高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2012年3月16日

マニアックに遊ぶディープな富山情報誌「ロカルちゃ!」


Vol.5が発行されました。今回は「アニメ・まんが編」


高岡市観光協会のブログ-ロカルちゃ!Vol.5「アニメ・まんが編」

藤子不二雄の出身地である高岡 ももちろん登場しています。


「ロカルちゃ!」 「local + culture」の造語で、富山県


観光・地域振興局観光課が発行している、なかなかユニークな


情報誌です。


Vol.1は「駅・鉄道編 其の1」


Vol.2は「パワースポット編 其の1」


Vol.3は「産業・ものづくり編 其の1」


Vol.4は「冬の女子旅編」


次はどんなテーマになるか、楽しみですね。


当協会をはじめとして、県内の観光関係地で入手できます。


PDFでダウンロードもできますよ。(→こちら


(SH)



2012年5月29日

 マニアックに遊ぶディープな富山情報誌「ロカルちゃ!」Vol.6「駅・鉄道編 リターンズ」 が発行されましたつまり、1年前に発行されたVol.1「駅・鉄道編 其の1」改訂版だね。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-ロカルちゃ!Vol.6「駅・鉄道編リターンズ」

高岡市内を走る万葉線 、JR氷見線、JR城端線ももちろん載っていますよ。 


「ロカルちゃ!」 は「local + culture」の造語で、富山県観光・地域振興局観光課が発行している、なかなかユニークな情報誌です。

 

Vol.1は「駅・鉄道編 其の1」  

Vol.2は「パワースポット編 其の1」  

Vol.3は「産業・ものづくり編 其の1」  

Vol.4は「冬の女子旅編」  

Vol.5は「アニメ・まんが編」  

次のVol.7は「建造物編」とのこと。「富山県にある魅力的な建造物を紹介するちゃ」とのこと。楽しみですね。当協会をはじめとして、県内の観光関係地で入手できます。PDFでダウンロードもできますよ。(→こちら

 (SH)

2012年8月9日

 マニアックに遊ぶディープな富山情報誌「ロカルちゃ!」Vol.7「建造物が発行されました

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-ロカルちゃ!Vol.7「建造物編」
 歴史と伝統のある高岡市の建造物もたくさん取り上げられています。

 

3ページに富山銀行本店 (通称「赤レンガの銀行」)、旧伏木銀行 (国登録有形文化財)。

 

4ページに伏木北前船資料館 (市指定文化財)。

 

5ページに瑞龍寺 国宝)、勝興寺 重要文化財)。

 

6ページに高岡大仏 (市指定文化財)。

 

★8ページに金屋町 (かなやまち)山町筋 (やまちょうすじ)(伝統的建造物群保存地区)、吉久 (よしひさ)

 

 「ロカルちゃ!」 は「local + culture」の造語で、富山県観光・地域振興局観光課が発行している、なかなかユニークな情報誌です。

 

Vol.1は「駅・鉄道編 其の1」

 

Vol.2は「パワースポット編 其の1」

 

Vol.3は「産業・ものづくり編 其の1」

 

Vol.4は「冬の女子旅編」

 

Vol.5は「アニメ・まんが編

 

Vol.6は「駅・鉄道編 リターンズ」

 次はどんなテーマになるか、楽しみですね。当協会をはじめとして、県内の観光関係地で入手できます。PDFでダウンロードもできますよ。(→こちら

 


(SH)

2012年11月5日

 マニアックに遊ぶディープな富山情報誌「ロカルちゃ!」Vol.8「教科書編」が発行されました

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-「ロカルちゃ!」のVol.8「教科書編」

 

 国語は富山県の文学、理科は富山県の自然、社会歴史地理・公民 は富山県の歴史や産業、算数は和算。図工で富山県の伝統工芸、家庭科では富山県の食文化、音楽では郷土の古楽と歌を扱っています。歴史と伝統のある高岡市もたくさん取り上げられていますよ。

 

国語では1ページに、越中の国守として富山県高岡市に赴任していた万葉歌人の大伴家持(おおとものやかもち)高岡万葉まつり。2ページに高岡市万葉歴史館

 

社会(歴史)では6ページに、如意(にょい)の渡し恒性皇子(こうしょうおうじ)の御墓など。社会(地理・公民)では7ページにジャポニカ学習帳。そうなんです!。ジャポニカ学習帳を発行しているショウワノート(株)は高岡の会社なんです。1947年(昭和22年)に高岡市内で創業し、本社と本社工場は今でも高岡市内にあります。「ロカルちゃ!」Vol.8「教科書編」自体もジャポニカ学習帳に似せてつくられています。(上の写真参照)


図工で9ページには高岡漆器高岡地域地場産業センター音楽では10ページに童謡「夕日」

 「ロカルちゃ!」は「local + culture」の造語で、富山県観光・地域振興局観光課が発行している、なかなかユニークな情報誌です。

 

Vol.1は「駅・鉄道編 其の1」
Vol.2は「パワースポット編 其の1」
Vol.3は「産業・ものづくり編 其の1」
Vol.4は「冬の女子旅編」
Vol.5は「アニメ・まんが編
Vol.6は「駅・鉄道編 リターンズ」
Vol.7は「建造物編」



 次のテーマは「映画編」。すでに当協会のフィルムコミッション も協力を依頼されています。楽しみですね。当協会をはじめとして、県内の観光関係地で入手できます。PDFでダウンロードもできますよ。(→こちら

 

 

追加情報
11月9日ショウワノート(株)の高岡市の本社工場の様子をブログにアップしました(→こちら)。ドラえもんがいるよ。

(SH)

2013年5月14日

高岡市では、映画やテレビドラマなどの撮影を積極的に受け入れようと

高岡フィルムコミッションという取り組みを行っています。(詳しくはこちらを)

そんな撮影で使用したロケ地を1冊にまとめた「高岡ロケ地ガイド」をこのたび作成しました〜!!

IMG_2227

映画やドラマで使用したスポットが紹介してあり、ロケ地がひと目でわかる地図ものっています。

ちなみに8月のクリスマスの特集ページはこのように仕上がっています〜!

IMG_0410

「8月のクリスマス」の他にも、大竹しのぶさん出演の「キトキト」や、氷見で撮影が行われた「ほしのふるまち」、

その他にも「死にゆく妻との旅路」「港町相撲ボーイズ」「脳男」など、ロケ地が詳しくのっています。

このガイドを片手に、高岡のロケ地を巡ってみたり、映画を見直したりすると、きっとおもしろいですよ。

この高岡ロケ地ガイドは、高岡駅観光案内所で無料で配布しています〜!人気ですのでお早めに☆

(RN)

2013年7月24日

 マニアックに遊ぶディープな富山情報誌「ロカルちゃ!」Vol.10が発行されました。今回は「アニメ・まんが編(改訂版)」1年半前の2012年3月発行のVol.5「アニメ・まんが編」の改訂版です藤子不二雄先生出身地である高岡ももちろん1ページ分登場しています(→こちら)。

 「ロカルちゃ!」「local + culture」の造語で、富山県観光・地域振興局観光課が発行している、なかなかユニークな情報誌です。当協会をはじめとして、県内の観光関係箇所で入手できます。PDFでダウンロードもできますよ。(→こちら

 

 Vol.10表紙

(SH)

 

2016年1月22日

「号外、号外~~~!」

こんにちは、利長くんです。

DSC_0193

このあいだ、「TAKAOKA 高岡瓦版:町民編」が発行されました。

瓦版(かわらばん)とは、江戸時代の新聞のようなもの。

 

昨年4月に文化庁の日本遺産に認定されたまち、高岡の魅力を

分かりやすく、おもしろく、とってもいい感じに紹介してくれてます。

 

高岡に観光に来られたお客さまにも、

高岡市内のみんなにも、

ぜひぜひ読んでもらいたい!!

 

なんと!表紙のどこかには

高岡の髙橋市長らしき人がいる…!?

DSC_0195

 

高岡市内では、高岡市役所、新高岡駅観光交流センター、高岡駅観光案内所などで手に入ります。

 

(新高岡駅の改札を出たところにも置いています。)

ここDSC_0190

 

(T)

2016年2月16日

こんにちは、利長くんです。

 DSC_0530

見て見てーー高岡市をPRする新しいパンフレットができたんだ!

 表面つるつるの豪華版のため、光が反射していますキラリ

DSC_0523

美しい風景や歴史的な観光地、他では味わえないグルメなど

高岡の数えきれない魅力たちを凝縮して紹介しています。

表紙は、400年続く高岡の歴史・文化とものづくりの技を表現しているんだって。

 DSC_0534

広げるとこんなに伸びます。

高岡っていいところがいっぱい!って、ぼくも再認識しました。

このパンフレットを見た方にも高岡のすばらしさが伝わるといいな♪

 

県外で行われる高岡市のイベントなどで配布するそうです。

 市内では手に入らないのが残念ですが、このステキなパンフレットを使って、ぼくもどんどん高岡をPRしていきたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いします!

みんな高岡に来てね(^0^)/

 

(T)

2016年3月29日

北陸新幹線開業から1年。

旅行先としてはまだまだ人気の富山県!

無題

富山のいいところばかりをつまみ食いで楽しめる、

旅行商品満載のパンフレット「富山WEST」を片手に旅の予定を立ててみてはいかがですか?

トーザワ雨晴海岸

(雨晴海岸:富山県高岡市)

 

中面には、JRと宿泊がセットになったお得なプランや、

旅を充実させるオプショナルプランがたくさん掲載されています。

まるまげ祭り

(4/17開催のまるまげ祭り:富山県氷見市)

 

「富山WEST」に掲載の旅行商品(JR+宿泊コース)をご購入いただいた方には、毎月先着200名様に富山県西部6市の特産品をお渡しします!(新高岡駅にて。おひとり様1つずつ)

①チューリップフェア

(4/22~5/5開催のとなみチューリップフェア:富山県砺波市)

 

「富山WEST」は首都圏のびゅうプラザ約70店舗に設置されています。

さあ、北陸新幹線に乗って、いざ新高岡駅へ

(aa)

2016年10月31日

食、自然、歴史。

どれをとってもパーフェクトな富山県。

実は、これからの寒くなる季節がおすすめの観光シーズンなんですよ~

%e8%a1%a8%e7%b4%99

関東近郊にお住まいのみなさまは、ぜひお近くの駅の「びゅうプラザ」で旅行商品満載のパンフレット『富山WEST』を片手に旅の予定を立ててみてはいかがですか?

JRと宿泊がセットになったお得なプランや、旅を充実させるオプショナルプランがたくさん掲載されています。

※『富山WEST』とは、富山県西部に位置する6市(高岡市、氷見市、射水市、小矢部市、砺波市、南砺市)の総称です。同名のパンフレットを首都圏の「びゅうプラザ」約70店舗にて配布中。

 

冬の富山の味覚といえば、やっぱり「ひみ寒ブリ」

脂ののった寒ブリは、とってもジューシー。

ブリしゃぶにブリ大根、ブリの刺身などさまざまな料理法がありますが、私のおすすめはブリの塩焼き。

ふっくらとした身に、カリッと焼けた皮がたまらなくおいしい~^o^

%e3%81%b6%e3%82%8a%e7%ab%b6%e3%82%8a

(氷見漁港ブリ競り:富山県氷見市)

 

11月から漁が解禁となる「本ズワイガニ」もおいしいですね。

白えびと紅ズワイガニのぜいたくな丼「新湊紅白丼」もありますよ。

%e6%96%b0%e6%b9%8a%e6%bc%81%e6%b8%af%e3%83%99%e3%83%8b%e3%82%ba%e3%83%af%e3%82%a4%e3%82%ac%e3%83%8b%e6%98%bc%e3%82%bb%e3%83%aa

(新湊漁港 ベニズワイガニ昼セリ:富山県射水市)

 

『富山WEST』に掲載の旅行商品(JR+宿泊コース)をご購入いただいた方には、先着1,000名様に富山県西部6市で利用できるお得なクーポン券をお渡しします!(新高岡駅にて。おひとり様1つずつ)

 

『富山WEST』は首都圏のびゅうプラザ約70店舗に設置されています。

さあ、北陸新幹線に乗って新高岡駅へ!

そして、魅力満載の富山WESTの旅へ出かけましょう!!

(aa)

2016年11月30日

高岡駅・新高岡駅と世界遺産・相倉合掌造り集落を1時間で結ぶ高速バスの「世界遺産バス」

1440381418

日本の原風景をめぐる小旅行が、事前予約不要でお手軽に楽しめるということで、大変ご好評をいただいております。

みなさま、どうもありがとうございます。

 

そんな「世界遺産バス」が、12/1のダイヤ改正により、さらに便利になります!

なんと、土・日・祝日限定で城端~白川郷間が1日9往復に増便されます。

(平日は、高岡~白川郷間5往復、城端~白川郷間6往復のみ)

 

お得なフリーきっぷも販売しておりますので、ご予定に合わせてお得なきっぷをお選びください。

詳しくはこちらからチェック☆→世界遺産バスのダイヤ改正(増便)について

 

また、高岡駅・新高岡駅から、美食の都・氷見と和倉温泉を結ぶ「わくライナー」も、毎日運行中☆

%e3%81%b6%e3%82%8a%e7%ab%b6%e3%82%8a

脂ののった寒ブリで有名な氷見漁港では、先日、“ひみ寒ぶり宣言”が出されたばかり。

これからますます美味しくなる冬の味覚が楽しみですね。

 

さあ、北陸新幹線・新高岡駅から飛騨へ、能登へと旅をはじめましょう!

(aa)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.