の入賞/入選作品が展示されています。初日から賑わっていました。詳しくはこちら
 BIMG_0019
BIMG_0021

 

BIMG_0025
グランプリの作品。左はコンテンポラリークラフト「蛻(もぬけ)」。右はファクトリークラフト「華」(「くつべら」です)。

 

BIMG_0068
大和高岡店1階正面入り口では歴代グランプリ作品を展示しています。

 

 

 大和高岡店1階アトリウムでは「クラフトマンズギャザリング」を開催中。富山県内で活躍するクラフト作家たち15組によるハンドメイド作品を展示・販売しています。こちらもたくさんの人が足を運んでいました。詳しくはこちら
BIMG_0076
BIMG_0034
BIMG_0029

 

 

 芸文ギャラリーでは「ヤマゲンの醤油と、工芸作家による10の醤油差し展」。創業240年の歴史を誇る高岡市の山元醸造(株)と、県内外の工芸作家達による、優れた醤油と醤油差しを展示販売しています。詳しくはこちら
BIMG_0051

 

 高岡市中心市街地の5か所の会場では「高岡ファクトリークラフトショップ」と称して、高岡の銅器や漆器の伝統産業メーカーが生み出したファクトリークラフト商品の展示販売を行っています。詳しくはこちら。この写真は「漆器くにもと」です。BIMG_0053

 

 

 高岡市中心市街地の4か所の会場では「作家の引き出し展」を開催中です。これは、高岡クラフトコンペ参加作家の、応募作品とは別の作品を展示・販売するものです。各会場前には以下のようなノボリ旗や、イベントマップに掲示されている番号が表示されていますので、すぐわかりますよ。この写真は会場④番のBabooshakaです。詳しくはこちら
BIMG_0061
BIMG_0063 

 

 この他にも「富山ガラスのうつわ展」、「クリエイ党展」、「クラフトの台所」、「たかおかローカルキッチン」など、さまざまなイベントを開催中です。また、「第33回高岡万葉まつり」など、同時期開催の関連イベントも多数あります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 公式ガイドマップには載っていませんが、大和高岡店7階レストラン街ロビーでは、併催イベントとして、高岡市内の小学校・中学校に設置されている「ものづくり・デザイン科」の作品展も開催中です。所狭しと小学生や中学生の力作が並んでいます。こちらも見逃せません。こちらも7日(月)まで。
BIMG_0090 BIMG_0085 BIMG_0082

 

 (SH)          

2013年12月6日

 ドラえもんを生み出した藤子・F・不二雄さんの出身地である高岡市と、お隣の射水(いみず)市を結ぶ路面電車の万葉線に走っているドラえもんトラムを題材にした写真・イラストを募集しています。一般の部(中学生以上)は写真(A4サイズ)、小学生以下の部はイラスト(画用紙八つ切)での応募となります。入選者には記念品が贈呈されると共に、入選作品はイオン高岡南店などに展示されます。また、応募作品(イラスト)の一部は万葉線車内でも展示されます。詳しくはこちらをご覧ください。 みなさん、ふるってご応募ください!!

 

Bフォト・イラストコンテスト

Bフォト・イラストコンテスト(裏)

(SH)

2013年6月26日

 富山県がやっとGoogleマップストリートビューに対応するようになったので(→こちら)、高岡市内をあちこち見てみました。

 ストリートビューとはインターネット検索サービス大手のGoogleが提供する地図サイトGoogleマップの無料サービス機能の一つで、実際に道を歩いているかのように周りの景色が360度のパノラマ写真で見渡せます。


【パノラマ画像の見方】

1.Googleマップ https://maps.google.co.jp/ で見たい施設名や住所を検索します。
2.地図左上の黄色い人形(「ペグマン」といいます)をドラッグして地図上にかざします。
3.すると地図上に青線が表示されます。この青線はストリートビューに対応している道路です。
4.青い線の上にペグマンを落とすと、画面が変わり、そのポイントの画像があらわれます。
5.向いている方向を変えるには、画面左上の円の「N」マークを動かします。
(「N」は北(North)を示しています。「N」が円の真上にあれば画面は北を向いています。真下にあれば南を向いています。)


 道路だけではなく、一部の施設は敷地の中にも入れます。たとえば、高岡古城公園は動物園の中も含めて、公園内をかなりあちこちうろうろできます。高岡大仏は台座の中を一周できます。ただし、高岡市内の全ての道路でストリートビューに対応しているわけではありません。主要道路は対応していますが、未対応の道路もたくさんあります。たとえば、高岡市内には重要的建造物群保存地区が二つありますが、山町筋(やまちょうすじ)は全ての道路が対応していますが、金屋町(かなやまち)は昭和通りより北東部分は対応していますが、南西部分は未対応です。国宝瑞龍寺の敷地の中や、JR高岡駅の南北自由通路も未対応です。


 なお、高岡市内中心部の画像で、昨年の七夕のポスターや9月中旬のイベントのノボリが散見されることから、高岡市内の撮影は昨年夏頃と思われます。撮影には特殊なカメラを搭載した専用車を走らせました。車が入れない場所では、上部に撮影システムを装備したバックパックを背中に背負って、出かけていって画像を収集しました。(→詳しくはこちら

(SH)

2013年12月7日

 今日12月7日(土)の御旅屋(おたや)通りアーケードはイベント盛り沢山で大賑わいでした。34mの長〜いロールケーキづくり、キャンドル作りや食品サンプル作りのワークショップ、「第4回クリスマスペットボトルアート in TAKAOKA」の点灯式、クリスマスコンサート、ダンス・ダンス・ダンス!!。

 

BIMG_0016
まずは長〜いロールケーキづくり。準備をする富山製菓専門学校の学生さん。

 

BIMG_0023
会場には事前に長さ34mのスポンジケーキが並べられます。長い!

 

BIMG_0026
イチゴとバナナも用意されます。

 

BIMG_0042
左側はお手伝いをしてくれる富山製菓専門学校のお姉さん・お兄さん。右には約200名の親子連れ。さあ、始めます。

 

BIMG_0057
まずは、スポンジケーキに生クリームを均等に塗っていきます。

 

BIMG_0086
(長くなるので途中は飛ばして)さあ、出来上がり! みんなで拍手!!!

 

BIMG_0090
定規をあてて、均等な厚さになるように切り分けます。

 

BIMG_0114
さあ、いただっきま〜す。参加者分+480名分がつくられ、一般の来訪者にも振る舞われました。

 

BIMG_0048
キャンドル作りと食品サンプル作りのワークショップも行われました。これはキャンドル作り。

 

BIMG_0041
あのコカ・コーラ クリスマストラックとポーラーベアがやってきました。今月は日本各地のイルミネーションイベントをまわっています。

 

BIMG_0069
順番にポーラーベアと記念撮影です。

 

BIMG_0038
ハッピーギフトカードを配布。

 

BIMG_0034
コカ・コーラだけを売っている自販機も特設

 

BIMG_0074
12月7日(土)・8日(日)は御旅屋メルヘン広場にペットボトルアートが展示されます。これは2012年のペットボトルハウス。

 

BIMG_0125
これは今年2013年の新作、「幸せの鐘」。

 

BIMG_0139
さて、いよいよ「第4回 クリスマスペットボトルアート in TAKAOKA」の点灯です。

  

BIMG_0159
点灯されたツリーをバックにさっそく記念撮影です。12月7日(土)〜25日(水)の16:30〜23:00に、御旅屋通り商店街と御旅屋メルヘン広場周辺に、6mの大きなツリー2基と2mのツリー50基がライトアップされます。

 

BIMG_0317
去年は大型のツリー2基とも常に同じ色でしたが、今年は異なる色で輝いています。進歩していますね。
手前の「となかい&ソリ」は2011年のアート作品なので、12月7日(土)・8日(日)の2日間だけの展示です。

 

BIMG_0167
高岡第一学園附属第二幼稚園の園児たちによるクリスマスコンサートのドリル。

 

BIMG_0303
BIMG_0320
こちらは「ダンス・ダンス・ダンス!!」。

(SH)

2013年6月27日

今週末6月29日(土)・30日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
女性アーティスト展「私たちは越えていく」
6月15日(土)〜7月15日(月・祝)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら
 

刊行記念 回廊展示「越中万葉をたどる」展
5月15日(水)〜7月15日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら
 

6人の写真家たち 「光・風・色」 NATURE PHOTO AID 2013
6月15日(土)〜8月18日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら。 


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。 

 

【 高岡市内のイベント 】
第154回サロンコンサート 「きらめく青葉の風にのせて」
6月30日(日)
13:30〜14:30
会場:高岡市民会館
詳しくはこちら。入場無料。

 

【 高岡市周辺のイベント
海上自衛隊 ミサイル艇「はやぶさ」 一般公開
6月29日(土)
9:10〜15:30
会場:海王岸壁(海王丸パーク向かい) (射水市新湊)
詳しくはこちら。見学無料。


あいの風プロムナード開通記念イベント

6月30日(日)
9:30〜15:00
会場:海王丸パーク (射水市新湊)
詳しくはこちら


第28回 頼成の森花しょうぶ祭り

6月21日(金)〜30日(日)
会場:県民公園頼成の森 (砺波市)

詳しくはこちら


あじさい祭り in 太閤山ランド

6月21日(金)〜30日(日)
会場:太閤山ランド (射水市)

詳しくはこちら

(SH)

2013年7月1日

 いよいよ明後日の7月3日(水)午後から、50回目を迎える戸出(といで)七夕まつりが始まり、7日(日)まで開催されます。鮮やかに彩られた七夕のアーチをお楽しみください。戸出まではもちろんJR城端線でも行けますが、例年の通り、JR高岡駅瑞龍寺口(南口)、福岡(旧福岡消防署前)、中田(高岡市商工会中田支所前)から毎日、無料シャトルバスが出ます。
 ※戸出七夕まつりについて詳しくはこちらこちら
 ※無料シャトルバスについて詳しくは下記をご覧ください。

 

 

Bシャトルバス時刻表
無料シャトルバス時刻表。

 

Bちらし(表)
ちらし(表)

 

Bちらし(裏)
ちらし(裏)

 

Bポスター
ポスター

IMG_1292

(SH)

2013年7月2日

 富山県高岡市の地は日本最古の歌集「万葉集」の全国有数の故地のひとつで、越中の地を詠んだ歌は「越中万葉」と言われています。高岡市万葉歴史館では、「越中万葉」の素晴らしさを全国の皆様に知っていただき、高岡市を訪問していただくために、日本各地に移動展示を実施しています。

【展示内容】
(1)越中万葉の概要紹介展示
   ・パネルを中心に越中万葉の世界をわかりやすく紹介
   ・越中国庁址碑(レプリカ)の展示
(2)万葉に親しみ、楽しむ高岡市の紹介展示
   ・市民参加型イベントなどの越中万葉の世界に親しむ高岡市の実態をパネルで紹介
   ・万葉集全20巻朗唱の会で使用する万葉風衣装の展示
   ・高岡市のキャラクター「家持くん」の紹介
(3)高岡市の観光地紹介展示
   ・万葉ゆかりの地だけでなく、高岡市の観光スポットを広く紹介

月日 : 2013年7月8日(月)〜10日(水)の3日間

開館時間 : 7月8日・9日は10:00〜18:00、10日は10:00〜13:00

場所 : NHK名古屋放送センタービル 1階 プラザウェーブ21

入館料 : 無料

 

ちらし

(SH)

2013年7月2日

 毎年10月初めに開催され、万葉集全20巻4,516首全部を3日間かけて朗唱する、高岡万葉まつり第24回万葉集全二十巻朗唱の会のチラシができあがりました。今年も高岡古城公園の中の島特設水上舞台で、10月4日(金)〜6日(日)に開催されます。万葉集の朗唱は、どなたでも参加できます。参加者の受付開始は7月5日(金)からです。

Bちらし(表) 
ちらし(表)

Bちらし(裏)
ちらし(裏)

 

 

(SH)

2013年8月5日

 ご当地グルメが集まる「飛越能・食の祭典 in TAKAOKA」8月3日(土)・4日(日)高岡古城公園本丸広場で開催されました。昨年9月に初めて開催された「飛越能・食の祭典」は、今年は8月1日(木)〜7日(水)にJR高岡駅周辺で行われる「高岡七夕まつり」に合わせて、8月に開催されることになりました。「北陸新幹線 新高岡駅 開業記念」と銘打っています。

 

 

 

 飛越能(飛騨・越中・能登)の11市のB級グルメ№1を競う「飛越能 食の祭典グランプリ」と、地元富山県内の粋なグルメが20店舗も勢揃いする「とやま食フェスタ」が行われました。「飛越能 食の祭典グランプリ」では、居酒屋の陣太鼓(高岡市)が提供する「高岡流お好み焼き ととまる」が昨年に引き続き2連覇を飾りました(→こちら)。2位は岐阜県高山市の「喜八郎の飛騨牛まん」、3位は南砺市の豚肉を使ったひつまぶし「なんなんまぶまぶ」がともに昨年に続いて選ばれました。

 

 

※ 詳しくはこちらをご覧ください。
※ 去年の様子はこちらこちらをご覧ください。

 

 

BIMG_0009 
昨年も開催されて大好評だった「さんま炭火焼き無料配布」は今年も大人気。

 

BIMG_0019
高岡市のPRタイムに高岡市のPRをする高岡万葉大使川合夏美さん。右隣は高岡市のマスコット利長くん。左隣はととまるPRのゆるキャラ「ととまるちゃん☆」です。

BIMG_0034
島かおりさんのステージ。ご本人のブログでの報告はこちら

 

 

 

BIMG_0039
暑い中ではありますが、会場も賑わっていました。

 

BIMG_0066
ここが投票所。お気に入りのお店の箱に、食べ終わった割り箸を投票します。

 

 

 

BIMG_0091
2連覇を喜ぶ陣太鼓オーナーの中村勝治さん。

 

BIMG_0101
高橋高岡市長を中心に、入賞者と関係者一同で記念写真。

 

(SH)

2013年10月4日

 いよいよ本日10月4日(金)から高岡古城公園で、万葉集全20巻4,516首の歌の全てを、リレー方式で歌い継ぐビッグイベント「第24回 万葉集全20巻朗唱の会」を中心とした、「第33回 高岡万葉まつり」が始まりました。「朗唱の会」は6日(日)まで56時間ぶっ通しのイベントです。
 

 これは、奈良時代の歌集「万葉集」の選者大伴家持(おおとものやかもち)が越中国守(今でいえば富山県知事)として高岡で5年間過ごしたことにちなむものです。
 

 今年のパンフレットの表紙のうたい文句は「万葉の 想い歌に魅せられて―。」。

 

BIMG_0024
「朗唱の会」の会場は高岡古城公園のお濠に特設された水上舞台です。

 

BIMG_0013 
オープニング招待朗唱の一人、高岡市観光親善大使で作家の井沢元彦さん。本日10月4日(金)15時から射水神社(高岡工場公園内)で、週刊ポスト「逆説の日本史」連載1000回記念&高岡市観光親善大使就任記念という冠のついた講演会「井沢元彦のおしゃべりタイム〜井沢元彦の世界 大伴家持と万葉〜」があります。

 

 

BIMG_0055
朗々とうたいあげておられるのは、オープニング招待朗唱のヴァイオリニストの佐藤陽子さん。第1回からず〜〜っとご参加いただいております。

 

BIMG_0125
一般参加者に移り、まず登場したのは中央保育園のみなさん。可愛らしい万葉衣装ですね。

 

BIMG_0142
幼稚園・保育園コーナーが続き、次に登場したのは定塚保育園のみなさん。

 

BIMG_0134
特設水上舞台は裏の浮き桟橋で陸地とつながっています。

 

BIMG_0151
遠景で見るとこんな様子です。

 

BIMG_0083
高岡古城公園内の高岡市民体育館の中でも協賛行事を開催中。これは万葉大茶会

 

BIMG_0077
こちらは「万葉のふるさと高岡」写真展

 

BIMG_0070
高岡市民体育館前の広場では屋台村が設置されており、一部の店舗は56時間連続営業の予定です。

 

BIMG_0117
屋台村の一角に北陸新幹線「新高岡駅」開業PRコーナーがあり、アトラクションとしてボディペインティングを無料でしてくれるというので、筆者もやってもらいました。

 

BIMG_0106
最初、「顔にしましょうか」と言われましたが、さすがに遠慮して、手の甲に描いてもらいました。

 

BIMG_0111
これができあがり。

 

 

BIMG_0116
このお姉さんたちが描いてくれます。

 

 

BIMG_0165
高岡市立博物館(高岡古城公園内)前には万葉ふうの衣装のかかし2体が設置されています。昨年9月の中田かかし祭の入選作品だそうです。

 

 

(SH)

2013年4月22日

 NHK総合テレビが明日4月23日(火)に高岡から全国へ生放送されます。正午のニュースの後の番組「ひるブラ」が、高岡市の金屋町(かなやまち)から生中継されます。 


日時:4月23日(火)12:20〜12:43
 


ゲスト:とよた真帆さん(女優)、中川家・礼二さん(お笑い芸人)


 NHKの番組ホームページより : 
富山県高岡市は、全国有数の「鋳物」の町。いま若い世代や海外に向けた、新たな地元ブランドがおしゃれな“インテリア鋳物”で人気。アクセサリーにも女性の視線が集まる。(→くわしくはこちら
 

 仏具のおりんでつくった楽器「久乗編鐘」も演奏されます。

 
 ぜひご覧ください!

金屋町

(SH)

 

2013年7月3日

 8月1日(木)〜7日(水)に開催される高岡七夕まつりにご家族やグループでご参加いただける「マイ七夕」ですが、昨年からコンテスト形式になりました。最優秀賞作品には賞金5万円を進呈! 皆様からの力作をお待ちしております。
 

 参加費500円で実行委員会から七夕装飾の材料が提供されます。竹(6.3m程度)1本、短冊100枚、提灯10個。これ以外の独自の装飾等は参加者負担となります。 
※設置は専門業者が行います。

 

 製作日は7月28日(日)13:00〜17:00.詳しくはこちらをご覧ください。 

 

BIMG_0010 BIMG_0032 BIMG_0089 BIMG_0096

(SH)

2013年4月23日

当ブログでもお知らせしましたが、4/20(土)・21日(日)に「道の駅 万葉の里高岡」で8周年記念祭が行われました。2日目は、大雨で天候に恵まれませんでしたが、たくさんのお客様がいらっしゃていました〜!

1日目の様子はこちらをご覧ください。

2日目は、朝よりスーパースポーツカーが勢ぞろいしましたよ。

IMG_1584

ど迫力。

IMG_0555

 雨にぬれると塗装の関係上、あまりよくない車もあるそうですが、、皆さん勢ぞろいしてくださいました!エンジンサウンドが鳴り響きました。

そして、城端出身の林道美有紀さんのライブショーです。ANAホテルのブライダルフェアショーのCMで流れる“あいら〜びゅ〜あいしてる〜”を歌っている彼女です。  詳しくはこちらを。 道の駅高岡には、林道さんのサイン入りポスターが飾られています。

IMG_5066

そして、今回1番盛りあがったのは、マグロ解体ショーではないでしょうか。

IMG_1075

人が集まりすぎて、何も見えません。。そして、そのあとマグロの即売会がおこなわれました!

 

そして、多くの方が待っていたのは・・・振舞い寿司!限定1000貫が無料配布されました。やったね。

IMG_4726

道の駅 高岡は、今年で8周年をむかえました。市民の皆さん・観光客の皆さんに愛されてる証拠ですね。楽しいイベントありがとうございました〜!

(RN)

2013年7月3日

 毎年恒例の国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)夏のライトアップ「夜の祈りと大福市」は今年は8月10日(土)・11日(日)18:30〜21:30の開催です。(大福市は18:00〜) 10・11日とも先着700名に不破福寿堂「白玉みつ豆」がふるまわれます。

 
また、今年は肩書きに「前田利長公四百年大遠忌(だいおんき)記念」とあります。瑞龍寺は高岡開町の祖で加賀藩二代藩主、前田利長公(1652〜1614)の菩提寺で、350年前の1663年に利長公の50回忌に合わせて完成したと伝わっており、今年は前田利長公の四百年大遠忌にあたります。


 夏の夜に寺の建物がライトアップされ、厳粛な雰囲気の中で「トイレの神様」とされる烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)など数多い仏像にご加護を祈ることができます。門前で開催される大福市では高岡市内外の多彩な味が楽しめます。

 

  また、例年のように、イオンモール高岡の駐車場とJR高岡駅瑞龍寺口(南口)から無料シャトルバスが運行されます。

  前売券350円、当日券500円、中学生以下無料。

 

Bちらし 
ちらし

前売り券販売箇所

(SH)

2013年8月5日

 8月1日(木)から始まったホラーハウス「足首屋敷」は大盛況で、連日の90分待ち。昨日も今日の第1部も入場規制がかかっています。昨日8月4日(日)は19時半には21時までの分の受付終了。本日8月5日(月)も平日にもかかわらず、15時半に第1部(14〜17時)の受付が終了しました。人気が過熱気味です。せっかくお越しいただいても入場できないといけませんので、時間に余裕を持ってお越しください。

 

BIMG_0011
8月3日(土)までは立ちっぱなしで並んでいましたが、さすがに8月4日(日)からは椅子が若干用意されました。(列のうしろはやはり立ちっぱなしですが・・・)

 

 

 

BIMG_0006 
8月4日(日)は17時過ぎには90分待ちとなりました。

 

BIMG_0018
「足首屋敷」の周辺飲食店のオリジナルメニューや半券サービスのポスターです。

 

BIMG_0027 
本日8月5日(月)は平日にもかかわらず、14時のオープン時にもうこの状態。

 

BIMG_0031
本日8月5日(月)は14時のオープン即60分待ちでした。

 

BIMG_0036
15時過ぎには90分待ちに。

 

BIMG_0044
本日8月5日(月)も15時半に第1部(14〜17時)の受付が終了しました。

 

BIMG_0037 
「足首屋敷」の目の前の臨時かき氷屋さんは連日の大盛況。

BIMG_0040
ソフトクリーム屋さんも登場しました。

 

 

 

(SH)

2013年7月3日

 ドラえもんひみつ道具をテーマに、現在の科学技術を楽しみながら体験できる「ドラえもんの科学みらい展」は、高岡市美術館7月27日(土)〜9月8日(日)の開催です。期間中に開催される関連イベント2つをご紹介します。

〔関連イベント〕
◎講演会

 日時:8月2日(金) 14:00〜15:30
 講師:村上隆氏(高岡市美術館館長)
 演題:「科学の目でみる美の世界」
 会場:ビトークホール(高岡市美術館地下)
 聴講:無料
 申込:不要(先着80名まで)

◎科学実験ワークショップ「特殊なカメラで不思議な世界を観察しよう!」
  熱画像装置や高速度カメラを使って、普段見ることができない世界を観察します。
 日時:8月9日(金) 10:00〜10:45/14:00〜14:45 の2回
 講師:川堰宣隆氏(富山県工業技術センター主任研究員)ほか
 会場:ビトークホール(高岡市美術館地下)
 参加費:無料
 対象:小学4年生以上
 定員:午前、午後各回20名(応募多数の場合は抽選) 
   ※会場は最大80名入れますので、保護者の方も同席できます。
 申込:往復はがきに、住所、氏名、学年、及び午前か午後の希望と返信用の宛名を
     明記して、下記までお送りください。
  〒933-0056 富山県高岡市中川1-1-3 高岡市美術館「科学実験ワークショップ」係
 申込期間:7月1日(月)〜19日(金)必着

 

★展覧会について詳しくはこちら

★チラシ・ポスターについて詳しくはこちら

★巡回展公式ホームページはこちら

★当ブログでの過去の開催の感想文のまとめはこちら

ポスター(700)

(SH)

2013年3月22日

 高岡市のミュゼふくおかカメラ館の平成25年度(2013年度)のラインナップが発表されました(→こちら)。注目を浴びそうなのは10月26日(土)〜12月23日(月・祝)に開催の 蜷川実花展 MIKA NINAGAWA「noir」 ですね。


 蜷川実花(にながわ みか)氏(1972〜)は「演出家の蜷川幸雄氏の娘」と紹介する必要がもうなくなった、著名な女性写真家・映画監督です。昨年(2012年)はお騒がせ女優・沢尻エリカ主演の映画「ヘルタースケルター」を監督したことが話題になりました。2010年には今をときめくAKB48の「ヘビーローテーション」のPV監督もつとめているんですよ。(PV:プロモーション・ビデオ)


 筆者は、2008〜2009年に全国各地の美術館を巡回した「蜷川実花展 ―地上の花、天上の色―」西宮市大谷記念美術館(兵庫県)で見て、その鮮烈な色彩美に衝撃を受けたことを覚えています。


 ミュゼふくおかカメラ館の案内 : 女性写真家、映画監督として名実ともに日本の現代美術、写真・映像の世界を牽引する蜷川実花氏の作品展。今回、安藤建築における空間表現を意識し、色彩鮮やかな作風からその暗い部分を写し出す2010年発表の「noir」を中心とする作品を展示。新しいMIKA NINAGAWAを探求する。


関連ホームページは以下の通り。

蜷川実花氏の公式ホームページ。
http://www.ninamika.com/ja/index.asp

蜷川実花氏の公式ブログ「人生気合っす!」
http://ameblo.jp/ninamika/

★2010年に東京で開催された「蜷川実花展 noir」
http://www.tomiokoyamagallery.com/exhibitions/mika-ninagawa-exhibition-2010/

★「noir」の販売サイト
http://www.tagboat.com/contents/select/2012_mika_ninagawa_n.htm 

 ※ ちなみに「noir(ノワール)」はフランス語で「黒、闇」の意味。

ミュゼふくおかカメラ館
ミュゼふくおかカメラ館

(SH)

2013年4月23日

 4月23日、二上射水神社の恒例の築山行事が執り行われました。この築山行事は古代信仰の形をよく残しているということで富山県の無形民俗文化財の指定を受けています。

 画像 004

 拝殿における神事のあと行事が始まります。まず、先頭の源太夫獅子が露払いをしながら行列を先導し、神旗がこれに続きます。

そのあとを神職、御幣ドン、太刀持ちなどが続き、さらに院内社、二上大神、日吉社の神輿が舟に乗って巡行します。画像 006

画像 010

 大鳥居まで行ったあと、いよいよ築山の前での神事が始まります。

画像 017

築山は、一番高いところに屋根に乗った天狗が斧をかざして鎮座し、四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)がこれを守護する形となっており、天上の神をお迎えする臨時の祭壇として築かれるものです。ちなみに、これに車輪をつけて動かしたスタイルが、高岡御車山の原初のすがたではないかと考えられています。

画像 029

画像 032

 しかし、こうして築かれた祭壇も、その日のうちに(厳密にいえば午後4時までに)解体してしまわなくてはなりません。というのは、そうしないと二上山に祀られていながら、祭りに招待されなくて機嫌を損ねた悪王子の神に取りつかれて、その年は凶作になるとされているからです。クワバラ、クワバラ・・・。

 (RN)

2013年3月22日

 高岡市を舞台に、地元野球チームと住民の交流などを描く映画「TAKAOcan DREAM(タカオカン・ドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」の撮影は、当ブログでも何度も触れましたが(→こちらなど)、撮影は3月9日(土)の高岡市営城光寺野球場で終了し、4月上映を目指して、ただ今編集中です。

  その予告編が映画の公式HPにアップされました(→こちら)。また、映画の挿入歌「高岡の夜」のミュージック・ビデオもアップされています(→こちら)。さらに、You Tubeには撮影風景や(→こちらこちら)、3月8日のNHKローカルニュース「富山人」での紹介もアップされています(→こちら)。

 がんばれ!サンダーバーズ!! 
3月5日(火)高岡市営城光寺野球場で撮影時に。バッターボックスに立っているのが主役の渡辺裕之さん。渡辺さんが何をしているのかは、3月6日の当ブログをご覧ください(→こちら)。 

(SH)

2013年3月25日

 北陸新幹線の開業がいよいよ2年後に迫ってきました。富山県ではその開業をさらに広く県民にPRし、機運の醸成を図るため、新幹線駅のできる県内の3市で順番に開業2年前イベントを開催しており、高岡市ではあさって3月24日(日)14:00〜16:00にJR高岡駅前のウイング・ウイング高岡で開催されます。(→公式HPはこちら

 

 その会場では富山県内ご当地カラーラーメンも登場します(販売時間は11:00〜)。北陸新幹線「富山県」開業PRブログ「きときと君日記」が、そのご当地カラーラーメンをレポートしています(→こちら)。


高岡グリーンラーメン
今年の日本海高岡なべ祭りの屋台での高岡グリーンラーメン


(SH)

2013年3月25日

桜はまだだけど・・・

カテゴリー :


さて!3月もそろそろ終わりに近づき、春の訪れを感じている方も多いのでは?

東京は桜も見頃で、例年より早いとかなんとか、花粉も例年より多いとかなんとか・・・。

 

 今回はさくらの名所100選にも選ばれている、古城公園(HP

・・・で す が。

主役の桜ちゃんたちはまだこんな感じ・・・。

高岡古城公園の花(ソメイヨシノ)

まだ、もうちょっと・・・かな?ということで!

古城公園マップ(リンク PDFデータにダイレクトリンクしてあります!)

を見ながら桜以外の花をレポートしてみようと思います♪

(ちなみにこのマップは公園内管理事務所、当協会などで気軽に手に入りますよ)

高岡古城公園の花

今回回ったところは、わかりやすいようにオレンジでルートを取ってあります☆

 

◎まずはスタートの護国神社付近

高岡古城公園の花(椿)
まだつぼみは多いものの、きれいな形で咲き始めていました!

高岡古城公園の花(白梅)

曇り空の下撮ったのでちょっと見えにくいですが、護国神社内の白梅の木はすでに見頃!

梅のいい香が漂っていました☆

◎そのまままっすぐ射水神社方向へ歩くと、左手にこんな石版が!

高岡古城公園の花

 

 高岡古城公園の花

 

高岡古城公園の花(カタカゴ)

高岡といえばかたかごの花(市の花木)です。今は満開?というかすべて開きる前という感じですが、いい色に咲いています♪

そのまま本丸広場でソメイヨシノのつぼみを見て、利長公の銅像を横目に見ていると・・・

高岡古城公園の花

タンポポもひっそり咲いていますよ♪西洋型のようです。

朝陽の滝の角には・・・

高岡古城公園の花(サザンカ)

そして、朝陽橋を渡ると!

高岡古城公園の花

梅林があるんです♪

曇り空で少し肌寒い中、沢山の方がカメラを持ってお写真を撮っていらっしゃいました。

高岡古城公園の花(カンコウバイ)

こちらは寒紅梅とも書くように、雪が残っているような時期から咲く早咲きの品種です。

高岡古城公園の花(ブンゴ)

カンコウバイ(寒紅梅)が紅色八重と言われる形と色なのに対して

ブンゴ(豊後)は淡紅色一重と言われる形です。

さくらと見まがうような淡いピンクは春らしいです♪

高岡古城公園の花(シロカガ)

白加賀と書き、徳川の時代から「加賀の白梅」として親しまれている・・・。

ということは江戸時代の人も春になるとこの梅を見ていたんですね!

こちらは白色八重という形だそうですよ。
高岡古城公園の花 
(ユキノカツラ)

雪の桂と書くコチラは青白色一重。たしかに群を抜いて、白い・・・!

 

 

さて、次はこちら・・・。

高岡古城公園の花 (トウジ)

白色一重と呼ばれる白いもの、

 

 高岡古城公園の花(コウトウジ)

薄紅色一重、確かにトウジよりもピンクが強めですよね♪

 

 

◎梅林を抜け、市民体育館の近くの出入り口には・・・

高岡古城公園の花(フユザクラ)

コレは冬と春に二度咲く珍しい桜です♪

ソメイヨシノのように派手には咲いていませんが、とてもかわいらしい印象を受ける花でした♪

 

 

この記事を読んで「こんなに詳しくないと楽しめないのか!」と、思われた方・・・大丈夫です!(あ、思ってないですかね?(>_<;)

幹の目立つ場所に

高岡古城公園の花

こんな風にプレートがありますので、じっくり堪能できますよ☆

30分でこれだけの花を見つけることが出来ましたよ♪

 

 

が咲くまでのしばらくの間ですが、椿ももう咲きはじめています♪

混む前にのんびりお散歩もいいのではないでしょうか?

もちろん帰りに大仏様も見てきました♪

高岡古城公園の花

そういえば、手にストックを持った人が歩いていらしたのですが、流行っているのでしょうか?

 

F.I

2013年3月22日

 鋳物の街である高岡の歴史を伝える高岡市鋳物資料館3月20日(水・祝)にリニューアルオープンしました。鋳物の製造工程や鋳物製品が見やすい展示室に一新し、親しみやすくなりました。 

 金屋町(かなやまち)「鋳物師(いもじ)町」として昨年12月に国の重要伝統的建造物群(重伝建)保存地区に選定されたのに合わせての改装です。(→重伝建選定について詳しくはこちら

 高岡市鋳物資料館リニューアルオープン
今までは石畳の通りから奥まっていましたが、今回のリニューアルで展示室が石畳の通りと直結しました。

高岡市鋳物資料館リニューアルオープン
展示レイアウトが一新された第2展示室。

高岡市鋳物資料館リニューアルオープン 
人間国宝の彫金家・金森映井智(かなもり えいいち)(1908〜2001)氏のコーナー。

(SH)

2013年8月6日

 高岡市は「ドラえもん」「パーマン」「オバケのQ太郎」で知られる漫画家の故藤子・F・不二雄氏(1933〜1996)の出身地ですが、藤子・F・不二雄氏にはこれら一連の、明るく温かな児童漫画とは全く異質の、成年向けに描かれた数々の「SF短編」があります。藤子・F・不二雄氏はSFは「サイエンス・フィクション」の頭文字ではなく、「少し不思議(SUKOSHI FUSHIGI)」の頭文字だと称していました。


 NHK富山放送局
では藤子・F・不二雄氏の生誕80周年を記念し、6月29日(土)に高岡で、「SF短編」をピアノの生演奏にのせ“朗読”にして上演する、「“耳で楽しむ”藤子・F・不二雄の世界〜SF短編・朗読ライブ〜」の公開録音を実施しましたが(→こちら)、その番組が今週の金曜日、8月9日(金)20:05〜21:30にNHKラジオ第1で放送されます(→詳しくはこちら)。

 

 番組HPによれば、<明るく温かな児童漫画とは一線を画します。あえて視的情報を排除し“朗読”という形をとることで、藤子・F・不二雄の真骨頂とも言える、秀逸な物語構成を味わい尽くします。>とのこと。楽しみですね。

(SH)

2013年12月13日

今週末12月14日(土)・15日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。
 
 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】
蜷川実花「noir」

10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


ジュニア☆アート☆ワールド
同時開催「高岡市ドラえもんポスト誕生記念 藤子・F・不二雄ギャラリー」
12月1日(日)〜2014年1月5日(日)
会場:高岡市美術館

入場無料。詳しくはこちら


正月特別展示

11月27日(水)〜2014年1月27日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら


開館20周年記念プレ企画 あなたが選ぶベスト・コレクション展

11月10日(日)〜2014年3月9日(日)
会場:高岡市美術館 2階 ビコーレギャラリー

詳しくはこちら

  

【 高岡市内のイベント 】
土曜おもしろ講座・高岡のみじかい話
12月14日(土)
14:00〜15:00

会場:高岡市立博物館
聴講無料。詳しくはこちら


第17回 高岡つばき展
12月14日(土)・15日(日)
会場:高岡おとぎの森公園
入場無料
 


第6回 あなたが主役!みんなでうたいまショー

12月15日(日)
13:30〜15:00
会場:高岡市民会館
詳しくはこちら


第4回 クリスマスペットボトルアート in TAKAOKA

12月7日(土)〜25日(水
) 16:30〜23:00
会場:御旅屋通り商店街・御旅屋メルヘン広場周辺
詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】
第15回 大歳の市
12月15日(日)
9:00〜15:00(予定)
会場:道の駅「メルヘンおやべ」 (小矢部市)
雨天決行。詳しくはこちら


チューリップ公園KIRAKIRAミッション

12月1日(日)〜25日(水)
17:00〜22:30(金・土・日・祝は23:00まで)

会場:砺波チューリップ公園及び公園周辺 (砺波市)
入場無料。詳しくはこちら


ツゥインクルナイト in 射水
12月1日(日)〜1月31日(金)
17:00〜22:00

会場:JR小杉駅前、駅南広場、下条川河川公園、JR越中大門駅前、射水市役所下庁舎前 (射水市)
詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

(SH)

2013年8月8日

今週末8月10日(土)・11日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
6人の写真家たち 「光・風・色」 NATURE PHOTO AID 2013
6月15日(土)〜8月18日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら。  

 
古代エジプト 不思議アート展

7月20日(土)〜8月20日(火)
会場:高岡おとぎの森公園 おとぎの森館

詳しくはこちら 

 
ドラえもんの科学みらい展

7月27日(土)〜9月8日(日)
会場:高岡市美術館
詳しくはこちら
 

特別展「たかおか町絵図探訪!」
7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。    

  

【 高岡市内のイベント 】
第17回 伝統工芸士展
併催 伝統的工芸ふるさと体験フェア
8月9日(金)〜11日(日)
会場:高岡地域地場産業センター 2階大ホール
入場無料。詳しくはこちら。 

 

土曜おもしろ講座・高岡のみじかい話
8月10日(土) 14:00〜15:00 
会場:高岡市立博物館
受講無料。事前申込み不要。詳しくはこちら

 

国宝 瑞龍寺 夜の祈りと大福市
8月10日(土)・11日(日)
18:30〜21:30

会場:国宝 瑞龍寺
詳しくはこちら 


足首屋敷

8月1日(木)〜9月1日(日)
会場:御旅屋通り商店街 特設会場

詳しくはこちら 

 

【 高岡市周辺のイベント
源平埴生まつり
8月10日(土)
会場:倶利伽羅源平の郷 埴生口 (小矢部市)
詳しくはこちら


チューリップ朝市

8月11日(日)
6:00〜10:00
会場:チューリップ公園 北口付近 (砺波市)
詳しくはこちら


となみ野フェス2013
8月11日(日)
10:30〜16:45
会場:砺波市文化会館 (砺波市)
詳しくはこちら

 

 (SH)

2013年3月22日

 高岡市観光協会3月16・17日(土・日)に名古屋市内で開催された「第25回 旅まつり名古屋2013」高岡を宣伝してきました。その様子をお伝えします。
 

旅まつり名古屋2013 
高岡を宣伝するテントの前では大きなバナーで国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)雨晴(あまはらし)海岸を大きくアピール。反対面は高岡大仏山町筋(やまちょうすじ)金屋町(かなやまち)などをPR。

 

旅まつり名古屋2013 
高岡のテントには多くの人が興味深げに集まってくれました。
 

旅まつり名古屋2013 
高岡のマスコットキャラクター、利長くんも大人気!

 
旅まつり名古屋2013 
「ゆるキャラ大集合」での利長くん(右から二人目)。

 旅まつり名古屋2013 
ステージで高岡をPRする利長くん高岡万葉大使小栗知世さん。
 

旅まつり名古屋2013 
「キャンペーンスタッフ勢ぞろい」で高岡をPRする高岡万葉大使小栗知世さん。
 

旅まつり名古屋2013 
呉西(富山県西部)のキャンペーンスタッフが集まりました。左から、小矢部、砺波、氷見、氷見、高岡です。華やかですね。 

 

【おまけ①】
旅まつり名古屋2013 
富山市のチンドンコンクールを宣伝する可愛いチンドンさん。

 

【おまけ②】
旅まつり名古屋2013 
どのゆるキャラがどこのゆるキャラなのかさっぱりわからない中で、わかりやすい鹿児島市の「西郷どん」。 

(SH)

2013年8月8日

 高岡七夕まつりの夜、8月5日(月)に、高岡市中心商店街の御旅屋(おたや)セリオに今春オープンしたばかりの屋上庭園「セリオスカイガーデン」で、ハワイアンを楽しむパーティーイベント「セリオ屋上庭園ハワイアン」が開催されました。

BIMG_0004 
演奏を担当するのは、ウクレレ講師で富山ハワイアン協会会長のトミー藤原さん率いるバンド「ミノアカホア(笑顔の似合う仲間)」。(→トミー藤原さんのブログはこちら

BIMG_0020  BIMG_0055
セリオスカイガーデンは南国の雰囲気に包まれました。

 

 

BIMG_0030
皆さん、天然芝の上で裸足で踊っているのが素敵ですね。

 

(SH)

2013年4月24日

今週末4月27日(土)〜5月1日(水)、ゴールデンウィーク前半の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。 

 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】
第19回 高岡市民美術展
4月20日(土)〜5月5日(日)
会場:高岡市美術館

観覧無料。詳しくはこちら


館蔵品展「未来へつなぐ高岡のお宝-新収蔵品を中心に-

2月9日(土)〜5月6日(月・振休)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら
 

入江泰吉の万葉風景「よみがえる万葉のこころ」
4月10日(水)〜5月13日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら


春の企画写真展 柳木昭信写真展「地球鼓動―宙(そら)・大地・人―」
4月6日(土)〜6月9日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら

 

【 高岡市内のイベント 】
国宝瑞龍寺 春のライトアップと門前市
4月28日(日)〜30日(火) 18:30〜21:30
会場:瑞龍寺

詳しくはこちら


高岡といで菜の花フェスティバル 2013
4月29日(月・祝)
10:00〜14:30
会場:高岡オフィスパーク
詳しくはこちら

 
無形文化遺産フォーラム 未来へ繋ごう!山・鉾・屋台行事
4月29日(月・祝) 13:30〜16:30
会場:高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)
詳しくはこちら


高岡御車山祭
(みくるまやままつり) 宵祭・山宿・ライトアップ
4月30日(火)
会場:山町筋(やまちょうすじ)周辺

詳しくはこちら


ラ・フォル・ジュルネ金沢2013 「熱狂の日」音楽祭 in 高岡

4月30日(火)
会場:国宝瑞龍寺 大茶堂、高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)
詳しくはこちら

 
ホーウルウルの森 プチ
4月30日(火)・5月1日(水)
13:00〜20:00

会場:高岡市内各所
詳しくはこちら

 
高岡御車山祭
5月1日(水)
会場:山町筋(やまちょうすじ)周辺
詳しくはこちら



高岡市周辺のイベント 】
2013となみチューリップフェア
4月23日(火)〜5月6日(月・祝)
会場:砺波チューリップ公園 (砺波市)
詳しくはこちら


倶利迦羅
(くりから)
さん八重桜まつり
4月28日(日)〜5月5日(祝)
会場:倶利迦羅不動寺周辺、倶利迦羅県定公園 (小矢部市)

詳しくはこちら


出町子供歌舞伎曳山祭
4月29日(月・祝)・30日(火)
会場:JR砺波駅周辺各所
詳しくはこちら


石動
(いするぎ)
曳山祭
4月29日(月・祝)
会場:石動市街地

詳しくはこちら

 

御車山祭02(700)
高岡御車山祭

(SH)

2013年3月27日

 2015年春の北陸新幹線開業をPRする、北陸新幹線開業2年前イベント「新幹線とこれからのとやま」が、3月24日(日)に高岡市のウイング・ウイング高岡で開催されました。約400人がシンガーソングライターの高原兄(けい)さんのトークショーや歌を楽しみました。

BIMG_0089
以前の当ブログでお知らせしたように(→こちら)、ウイング・ウイング高岡前広場で、富山県内ご当地カラーラーメンが登場しました。

BIMG_0084
ご当地高岡高岡グリーンラーメンはもちろん大人気。スープは高岡産ほうれん草のです。

 BIMG_0198
せっかくの機会ですので、いろいろ食べ比べてみました。これはおやべホワイトラーメン スープは小矢部のメルヘンポークを使ったとんこつベースのホワイトスープ。麺は小矢部産の生卵を練りこんだ麺! トッピングはメルヘンポークのチャーシュー、肉みそ、小矢部名産の卵をつかった煮たまご、野菜も小矢部産なんだって!

BIMG_0057
これは入善ブラウンラーメン。スープは入善産大豆や、入善産米を使用した老舗味噌屋の味噌に海老エキスを配合した、海老風味味噌スープ! 麺は海洋深層水をつかってるんだって!

BIMG_0078
入善にはもうひとつカラーラーメンがあるんだよ。これは入善レッドラーメン。麺は入善産唐辛子を練りこんだ麺だそうで、ほんのり赤いね。スープは海洋深層水塩をつかった塩スープ! どれもおいしかったよ。

BIMG_0216
ウイング・ウイング高岡1階ロビーでは富山県西部の5市(高岡、氷見、小矢部(おやべ)、砺波、南砺(なんと))が物産販売をしていました。

 BIMG_0231
同じく1階ロビーでは北陸新幹線に関する情報のパネル展示もありました。新高岡駅(仮称)の情報を興味深げに眺める人々。高岡市民にとっては、どんな駅ができるのか、とっても気になりますよね!

BIMG_0212
1階ロビー奥には塗り絵コーナーが設置されていました。

BIMG_0144
ウイング・ウイング高岡4階ロビーに上がると、飛騨・越中・能登の自治体PRコーナーになっていました。

BIMG_0483
高岡
市のコーナー

BIMG_0472
同4階ロビーの一角の新高岡駅(仮称)の模型と関連VTR上映。

BIMG_0471
同4階ロビーの一角には鉄道模型も。

BIMG_0260
手前から万葉線、氷見線のハットリくん列車、高架の上が北陸新幹線

 (その2)に続く 】
 

(SH)      

2013年4月24日

 銅器の街である高岡市の金屋町(かなやまち)から、昨日4月23日(火)、全国へ生中継されたNHK総合テレビ「ひるブラ」、「いいもの 鋳物の街〜富山県高岡市 金屋町〜」として紹介された数々のユニークな銅器製品の問合わせ先が、「ひるブラ」のホームページの「お問い合わせメモ」コーナーに載っています(→こちら)。「えっ、こんなものまで!」と驚かされた「鋳物ブラジャー」の問合わせ先もちゃ〜んと載っていますよ(←ただし、この商品だけは問合わせ先は高岡ではありませんが)。

 

金屋町2(700)

(SH)

2013年12月16日

有磯海は、さる11月に「おくのほそ道の風景地」として名勝の指定が国の文化審議会で答申されました。これを、多くの方に知っていただくために、JR氷見線雨晴駅に「懸垂幕」を設置しました。これから春先までの晴れた日には、有磯海に映えた立山連峰が、一年のうちでもひときわ美しく仰ぐことができます。

 「わせの香や分入右は有磯海」 

IMG_8014

IMG_8015

(RN)

2013年8月8日

 高岡七夕まつりも昨日終わり、ホラーハウス「足首屋敷」も一段落(でもないか?)。本日8月8日(木)は七夕まつり終了後の最初の平日ですが、14時のオープン時でもけっこうのお客様が並んでいました。それと、毎週木曜日14〜17時の御旅屋(おたや)通りは「おたや市」が立ちます。

 

 

 

 BIMG_0003
本日8月8日(木)は七夕まつり終了後の最初の平日ですが、14時のオープン時はこの状況。さすがに、七夕期間中のように、オープン時にすぐに待合席の椅子が全席うめるような状況ではありませんが、それでも酷暑の中、たくさんのお客様にお越しいただいております。

 

 

 

BIMG_0010 BIMG_0001

「足首屋敷」の周辺で生鮮野菜やお惣菜が売られています。

 

 

(SH)

2013年12月16日

 国民的人気漫画「ドラえもん」の生みの親で、高岡市出身の漫画家、藤子・F・不二雄氏(本名:藤本弘)の今年は生誕80周年なので、関連イベントやTV番組での特集が目立ちますが、明日12月18日(水)22:00〜22:54のBS朝日「昭和偉人伝」でも藤子・F・不二雄氏が紹介されます。「藤子・F・不二雄がマンガ、アニメに託した熱き思いを浮き彫りに」するそうです。詳しくはこちらをご覧ください。

 

B藤子・F・不二雄
番組ホームページより。

(SH)

2013年4月24日

 高岡市を舞台に撮影され、プロ野球BCリーグ富山サンダーバーズが題材の映画「TAKAOcan DREAM(タカオカン・ドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」は、高岡市内での上映を一度終え、今は富山市の富山シアター大都会だけで上演されていますが、それも4月26日(金)で終わります。


 ただし、5月11日(土)・12日(日)にイオンモール高岡2階の「イオンホール」でも上演されます(TOHOシネマズ高岡ではありません)。料金は大人(高校生以上)1,000円、小学生・中学生800円、未就学児は無料です(→くわしくはこちら)。上映時刻はまだ未定。高岡市で見逃している人はこの機会にぜひ


 それから、映画の公式ホームページに一度30分28秒の長尺でアップされたスタッフ&キャストからのコメントムービーですが、いまは市川監督以下の15人に分割されてアップされていますので、ぐっと見やすくなっています。

がんばれ!サンダーバーズ!!

(SH)
 

2013年10月9日

今週末10月12日(土)〜14日(月・祝)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
特別展「たかおか町絵図探訪!」
7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。  


水中写真家・鍵井靖章写真展「なないろのうみ」
8月24日(土)〜10月20日(日)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


画家 岸田劉生の軌跡 〜油彩画、装丁画、水彩画などを中心に〜

9月14日(土)〜10月20日(日)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら


秋の特別企画展「デザインされた万葉集 上野博之彩画展」

9月18日(水)〜10月28日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。    

 

【 高岡市内のイベント 】
オタヤオープンカフェ「願い道」 街角オペラ
10月12日(土)
14:00〜
会場:御旅屋通り特設ステージ
詳しくはこちら。昨年の様子はこちら


「鉄道の日」 万葉線・電車まつり

10月12日(土)
10:00〜15:00
会場:万葉線本社(米島口)
詳しくはこちら


土曜おもしろ講座・高岡のみじかい話

10月12日(土)
14:00〜15:30
会場:高岡市立博物館
聴講無料。詳しくはこちら


ブラスインオータム ファイナル

10月13日(日)
13:00〜
会場:ウイング・ウイング高岡4Fホール
詳しくはこちら


大仏ごりやくの日

10月14日(月・祝)
10:00〜
会場:ごりやく市は高岡大仏前、寄席・法要は大仏寺
詳しくはこちら

 

 

【 高岡市周辺のイベント 】
おやべグルメフェスタ 同時開催 空中カフェ
10月12日(土)・13日(日)
会場:クロスランドおやべ (小矢部市)
グルメフェスタについて詳しくはこちら。カフェについて詳しくはこちら


大門曳山まつり

10月13日(日)
会場:大門山町内一円 (射水市)
詳しくはこちら


チューリップ朝市

10月13日(日)
6:00〜10:00
会場:チューリップ公園 北口付近 (砺波市)
詳しくはこちら

 


第12回 となみチューリップ球根まつり

10月11日(金)〜14日(月・祝)
会場:チューリップ四季彩館 (砺波市)
詳しくはこちら


スカイフェスとなみバルーン大会

10月12日(土)〜14日(月・祝)
会場:砺波市中村多目的運動広場 (砺波市)
詳しくはこちら


庄川遊覧船ウォーターカフェ

10月土・日
会場:庄川遊覧船 (砺波市)

詳しくはこちら


となみ夢の平 コスモスウォッチング

10月5日(土)〜20日(日)
会場:となみ夢の平スキー場 (砺波市)

詳しくはこちら

 
Bちらし(表)

(SH)

2013年12月19日

 12月21日(土)17:00〜17:25にNHK富山放送局にて、日本ならではの伝統技術を紹介する番組『イッピン(「逸品」「一品」)』で、女優の川上麻衣子さんが「世界も驚く!変幻自在の色とカタチ〜富山 高岡銅器〜」と、高岡銅器のニューウェーブを紹介します。詳しくはこちらをご覧ください。・・・NHKBSで10月15日に放送された番組(→こちら)の富山県内のみの再放送です。

  

Bイッピン

(SH)

2013年10月15日

 本日10月15日(火)の19:30〜20:00にNHKBSプレミアムの、日本ならではの伝統技術を紹介する番組『イッピン(「逸品」「一品」)』で、女優の川上麻衣子さんが「世界も驚く!変幻自在の色とカタチ〜富山 高岡銅器〜」と、高岡銅器のニューウェーブを紹介します。詳しくはこちらをご覧ください。

B世界をめざすニューウェーブ銅器

(SH)

 

2013年4月26日

高岡大和などが入る御旅屋セリオの、屋上庭園セリオスカイガーデン」では、この時期チューリップがお楽しみいただけます。 (屋上庭園のオープンセレモリーの様子はこちらをどうぞ。)

IMG_6347

色とりどりのチューリップが咲いています。まだ蕾で開いていないものもあり、GWがちょうど見ごろな予感です。

こんな感じで、休憩スペースもあるので、お茶をしたりお昼ごはんをたべたり、自由に使えます。

 IMG_1013

屋上庭園では、季節によって違った種類のお花が楽しめるようです。

 IMG_5596

そして、2週間前のセレモニー時、同様、芝生にはまだ入れないようです。

IMG_7725

早く芝生でごろんごろんしたいです。みなさん〜、GWに是非寄ってみて下さい〜(@^^)/~~~

(RN)

2013年8月9日

 このほど、1年半後に開通予定の北陸新幹線の新高岡駅の利用促進と、高岡の知名度アップを目指し、2つのキャッチフレーズが決まりました。(→詳しくはこちら

高岡市内や飛越能地域向けの新高岡駅の利用促進のキャッチフレーズ
さあ、新高岡駅から。

首都圏や北陸新幹線沿線向けの高岡の知名度アップのキャッチフレーズ
さあ、高岡へ。
旅は続く、能登へ、飛騨へ。

JR高岡駅にも地元版のキャッチフレーズを大きくあしらった2枚の懸垂幕がかかりました。

 

BIMG_0002
真ん中は北陸新幹線の車両
BIMG_0006

BIMG_0008
図柄が似ていますが、こちらは真ん中に新高岡駅の絵が載っています。
BIMG_0012

(SH)

2013年12月19日

今週末12月21日(土)〜23日(月・祝)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。
 
 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】
蜷川実花「noir」

10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら ※今週末で終了です。


ジュニア☆アート☆ワールド
同時開催「高岡市ドラえもんポスト誕生記念 藤子・F・不二雄ギャラリー」
12月1日(日)〜2014年1月5日(日)
会場:高岡市美術館

入場無料。詳しくはこちら


正月特別展示

11月27日(水)〜2014年1月27日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら


開館20周年記念プレ企画 あなたが選ぶベスト・コレクション展

11月10日(日)〜2014年3月9日(日)
会場:高岡市美術館 2階 ビコーレギャラリー

詳しくはこちら

  

【 高岡市内のイベント 】
第4回 クリスマスペットボトルアート in TAKAOKA
12月7日(土)〜25日(水
) 16:30〜23:00

会場:御旅屋通り商店街・御旅屋メルヘン広場周辺
詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】
海王丸非公開エリアの特別見学会
12月23日(月・祝)
会場:海王丸 (射水市)
詳しくはこちら

 
チューリップ公園KIRAKIRAミッション

12月1日(日)〜25日(水)
17:00〜22:30(金・土・日・祝は23:00まで)

会場:砺波チューリップ公園及び公園周辺 (砺波市)
入場無料。詳しくはこちら


ツゥインクルナイト in 射水
12月1日(日)〜1月31日(金)
17:00〜22:00

会場:JR小杉駅前、駅南広場、下条川河川公園、JR越中大門駅前、射水市役所下庁舎前 (射水市)
詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

(SH)

2013年10月15日

  富山きときと空港を利用するお客様へ、「寿司といえば富山」のイメージの定着を図るため、国内線手荷物受け取りターンテーブルに10月9日(水)から登場したお寿司のオブジェ「秋冬ネタ版」は、以前に登場していた「夏ネタ版」に引き続いて、高岡で制作されたものです。これは、おととしの11月から富山県と連携して県内の寿司店が提供している寿司のセットメニュー「富山湾鮨」のPRのためのもので、オブジェ自体は去年の12月から登場していましたが、今回はその第3弾。ブリ、カワハギ、ベニズワイガニなど秋から冬にかけてのネタにリニューアルしました。

 

 

 歴史都市高岡で銅器や漆器などの伝統工芸に従事する高岡伝統産業青年会の協力のもと、高岡の伝統工芸の技を結集して制作されました。1貫の大きさは長さ25センチ、高さ10センチほどで、よりキトキト感(=新鮮さ)を出すために職人たちが素材にこだわり、リアリティーを追求しました。

造形:薮元昭(ヤブ原型所)、嶋光太郎(嶋モデリング
着色:松本浩明(フィッシュクラフトマツモト
ディレクション:國本耕太郎(漆器くにもと


★「夏ネタ版」についての当ブログはこちら
★富山湾鮨ブログでの「夏ネタ版」の製造工程の報告はこちら。8/27にpart.1、9/10にpart.2、10/9にpart.3が載っています。

 

 

B富山湾鮨画像(2013年度秋冬ネタ)
【奥(左より)】バイガイ、フクラギ、シロエビ、ブリトロ、トヤマエビ
【手前(左より)】イカ、ベニズワイガニ、カワハギ、メジマグロ、タイ

 

 

B富山県広報 

(SH)

2013年12月19日

 富山空港は台湾と直行便があるので、富山県は台湾からの観光客の誘致を進めています。昨年も高岡を取材していただいた台湾のTV番組が(→こちら)、今年も高岡を訪れ、12月12日(木)に取材があり、当協会も協力しました。

 

 今回取材のあった番組は、民視(FTV)という台湾のTV局の看板番組で、旅とグルメをテーマとする「美鳳有約」という番組です。台湾では子供から老人まで幅広い人気の陳美鳳(チャン・メイフォン)というタレントがレポーターをつとめます。毎週月曜日〜金曜日の12:30〜13:30に放送。(→「美鳳有約」のfacebookはこちら。もちろん中国語です。)

 

 12月9日(月)〜13日(金)の4泊5日で、富山市、立山山麓スキー場、庄川峡クルーズ、南砺市(五箇山、井波)、氷見市、新湊、高岡市などを取材しています。12月12日(木)の午後〜夜に、ドラえもんトラム乗車、金屋町(かなやまち)、国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)山町筋(やまちょうすじ)海鮮問屋柿の匠(かきのしょう)(夕食)などの取材でした。

 

 放送予定日は2014年1月16日(木)、17日(金)、23日(木)。3回にわけて放送の予定です。(といっても日本では見れませんが・・・)

 

BIMG_0046
陳美鳳さん(ピンクのベスト)がドラエモントラムをレポート中。右手に持ちカメラに見せているのはドラえもんの姿の一日乗車券。この日は、高岡市の平野部に数センチの積雪があった日でした。ちなみに、ドラエモントラムの運転席のドラえもんのぬいぐるみの衣装はサンタさんです。

 

BIMG_0051
高岡と世界遺産の五箇山・白川郷を結ぶ世界遺産バス(バスの前方ガラスの右下に表示)を取材。

 

BIMG_0062
金屋町の「高岡鋳物発祥地」の碑を撮影中。

 

 BIMG_0070
国宝瑞龍寺の境内でレポート中の陳美鳳さん。屋根に雪が積もっている様子がいつもとは異なっていて「絵になる」と撮影スタッフは喜んでいました。

 

 BIMG_0075
山町筋の重要文化財・菅野家(すがのけ)(右側の黒い土蔵造りの建物)を撮影。

 

 BIMG_0116
海鮮問屋柿の匠での会席膳の撮影。グルメは番組の大事な要素ですから、たっぷり1時間をかけて撮影していました。前半は個々の食材を箸でつまみ上げてのアップでの撮影。よくグルメ番組で出てくるシーンですよね。後半はこのように陳美鳳さんが実際に個々の食材を口にして感想を述べるシーンの撮影でした。いかにもおいしそうな様子でした。

 

(SH)

2013年8月9日

 高岡七夕まつりも終わり、昨日は少し落ち着いたかなと思ったホラーハウス「足首屋敷」ですが(→こちら)、本日8月9日(金)はまたまたオープン時から大盛況。14時開始即60分待ち以上となりました。この好評を受けて、明日から2日間、8月10日(土)・11日(日)は12時開始予定を1時間繰り上げて、午前11時からオープンいたします。急な決定で、告知がそれほど進んでいないかもしれないので、明日の11時は狙い目かも。

 

BIMG_0016
14時のオープン時にもうこれだけの列。


BIMG_0022

14時のオープン即60分待ち以上となりました。

BIMG_0026
連日の猛暑を受け、扇風機が用意されました。

 

BIMG_0029
臨時のソフトクリーム屋も大盛況。

 

 

 

(SH)

2013年10月17日

今週末10月19日(土)・20日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
水中写真家・鍵井靖章写真展「なないろのうみ」
8月24日(土)〜10月20日(日)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら※いよいよ今週末限り!


画家 岸田劉生の軌跡 〜油彩画、装丁画、水彩画などを中心に〜

9月14日(土)〜10月20日(日)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら※いよいよ今週末限り!


秋の特別企画展「デザインされた万葉集 上野博之彩画展」

9月18日(水)〜10月28日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。    

 

【 高岡市内のイベント 】
高岡巧美会展
10月17日(木)〜20日(日)
会場:高岡市美術館
入場無料。詳しくはこちら


花と緑の総合展「秋の山野草展」
10月18日(金)〜20日(日)
会場:高岡おとぎの森公園
昨年の様子はこちら


第44回 八丁道おもしろ市

10月20日(日)
8:00〜15:00 【雨天決行】
会場:国宝瑞龍寺前参道(八丁道)
詳しくはこちら


Kikare〜Ma2013 そこたら10
(じゅう)
ライブ
10月20日(日)
会場:高岡市内の飲食店。
一部有料。詳しくはこちら 

 

【 高岡市周辺のイベント 】
新湊カニカニ海鮮白えびまつり
10月20日(日)
8:00〜15:00 【雨天決行】
会場:新湊漁港 (射水市)
詳しくはこちら


おやべクラシックカーフェスティバル

10月20日(日)
9:30〜15:30
会場:クロスランドおやべ (小矢部市)
詳しくはこちら


海王丸の総帆展帆
(そうはんてんぱん)

10月20日(日)
会場:海王丸パーク (射水市)

詳しくはこちら


庄川遊覧船ウォーターカフェ

10月土・日
会場:庄川遊覧船 (砺波市)

詳しくはこちら


となみ夢の平 コスモスウォッチング

10月5日(土)〜20日(日)
会場:となみ夢の平スキー場 (砺波市)

詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

(SH)

2013年10月17日

 10月12日(土)にBSフジで全国放送された「わがまま!気まま!旅気分 味覚の秋!南野陽子が行く 極上富山 女ふたり旅」が、10月19日(土)16:00〜16:55に富山テレビでローカル再放送されます。

 「わがまま!気まま!旅気分」は、日本全国のフジテレビ系列各局が、地元ならではの穴場も紹介する地元密着型の旅番組。いよいよ北陸新幹線の開業が1年半後に迫り、観光地として北陸が注目される中、『新高岡駅』ができる高岡市を中心に、富山県西部エリアを、女優の南野陽子さんが、リポーター重原佐千子さんと共に旅をします。

 万葉時代からの歴史ロマンあふれる高岡エリアでは、国宝瑞龍寺や江戸時代から銅器の町として発展した、石畳が続く金屋町を散策し、昆布飯や昆布スイーツなる新たなご当地グルメを堪能します。詳しくはこちら

 

Bわがまま!気まま!旅気分

(SH)

2013年3月27日

(その1)から続く 】  

 2015年春の北陸新幹線開業をPRする、北陸新幹線開業2年前イベント「新幹線とこれからのとやま」が、3月24日(日)に高岡市のウイング・ウイング高岡で開催されました。約400人がシンガーソングライターの高原兄(けい)さんのトークショーや歌を楽しみました。

BIMG_0328
トークショー会場もぎっしりです。

BIMG_0351
よいよトークショーが始まりました。右から渡邉康洋富山大学芸術文化学部教授、新幹線戦略とやま県民会議西部地域会議の川村人志会長(高岡商工会議所会頭)、シンガーソングライターの高原兄(けい)さん、MCの廣川奈美子さん。

BIMG_0418
トークショーの後は高原兄さんの歌です。来場者の挙げた「高岡大仏」「菅笠(すげがさ)」などのフレーズを使って即興で新幹線PRソング「やわやわ新幹線」を作曲して、その場で披露。すごい!

BIMG_0436
サングラスをかけて、32年前の大ヒット曲「完全無欠のロックンローラー」を歌います。

BIMG_0485
次は富山県西部地域のPRタイムで、ゆるキャラ大集合! 左から利長くん高岡市)、ムズムズ(射水(いみず)市)、チューリ君(砺波市)、メルギューくん、メルモモちゃん(小矢部(おやべ)市)、NANTOくん(南砺市)、とうはくん(石川県七尾市)、きときと君(富山市)。

BIMG_0541
最後は富山のご当地アイドル「Vienolossi(ビエノロッシ)」が登場。

BIMG_0561
「きときと夢体操」
を踊りました。なんと、ゆるキャラの皆さんも後ろで一緒に踊っているんですよ。

BIMG_0393
高原兄
さんはノリノリで、客席に降りて「きときと夢体操」を歌います。

BIMG_0587
終演後、ロビーに整列し、笑顔で観客をお見送りする「Vienolossi(ビエノロッシ)」の8人。愛称は「しろえびちゃん」。キャッチフレーズは「ぴちっぴちっの宝石アイドル」。グループ名の「Vienolossi(ビエノロッシ)」の由来は、富山県の名産品である「白えび(→しろのえび)」を逆から読むと「ビエノロシ」になり、それをアレンジした名称です。本当のデビューは翌日の3月25日(月)でしたが、この舞台で特別デビューを飾りました。目の前の舞台の8人は、ほんとに「ぴちっぴちっ」でした。応援するしかないですね!

BIMG_0592
終演後のロビーは「Vienolossi(ビエノロッシ)」に続いて、ゆるキャラの皆さんも出てきて、記念撮影をする人でしばらく大混雑しました。

 (SH)

2013年10月17日

 国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)の参道「八丁道(はっちょうみち)」にいろいろな出店が並ぶ「第44回 八丁道おもしろ市」10月20日(日)に開かれます。8:00〜15:00開催。雨天決行


 参道には手作り雑貨、竹細工、野菜、果物、衣類、陶器、骨董品など100以上の店が並び、にぎわいます。とっても楽しいですよ。また、イベント会場ではいろいろなプログラムが予定されています。会場はJR高岡駅から南へ徒歩約10分。詳しくはこちらをご覧ください。


 おもしろ市は、高岡開町の祖である加賀藩2代藩主前田利長と、高岡のまちづくりに尽力した3代藩主利常の命日にちなみ、毎年5月と10月の第3日曜日にに開催するフリーマーケットです。

 

【昨年10月に開催された「八丁道おもしろ市」の様子】
BIMG_0016 BIMG_0019 BIMG_0024 BIMG_0026 BIMG_0028 BIMG_0042 BIMG_0056 BIMG_0059 BIMG_0061

 

BIMG_0113

イベント会場では下関小学校の合唱や、さくら保育園の和太鼓などが披露されました。今年も同様のプログラムが予定されています。

BIMG_0126

(SH)

2013年8月9日

 毎年恒例の国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)夏のライトアップ「夜の祈りと大福市」がいよいよ明日・あさって8月10日(土)・11日(日)18:30〜21:30の開催です。(大福市は18:00〜) 10・11日とも先着700名に不破福寿堂「白玉みつ豆」がふるまわれます。

 
 また、今年は肩書きに「前田利長公四百年大遠忌(だいおんき)記念」とあります。瑞龍寺は高岡開町の祖で加賀藩二代藩主、前田利長公(1652〜1614)の菩提寺で、350年前の1663年に利長公の50回忌に合わせて完成したと伝わっており、今年は前田利長公の四百年大遠忌にあたります。

 

 夏の夜に寺の建物がライトアップされ、厳粛な雰囲気の中で「トイレの神様」とされる烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)など数多い仏像にご加護を祈ることができます。門前で開催される大福市では高岡市内外の多彩な味が楽しめます。

 

 

 

  また、例年のように、イオンモール高岡の駐車場とJR高岡駅瑞龍寺口(南口)から無料シャトルバスが運行されます。

 

  前売券350円、当日券500円、中学生以下無料。

 

 

Bちらし 前売り券販売箇所

(SH)

 

2013年7月4日

今週末7月6日(土)・7日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。   

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
女性アーティスト展「私たちは越えていく」
6月15日(土)〜7月15日(月・祝)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら

 

刊行記念 回廊展示「越中万葉をたどる」展
5月15日(水)〜7月15日(月)
会場:高岡市万葉歴史館
詳しくはこちら


6人の写真家たち 「光・風・色」 NATURE PHOTO AID 2013

6月15日(土)〜8月18日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら。 


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。 

  

【 高岡市内のイベント 】
第50回 戸出七夕まつり
7月3日(水)〜7日(日)
会場:戸出町商店街一円
詳しくはこちら
お祭りシャトルバス(無料)についてはこちら


山野草展(かたかご会)

7月5日(金)〜7日(日)
会場:高岡おとぎの森公園
詳しくはこちら


平和チャリティ色紙展

7月5日(金)〜7日(日)
会場:ウイング・ウイング高岡 1階 交流スペースA
詳しくはこちら


みるみるまるしぇ vol.8

7月6日(土)・7日(日)
会場:アグリピア高岡 農業センター
詳しくはこちら


大仏ごりやくの日

7月7日(日) 10:00〜
会場:ごりやく市は高岡大仏前、寄席・法要は大仏寺

詳しくはこちら


スポーツ健康フェスタ in たかおか
(旧「華齢にサマーフェスタ in TAKAOKA)
7月7日(日) 10:00〜13:00
会場:高岡市民体育館
詳しくはこちら


雨晴海岸「海開き」

併催:海岸特別清掃日「みんなできれいにせんまいけ大作戦」
7月7日(日)
「海開き」は雨晴海岸 松太枝浜海水浴場で9:30〜。詳しくはこちら
海岸特別清掃は国分浜一帯6:00〜8:00、雨晴海岸一帯8:00〜11:00。詳しくはこちら


雨晴感謝祭2013

7月7日(日)
12:30〜
会場:雨晴海岸 松太枝浜海水浴場
詳しくはこちら

  

【 高岡市周辺のイベント
「みんなできれいにせんまいけ大作戦」
7月7日(日)
射水市は「射水市海岸清掃」として早朝に海老江、足洗、六渡寺の海岸。
氷見市は「氷見市一斉清掃」として5:30〜市内全域の海岸、道路、河川等。
詳しくはこちら

 

(SH)

 

2013年8月10日

 8月1日(木)のオープン以来、連日盛況だったホラーハウス「足首屋敷」ですが、今日8月10日(土)はそれほどでもありません。猛暑の天気予報に皆さんが外出を手控えたのか、はたまた、せっかくの週末なので遠出したのか、それとも、「足首屋敷」の開始時刻を今日は1時間早めたのが役に立ったのか、連日オープン時には50人以上並ぶのが普通でしたが、今日は最大でも20人ほど。お昼前後には並んでいる人数が1桁の時もありました。明日はどうなるやら。明日8月11日(土)も1時間早く、11時から開始です。

 

BIMG_0008
14時半頃の状況。並んでいるのは約20人。

 

 

 

 

BIMG_0004
臨時のかき氷屋さんは繁盛していました。

BIMG_0005 
氷柱も用意されています。

 

 

 

 

(SH)

2013年7月5日

 高岡の伏木港へのクルーズ客船の寄港が増えてきました。今年も8月から9月にかけて4回の寄港が予定されています(→詳しくはこちら)。しかも、9月10日(火)に寄港予定のボイジャー・オブ・ザ・シーズは伏木港寄港船で過去最大の約13万7千トン(乗船定員は最大で3,840名)。日本船としてよく話題になる飛鳥Ⅱが約5万トンで乗船定員800名ですから、その巨大さがわかります。
 

 そういったクルーズ客船の入出港時に、ふ頭でお出迎え、お見送りをする伏木港クルーズ客船歓迎クラブの会員を、伏木外港クルーズ船受入協議会が募集いたします。会員には客船などの入出港情報などが届きます。客船に興味のある方など、どなたでも入会できます。まずは、クルーズ船が寄港した際、伏木港に来ていただき、出港イベントを観覧しお見送りしていただくだけで十分です。会費は無料

 

【会員の種別】
会員には「メルマガ会員」「みなと会員」があり、いずれも、客船寄港情報やイベント情報をメールやFAXでお知らせします。「みなと会員」にはさらに、会員証を発行いたします。

 

【メルマガ会員】
会員には、メール、FAXまたは郵送で下記情報を提供をします。会員証の発行はいたしません。
  ●伏木富山港への、客船等の入出港情報
  ●
入出港時の歓迎・見送りイベント情報
  ●船内見学会などの催し情報


【みなと会員】
会員には、上記メルマガ会員に送る情報を提供するほか、会員証の発行や、船内見学会への優先枠があります(ただし、全ての船で見学会があるわけではありません)。特典は随時追加予定です。

【申込み方法】
申込み方法や問合せ先についてはこちらをご覧ください。

 

【過去の歓迎行事等の様子】
BIMG_0185コスタ
過去最大客船のコスタ・ヴィクトリア(7万5千トン)

 

BIMG_0157コスタ
ゆるキャラや高岡万葉大使がお出迎え
BIMG_0174コスタ

 

BIMG_0093コスタ
歓迎式典での幼稚園児によるアトラクション

 

BIMG_0052クラブ 
出港イベントでの「よさこい」

 

BIMG_0145コスタ  
出港イベントでのマーチングバンド 

BIMG_0214コスタ
ペンライトを振ってのお見送り


(SH)

2013年12月19日

 高岡市に本社のある北陸コカ・コーラボトリング(株)には北陸新幹線の「新高岡駅」開業記念事業として、北陸新幹線の開業に向けての機運醸成、更には開業後の高岡市の活性化につながるプロジェクトとして、高岡ご当地自動販売機を展開していただいております。正面に国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)高岡大仏、側面には高岡市マスコット「利長(としなが)くん」「家持(やかもち)くん」のイラストが描かれ、広告スペースにはキャッチフレーズ「さあ、新高岡駅から。」を記したポスターが掲示されています。高岡駅前や観光地などに今のところ10台ほどが設置されています。

 

BIMG_0015
左の側面は「利長くん」。(高岡駅前の高岡中央駐車場1階)

 

BIMG_0022
右の側面は「家持くん」。(高岡駅前のデュオビル正面)

 

BIMG_0006
正面に国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)高岡大仏、広告スペースにはキャッチフレーズ「さあ、新高岡駅から。」を記したポスターが掲示されています。

 

BIMG_0020
正面の図柄が異なるタイプもあります。

 

BIMG_0055
自販機の色は、繁華街用の派手な赤色と、風致地区用の落ち着いた茶色の2種類で展開中です。これは古い街並みの金屋町(かなやまち)設置されている自販機です。

(SH)

2013年8月19日

 お盆休みは終わりましたが、ホラーハウス「足首屋敷」8月19日(月)も大盛況。今日は14時のオープン即2時間待ちでした。暑い日が続いていますが、お並びの皆さんはくれぐれも熱中症にお気をつけください。

 

BIMG_0022
14時のオープン時にはもう100人以上の列。お子様たちや学生さんにはお盆休みは関係無いですね。

 

BIMG_0004
この暑さですから、かき氷屋は大賑わい。
BIMG_0011

 

BIMG_0009
ホラーハウス「足首屋敷」お隣のチャイニーズレストランみんみんでは、チケットが100円券として使えます。

 

 

   BIMG_0018
筋向かいのカフェわろんがの看板。「絶叫したら喉が渇く!! 早めの水分補給で体調バッチリ!!」

 

 

 

(SH)

2013年12月20日

 JR西日本の情報誌「BlueSignal」11月号の巻頭特集「城下町彷徨」で高岡が取り上げられましたが(→こちら)、掲載から少し遅れて、「BlueSignal」のホームページにその記事の内容がアップされました(→こちら)。高岡の簡単な歴史、重要伝統的建造物群保存地区の山町筋(やまちょうすじ)と金屋町(かなやまち)、重要有形・無形民俗文化財の高岡御車山祭(みくるまやままつり)、伝統工芸などが取り上げられています。

 

B1

B2

B3

(SH)

2013年4月30日

 国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)の春の恒例行事「春のライトアップと門前市」4月28日(日)〜30日(火)の3日間にわたって開催されており、多くの人が訪れています。瑞龍寺は高岡開町の祖、前田利長(1652〜1614)の菩提寺で、350年前の1663年に利長の50回忌に合わせて完成したと伝わっています。撮影は4月29日(月・火)。

 

幻想的な音楽に合わせて、国宝山門が夜空に浮かび、赤や青のライトアップが色を変えていきます。
BIMG_0223 BIMG_0208 BIMG_0188 BIMG_0185 BIMG_0182 BIMG_0179 BIMG_0176 BIMG_0164 BIMG_0156

 

同様に国宝仏殿を照らす明かりも色が変わっていきます。
BIMG_0146 BIMG_0136

 

回廊では岐阜県美濃市のイベント「美濃和紙あかりアート」の歴代優秀作品が展示され、幻想的な雰囲気をかもし出しています。
BIMG_0127 BIMG_0126

 

門前市も賑わっていました。
BIMG_0229

 

 最終日の4月30日(火)は午後6時半(門前市は同6時)から9時半まで。当日券は500円、中学生以下は無料です。

 会場周辺に駐車場はなく、高岡市地方卸売市場(同市下黒田)の臨時駐車場、イオンモール高岡(同市下伏間江)の駐車場、JR高岡駅瑞龍寺口の3カ所から無料シャトルバスを運行されます。いずれも午後5時半から随時運行し、第1観光駐車場に到着します。

 4月30日(火)は高岡御車山(みくるまやま)の宵祭でもあり、第1観光駐車場と高岡御車山宵祭・ライトアップ会場とを結ぶ便も午後6時半から随時運行されます。

BIMG_0172
昨年の御車山祭の守山町の宵祭ライトアップ。

(SH)

2013年10月17日

 10月21日(月)22:00〜22:48、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、国民的人気漫画「ドラえもん」の生みの親で、高岡市出身の漫画家、故藤子・F・不二雄氏(本名:藤本弘、1996年没)が、「プロフェッショナル ザ・レジェンド 僕は、のび太そのものだった」として取り上げられます。

 

 この番組は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組ですが、番組初の試みとして、今は亡き故人の仕事の流儀に焦点を当てます。藤子・F・不二雄氏の高岡での少年時代などのエピソードを交えながら、人気漫画「ドラえもん」誕生に迫ります。再放送は10月25日(金)0:40〜1:28(木曜深夜)。詳しくはこちらをご覧ください。

 

(SH)

2013年10月18日

 高岡出身の銅版画家・南桂子(1911〜2004)は、少女・鳥・樹木などを題材にした抒情的で繊細な「銅板詩」を描く作家として知られ、メルヘン的な趣をたたえた作品は、ユニセフの発行物にも採用され、現在でも世界中の人々に愛されています。一昨年(2011年)が生誕100周年ということで、日本各地で展覧会が開催されました。(→高岡での開催はこちら) 

 

 その南桂子と夫・浜口陽三の展覧会「毛糸と、小鳥 浜口陽三・南桂子 銅版画 二人展」が東京のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションで開催中です(8/27〜2014.1/13)。詳しくはこちらをご覧ください。なお、この美術館は南桂子の夫であった銅版画家・浜口陽三(1909〜2000)がヤマサ醤油第10代目社長濱口儀兵衛の三男であったことからヤマサ醤油(株)が開設した美術館です。

 

B毛糸と、小鳥

(SH)

2013年4月30日

 明日5月1日(水)に高岡市では高岡御車山(みくるまやま)が開催されます。毎年5月1日には曜日にかかわらず高岡御車山祭は開催されます。

 
 日本の文化財保護法において、お祭りなどに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、無形の民俗文化財のうち、特に重要なものを重要無形民俗文化財として国が指定します。また、お祭りなどに用いられる衣服、器具、家屋その他の有形の民俗文化財のうち、特に重要なものを重要有形民俗文化財として国が指定します。高岡御車山祭重要無形民俗文化財にも重要有形民俗文化財にも指定されています。 

 
 日本全国でお祭りは数多くある中で、無形と有形の両方で重要民俗文化財に指定されているのはたった5つしかありません。たとえば、京都の祇園祭や飛騨高山の高山祭などです。高岡御車山祭は国も認める非常に文化的価値の高いお祭りです。 

 
 JR高岡駅から約600mの片原町交差点での7基の山車の勢揃いだけを見てお帰りになる観光客も多いようですが、毎年午後3時過ぎの重要伝統的建造物群保存地区である山町筋(やまちょうすじ)での奉曳(ぶえい)も風情がありますし、細い裏路地の奉曳(ぶえい)は迫力がありますし、前夜4月30日宵祭のライトアップもきれいですよ。

 
★奉曳順路・交通規制図はこちら
 

BIMG_0054 
山町筋(やまちょうすじ)の通称「赤レンガの銀行(富山銀行本店)」の前を通る山車。

 

BIMG_0090 
山町筋重要文化財菅野家(すがのけ)の前を通る山車。
 

BIMG_0115 
細い裏路地を通る山車。
 

BIMG_0172
宵祭のライトアップ

  
(SH)

2013年7月8日

 毎年恒例の伏木港(みなと)まつりに今年も海上自衛隊の艦艇がやってきます。今年は護衛艦「ちくま」(2,000トン、長さ109m、乗員約120名)が一般公開されます。

8月3日(土)・4日(日) 13:30〜15:20
場所:伏木富山港伏木地区万葉岸壁(富山県高岡市)
入場無料です。 

※ 詳しくはこちらをご覧ください。
※ ミサイル艇「ちくま」についてくわしくはこちら
伏木地区万葉岸壁について詳しくはこちら
※ 昨年の伏木港まつりの時の海上自衛隊護衛艦「みねゆき」の一般公開の様子はこちら
 

※ 両日とも10:00〜11:30に体験航海が行われますが事前の応募が必要です。
   詳しくはこちらをご覧ください。締切は7月12日(金)です。

 

 また、今年は伏木外港着工25年記念として「働く船大集合!」と称して、8月3日(土)には日ごろ伏木富山港で活躍している船舶の仕事紹介や船内の公開などが行われます。国土交通省港湾業務艇「なごかぜ」の港内体験航海がありますが、当日受付・抽選です。

※ 詳しくはこちらをご覧ください。

 

700DE233ちくま_01
護衛艦「ちくま」(海上自衛隊ホームページより転載)

(SH)

2013年12月20日

 

 JR東日本が発行する新幹線車内サービス誌「トランヴェール」(東北・山形・秋田・上越・長野新幹線)2013年12月号に、高岡市出身の映画監督・滝田洋二郎さんのエッセーによる、本市の観光PR記事「ふるさと高岡に、美食あり」が掲載されています。車内設置期間は、2013年12月1日〜12月31日です。

 

B記事

(SH)

2013年3月28日

今週末の3月30日(土)・31日(日)の高岡市及び周辺地区の展覧会やイベントをご紹介します。 


【 高岡市内で開催中の展覧会 】
初公開・明治の刺繍絵画展〜英国王室で愛された至宝〜
3月30日(土)〜4月7日(日)
会場:高岡市美術館
詳しくはこちら

絵と写真でたずねる越中万葉ゆかりの土地
1月30日(水)〜4月8日(月)
会場:高岡市万葉歴史館 回廊
詳しくはこちら

館蔵品展「未来へつなぐ高岡のお宝-新収蔵品を中心に-
2月9日(土)〜5月6日(月・振休)
会場:高岡市立博物館
入館無料。詳しくはこちら


【 高岡市内のイベント 】
高岡いいまち!協働のまち!「活動紹介フェスティバル」
3月30日(土) 11:00〜15:00
会場:高岡市ふれあい福祉センター
詳しくはこちら

いよいよ4月1日(月)から、高岡古城公園で「高岡桜まつり」 が始まります。〜4月21日(日)。詳しくはこちら高岡古城公園の桜

【 高岡市周辺のイベント 】
特に無し。

 

 

(SH)

2013年10月24日

今週末10月26日(土)・27日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。
※ 今週末の富山県は強い台風27号の影響で大雨や強風の可能性があります。すでに延期が決まったイベントもあります。イベント実施の有無については主催者にお問い合わせください。

 

  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
秋の特別企画展「デザインされた万葉集 上野博之彩画展」
9月18日(水)〜10月28日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。   


 蜷川実花「noir」
10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら。 
 

 

 

【 高岡市内のイベント 】
ウイング・ウイング祭
10月25日(金)〜27日(日)
会場:ウイング・ウイング高岡
詳しくはこちら


花と緑の総合展「秋のバラ展」

10月26日(土)・27日(日)
会場:高岡おとぎの森公園
昨年の様子はこちら
 

 

【 高岡市周辺のイベント 】
第34回 小矢部市農業祭
10月26日(土)・27日(日)
会場:クロスランドおやべ (小矢部市)
詳しくはこちら


船舶「えとぴりか」の一般公開

10月26日(土)
12:30〜13:30
会場:富山新港(海王丸パーク)海王岸壁 (射水市)
詳しくはこちら


第5回 増山城戦国祭り

10月27日(日)
9:30〜13:30
会場:増山城跡 (砺波市)
詳しくはこちら


庄川遊覧船ウォーターカフェ

10月土・日
会場:庄川遊覧船 (砺波市)

詳しくはこちら


10月26日(土)に開催予定だった「新湊ベイエリア ミュージックフェス2013 in 海王丸パーク」は11月2日(土)に順延が決定しています。詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

(SH)

2013年7月8日

 高岡市は7月1日、2015年春開業の北陸新幹線「新高岡駅」周辺に整備する南口駅前公園や南北駅前広場などのデザインを発表しました。

ポイントは以下の3点です。
①駅舎が主役となる空間の演出
・「飛越能の歴史を継承する駅」として、歴史の重みを感じる駅舎が際立つよう、周辺施設の色調や形状等について端正なデザインとなるよう努めた。
②地場産業への配慮
・アルミやガラス、鋳物等の地場素材や伝統技術の活用に配慮した。
③効果的、かつ、効率的な施設整備
・おもてなしの精神による使いやすい施設整備と管理コストの縮減の両立を目指した。

 南口駅前公園に設置されるモニュメントは、近く選出される作家3人が11月までにデザイン案を提示し、市民投票などで年度内に決定する予定です。


 詳しくはこちらをご覧ください。
 

B報道発表2ページめ B報道発表3ページめ

 

(SH)

2013年8月19日

 来年3月の完成を目指して工事が進められている高岡ステーションビルの愛称が「CURUN TAKAOKA(クルン高岡)」に決まりました。”CURUN(クルン)”は、「c=creative(創造的)」「u=urban(都市)」「run(走る)」の頭文字を合わせた造語で、「来るの?」という言葉を可愛らしくした「来るん?」の意味もあり、「このビルを拠点に高岡のまちを『くるん』と一周しよう」とのストーリー性も持たせたものだそうです。なかなか工夫しましたね「CURUN TAKAOKA(クルン高岡)」、定着するといいですね。(→高岡ステーションビルのブログでの紹介はこちら

 

85846-2 

「CURUN TAKAOKA(クルン高岡)」のロゴマーク。可愛らしいですね。

 

 

BIMG_0077
JR高岡駅での告知のポスター。

 

 

(SH)

2013年12月20日

 文藝春秋社が発行のトラベル誌「CREA Traveller」2014年冬号に、富山県、富山市、高岡市、氷見市、砺波市及び南砺市の1県5市が連携して、各地域の魅力を広く発信し誘客推進を図るため、10ページにわたる記事型広告「富山を味わう 富山に酔う」が掲載され、「CREA 」のホームページにも「越中とやまの食ロードを巡る旅」がアップされました(→こちら)。高岡市は「昆布で〆る。北前船が運んできた『食』文化」という記事で登場し(→こちら)、富山と昆布のゆかりや、塩谷昆布店や室屋(むろや)が紹介されています。

 

表紙トラベル誌「CREA Traveller」2014年冬号表紙

 

B記事
「CREA 」のホームページの「越中とやまの食ロードを巡る旅」トップページ

 

B高岡
高岡市が登場する「昆布で〆る。北前船が運んできた『食』文化」のページ

(SH)

2013年3月28日

 北陸新幹線「富山県」開業PRブログ「きときと君日記」が2回にわたって、3月24日(日)に高岡で開催された北陸新幹線開業2年前イベントをレポートしています。Part.1こちらPart.2こちらです。

 

北陸新幹線開業2年前イベント
前列はイベントの締め括りに登場した、富山のご当地アイドル「Vienolossi(ビエノロッシ)」の8人。後列は富山県西部地区のゆるキャラたちです。

(SH)

2013年10月25日

 高岡市の伏木港に、9月10日に伏木港寄港船で過去最大の大型クルーズ船ボイジャー・オブ・ザ・シーズがやってきたことは当ブログでもお知らせしましたが(→入港や市内観光の様子はこちら、出港の様子はこちら)、小学館発行の趣味・食・旅などの雑誌「サライ」のWEB版に、クルーズライターの上田寿美子さんによる乗船記事「日本の港が『お・も・て・な・し』でお出迎え、国際的な客船『ボイジャーオブザシーズ』で巡る日本再発見の船旅」が載りました(→こちら)。船内の様子がわかりますし、船の上から撮影した出港セレモニーの写真が、岸壁にいた我々とはアングルが異なり、新鮮です。

 

Bサライ

(SH)

2013年3月28日

 昨日3月27日(水)日本気象協会桜の開花予想(第6回)を発表しました(→こちら)。高岡古城公園の予想開花日は4月5日(金)、予想満開日は4月9日(火)となっています。

 

 また、民間気象会社の(株)ライフビジネスウェザーが運営する「桜開花予想」も昨日3月27日(水)に情報を更新し、高岡古城公園の予想開花日は4月4日(木)、見頃機関は4月8日(月)15日(月)頃となっています(→こちら)。

 

 同じく民間気象会社の(株)ウェザーニューズが運営する「さくら情報」では、高岡古城公園の予想開花日は4月3日(水)、予想満開日は4月9日(火)〜となっています(→こちら)。

 

 これはいずれもソメイヨシノの場合で、高岡古城公園4月3日(水)〜5日(金)頃に開花し、4月8日(月)・9日(火)以降に満開になりそうですね。

 

 ただし、例年、ソメイヨシノより早く開花する高岡古城公園コシノヒガンは、すでに開花し始めています。(→こちら

 高岡古城公園の桜
昨年4月の高岡古城公園

(SH)

2013年5月1日

 守山城址にある平和観音は、世界平和を願って故佐賀徳太郎氏が昭和45年に建立されたものです。毎年、この観音像の前で二上山観光協会(会長:北世七雄氏)が中心になって関係者が集って「平和観音まつり」が行われてきました。

 
 例年5月8日に行われていたものですが、高岡民謡連合保存会が以前から「昭和の日」に因んで観音様に開催してきた「高岡民謡歌と踊りの御奉納」に合わせ、ことしから4月29日に両方をコラボして実施することになりました。

 

 八重桜咲き競う城山(守山城址)の平和観音前では、午前10時30分から伏木一宮正法寺住職の道前師の読経で供養が行われ、11時からは民謡保存連合会(山口豊次専務理事)の皆さんが35曲の民謡を奉納しました。行楽に訪れた人々も思わず立ち止まり、しばし民謡に見とれていました。

 

BP1060527 
平和観音

BP1060529 
周辺は八重桜が満開でした。BP1060539

BP1060538
伏木一宮正法寺住職の道前師の読経で供養

   BP1060543
民謡保存連合会の皆さんが35曲の民謡を奉納BP1060546

 

BP1060533
下界の眺めも抜群。

(SH)

2013年7月9日

北陸銀行高岡支店の小公園にある「夕日の像」の子供たちが、ゆかた姿になりました。

 画像 004

今日は、坂の下保育園の年長の園児たちも加わって除幕式が行われ、「夕日」のうたを歌って花を添えました。また、「14歳の挑戦」で職業体験中の中学2年生も臨時の保育士や記者、銀行員などとして参加し、ういういしさあふれる除幕式となりました。

画像 010

画像 020

この活動は、今から30年前にこの像が建立されたころから、隣の北陸銀行の女子行員の皆様の手で始められたものです。その後、多くの皆さんがこの子供たちに衣装を着せる活動を引き継ぎ、いまは「おもてなしグループ『さくらG』」の皆さんの手に委ねられています。心から感謝し、敬意を表したいと思います。

さて、「ぎんぎんぎらぎら・・」で始まる童謡「夕日」は、大正10年(1921)に、葛原しげるの詩に高岡市出身の室崎琴月が曲をつけたもので、今も多くの人に歌われています。

この像のゆかた姿は、汗をふきふきこの坂を上り降りする人に、さっと吹きわたる風のような一服の清涼剤となることでしょう。

ゆかた姿は、8月いっぱい目にすることができます。

 画像 005

(RN)

 

2013年8月20日

 今週末の8月24日(土)・25日(日)は、土蔵造りの街並みとして国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている山町筋(やまちょうすじ)で、恒例の土蔵造りフェスタ(正式には「第15回高岡山町筋土蔵造りフェスタ」)が開催されます。例年通りの「土蔵の家で所蔵のお宝展示」や「クラシックカーギャラリー」に加えて、今年は8月24日(土)14〜15時に講演会「勝興寺 平成の大修理」(参加費無料)が開催されますが、何といっても目を引くのは「D-K  LIVE2013 × 生田流正絃社太田衣代社中」です。

 D-K(デジタル掛け軸)とは、アーティストの長谷川章氏が発明した空間照明アートで、夜間に自然や建物などに色彩豊かな抽象のような幾何学模様を映し出すものです。去年の土蔵造りフェスタでも「D-K  LIVE」は行われたのですが、今年は生田流正絃社師範の箏奏者、太田衣代さんとのコラボレーションです。チラシによれば、「アーチスト長谷川章氏による映像ライブと箏の音色が富山銀行本店の壁面に美しく投影されますコラボレーションをご堪能下さい」とのことです。楽しみですね。

「第15回高岡山町筋土蔵造りフェスタ」について詳しくはこちら

★去年の土蔵造りフェスタでの「D-K  LIVE」の様子はこちら

★長谷川章氏のD-K(デジタル掛け軸)について詳しくはこちら

 

Bちらし

Bちらし(裏) 

 

 

(SH)

2013年10月28日

 「ものづくりの街」高岡市を舞台にした短編映画「すず」がまもなく公開されます。これは高岡伝統産業青年会の創立40周年を記念して制作されたもので、NHK大河ドラマ「八重の桜」のオープニング映像などで知られる菱川勢一さんが脚本、編集、初監督を務め、東京で結婚した主人公すずが、夫の故郷である高岡で若い職人夫婦として働きながら、衰退する郷里の町おこしなどに取り組む姿を描いているそうです。

 

 すずを演ずるのは女優の村上真希さん、夫役は成元一真(なりもとかずま)さん。高岡市内でのロケはすでに終わっており、11月9日(土)の青年会の記念行事での菱川さんの講演会で初上映し、その後はインターネットで公開の予定です。作品は約12分間とのことで、31秒間の動画がすでにホームページで公開中です。ロケ地マップの作製も予定されています。どんな映画なんでしょう。楽しみですね。

 

★短編映画「すず」のホームページはこちら。31秒の動画はここで見ることができます。

★短編映画「すず」のfacebookはこちら

★監督の菱川勢一さんのfacebookはこちら。10月中旬以降は短編映画「すず」の話題だらけです。

★主人公すず役の村上真希さんのブログ「村上真希からのSIGNAL☆」はこちら

★夫役の成元一真さんのブログ「菅刈ロシアンブルー」はこちら。10月中旬〜下旬に短編映画「すず」の話題がたくさん登場しています。なお、成元さんはNHK大河ドラマ「八重の桜」の第37〜40回に熊本バンドの一員として出演しておられ、その話題も8〜10月にかけて3回ほど出ています。

BすずHP

(SH)

2013年12月24日

  第28回日本海高岡なべ祭りの会場図チラシができあがりました。シャトルバス情報やイベント情報も載っています。

 

 

 日本海高岡なべ祭りはアルミ・銅製のジャンボなべで、日本海の新鮮な魚介類と野菜をふんだんに盛り込んだなべ料理を楽しむ、冬の高岡の風物詩となったビッグイベントです。すり身ごっつお鍋海鮮シチュー鍋ご当地自慢鍋も。

 

 

 

 2014年(平成26年)1月11日(土)・12日(日) 11:00〜16:00の開催です。例年のJR高岡駅周辺は工事中のため使えず、会場は中心商店街となり、えんじゅ通りのエルパセオ周辺も会場となります。お得な前売券(2枚セット500円)[当日券は1枚300円]はウイング・ウイング高岡、高岡市役所4階の観光交流課、福岡庁舎、高岡駅観光案内所、高岡大和4階の総合承りサロン、県内コンビニ各店などで発売中。1月10日(金)までの販売です。

 

 

Bちらし(表)
会場図ちらし(表)

 

Bちらし(裏)
会場図チラシ(裏)。シャトルバス情報やイベント情報が載っています。

 

 以下の写真は前回の日本海高岡なべ祭りの様子です。

BIMG_0141

BIMG_0234

BIMG_0135

 

(SH)

2013年3月28日

 2014年春北陸新幹線開業に伴いJR西日本から経営分離される富山県内の北陸本線を運営する会社が社名を募集していたことは、以前の当ブログでもお知らせしましたが(→こちら2月15日に締切済み)、一足早く、お隣の石川県内区間を引き継ぐ会社が、3月27日に新社名は「IRいしかわ鉄道」に内定したと発表しました(→こちら)。

 

 IRは「石川・レールウェイ」の略で、「愛がある」、「JRの一歩先を行く」サービスを目指す、との意味が込められているそうです。おもしろいね。

 

 ちなみに、北陸新幹線開業に伴いJRから経営分離される信越本線と北陸本線の長野県部分の並行在来線は会社名がもう決まっていて、えちごトキめき鉄道と言い、路線名までも日本海沿いの北陸本線部分は「日本海ひすいライン」、妙高高原沿いの信越本線部分は「妙高はねうまライン」と決まっているんですよ。

 

 さあ、富山県の社名はどうなるのでしょう。楽しみですね!

 北陸新幹線

 (SH)

2013年10月28日

 ドラえもんで知られる富山県高岡市出身の漫画家の故藤子・F・不二雄氏の珍しい緞帳(どんちょう)用の原画が、富山県水墨画美術館(富山市五福)で開催中の「お宝拝見――わが社の逸品展」で公開中です。

 

 これは1983年(昭和58年)に、地元の工芸品を紹介する高岡地域地場産業センターが設立された際、同センター内の小ホールに設置する緞帳を高岡信用金庫が寄贈。子供たちも喜ぶような絵柄にしようと、藤子氏に原画を依頼したとのことです。原画は横78.5センチ、横24.5センチの切り絵作品で、三日月が浮かぶ夜空を子どもたちを乗せた帆船が飛ぶ様子を表現した幻想的な作品です。藤子氏が手がけた切り絵作品は貴重だそうです。 

 

 緞帳の完成後、原画は高岡信用金庫の所有物になりましたが、最近まではほとんど公開されてきませんでした。しかし、昨年がドラえもんの生誕100年前であったことや、路面電車の万葉線ドラえもんトラムが登場したことを受け、昨年の10月から1年間にわたり高岡信用金庫本店で展示されていました(→当ブログの記事はこちら)。それが本店での展示を終え、今回の展覧会では高岡信用金庫所有のお宝・逸品として展示されているわけです。

 

 そうそうたる画家の絵が並ぶ中で、ちょっと異質なこの原画は、3室ある展示室の真ん中の部屋で、同じく漫画家で、つい最近お亡くなりになったやなせたかし氏の絵と並んで展示されています。高岡信用金庫本店で展示されていた時は、ロープで仕切られ、あまり近寄ることができませんでしたが、今回の展示ではぐぐっと近寄ることができ、切り絵の様子がよくわかります。公開は10月11日(金)〜11月24日(日)まで。この原画の展示替えはありません。

 

BIMG_0018
これは高岡信用金庫本店で展示されていた時の写真です。

(SH)

2013年3月28日

 当協会のフィルムコミッションが協力して、実際に高岡市内でもロケが行われた、若手人気俳優生田斗真(とうま)主演の映画脳男(のうおとこ)の富山県内の上映がいよいよ来週4月5日(金)までとなったよ。

 

 富山シアター大都会の上映は明日3月29日(金)まで。TOHOシネマズ高岡TOHOシネマズ ファボーレ富山での上映が4月5日(金)までとなっています。2月9日の公開だったから、なんと2ヶ月のロングランだったんだね。週末に見ることができるのは今週末だけ。見逃している人はぜひ!

 

護送車爆破シーン
2012年7月14日から3日間かけて撮影された臨港道路での護送車の爆破シーン。6車線の道路を3日間完全封鎖して大規模ロケが行われました。カーチェイスや護送車の爆破など迫力満点のシーンはハリウッド映画顔負けです!
(→ロケ地MAPについてはこちらこちら

脳男
入口の3枚のパネルが全て脳男だった、2月中旬のTOHOシネマズ高岡

 (SH)

2013年8月20日

 高岡市を舞台に撮影され、プロ野球BCリーグ富山サンダーバーズが題材で、ハッピーで面白くて、ちょっとウルウル・・・そんな映画「TAKAOcan DREAM(タカオカン・ドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」は、4・5月に高岡市内各所や富山市内で上映されましたが、8月23日(金)〜31日(土)に、JR氷見駅前に最近できた「氷見キネマ」で上映されます(木曜は定休日)。一般1500円、大学生〜中学生1300円、小学生〜3歳1000円。2名以上の鑑賞で1名1000円。上映スケジュールはこちら。見逃した人、もう1回見てみたい人はこの機会にぜひ!

★映画の公式ホームページはこちら

★撮影に全面協力した高岡商工会議所のまとめ記事はこちら。映画に関するミニクイズも載っています。KOTAさん演じたエージェントが、なぜシドモアという変わった名前なのかを、筆者もこのクイズで初めて知りました。

「氷見キネマ」について詳しくはこちら。場所はJR氷見駅の真ん前(旧有沢接骨院)。同じくJR氷見駅前の「有磯の湯」の駐車場に「氷見キネマ」ご利用の方は105円で駐車できます。

 

 

top-header

 

 

(SH)

2013年12月24日

 国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)への玄関口となるJR高岡駅南口(通称「瑞龍寺口」)で、雪吊りをイメージした青と白のイルミネーション企画「万葉の煌(きら)めき」12月20日(金)に始まりました。イベントの会場設営や展示などを手掛ける高岡市内の会社9社でつくる高岡市ディスプレイ協会が昨年に引き続き、2015年春の北陸新幹線開業に向けた機運を盛り上げようと企画し、当協会などが協力して実現しました。(→昨年の様子はこちら

 

 南口ロータリーの東側緑地帯の街路樹2本(高さ10m)に昨年冬に設けた電飾に加え、今冬は西側緑地帯の街路樹2本も新設し、昨年の倍の計4本で12,000個のLED(発光ダイオード)が来年3月3日(月)までの17:00〜24:00に輝き続けます。

 

BIMG_0038
12月20日の点灯式

 

BIMG_0052
昨年も設けられた、南口ロータリーの東側緑地帯の街路樹2本(高さ10m)の電飾。

 

BIMG_0046
今年初めて設けられた、南口ロータリーの西側緑地帯の街路樹2本の電飾。

 

BIMG_0057
東側緑地帯から4本全部を眺めています。

  

(SH)

2013年10月30日

 松坂屋名古屋店(名古屋市中区)北館5階の特選食器イベントスペースで今日(10月30日)から「with Crafts 高岡クラフトのある暮らし」が始まりました。長い歴史に支えれらた伝統的なものをはじめ、現代のエッセンスをプラスしたもの、素朴なぬくもり感のあるものまで、メイドインジャパンクラフトの魅力をご紹介いたします。期間は10月30日(水)〜11月5日(火)。お買い上げ先着100名様には富山県産チューリップの球根プレゼント。お近くの方はぜひお越しください。詳しくはこちらをご覧ください。

 

B高岡クラフトのある暮らし

(SH)

2013年8月20日

 当協会のフィルムコミッションが協力して、実際に高岡市内でもロケが行われた、若手人気俳優生田斗真(とうま)主演の映画脳男(のうおとこ)のDVD&Blu-rayが8月28日(水)に発売になるにあたり、富山県ロケーションオフィスのスタッフブログが映画の思い出を語っています。ブログによれば、「公開当時は、色々と制約がありなかなか撮影した画像もアップできなかったので、この機会に撮影風景の写真をアップしながら思い出に浸ります・・・(#^.^#)【注:ネタバレありです!!】」とのことです(→こちら)。


脳男のDVD&Blu-rayについて詳しくはこちら

 

 

B護送車爆破シーン

 2012年7月14日から3日間かけて撮影された臨港道路での護送車の爆破シーン。6車線の道路を3日間完全封鎖して大規模ロケが行われました。カーチェイスや護送車の爆破など迫力満点のシーンはハリウッド映画顔負けです!
(→ロケ地MAPについてはこちらこちら 

 

(SH)

2013年10月30日

 11月4日(月)15:54〜16:24にチューリップテレビ「人と文化がまちをつくる!〜文化創造都市、高岡へ〜」が放送されます。高岡らしい文化創造都市を目指して、27回目を迎えるクラフト展を中心に、高岡クラフト市場街や平成の御車山など、若手の人たちが街を盛り上げようとする活動が紹介されます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

B人と文化がまちをつくる

(SH)

 

2013年5月2日

今週末5月3日(金・祝)〜5月6日(月・祝)、ゴールデンウィーク後半の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。 

 

【 高岡市内で開催中の展覧会 】
第19回 高岡市民美術展
4月20日(土)〜5月5日(日)
会場:高岡市美術館

観覧無料。詳しくはこちら※今週末で終了です。


館蔵品展「未来へつなぐ高岡のお宝-新収蔵品を中心に-

2月9日(土)〜5月6日(月・振休)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら※今週末で終了です。


入江泰吉の万葉風景「よみがえる万葉のこころ」

4月10日(水)〜5月13日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら


春の企画写真展 柳木昭信写真展「地球鼓動―宙(そら)・大地・人―」
4月6日(土)〜6月9日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら

 

【 高岡市内のイベント 】
第38回 高岡獅子舞大競演会
5月3日(金・祝)
会場:高岡市内中心部
詳しくはこちら


大仏ごりやくの日

5月5日(日) 10:00〜
会場:ごりやく市は高岡大仏前、寄席・法要は大仏寺
詳しくはこちら

高岡市周辺のイベント 】
2013となみチューリップフェア
4月23日(火)〜5月6日(月・振休)
会場:砺波チューリップ公園 (砺波市)
詳しくはこちら


倶利迦羅(くりから)さん八重桜まつり
4月28日(日)〜5月5日(祝)
会場:倶利迦羅不動寺周辺、倶利迦羅県定公園 (小矢部市)
詳しくはこちら


唐島祭

5月3日(金・祝)
11:30〜14:30頃
会場:光禅寺〜海鮮館(旧道の駅) (氷見市)
詳しくはこちら


庄川木工まつり

5月3日(金)〜5日(日)
会場:庄川水記念公園 (砺波市庄川)
詳しくはこちら


ちびっ子天国 in 海王丸パーク

5月3日(金・祝)〜6日(月・振休)
会場:海王丸パーク (射水市新湊)
詳しくはこちら


やんさんま

5月4日(土)
会場:加茂神社 (射水市新湊)
詳しくはこちら


藤子Aワールド祭り&百縁笑店街

5月5日(日)
10:00〜15:00
会場:ひみ番屋街〜商店街・光禅寺〜湊川〜氷見駅 (氷見市)
詳しくはこちら


総帆展帆
(そうはんてんぱん)

5月5日(日)
会場:海王丸パーク (射水市新湊)
詳しくはこちら


第38回 高岡獅子舞大競演会
(SH)

2013年8月21日

  富山きときと空港を利用するお客様へ、「寿司といえば富山」のイメージの定着を図るため、国内線手荷物受け取りターンテーブルに8月12日(月)から登場したお寿司のオブジェは高岡で制作されたものです。これは、おととしの11月から富山県と連携して県内の寿司店が提供している寿司のセットメニュー「富山湾鮨」のPRのためのもので、オブジェ自体は去年の12月から登場していましたが、今回はホタルイカやノドグロなど春から夏にかけてのネタにリニューアルしました。

 

 

 歴史都市高岡で銅器や漆器などの伝統工芸に従事する高岡伝統産業青年会の協力のもと、高岡の伝統工芸の技を結集して制作されました。1貫の大きさは長さ25センチ、高さ10センチほどで、よりキトキト感(=新鮮さ)を出すために職人たちが素材にこだわり、リアリティーを追求しました。

造形:薮元昭(ヤブ原型所)、嶋光太郎(嶋モデリング
着色:松本浩明(フィッシュクラフトマツモト
ディレクション:國本耕太郎(漆器くにもと

 

 

 

B富山県広報

(SH)

2013年7月10日

7月7日、雨晴海岸の海開きが無事行われました。

毎年、雨晴海岸の海開きの朝には、海岸特別清掃が行われています。今年もたくさんの方が、海岸清掃に参加されました。参加されたみなさまのおかげで、雨晴海岸は、ごみひとつない綺麗な海岸となりました。

 

海岸清掃

 

海開き式の前には、どしゃぶりの大雨が降りましたが、無事晴れ、神事を行うことができました。右奥にうっすら見えるのは、消防艇「やまと」です。安全祈願の放水を行っています。

神事

海に入る前には準備体操!太田保育園児・太田小学校児童の皆さんとエアロビックスを行いました。後ろでお母さん方も一緒に体操して下さいました〜!そして、このあと待ちに待った初泳ぎが行われました。

エアロビクス

冷たい海に入り、子供たちはすごく楽しそうでした。 雨晴海岸は、今年、新たに砂を入れたそうです。砂がすごくきれいでしたよ。生まれ変わった海岸に、是非遊びに来て下さい。

(RN)

 

2013年10月31日

今週末11月2日(土)〜4日(月・振休)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。
  

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
第43回 高岡市芸術祭 高岡市美術作家連盟展
併催 国際アート・シンポジウム2013写真展
11月2日(土)〜10日(日)
会場:高岡市美術館
詳しくはこちら


「万葉のふるさと高岡 フォトコンテスト」入選作品展
10月30日(水)〜11月25日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。   


蜷川実花「noir」

10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら。  

  

【 高岡市内のイベント 】
花と緑の総合展「高岡菊花大会」
11月1日(金)〜5日(火)
会場:高岡おとぎの森公園

昨年の様子はこちら


高岡城跡シンポジウム「今、高岡城を考える ―高岡城の歴史的価値について―」

11月2日(土) 13:00〜16:30
会場:高岡市生涯学習センターホール(ウイング・ウイング高岡4階)
入場無料(先着350名)。詳しくはこちら
翌日11月3日(日)10:00〜12:00には高岡城跡見学会も開催されます。


庄川鮭まつり

11月2日(土)〜30日(土)の土曜日・日曜日・祝日
会場:庄川左岸河川敷(高岡市石瀬地内)
入場無料。詳しくはこちら


ふくおか産業フェスティバル

11月3日(日・祝)
9:00〜15:00
会場:高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)
詳しくはこちら


大仏ごりやくの日

11月3日(日)
10:00〜
会場:ごりやく市は高岡大仏前、寄席・法要は大仏寺
詳しくはこちら


第62回民謡民舞大会 ふるさと民謡民舞まつり

11月4日(月・振休)
10:00〜18:00
会場:ウイング・ウイング高岡
入場無料。詳しくはこちら

 

 

【 高岡市周辺のイベント 】
氷見絆国際映画祭
11月1日(金)〜4日(月・振休)
会場:氷見キネマ(1日〜4日)、氷見市ふれあいスポーツセンター(1日、4日のみ) (氷見市)
上映会入場無料。詳しくはこちら


新湊ベイエリア ミュージックフェス2013 in 海王丸パーク

11月2日(土)
13:00〜18:00
会場:海王丸パーク シェルステージ (射水市)
入場無料。詳しくはこちら

 

Bちらし(表)

(SH)

2013年12月25日

 年末年始の高岡市内の主な寺院・観光施設・店舗の休業は以下のようになっています。ただし、店舗の休業日は変わる可能性もありますので、お越しの際はご注意ください。

 なお、(公社)高岡市観光協会は12月29日(日)〜1月3日(金)は休業いたします。また、高岡駅観光案内所は12月31日(火)〜1月3日(金)は休業いたします。

 

【 寺院 】
〈国宝〉瑞龍寺  無休

〈重要文化財〉勝興寺  無休
高岡大仏  無休

 

【 主な観光施設の休業日 】
高岡市美術館  12月29日(日)〜1月3日(金)

高岡市立博物館  12月29日(日)〜1月3日(金)
〈重要文化財〉菅野家(すがのけ)住宅
  12月28日(土)〜2月28日(金) ※1・2月の厳冬期は休業
    ※ただし1月25日(土)・26日(日)の「山町筋の天神様祭」期間中は開館。
土蔵造りのまち資料館  12月29日(日)〜1月3日(金)
高岡市鋳物資料館  12月29日(日)〜1月3日(金)
高岡市万葉歴史館  12月29日(日)〜1月3日(金)
伏木北前船資料館  12月29日(日)〜1月3日(金)
〈重要文化財〉武田家住宅  12月29日(日)〜1月3日(金)
ミュゼふくおかカメラ館  12月29日(日)〜1月3日(金)

 

【 主な店舗の休業日 】
高岡大和  1月1日(水・祝)

イオンモール高岡  無休
高岡地域地場産業センター  12月29日(日)〜1月3日(金)
道の駅 万葉の里高岡  無休
柿の匠(かきのしょう)  無休
八丁茶屋 右近亭  無休
やすらぎ庵  12月28日(土)〜1月2日(木)


(SH) 

2013年10月31日

 以前の当ブログでお知らせしたように(→こちら)、極彩色で鮮やかな独自の世界観を映し出す写真家で映画監督の蜷川実花(にながわ みか)氏(1972〜)の写真展「蜷川実花『noir』」ミュゼふくおかカメラ館(高岡市福岡町)でいよいよ始まりました。10月26日(土)〜12月23日(月・祝)の開催です(→こちら)。筆者が個人的に注目している若手アーティストの一人なので、さっそく行ってきました。

※ ちなみに「noir(ノワール)」はフランス語で「黒、闇」の意味。

 

 今回は暗い「闇」を浮かび上がらせる作品が中心ですが、いつもの色鮮やかな作品も含めて約90点の写真が展示されています。通常の館内とは異なり、エレベーターホールに置いてあるチラシのラックや、受付の横の書籍販売ラックが蜷川氏のご指示で常設展示場に移動してあるので、写真の展示スペースには蜷川氏の写真以外のものは何もないという徹底ぶり(蜷川氏の写真集等の販売コーナーはありますが)。さらに、通常は写真と並んで掲示されている、題名や撮影年などを示すキャプションも今回は一切ありません。ひたすら、蜷川実花氏の写真だけと対面するという展示で、どっぷりと独特の蜷川ワールドのにひたることができました。

 

 蜷川氏ご本人も期間中に来館予定で、日程を現在調整中とのことですが、女性を中心に多くの人気を集めているだけに、福井県の金津創作の森(あわら市)で「蜷川実花展」(今年の7/20〜9/29)を開催した時は、初日11時からのトークショーに、定員200人のところ、朝7時から並ぶ人がいて、最終的には600人以上にふくれあがったとか(→ご本人のブログより)。こんどはどうなりますやら。

※ 筆者が金津創作の森「蜷川実花展」を見てきた当ブログでの報告はこちら

 

 

BIMG_0004 BIMG_0006 BIMG_0014
いつもは透明な入口の扉も、黒いシートが貼られており、ここでもnoir(黒)にこだわっています。ちなみに、ホームページのバックも黒です(→こちら)。

 

Bちらし(表)

 

 

(SH)

2013年5月8日

 高岡市と射水市を結ぶ路面電車の万葉線を走るドラえもん電車の運行が2015年8月まで2年間延長されました。当初は昨年9月から1年の期間限定で、今年8月末までの予定でしたが、2015年春の北陸新幹線開業後の夏までとなりました。


 ドラえもん
は高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作で、誕生日は2112年9月3日。ドラえもん電車ドラえもんの「生誕100年」を記念して、昨年9月に運行を開始しており、車内外にドラえもんのキャラクターがデザインされています。(→以前の当ブログで徹底的に紹介しているのはこちら


 せっかく人気なのに1年限定なんてもったいないなと思っていたのでよろこばしいですね。ドラえもん電車は1編成のみで、1日約10往復しています。とっても楽しいドラえもん電車に乗りに、富山県の高岡市にぜひお越しください。

ドラえもん電車

 (SH)

2013年8月22日

今週末8月24日(土)・25日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。  

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
ドラえもんの科学みらい展
7月27日(土)〜9月8日(日)
会場:高岡市美術館
詳しくはこちら
 

特別展「たかおか町絵図探訪!」
7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

入館無料。詳しくはこちら


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら

水中写真家・鍵井靖章写真展「なないろのうみ」
8月24日(土)〜10月20日(日)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら  

  

【 高岡市内のイベント 】
第2回 わくわくメルヘンランド「イワナのつかみどり体験」
8月24日(土)
12:00〜16:00
会場:御旅屋メルヘン広場
詳しくはこちら

第15回 高岡山町筋土蔵造りフェスタ
8月24日(土)・25日(日)
会場:山町筋(やまちょうすじ)一帯

詳しくはこちら


足首屋敷

8月1日(木)〜9月1日(日)
会場:御旅屋通り商店街 特設会場

詳しくはこちら。 

 

【 高岡市周辺のイベント
カターレ富山(プロサッカーチーム)「高岡市の日」
8月25日(日)
18時キックオフ
会場:富山県総合運動公園 陸上競技場 (富山市南中田)
小学生無料、中高生100円、大人500円(中高生、大人は高岡市民に限る)。詳しくはこちら


納涼名画祭

8月23日(金)・24日(土)
会場:庄川生涯学習センター (砺波市)
詳しくはこちら


となみカンナフェスティバル 夏の子どもまつり

8月24日(土) 10:00〜21:00
会場:チューリプ公園内 公園周辺施設 (砺波市)
詳しくはこちら


ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2013

8月24日(土)・25日(日)
会場:クロスランドおやべ (小矢部市)
詳しくはこちら


しんみなと 内川十楽の市 夏の夜の彩り

8月22日(木)〜28日(水)
会場:射水市新湊地区内川べり一円 (射水市)
詳しくはこちら


海王丸の総帆展帆
(そうはんてんぱん)

8月25日(日)
会場:海王丸パーク (射水市)
詳しくはこちら


(SH)

2013年12月26日

今週末から年末年始の12月28日(土)〜1月5日(日)の高岡市及び周辺地区のイベントをご紹介します。

 


【 高岡市内で開催中の展覧会 】
年末年始の休館日にご注意ください。

ジュニア☆アート☆ワールド
同時開催「高岡市ドラえもんポスト誕生記念 藤子・F・不二雄ギャラリー」
12月1日(日)〜2014年1月5日(日)
会場:高岡市美術館
入場無料。詳しくはこちら 


正月特別展示

11月27日(水)〜2014年1月27日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら


開館20周年記念プレ企画 あなたが選ぶベスト・コレクション展

11月10日(日)〜2014年3月9日(日)
会場:高岡市美術館 2階 ビコーレギャラリー

詳しくはこちら

 

【 高岡市内のイベント 】
福岡町元旦健康マラソン
1月1日(水・祝) 7:00〜

受付:高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)
詳しくはこちら

 


【 高岡市周辺のイベント 】

クロスランドハッピーニューイヤーパーティー2014
12月31日(火) 23:00〜1月1日(水・祝) 12:00

会場:クロスランドおやべ (小矢部市)
詳しくはこちら


鰤分け神事

1月1日(水・祝) 10:00〜

会場:加茂神社 (射水市)
詳しくはこちら


氷見市消防出初式

1月4日(土) 10:00〜

会場:氷見市民会館 (氷見市)
詳しくはこちら


射水市消防出初式

1月4日(土) 9:00〜
会場:(射水市内)
詳しくはこちら
 

砺波市消防出初式
1月4日(土) 13:00〜
会場:(砺波市内)
詳しくはこちら
 

小矢部市消防出初式
1月5日(日) 9:50〜

会場:小矢部市中央町地内・小矢部市総合会館(式典)
詳しくはこちら

 

Bちらし表

 

(SH)

2013年5月8日

 富山県氷見市の観光資源をデザインしたラッピング列車(1両)がJR城端(じょうはな)線、氷見線で走っています。3月16日から走り始めていたのですが(→こちら)、なかなか遭遇せず、このGW期間中にやっとJR高岡駅で見かけました。


 両線沿線の高岡、氷見、砺波、南砺(なんと)の4市などでつくる城端・氷見線活性化推進協議会が各市の魅力を発信するために企画したもので、国宝瑞龍寺や高岡大仏、高岡市観光大使の「あみたん娘」などをラッピング塗装した、高岡をPRする列車の運行が、「鉄道の日」の10月14日に第1弾として始まり(→くわしくはこちら)、第2弾として砺波市版が11月5日から走り始めて(→こちら)、第3弾として南砺市版が12月10日から始まり(→こちら)、氷見市版はその最終です。


 JR城端線・氷見線では、この4両とは別に、氷見市出身の漫画家藤子不二雄(A)さんのキャラクター「忍者ハットリくん」のラッピング列車も2004年から3両運行しています(→こちら)。

 

BIMG_0048
列車の先頭は、氷見市出身の漫画家藤子不二雄(A)さんがデザインしたキャラクター「ひみぼうずくん」。


BIMG_0061
扉の横にも「ひみぼうずくん」。

 

BIMG_0065
海越しの立山連峰。

 

BIMG_0067
氷見で盛んな獅子舞。

 

BIMG_0056
列車の反対側です。ひみ番屋街、氷見のブリ、港に戻る漁船などが描かれています。

BIMG_0051
車両の青色は富山湾をイメージ。四葉のクローバーのような模様は、JR城端線、氷見線の沿線4市の市章です。背景色にも沿線4市の市章がモノグラム風にアレンジしてちりばめられています。

 

BIMG_0073
車両の中も氷見だらけ。ここにも「ひみぼうずくん」。


BIMG_0070
海越しの立山連峰。

 

BIMG_0069
獅子舞。

 

BIMG_0078
まるまげまつり。

 

BIMG_0080
氷見市海浜植物園。

(SH)

2013年7月11日

今週末7月13日(土)〜15日(月・祝)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。   

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
女性アーティスト展「私たちは越えていく」
6月15日(土)〜7月15日(月・祝)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら※いよいよ来週の月曜日で終了です。 


刊行記念 回廊展示「越中万葉をたどる」展
5月15日(水)〜7月15日(月)
会場:高岡市万葉歴史館
詳しくはこちら※いよいよ来週の月曜日で終了です。


6人の写真家たち 「光・風・色」 NATURE PHOTO AID 2013

6月15日(土)〜8月18日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら。 


企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。 

  

【 高岡市内のイベント 】
街角クラシック
7月13日(土)
14:00〜
会場:御旅屋通り特設ステージ
入場無料。
 

前田利長400回忌記念 郷土学習講座「高岡城跡詳細調査の成果について
7月13日(土)
14:00〜15:30

会場:高岡市立博物館 3階講堂
詳しくはこちら

  

【 高岡市周辺のイベント
氷見祇園祭り
7月13日(土)・14日(日)
会場:氷見市街地中心部 (氷見市)
詳しくはこちら
 

海王丸パークフェスティバル
7月13日(土)〜15日(月・祝)
会場:海王丸パーク (射水市新湊)

詳しくはこちら
 

空中カフェ2013
7月12日(金)〜21日(日)
会場:クロスランドタワー展望フロア (小矢部市)

詳しくはこちら

 

となみ元気ウォーキング大会
7月13日(土)
会場:砺波市内 (砺波市)

詳しくはこちら


チューリップ朝市

7月14日(日)
6:00〜10:00
会場:チューリップ公園 北口付近 (砺波市)
詳しくはこちら

(SH)

2013年8月26日

 8月24日(土)・25日(日)に、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている高岡市の山町筋(やまちょうすじ)「第15回高岡山町筋土蔵造りフェスタ」が開催されました。恒例のクラシックカーギャラリーや民謡町流しなどに加えて、夕方からは歩行者天国になり、富山銀行本店の壁面をキャンバスにした、アーティスト長谷川章さんによる空間照明アート「D-K(デジタル掛け軸)」と、生田流正絃社の太田衣代さん社中の箏演奏との競演、「高岡山町筋土蔵造りフェスタ D-K LIVE 2013 × 生田流正絃社太田衣代社中」がありました。

長谷川章氏の「D-K(デジタル掛け軸)」について詳しくはこちら

 

 

BIMG_0041
夕方には歩行者天国になった通りに、多くのクラシックカーが並びました。

 

 

 

BIMG_0063
藤久会民謡町流し。夜になると、この赤いレンガ造りの富山銀行本店の壁面をキャンバスにして、カラフルな映像ライブが行われました。

 

 

BIMG_0092 
アーティスト長谷川章さんによる空間照明アート「D-K(デジタル掛け軸)」と、生田流正絃社の太田衣代さん社中の箏演奏(左下)との競演、「高岡山町筋土蔵造りフェスタ D-K LIVE 2013 × 生田流正絃社太田衣代社中」。幻想的で、とても素敵でした。

 

 

 

BIMG_0128 BIMG_0133 BIMG_0148 BIMG_0160 BIMG_0173

(SH)

2013年4月1日

 高岡市美術館ではただ今「初公開・明治の刺繍絵画展〜英国王室で愛された至宝〜」3月30日(土)から開催中です。4月7日(日)まで。会期中は無休。高岡市出身の伊勢彦信氏が理事長を務めるイセ文化基金(本部:米ニューヨーク)の30周年記念特別展。いずれの作品も国内初公開です。


 「明治の刺繍」は、明治時代、日本の美術工芸品が輸出産業として定められ、欧米への輸出向けに作り出された作品です。絢爛豪華な明治時代の刺繍作品をお楽しみください。

明治の刺繍展(高岡市美術館) 
高岡市美術館

BIMG_0015
美術館のロビー

(SH)

2013年7月12日

 ご当地グルメが集まる「飛越能・食の祭典 in TAKAOKA」8月3日(土)・4日(日)高岡古城公園本丸広場で開催されます。昨年9月に初めて開催された「飛越能・食の祭典」は、今年は8月1日(木)〜7日(水)にJR高岡駅周辺で行われる「高岡七夕まつり」に合わせて、8月に開催されることになりました。「北陸新幹線 新高岡駅 開業記念」と銘打っています。飛越能(飛騨・越中・能登)の11市のB級グルメ№1を競う「飛越能 食の祭典グランプリ」と、地元富山県内の粋なグルメが20店舗も勢揃いする「とやま食フェスタ」が行われています。去年も開催されて大好評だった「さんま炭火焼き無料配布」は今年も行われますよ。
※ 詳しくはこちらをご覧ください。
※ 去年の様子はこちらこちらをご覧ください。

Bちらし表
ちらし(表)

Bちらし裏
ちらし(裏)

(SH)

2013年11月1日

2015年春の北陸新幹線開業が、間近に迫ってきました。 テレビや新聞で、毎日のように新幹線関連のニュースが報道され、わくわくしているのは私だけではないでしょう。

当協会では、北陸新幹線開業にむけ、来高者を温かくお迎えするために、「市民おもてなし講座」を開催することを決めました。観光客の方に観光地を聞かれたとき、「高岡なんもないちゃ〜」「見るとこなんかないよ〜」なんて言ってしまっていませんか? 新幹線でやってくる県外のお客様をあったかくお迎えするおもてなし術を一緒に学びましょう。

 

【第一回】11月13日(水)14時〜15時30分 高岡商工ビル

 定員:100名  まだお席に若干余裕があります。  

尾山敦子先生 「おもてなし力アップ講座〜あなたが変える高岡の未来〜」

〈プロフィール〉 コスモ生涯学習アカデミー主宰。北日本放送初代テレビアナウンサーを経て、女性経営者として各種事業経営に参画。現在は、日本話し方センター北陸支部・代表、コスモ生涯学習アカデミー主催を務め、「輝きアドバイザー」として、新しい愛ある話し方、生き方を提唱。富山県を中心とした講演・研修活動を展開中。

〈お申込み方法〉 高岡市観光協会にTELまたはFAXをお願いします。TEL:0766-20-1547  FAX:0766-20-1497

 尾山先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第二回】12月12日(木)14時〜15時30分 高岡商工ビル

 定員:100名   募集開始しました。

渡辺康洋先生 「高岡に行ってみたいですか?〜観光地高岡の実力〜」

〈プロフィール〉 桜美林大学ビジネスマネジメント学群教授、富山大学名誉教授。専門:観光学、観光英語。旅行会社で営業・企画・ガイド・添乗・教育などの業務従事経験を持つ、旅行業界のエキスパート。自らの経験を次世代の担い手に引継ぐため、大学で教鞭をとりながら、観光開発、ビジネス英語等の講演を県内外で展開。近年は「日本流おもてなし」に関する海外での講演も行っている。

〈お申込み方法〉 高岡市観光協会にTELまたはFAXをお願いします。TEL:0766-20-1547  FAX:0766-20-1497

渡辺先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(RN)

 

 

2013年12月27日

12月26日、市役所で「あみたん娘」小説の制作発表が行われました。小説は1月11日(土)から富山新聞で、1月13日(月)から読売新聞で毎週連載されます。両者は、「あみたん娘」を全く別々の視点から描きつつも、連動したストーリーを展開します。複数紙でこのような形式の小説連載を行うのは、日本初の試みです。

皆さまぜひ、「あみたん娘」の小説にご期待ください!

 詳しくは、

TR@Pホームページ

 

読売新聞ホームページ

 

富山新聞ホームページ

をご覧ください。

amitan

2013年11月2日

 漫画「忍者ハットリくん」の作者である藤子不二雄(A)氏が氷見(ひみ)市のお生まれであることにちなんで、外観から車内の内装にいたるまで「忍者ハットリくん」のラッピングで包まれた「忍者ハットリくん列車」JR氷見線を走っています。(時々JR城端(じょうはな)線でも走っています。)


 今まで
「忍者ハットリくん列車」は、それぞれラッピングの絵柄が異なる3両がありましたが(→くわしくはこちら)、本日11月2日(土)から新たに4両目が加わりました。しかも、青色が基調だった今までの3両と異なり、こんどの4両目は白色が基調で、それにレインボーカラーが添えられ、目立つこと、目立つこと。


 さらに、今までの3両は「忍者ハットリくん」のキャラクターに加えて、JR氷見線と城端線沿線の観光地の絵柄でしたが、今回は車両の内外に漫画「忍者ハットリくん」に登場するキャラクターだけが描かれています。漫画「忍者ハットリくん」のファンの皆様、必見ですぞ!


 また、JR氷見線・城端線には、沿線4都市の観光資源をデザインしたラッピング列車も走っています。氷見市版(→こちら)、高岡市版(→こちら)、砺波市版(→こちら)、南砺市版(→こちら)の4両です。「忍者ハットリくん列車」と合わせると全部で8両のラッピング列車が走っていることになります。これも全国的に見ても、例が無いのではないでしょうか。全国の鉄道ファンの皆様、お見逃しなく!

 

BIMG_0055
こんな外観です。ねぇ、派手でしょう。

 

BIMG_0074
内装も「忍者ハットリくん」のキャラクターだらけ。

 

BIMG_0070
天井にも。

 

BIMG_0001 
全体像はこんな感じ。(あまりきれいに写っていなくでごめんなさい)

 

BIMG_0064
JR高岡駅での出発式にあたり、ハットリくんも見守る中、運転士と車掌に高岡万葉大使の川合さんから花束贈呈です。

 

BIMG_0086 
高橋 高岡市長(城端・氷見線活性化推進協議会会長)、本川 氷見市長(同副会長)、野中 JR西日本執行役員金沢支社長などによるテープカット。

 

BIMG_0110
JR高岡駅駅長らによる「出発進行!」の合図です。高岡万葉大使の川合さんの帽子が、駅長用の帽子に変わっていますよ。

(SH)

2013年4月1日

 高岡市を舞台に撮影し、プロ野球BCリーグ富山サンダーバーズが題材の映画「TAKAOcan DREAM(タカオカン・ドリーム)〜がんばれ!サンダーバーズ!!〜」は、当ブログでも何度も触れましたが(→こちらなど)、そのメイキングビデオが公式HPにアップされました(→こちら)。

 ただし、そのメイキングは59分47秒もあるので、筆者も全部は見ていません。筆者は丸2日密着取材したので(→こちらこちら)、どこかで写っている可能性は高いですが、未確認です。また、映画のポスターもできあがりましたので、さっそく当事務所の入口と横の掲示板に張り出しました。

BIMG_0001 
これが映画のポスター

BIMG_0002 
当協会の入口に1枚。

BIMG_0003
当協会横の掲示板にも1枚張り出しました。

(SH)

2013年7月18日

今週末7月20日(土)〜21日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。   

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
6人の写真家たち 「光・風・色」 NATURE PHOTO AID 2013
6月15日(土)〜8月18日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


古代エジプト 不思議アート展

7月20日(土)〜8月20日(火)
会場:高岡おとぎの森公園 おとぎの森館
詳しくはこちら。 



企画展「むかしの人はどんな道具を使っていたの?」

6月1日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:高岡市立博物館

詳しくはこちら。 

  

【 高岡市内のイベント 】
大正琴の調べ
7月21日(日)
13:00〜
会場:高岡市生涯学習センターホール (ウイング・ウイング高岡4階)
詳しくはこちら

  

【 高岡市周辺のイベント
空中カフェ2013
7月12日(金)〜21日(日)
会場:クロスランドタワー展望フロア (小矢部市)

詳しくはこちら

(SH)

2013年12月27日

11月より富山県で制作していた、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー富山県Ver.』がついに公開されました!

高岡市でも撮影が行われ、下記のとおり出演しています!

1 金屋町   高岡伝統産業青年会、クリエイ党のみなさん

金屋町

 

 

 

 

 

 

 

2 雨晴海岸  家持くん、高岡万葉大使と市役所職員

雨晴海岸

 

 

 

 

 

 

 

3 高岡大仏   高岡商業高校のみなさん

高岡大仏

 

 

 

 

 

 

 

4 ドラえもんトラム 万葉線株式会社のみなさん

 ドラえもんトラム

 

 

 

 

 

 

5 国宝瑞龍寺  利長くん、芳野中学校のみなさん 

瑞龍寺

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら 。

高岡市と富山県の魅力がギュッと詰まった『恋するフォーチュンクッキー富山県Ver』をお楽しみください!!

A.T

2013年12月27日

 NHKラジオに、最小限のナレーションで構成する5分間の音の旅を楽しんでいただける「音の風景」という番組がありますが、本日12月27日(金)から「梵鐘(ぼんしょう)の町 高岡〜富山〜」が放送されます。高岡市の老子(おいご)製作所の鐘づくり音だそうです。「音の風景」のホームページに載っている放送予定(→こちら)は下記の通りですが(今日から8日間)、高岡市公式ホームページの番組紹介によると、1月上旬まで放送されるようです(→こちら)。

 

B2013年12月27日 放送予定
「音の風景」のホームページに載っている放送予定(今日から8日間の番組表)。「梵鐘(ぼんしょう)の町 高岡〜富山〜」の放送は黄色い枠で囲ってあります。

(SH)

2013年7月19日

 いよいよ高岡七夕まつり(8/1〜7)まで、あと2週間ほどとなりました。JR高岡駅の改札口内にも大きなポスターと七夕飾りが設置され、雰囲気を盛り上げています。

BIMG_0046
一番左が高岡七夕まつりのポスター。真ん中は七夕期間中のイベント案内。一番右は瑞龍寺ライトアップ(8/10・11)のポスター。

(SH)

2013年7月19日

 明日7月20日(土)から高岡おとぎの森公園おとぎの森館「古代エジプト 不思議アート展」が開催されます。8月20日(火)まで。

 ロマンあふれる古代エジプトを背景にして、日本各地で開催されて(→こちら)話題の3Dアートがやってきます。3Dアートとは二次元である壁や床に、立体感のある三次元的な世界を表現してその効果を楽しむものです。

※ 楽しみ方や遊び方の参考はこちら

3Dアート写真コンテストの優秀作はこちら

※ なお、会場のおとぎの森館は通常は火曜日定休ですが、「古代エジプト 不思議アート展」の期間中は無休です。

Bちらし(表) 
ちらし(表)

Bちらし(裏)

 

 

(SH)

2013年8月26日

夏休みもいよいよあと1週間。ホラーハウス「足首屋敷」はまだまだ大盛況。8月26日(月)は14時のオープン時に約100人の列で、90分以上待ちの状態です。9月1日(日)で終了の予定でしたが、大好評につき、9月7日(土)・8日(日)12時〜21時の追加開催が決定!

 

 BIMG_0017
本日は14時のオープン時に約100人の列で、90分以上待ちの状態で始まりました。

 

 

BIMG_0005
9月1日(日)で終了の予定でしたが、大好評につき、9月7日(土)・8日(日)12時〜21時の追加開催が決定!

 

(SH)

2013年4月2日

 いよいよ高岡市内でもが咲き始めましたね(→こちら)。2011年(平成23年)11月に富山県が富山さくらの名所70選を選定し、高岡市内は高岡古城公園も含めて6か所が選ばれています。そんな高岡市内の桜の名所をご紹介します。

 

  高岡古城公園 (→富山さくらの名所70選でのご紹介はこちら

 財団法人さくらの会が選定した日本さくらの名所100選に富山県内からはたった2か所しか選ばれていません。そのひとつが高岡古城公園で、北陸を代表するの名所です。(ちなみにもうひとつは富山市内の松川公園。→くわしくはこちら) 

 高岡古城公園は高岡市の中心部にあって、市民の憩いの場でもあります。18種、約1800本のが咲き誇ります。4月1日(月)〜21日(日)高岡桜まつり開催し、期間中の18時30分〜23時はぼんぼり点灯・桜ライトアップも実施しますので、夜桜もたっぷり楽しめますよ

 また、4月5日(金)から本年度の運航を開始するたお濠めぐり遊覧船も4月21日(日)までの高岡桜まつりの期間中は毎日運航しますので、お濠から見上げるという、高岡古城公園ならではの眺めが楽しめます。運航時間は10:00〜17:00 )。

 古城公園スタッフブログではの開花が近付くと毎日更新してくれるので、最新情報をチェックしてくださいまた、JR高岡駅と高岡古城公園を結ぶ桜馬場通り高岡市役所と高岡古城公園を結ぶ森の道並木が整備されていますので、合わせてお楽しみください高岡古城公園の桜
昨年4月の高岡古城公園

岸渡川(がんどがわ)桜並木 (→富山さくらの名所70選でのご紹介はこちら

 JR福岡駅から徒歩5分の岸渡川(がんどがわ)沿いに桜並木のトンネルができあがります。4月1日(月)〜20日(土)には福岡さくらまつり開催され、夜はライトアップされます。4月13日(土)・14日(日)両日は恒例の岸渡川舟くだりや、色々なイベントも予定されています。(→福岡さくらまつりについて詳しくはこちら

 

千保川(せんぼがわ)沿い (→富山さくらの名所70選でのご紹介はこちら

 JR高岡駅から西に約1.5キロを南北に流れる千保川(せんぼがわ)に沿って、約1.7キロにわたり約200本のが並んでいます。遊歩道も整備されており、桜のアーチの下を歩くことができます。4月13日(土)・14日(日)の両日は千保川・さくら・クルーズが運航されます(→くわしくはこちら)。当ブログでもこちらで詳しく触れています。)千保川・さくら・クルーズ
昨年4月の千保川・さくら・クルーズ

 

水道つつじ公園 (→富山さくらの名所70選でのご紹介はこちら

 高岡市西部の丘陵地にあり、公園入口から続く500mの桜のトンネルが見事です。約4万平方メートルの公園内には15,000本のツツジ、200本の植えられています。

 
 二上山(ふたがみやま)公園 (城山園地) (→富山さくらの名所70選でのご紹介はこちら

 万葉ライン沿い、山腹、仏舎利塔、城山園地にが植わっています。標高274mの山の上ですので、満開はやや遅く、例年GW前後です。

 

⑥ 新港の森 さくらひろば(→富山さくらの名所70選でのご紹介はこちら

 高岡市と射水(いみず)市にまたがる公園です。は、さくらの広場を中心に群生しており、開花時期には芝生の上で花見を楽しむ人で賑わいます。

(SH)

2013年11月2日

 「ものづくりの街」高岡市を舞台にした短編映画「すず」がまもなく公開されます。これは高岡伝統産業青年会の創立40周年を記念して制作されたもので、NHK大河ドラマ「八重の桜」のオープニング映像などで知られる菱川勢一さんが脚本、編集、初監督を務め、東京で結婚した主人公すずが、夫の故郷である高岡で若い職人夫婦として働きながら、衰退する郷里の町おこしなどに取り組む姿を描いているそうです。

 

 すずを演ずるのは女優の村上真希さん、夫役は成元一真(なりもとかずま)さん。高岡市内でのロケはすでに終わっており、11月9日(土)の青年会の記念行事での菱川さんの講演会で初上映し、その後はインターネットで公開の予定です。作品は約12分間とのことで、予告編(100秒間)がすでにホームページで公開中です。ロケ地マップの作製も予定されています。どんな映画なんでしょう。楽しみですね。

 

★短編映画「すず」のホームページはこちら。予告編はここで見ることができます。

★短編映画「すず」のfacebookはこちら

★監督の菱川勢一さんのfacebookはこちら。10月中旬以降は短編映画「すず」の話題だらけです。

★主人公すず役の村上真希さんのブログ「村上真希からのSIGNAL☆」はこちら

★夫役の成元一真さんのブログ「菅刈ロシアンブルー」はこちら。10月中旬〜下旬に短編映画「すず」の話題がたくさん登場しています。なお、成元さんはNHK大河ドラマ「八重の桜」の第37〜40回に熊本バンドの一員として出演しておられ、その話題も8〜10月にかけて3回ほど出ています。

 

BすずHP

(SH)

2013年5月9日

今週末5月11日(土)・12日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。 

 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
入江泰吉の万葉風景「よみがえる万葉のこころ」
4月10日(水)〜5月13日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら※間もなく終了です。


春の企画写真展 柳木昭信写真展「地球鼓動―宙(そら)・大地・人―」
4月6日(土)〜6月9日(日)
会場:ミュゼふくおかカメラ館

詳しくはこちら

 

【 高岡市内のイベント 】
第1回 わくわくメルヘンランド
5月11日(土)
12:00〜15:00
会場:御旅屋メルヘン広場
詳しくはこちら


第22回 高岡つつじまつり

5月12日(日)
9:00〜16:00
会場:水道つつじ公園
詳しくはこちら


第17回 竹の子まつり

5月12日(日)
会場:福岡町栃丘周辺の竹林
詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】
チューリップ朝市
5月12日(日)
6:00〜10:00頃
会場:チューリップ公園(北門あたり) (砺波市)
詳しくはこちら

(SH)

2013年7月22日

 7月6日(土)の新聞に「8月から高岡市の御旅屋通り/街なかにお化け屋敷/空き店舗を丸ごと活用」という記事が載りましたね(→こちら)。当ブログもどのようにリアクションしていいのか戸惑っていますが、特設会場の設営工事が始まったようなので、とりあえず現場を見に行ってきました。場所は高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中。カフェ「わろんが」の筋向い、チャイニーズレストラン「みんみん」のお隣です。公式ホームページはこちら

 

B130722_1427~03 B130722_1428~04

 大きな看板がすでに上がっており、カラフルだったシャッターが真っ黒に塗りこめられている最中でした。その名前は「足首屋敷」。「訪れた人の足首をつかもうとする女性の亡霊がさまよう屋敷」という設定で、「来場者は足首に紙のバンドを巻き、靴を脱いで歩く」そうですが、公式ツイッター https://twitter.com/ashikubiyashiki を読むともう少し具体的なことがわかります(<>内は亡霊のつぶやき)。


時間は10分程度。<体感時間はもっと長いです。恐怖が持続する時間は10分程度と言われています……。>

1グループにつき3人まで。<1人でも入れますよ……フフフッ 少し時間をおいて他のお客様が入ります。>
2グループ一緒は不可。<……お化けの都合もあるので……ごめんね……>
お化け役の人間が何人いるかは秘密。<人じゃないのもいたり………ね。>
<報酬はみなさんの叫び声。>


 会場となる空き店舗は、さかのぼると履物を扱う店だったこともあるという経歴に着目し、今回のオリジナルストーリーを考案した、日本唯一という「お化け屋敷プロデューサー」の五味弘文さんのホームページを見ると(→こちら)、もう何年も前から日本各地でお化け屋敷を企画しているようで、この夏も「ゆびきりの家」「呪い歯」「血手形の家」などの名前で、東京、名古屋、大阪、白浜(和歌山県)、広島、沖縄でお化け屋敷をプロデュースしているんですね。高岡の「足首屋敷」も今まで各地で積み重ねた恐怖のノウハウがぎっちり詰まっていそうで、だんだん楽しみになってきたぞ。

 

 

(SH)

 

2013年8月28日

 高岡市と射水(いみず)市を結ぶ路面電車の万葉線にはドラえもん電車が走っています。ドラえもんは高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作で、誕生日は2112年9月3日。ドラえもん電車ドラえもんの「生誕100年」を記念して、昨年9月に運行を開始しており、車内外にドラえもんのキャラクターがデザインされています。(→以前の当ブログで徹底的に紹介しているのはこちら

 

 当初は昨年9月から1年の期間限定で、今年8月末までの予定でしたが、その後2年間延長され、2015年春の北陸新幹線開業後の夏まで走る予定となっています。そのドラえもん電車ですが、両方のフロントガラスにドラえもんの顔を描かれていますが、表情がちょっとだけ異なっているんですよ。知っていました?

 

 それから、上述の徹底的に紹介したブログの中では、ひみつ道具のうちの二つが解明できませんでしたが、今ではこちらひみつ道具一覧ですべて紹介されています。ドラえもん電車は1編成のみで、1日約10往復しています。とっても楽しいドラえもん電車に乗りに、富山県の高岡市にぜひお越しください。運行時刻はこちらでご確認ください。

 

 

BIMG_0024
高岡市側のフロントガラス。左目はウインク?

 

 

BIMG_0028

射水市側のフロントガラス。両目ともパッチリ。

 

(SH)

2013年11月6日

 今週末11月9日(土)・10日(日)の高岡市の展覧会やイベント及び周辺地区のイベントをご紹介します。
 
 

 【 高岡市内で開催中の展覧会 】
第43回 高岡市芸術祭 高岡市美術作家連盟展
併催 国際アート・シンポジウム2013写真展
11月2日(土)〜10日(日)
会場:高岡市美術館

詳しくはこちら
 

「万葉のふるさと高岡 フォトコンテスト」入選作品展
10月30日(水)〜11月25日(月)
会場:高岡市万葉歴史館

詳しくはこちら。    


蜷川実花「noir」

10月26日(土)〜12月23日(月・祝)
 

会場:ミュゼふくおかカメラ館
詳しくはこちら


開館20周年記念プレ企画 あなたが選ぶベスト・コレクション展

11月10日(日)〜2014年3月9日(日)
会場:高岡市美術館 2階 ビコーレギャラリー
詳しくはこちら

 

 【 高岡市内のイベント 】
高岡伝統産業青年会 40周年記念講演会
11月9日(土)
13:30〜15:30
会場:高岡商工ビル
参加料無料。
大河ドラマ「八重の桜」のタイトル映像を手掛けた菱川勢一さんが制作した、高岡が舞台の短編映画「すず」の上映と、講演会を行います。詳しくはこちら


末広町ナイトバザール

11月9日(土)
16:00〜20:00
会場:末広町の各店舗
詳しくはこちら
 

花と緑の総合展「秋の盆栽展」
11月9日(土)・10日(日)
会場:高岡おとぎの森公園

昨年の様子はこちら

 
庄川鮭まつり
11月2日(土)〜30日(土)の土曜日・日曜日・祝日
会場:庄川左岸河川敷(高岡市石瀬地内)

入場無料。詳しくはこちら


五位山地区秋の収穫祭
11月10日(日)
9:00〜14:00
会場:ふくおか家族旅行村
詳しくはこちら


青年の家文化祭

11月10日(日)
9:30〜15:30
会場:高岡市青年の家
詳しくはこちら

 

【 高岡市周辺のイベント 】
第2回 探鳥会
11月10日(日)
8:30〜10:30
会場:富山新港臨海野鳥園(海王バードパーク) (射水市新湊)
参加費無料。詳しくはこちら