高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2019年4月25日

みなさんこんにちは(*’ω’*)

みなさんは改元の瞬間、何をするかもう決めましたか?

まだの方にとってもおすすめのイベントをご紹介します。

 

“万葉のふるさと”高岡市~射水市を走る路面電車「万葉線(まんようせん)」では、新元号が社名にゆかりの深い“万葉集”を典拠とした「令和」となることから、さまざまな改元記念事業を実施します。

 

◆「万葉令和号」の運行

7073号(通称レトロ電車)を記念ラッピングし、記念電車「万葉令和号(まんよう れいわごう)」として約半年間運行します。

車体いっぱいに「初春令月氣淑風和」の大きな文字と、窓に梅の花をあしらった如何にもなデザインです♪

 ◇運行期間:平成31年5月1日~10月末日(予定)

       ※運行時間は日により変動します。

◆「万葉令和号」の出発イベント

改元の瞬間に合わせ、深夜に記念ラッピング電車「万葉令和号」の初運行を祝した出発イベントを行います。

4月30日から5月1日へ、日付が変わる0時に、希望者定員70名を乗せた万葉線「万葉令和号」が出発進行!

次の電停(末広町電停)まで初運行します。乗車無料で梅酒や梅の和菓子のふるまいなどもあります(^^♪

改元で盛り上がりたい方、当日たかまちで飲む方、10連休のご予定をもっと埋めたい方、お待ちしております。

 ◇開催日時:平成31年4月30日(火・休)22:45~0:05頃

 ◇会  場:高岡駅1F万葉線のりば

 ◇スケジュールと内容:

   22:45 津軽三味線芸人 中山孝志・安藤有希子によるパフォーマンス開始

       梅酒(ノンアルコール)のふるまい(先着100名)

       万葉集にちなんだ梅の和菓子(引網香月堂「万葉の梅園」)のふるまい(先着100名)

       「令和記念切符」、万葉線グッズの臨時販売

   22:55 「万葉令和号」入場(お披露目)

       ⇒万葉令和号と記念撮影(万葉衣装を着用した運転手付き)

   23:00 「万葉令和号」乗車整理券(無料)の配布(先着70名)

   23:30 高岡市マスコットキャラクター「家持くん」(着ぐるみ)登場

        射水市ブランドマークキャラクター「ムズムズくん」(着ぐるみ)登場

   23:45 「万葉令和号」乗車開始

   23:59 カウントダウン開始

   0:00 「万葉令和号」発車!!!!!!

        ⇒乗り切れなかった方は日本国旗(手旗)でお見送り

   0:02 「万葉令和号」末広町電停へ到着、解散。

        ⇒ご乗車いただいた皆様に「乗車証明書」を発行します。

        ※令和記念切符をご購入の方で、ご希望の方には、

         令和記念切符に「令和元年五月一日零時」のスタンプを押印します。

 

4月30日は「高岡御車山祭の宵祭・御車山ライトアップ」や、「国宝瑞龍寺 春のライトアップと門前市」が開催されておりますので、両イベントを楽しんでからお越しいただくのがおススメです(*’ω’*)♡

高岡駅周辺には、富山の春の味覚★シロエビやホタルイカが味わえる最高の居酒屋がたくさんありますので、ぜひ一杯ひっかけてからお越しください♡

記念すべき改元の瞬間をみんなでお祝いしましょう♪

※「金曜シンデレラトレイン」(毎週金曜深夜0時高岡駅発)と同じく深夜0時に発車しますが、末広町電停以降はご乗車いただけません。あらかじめご了承ください。

万葉令和号_出発イベントちらし

 

◆「万葉令和号」特別展示

高岡御車山祭の交通規制に合わせ、「万葉令和号」の特別展示を行います。

 ◇日時:平成31年5月1日(水・祝)10:00~14:00頃

 ◇場所:坂下町のぼり電停付近(高岡御車山祭交通規制図はこちら

青空の下では初のお披露目となりますので、ぜひ記念撮影していってくださいね(*’ω’*)

「令和記念切符」も販売しておりますので、万葉線の係員さんまたは運転手さんにお声がけください。

当日は、万葉線で高岡御車山祭へお越しの方には「お帰りが無料になる」乗車券も配布しておりますので、ぜひご活用ください☆

 

◆令和記念切符の発売

「初春令月氣淑風和」の文字と梅の花をあしらった限定乗車券を発売します。

◇名称:「平成」から「令和」へ 万葉線1日フリー記念乗車券

◇発売・有効期間:平成31年4月30日から令和元年12月31日まで

◇価格:1,000円(税込み)

令和記念乗車券ちらし(PDF)

この切符はとにかく持っているだけでHAPPYになるような、とっても可愛いデザインです!!(*♡ω♡*)ちょっと女子力高めの切符ですが、おじさま方もどうぞ照れずにお買い求めください♡

 

万葉ファンの皆様は、「令和記念切符」で「万葉令和号」に乗って、「放生津八幡宮」(射水市)を訪れてはいかがでしょうか。放生津八幡宮は、奈呉の浦を愛した大伴家持が勧請した八幡宮であり、万葉集に大変ゆかりの深いスポットです。万葉線「東新湊駅」から徒歩約8分です。

また、そこから2駅進むと終着駅「越ノ潟駅」へ到着します。「越ノ潟」は言わずと知れたビュースポット!目の前に海が広がり、無料の渡し船に乗って対岸へ行くこともできます|д゚)☆彡

 

10連休は万葉線に揺られて、車窓からの春の陽気をお楽しみください。

 

万葉線株式会社HP

高岡市観光ポータルサイト「たかおか道しるべ」

射水市公式観光サイト「きららか射水観光NAVI」

2019年4月2日

昨日、万葉集にちなんだ新元号「令和」が発表され、万葉のふるさと高岡では、驚きと歓喜の声であふれた一日となりました。

 

高岡市は、「令和」の引用元である万葉集の歌の序文を詠んだ大伴旅人の息子・大伴家持が5年間国守として赴任し、多くの優れた歌を詠んだことから、「万葉のふるさと」として、万葉集にちなんだイベントや施設が多く存在します。

 

高岡市と射水市をつなぐ路面電車「万葉線(まんようせん)」もそのひとつ。
万葉線では、車両全体がドラえもんでラッピングされた「ドラえもんトラム」が走っています。

©藤子プロ

 

この「ドラえもんトラム」の車内では、明日、平成31年4月3日より「Free Wi-Fi」をご利用いただけるようになりました!

   

運行情報はこちらのHPの中ほどをご覧ください。

◆万葉線株式会社 https://www.manyosen.co.jp/

 

乗ると必ずSNSで伝えたくなるような外観・内装をしたドラえもんトラムですが、今まではデータ通信量を気にして写真だけしか送れなかった方も、これからは動画も安心して送信できるようになりますね(*’ω’*)♪

 

利便性がますます向上した「ドラえもんトラム」にぜひご乗車ください☆

 

(MK)

2019年4月1日

4月1日午前11時30分ごろ、新しい元号が「令和(れいわ)」と発表されました!

 

典拠は奈良時代に完成した日本に現存する最古の歌集「万葉集」。
「令」「和」の漢字2文字は、万葉集の巻第5の中に歌われている梅の花を歌った32首の序文に使われています。

 

「万葉集」といえば・・・万葉のふるさと高岡市!

 

高岡市は、「万葉集」の代表的歌人である大伴家持が、奈良時代に国守として在任していたことから、「万葉のふるさとづくり」に取り組んでいます。

 

その代表的な行事である「高岡万葉まつり」。今年も10月第1金・土・日曜日に開催を予定しています。

 

 

長い歴史の中で、受け継がれ、培われてきた文化・芸能を結集し、市内はもとより県内外から多くの方々にご参加いただいているイベントです。

 

メーンイベントは「万葉集全20巻朗唱の会」。

古城の森の樹木を縫う、鮮やかなライトの中にくっきりと浮かび上がる特設水上舞台で、万葉集全20巻4,516首の歌のすべてを、リレー方式で歌い継ぐビッグイベントです。朗唱者は全国から募集し、連続三昼夜にわたり、2,000人を超える人々が高らかに朗唱します。

 

万葉集全20巻朗唱の会」は今年も7月上旬より募集開始予定!
募集の開始は当ホームページにてお知らせします。

 

ぜひ、記念すべきこの年に、全国の皆様のご参加をお待ちしております。

  

また、高岡市万葉歴史館では、4月3日(水)から、新元号発表を記念して特別展示が開催されます。

●展示名 「令和」と『万葉集』~家持の父大伴旅人と梅花の宴~

●開催期間 2019年4月3日(水)~未定

●休館日  毎週火曜日
      ※4月2日(火)は休館日です。
      ※ゴールデンウィークは全日開館

詳細はこちら(高岡市万葉歴史館ホームページ)

 

 

高岡万葉まつりについてのお問合せは

高岡市観光交流課 ☎0766-20-1301

 

万葉集についてのお問い合わせは

高岡市万葉歴史館 ☎0766-44-5511

 

(MK)

1 2 3 5

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.