高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2018年10月19日

 

JR東日本「大人の休日倶楽部」のCMやポスターで、高岡市金屋町が紹介されています!

CMの情報はこちら(JR東日本「大人の休日俱楽部」)

 

★金屋町について★

駐車場の台数には限りがありますので、できる限り公共交通機関をご利用ください。

お車でお越しの際は、高岡駅周辺駐車場(有料)をご利用ください。

※市営駐車場(高岡駅周辺)の案内はこちら

 加賀前田家2代当主前田利長公が、産業振興のために鋳物師(いもじ)を呼び寄せ、住まわせた高岡鋳物発祥の地。「さまのこ」と呼ばれる千本格子の家並みと銅片の敷きこまれた石畳が美しいたたずまいを見せます。

 地元の伝統工芸技術を用いた器や地元食材で心ゆくまでお食事を楽しめるお店や、錫(すず)製のぐい呑みやアクセサリーを制作できるものづくり体験工房がにぎわいをみせています。幅広い世代に人気のクラフト製品が並ぶギャラリーショップもあり、大人のまち歩きにピッタリ♪

※金屋町についての詳細はこちら

 

<「大人の休日俱楽部」タイアップ 金屋町&山町筋散策MAP>

・MAPのダウンロードはこちら

・高岡市観光パンフレットの一覧はこちら

 

★金屋町へのアクセス★

金屋町周辺駐車場の台数には限りがあります。以下のアクセス方法をご参考ください。

 

■JR新高岡駅から

・新高岡駅①番のりばから加越能バス「金屋」下車 すぐ

※新高岡駅②番のりばからは、高岡駅でのお乗り換えが必要です。

 新高岡駅⇔高岡駅間の交通アクセスについてはこちら

 

■高岡駅から

・徒歩20分

・高岡駅古城公園口(北口)③番のりばから加越能バス「金屋」下車 すぐ

・万葉線「片原町」下車 徒歩10分

 

■観光バスでお越しのお客様

金屋町・山町筋観光バス専用駐車場

開場時間 9:00~19:00

所在地  高岡市川原本町175-4

駐車台数 大型4台

 

■車でお越しのお客様

金屋緑地公園駐車場

所在地  高岡市金屋町1

駐車台数 普通10台(トイレ前8台、カフェ夢見通り横2台)

※駐車場の台数に限りがありますので、満車の場合は高岡駅周辺駐車場(有料)をご利用ください。

 市営駐車場(高岡駅周辺)の案内はこちら

 

★リンク集★

JR東日本「大人の休日倶楽部」

高岡市公式ホームページ ほっとホット高岡

ねっとこ金屋

 

★お問合せ★

高岡市観光交流課 TEL 0766-20-1301(平日8:30-17:15)

(公社)高岡市観光協会 TEL 0766-20-1547(平日9:00-17:45

※観光案内所についてはこちら

 

金屋町、その他観光情報はTwitterでも発信しています!

2016年8月5日

便利にお得にまち歩きをお楽しみいただけるパンフレット『富山おトクーポン』

0001

「魅力的なお店がたくさん掲載されているから、どこに行こうか決められない!」というお声が聞こえてきそうなので、『富山おトクーポン』に掲載の店舗を順番にご紹介していきます(^o^)/~

 

 

大寺幸八郎商店(高岡市金屋町6-9)

『富山おトクーポン』特典…「アクセサリー作り体験(すずのペンダント)割引2,000円→1,800円」

1

大寺幸八郎商店は、千本格子の家並みが美しい金屋町にある、万延元年創業の老舗茶房ギャラリー。

伝統技術が感じられる高岡銅器や、地元作家さんのクラフト作品を多数販売しています。

 

大寺幸八郎商店にお越しの方に、ぜひお試しいただきたいのが「すずのペンダント作り体験」です。

4

様々な形のすずの板から、お好きなものを1つ選び、自由に曲げたり延ばしたり…

最後に好きな文字を刻印したら、たった15分ほどで、世界にひとつしかないオリジナルアクセサリーの完成です。

2

金属の“すず”の柔らかいという特性を活かしたこの体験、予約なしでもOKですので、お気軽にお立ち寄りください。

ちなみに、“すず”は金属アレルギーになりにくい素材ですので、お肌が敏感な方にも安心ですよ。

 

 

お店の目印は、体操をする少年の銅像。

少年と同じポーズで記念撮影するのも面白いですよ。

店 前2

大寺幸八郎_001

 

 

『富山おトクーポン』とは?

『富山おトクーポン』掲載店舗一覧

 

(aa)

2016年6月1日

千本格子のまちなみが美しい金屋町からこんにちは!

利長くんです。

DSCF2412

春のイベントシーズンを終え、少し落ち着いてくる6月。

高岡の歴史風情をしっとりと愉しむのにぴったりのお祭りが、ここ金屋町で開催されます。

 

金屋町は、高岡の開祖・前田利長公が約400年前に鋳物師(いもじ)を呼び寄せて住まわせた、高岡銅器発祥の地。

高岡は商人や職人が集まる城下町として発展を遂げました。

御印祭H26

利長公への感謝を表すとともに、今後の高岡鋳物の繁栄を祈念し、金屋町一帯でおこなわれるのが、御印祭(ごいんさい)です。

鋳物づくりの作業歌として生まれ、歌い継がれてきた「弥栄節(やがえふ)」に合わせて、1,000名を超える踊り手による流し踊りが繰り広げられます。

 

【御印祭(ごいんさい)】 

日時:2016年6月19日(日)・20日(月)

※詳しい日程は、後日御印祭のホームページに掲載されますので、そちらをチェックしてね!

 

一番の見どころは、6月19日(土)19:20~21:30に金屋町の千本格子の通りを中心に行われる町流しです♪

 

「高岡鋳物がこれからも繁栄しますように…」

 

(T)

1 2 3 7

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.