高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • インスタグラム
  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2021年3月26日

高岡市が誇る2つの重要伝統的建造物群保存地区をまわる

たかおか山町筋金屋町まち歩きガイドを制作しました!

市内施設や交通案内情報、お得なきっぷ、クーポンの情報が盛り込まれています!

 

たかおか山町筋金屋町まち歩きガイド

ガイドのダウンロードはこちら 【表面】 【裏面】

 

★金屋町について★

駐車場の台数には限りがありますので、できる限り公共交通機関をご利用ください。

お車でお越しの際は、高岡駅周辺駐車場(有料)をご利用ください。

※市営駐車場(高岡駅周辺)の案内はこちら

 

 加賀前田家2代当主前田利長公が、産業振興のために鋳物師(いもじ)を呼び寄せ、

 住まわせた高岡鋳物発祥の地。「さまのこ」と呼ばれる千本格子の家並みと銅片の敷きこまれた石畳が美しいたたずまいを見せます。

 地元の伝統工芸技術を用いた器や地元食材で心ゆくまでお食事を楽しめるお店や、

 錫(すず)製のぐい呑みやアクセサリーを制作できるものづくり体験工房がにぎわいをみせています。

 幅広い世代に人気のクラフト製品が並ぶギャラリーショップもあり、大人のまち歩きにピッタリ♪

※金屋町についての詳細はこちら

・高岡市観光パンフレットの一覧はこちら

 

■JR新高岡駅から

・新高岡駅①番のりばから加越能バス「金屋」下車 すぐ

※新高岡駅②番のりばからは、高岡駅でのお乗り換えが必要です。

 新高岡駅⇔高岡駅間の交通アクセスについてはこちら

■高岡駅から

・徒歩20分

・高岡駅古城公園口(北口)③番のりばから加越能バス「金屋」下車 すぐ

・万葉線「片原町」下車 徒歩10分

■車でお越しのお客様

金屋緑地公園駐車場

所在地  高岡市金屋町1

駐車台数 普通10台(トイレ前8台、カフェ夢見通り横2台)

※駐車場の台数に限りがありますので、満車の場合は高岡駅周辺駐車場(有料)をご利用ください。

 市営駐車場(高岡駅周辺)の案内はこちら

 

★山町筋について★

 商都高岡を支えた商人たちの町で、1900年(明治33年)の大火以後、土蔵造りの家が建てられました。

 高岡御車山を持つことから、「山町」と呼ばれます。

 高岡が誇る「御車山」を通年展示してある「高岡御車山会館」のほか、和菓子屋やカフェ、伝統工芸の品が並ぶショップもあります。

★山町筋へのアクセス★

山町筋周辺駐車場の台数には限りがあります。以下のアクセス方法をご参考ください。

■JR新高岡駅から

・新高岡駅①番のりばから加越能バス「木舟町」下車 すぐ

※新高岡駅②番のりばからは、高岡駅でのお乗り換えが必要です。

 新高岡駅⇔高岡駅間の交通アクセスについてはこちら

■高岡駅から

・徒歩10分

・高岡駅古城公園口(北口)③番のりばから加越能バス「木舟町」下車 すぐ

・万葉線「片原町」または「坂下町」下車 徒歩3分

■車でお越しのお客様

山町筋観光駐車場

開場時間 9:00~18:00

所在地  高岡市木舟町29-1

駐車台数 普通12台

 

★お問合せ★

高岡市観光交流課 TEL 0766-20-1301(平日8:30-17:15)

(公社)高岡市観光協会 TEL 0766-20-1547(平日9:00-17:45

※観光案内所についてはこちら

 

金屋町、その他観光情報はTwitterやInstagramでも発信しています!

@takaoka_k_net で検索!

2021年2月8日

日本の伝統や文化を世界に発信しているサイト『nippon.com』にて、高岡の紹介記事が掲載されました!

高岡のシンボル「高岡大仏」と、観光客にも人気の歴史漂う町並みとして「金屋町」を詳しく紹介していただいています。

ぜひご覧ください♪

 

▽紹介記事▽

鋳物の町・高岡:日本三大仏「高岡大仏」と格子造りの家並みが残る「金屋町」

▼nippon.com▼

nippon.com | 日本情報多言語発信サイト

 

2021年1月29日

撮影を県内各市の協力のもと、オール富山ロケにて敢行した

映画『おもいで写眞』がいよいよ1月29日(金)より公開されます!

ここ高岡市も、いくつものシーンで登場します!✨

〈ストーリー〉

 たった一人の家族だった祖母が亡くなり、夢にも破れ、東京から富山へと帰ってきた結子(深川 麻衣)。祖母の遺影がピンボケだったことに悔しい思いをし、町役場で働く幼なじみ・一郎(高良 健吾)から頼まれたお年寄りの遺影写真を撮る仕事を引き受ける。

 「縁起でもない」と嫌がられる遺影撮影の代わりに、結子は「素敵な思い出のある場所で写真を撮ります」と、〈おもいで写真〉を企画し、たちまち人気を呼ぶ。結子が撮るお年寄りたちの”おもいで”の輝きが、彼女自身も照らしていく――

 

〈高岡市内ロケ地〉

*金屋町 金属工芸工房 かんか

 結子の実家として登場。屋外シーンでは、石畳の道が風情あるシーンを演出しています。高岡鋳物発祥の地・金屋町で、若手工芸作家が中心となって運営するギャラリー兼ショップです。

*二上山公園(城山園地)

 ラストシーンでの夕景は必見!立山連峰や富山湾を眺望でいる絶景地で、夜景スポットとしても有名な場所です。

*御旅屋通り商店街

 結子と一郎が商店街を歩きながら会話するシーンを撮影。

*串揚げ居酒屋 でん

*炭焼山海料理 しな乃

*ファミリーホールいしぜ

 

その他、県内のロケ地をまとめた『おもいで写眞 富山県ロケ地MAP』が完成しました♪

パネル展をはじめ、高岡駅観光案内所・新高岡駅観光交流センターなどで配布しています。

ぜひ手に取ってみてください(^^)/

 

★ パネル展 開催中 ★

場  所 ▷ 御旅屋セリオ7階(高岡市御旅屋町101)または

      Curun TAKAOKA(高岡駅)2階(高岡市下関町6-1)

展示期間 ▷ 2月12日(金)まで(予定)

 

(写真は御旅屋セリオ7階)

 

ぜひお立ち寄りください♪

 

 

1 2 3 8

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.