高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2020年11月2日

 

みなさんこんにちは~!

前回の<絶景を味わう!万葉ゆかりの地をめぐるコース>つづき

<職人の技を感じよう!まちなか巡りコース>

高岡市のまちなかエリアをご紹介します!

県外・県内の皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね(*’ω’*)ノ

____________________________________________________

<職人の技を感じよう!まちなか巡りコース>

高岡駅高岡地域地場産業センター山町筋

(大野屋、山町ヴァレー、コンマコーヒースタンド)高岡駅

____________________________________________________

・高岡駅

 高岡駅に降り立つと、各所でドラえもんや仲間たちに出会うことができます。旅行の記念に撮影♪

 高岡市は「ドラえもん」の作者である藤子・F・不二雄氏の出身地!     ©Fujiko-Pro

(歩いて御旅屋セリオへ)

・高岡地域地場産業センター

 2020年10月に移転オープンした、高岡地域地場産業センター・愛称「ZIBA」。

 高岡や周辺地域で作られた工芸品の展示・販売を行っていて、鋳物や漆器の体験教室も楽しむことができます。(事前予約制)

 

オリジナルの作品を作って、旅の思い出に♪

鋳物(ぐい呑み・ミニ水盤)・漆器(コーヒーカップ・湯呑・ペンダント・ミニパネル)から選ぶことができ、

体験メニューが豊富なのも嬉しいところ!

ものづくり体験教室の申込みはこちらから

 

 

(歩いて山町筋へ)

・山町筋

 重要伝統的建造物群保存地区に指定されている山町筋は、メインストリート沿いには漆喰の土蔵造りの商家やレンガ造りの洋風建築などが並ぶ商人のまち。

 国の重要文化財である〈菅野家〉や、高岡御車山会館、飲食店などが立ち並び、まち歩きにはぴったりです。

 大野屋

 茶の湯文化が根付く高岡では、現在も伝統的な和菓子製法を受け継いでいます。

 一方で、「高岡ラムネ」のような革新的な和菓子にも出会うことができます。

 山町ヴァレー

 元文具商の建物をリノベーションした施設には、飲食店や「ものづくりのまち高岡」を感じるテナントが並びます。

 「クラフタン」では落ち着いた空間の中で昆布料理を楽しむことができます(^^♪

 コンマコーヒースタンド

 土蔵造りの街に佇むカフェで一服。挽きたて、いれたてのコーヒーやシュークリームが人気♪

 (高岡駅へ戻る)

 

「ものづくりのまち」高岡を感じることのできるコースでした。

お土産やお食事処も豊富なので女子旅にもおすすめです☆彡

お休みの日は、ぜひ高岡にお越しください(^.^)/~~~

 

2020年10月30日

 

みなさんこんにちは~!秋風が肌寒いこの頃ですね。秋といえば、高岡万葉まつりの季節!

今年、メーンイベントの「万葉集全20巻朗唱の会」は古城公園ではなく動画でつないだことで話題になりましたが、

万葉に触れることのできる地は高岡に多く存在しているんです。

そこで、「万葉」に焦点をあてて高岡市の伏木エリアを巡ってみました~!

県外・県内の皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね(*’ω’*)ノ

____________________________________________________

<絶景を味わう!万葉ゆかりの地をめぐるコース>

新高岡駅伏木駅勝興寺ふしき坂の上ヴィレッヂ引網香月堂
万葉歴史館雨晴海岸道の駅「雨晴」新高岡駅

____________________________________________________

新高岡駅

 北陸新幹線で高岡市へ出発。

 新高岡駅では高岡市のマスコットキャラクターの「家持くん」がお出迎えをしてくれます!

「万葉集」の歌人大伴家持が、国守として 在任していたことから、高岡市は「万葉のふるさと」と呼ばれているまち。

 例年秋には「高岡万葉まつり」を開催。メーンイベントの「万葉集全20巻朗唱の会」は万葉集4516首を歌いつぐイベント!

 今年は動画を集めて行っていて、高岡万葉まつりYouTubeチャンネルで現在公開中/ です。

 万葉ゆかりの地や海外からの朗唱の動画も見ることができます!

 (レンタカーを利用し伏木方面へ)

・伏木駅 (車を伏木駅前観光駐車場に駐車)

 伏木駅には、郵便ポストにちょこんと立つ大伴家持像。かわいらしいサイズ感。

 高岡市内には5つのエリアに大伴家持像が存在するので、像のあるスポットを巡ってみるのも楽しみ方の一つ♪

近くにあるノスタルジックな建物の正体はラーメン屋「PORTO(ポルト)」。

 看板メニューは「鶏骨ラーメン」。身体が温まりますね。

 

・勝興寺

 伏木駅からゆるやかな坂を上ると、国の重要文化財にも指定されている

「勝興寺」がそびえ立つ。勝興寺ではお寺にまつわる「七不思議」が有名。探してみましょう!

・ふしき坂ノ上ヴィレッヂ

 勝興寺の参道沿いにあるコンテナのお店。

 地元食材満載のお弁当やドリンクなどを販売する

 「にじのこや」とガラスショップ「Apollo」で一息休憩。

 

・引網香月堂

 2020年、「東京事変」のジャケット写真にも起用されたという話題の和菓子店。

「万葉の梅園」など伏木の地ならではの和菓子も展開しているようです。

(伏木駅へ戻り、車で万葉歴史館へ)

・高岡市万葉歴史館

 「万葉集」をテーマとした、全国初の専門施設。

 万葉について学べる施設に加え、庭園にある万葉ゆかりの植物が四季折々に彩を添えています。

 

(車で雨晴へ)

・雨晴海岸

 万葉の歌人大伴家持が、思いを馳せ多くの歌を詠んだとされる雨晴海岸。

 富山湾越しに見える立山連峰は圧巻そのもの!

 白い船をかたどった道の駅「雨晴」のデッキでさざ波を感じながらゆったりした時間を過ごすことができました。

 

(新高岡駅へ戻る)

自然を体感し、万葉のふるさとを巡る旅でした!

次回は高岡市のまちなかのホットスポットを巡ります、お楽しみに(^^♪

2019年12月20日

旅の専門誌『旅行読売』(昭和41年創刊)より、

【第34回 日本海なべ祭り】ヤフーニュースにて紹介していただいています!

 

《日本海高岡なべ祭りが1月11、12日に開催。銅器のまちならではのジャンボ鍋も登場!》と題し、いよいよ来月に迫ったなべ祭りを記事にしていただきました♪

☆ヤフーニュースへはコチラから☆

 

ツイッターフェイスブックからも読むことができます!

 

そして、高岡観光関連記事はウェブサイト『たびよみ』から!こちらもぜひ、チャックしてみてください(*^^*)

 

 

1 2 3 62

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.