高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2013年12月16日

有磯海は、さる11月に「おくのほそ道の風景地」として名勝の指定が国の文化審議会で答申されました。これを、多くの方に知っていただくために、JR氷見線雨晴駅に「懸垂幕」を設置しました。これから春先までの晴れた日には、有磯海に映えた立山連峰が、一年のうちでもひときわ美しく仰ぐことができます。

 「わせの香や分入右は有磯海」 

IMG_8014

IMG_8015

(RN)

2013年11月20日

 北陸新幹線「富山県」開業PRのサイトで、きときと君や県内観光地の画像が載った2014年の年賀状用のJPEGデータがダウンロードできます。年賀状の画像は全部で26種類あり、高岡関係では瑞龍寺が1種類、雨晴海岸にいたっては7種類もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

B雨晴海岸 B瑞龍寺 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(SH)

2013年11月18日

 文化庁では、このたび『おくのほそ道』に関係する優れた風致景観を保護するため、『おくのほそ道』に登場する名所・旧跡のなかから10県13箇所を名勝として文化財指定することになりました。

 本市においては「有磯海(女岩)」が、11月15日(金)に開催された国の文化審議会において、指定の答申を受けました。詳しくはこちら

 

 雨晴海岸は、女岩をはじめとする奇岩と白砂青松が続き、海越しに3,000メートル級の立山連峰を望むことができる景勝地です。

 越中国守として高岡市伏木に赴任していた万葉の歌人大伴家持はその美しさを絶賛し、万葉集に多くの歌を詠みました。松尾芭蕉が句に取り込んだ「有磯海」の歌枕は、家持が「荒磯」という言葉で越中の歌に詠んだことが始まりとされています。

 これから寒くなるにつれ、発生率が高くなる「けあらし」という海面上に立つ霧と、雪に覆われた立山連峰のコラボレーションは絶景です。ぜひ一度、この美しい景色を見に雨晴海岸にお越しください!

amaharashi02_s

 

 

 

1 3 4 5

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.