高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2013年11月18日

 文化庁では、このたび『おくのほそ道』に関係する優れた風致景観を保護するため、『おくのほそ道』に登場する名所・旧跡のなかから10県13箇所を名勝として文化財指定することになりました。

 本市においては「有磯海(女岩)」が、11月15日(金)に開催された国の文化審議会において、指定の答申を受けました。詳しくはこちら

 

 雨晴海岸は、女岩をはじめとする奇岩と白砂青松が続き、海越しに3,000メートル級の立山連峰を望むことができる景勝地です。

 越中国守として高岡市伏木に赴任していた万葉の歌人大伴家持はその美しさを絶賛し、万葉集に多くの歌を詠みました。松尾芭蕉が句に取り込んだ「有磯海」の歌枕は、家持が「荒磯」という言葉で越中の歌に詠んだことが始まりとされています。

 これから寒くなるにつれ、発生率が高くなる「けあらし」という海面上に立つ霧と、雪に覆われた立山連峰のコラボレーションは絶景です。ぜひ一度、この美しい景色を見に雨晴海岸にお越しください!

amaharashi02_s

 

 

 

2013年11月20日

 北陸新幹線「富山県」開業PRのサイトで、きときと君や県内観光地の画像が載った2014年の年賀状用のJPEGデータがダウンロードできます。年賀状の画像は全部で26種類あり、高岡関係では瑞龍寺が1種類、雨晴海岸にいたっては7種類もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

B雨晴海岸 B瑞龍寺 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(SH)

2013年12月16日

有磯海は、さる11月に「おくのほそ道の風景地」として名勝の指定が国の文化審議会で答申されました。これを、多くの方に知っていただくために、JR氷見線雨晴駅に「懸垂幕」を設置しました。これから春先までの晴れた日には、有磯海に映えた立山連峰が、一年のうちでもひときわ美しく仰ぐことができます。

 「わせの香や分入右は有磯海」 

IMG_8014

IMG_8015

(RN)

2014年4月3日

10県13か所にまたがる「おくのほそ道の風景地」が、このほど国の名勝に指定されたことを記念して、これを巡るスタンプラリー始まりました。富山県では本市の雨晴海岸から望む有磯海(女岩)が指定を受けています。

おくのほそ道・1 おくのほそ道・2 おくのほそ道・3

これを契機に、この風景地で名勝になった13か所を巡ってみてはいかがでしょうか。ちょっとしたプレゼントも用意されています。JR氷見線雨晴駅にも台紙とスタンプが設置されています。ぜひご利用ください。

女岩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Y.G)

2014年7月19日

日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」の人気コーナー、ニッポンわくわくキャラバン。今週は富山が舞台でした〜!

昨日18日(金)富山の最後を締めくくるのは、高岡の雨晴海岸です。晴れていたら3000m級の立山連邦が眺められる絶景地ですが、昨日は残念ながら曇り空でした。。

IMG_9649

運がよければこんな景色を見ることが出来ます・・・!

Amm-075

 

朝の生中継ということで、朝4時から準備が始まりました。今回、海鮮BBQを用意して下さったのは、海のそばで民宿をされている、女岩荘(めいわそう)さんの店主。(女岩荘HPはこちら) BBQの食材は、かき、さざえ、あわびでした。現場は美味しい匂いが漂っていました〜

IMG_9647

 

これは、7時40分ぐらいの中継、ヒロアキさんの歌のシーンです。朝テレビで生中継を見て、沢山の方が集まってこられました。なんと、富山市や金沢市からやってきたZIPファンもいらっしゃいましたよ。

IMG_9666

 

テレビ中継が終わった後は、ヒロアキさんとププの写真撮影会です。撮影待ちの長蛇の列。

IMG_9675

写真撮影された方には、記念にシールのプレゼントがありました。

IMG_2029

 

 

(RN)

2015年7月3日

 

先週から今週のはじめにかけての高岡は、梅雨のこの時期らしく

肌寒い雨の日があったかと思えば、じわじわ気温と湿度が高くなる日もあって

一度は仕舞ったあたたかい布団を出してきてみたり、

真夏をむかえたかのような恰好をしてみたり。

なんだか季節に翻弄されているような、そんな心地のする日々でした。

 

そして梅雨が明ければ、いよいよ夏本番。

暑さで溶けそうなときには“ほんのすこしの間だけ、南極かどこかに行けたらなぁ”などと

叶わぬ空想をしてしまうことも、毎年いちどはあるのですが、

エネルギーにあふれ、わくわくすることがたくさんつまっている…

やっぱり夏は、どこかそういった楽しいイメージと、つながっているものです。

 

この季節になると思い浮かべるものの一つ、海。

高岡市の松太枝浜海水浴場では、今月5日(日)に【海開き】がおこなわれ、

夏の訪れを、わたしたちに感じさせてくれます。

 

 

DSC00535   DSC00544
   ◆ 海開きの日の朝(松太枝浜,2014年)           ◆ 海開きに参加のこどもたち。いきもの探し中

 

     DSC02518
        ◆ 生き物探しのこどもたちと一緒にみつけた貝殻

 

 

その【海開き】の会場ちかくにはJR雨晴駅があって

そこから歩いて5分ほどで出られる海岸沿いを散歩するのも、個人的にはおすすめ。

雨晴海岸は海越しに望む立山連峰と女岩・義経岩とが織りなす雄大な風景が印象的ですが

くっきりとそれが見られない日でも、海をながめながら歩くだけで、

どこかべつの世界へきたような、非日常的な感覚をあじわうことができるのです。

 

 

DSC02385     DSC02396
  ◆ 雨晴駅から海岸へ                ◆ベンチでひとやすみ  

 

 

DSC02392

 ◆ 目の前にひろがる青い世界

 

 

みずのなかにはいって泳ぐだけでなく

貝殻やちいさな生き物を探したり、波の音に耳を傾けながら浜辺を歩いたり。

海のそばではいろんな過ごしかたが受け入れられ、

その時々の心の在りようまでも包みこんでくれるような。

そんな穏やかな気持ちにさせてくれる海に、わたしたちは惹かれずにはいられないのかもしれません。

 

 

(tt)

2015年7月6日

DSCF2545

こんにちは、利長くんです。

今日は雨晴海岸から重大発表です。

 

じゃじゃ~~ん!

DSCF2547

みなさんご存じ雨晴海岸の義経岩の近くに、新しい踏切ができました。

雨晴駅から高岡方面へ約500mのところで、6月30日から使えるようになったよ。

 

これまでは、雨晴観光駐車場に車をとめてから、ぐるーっと5分ほど歩いていかないとけなかったのが、ぐんと短縮されました。

DSCF2561

これで観光客のみなさんにももっと喜んでもらえるね。

DSCF2549

ぼくもお参り…

 

でもね、

ぼくは今までの遠まわりのルートも好きなんだ。

だって、

DSCF2560

てくてく

DSCF2559

てくてく

DSCF2558

てくてく

DSCF2557

もうちょっと

DSCF2556

てくてく…

 

歩いて海岸にたどりついたときの眺めは、なんだか特別に見えるから!

DSCF2551

(T)

2016年2月9日

昨日(2/8)は、まさに“冬晴れ”という言葉がぴったりの、透き通った空気が心地よい、とてもいいお天気でした。

DSC_0419

おかげで、高岡イチの展望を誇る雨晴海岸からも、くっきりすっきり立山連峰を望むことができました。

(写真では、実際にこの目で見たときの感動をお伝えできないのが残念!)

 

どこまでも澄み渡る空の青に穏やかな海の青。

そういえば、立山連峰のすそ野も青く見えるんだなぁと、不思議に思ったりしながらも

ただただ眼前に広がる雄大な自然の美しさに見とれてしまいました。

 

他にも、昨日の富山湾沿いの風景をご紹介します。

まずは、射水市にある海王丸パーク新湊大橋

DSC_0401

 

こちらは、氷見市のひみ魚々座(ととざ)の中から撮影した写真です。

漁港の奥に立山連峰が見えるのが分かりますか?

DSC_0449

 

春はもうすぐそこまで来ています。

 

(aa)

2016年6月22日

高岡市マスコットキャラクターの利長くん&おにいちゃんの家持くんです!

DSC_2445

高岡市民が誇る絶景の地、雨晴海岸(あまはらしかいがん)にやってきました~

 

空気が澄んだ日には、富山湾の海越しに3,000m級の立山連峰の山並みを望むことができるんです。

どこまでも続く青い海を見ていると、そこにたたずんでいるだけで癒されますね。

DSC_2450

さて、この「雨晴(あまはらし)」というちょっと変わった地名には、歴史的ないわれがあるんです。

鎌倉時代に、源義経一行が兄・頼朝に追われて奥州へと逃げ延びる途中、この雨晴海岸にさしかかりました。

突然のにわか雨に見舞われた一行は、怪力の弁慶が持ち上げた大岩のかげで、雨が晴れるのを待ったんだそうです。

【義経伝説についてはコチラ】

 

義経岩の上には、義経社というほこらもあります。

DSC_2416

 

夏は、近くの海水浴場で、めいっぱい自然を楽しむのもおすすめですよ!

 

(T&Y)

2016年6月28日

こんにちは、家持くんです!

“いえもち”ではなく、“やかもち”くんです!

DSC_2431

全国の万葉ファンのみなさま、大変長らくお待たせいたしました!

 

毎年10月の第1金・土・日に開催される、「高岡万葉まつり」。

今年は、10月7日(金)~9日(日)の3日間で行われます。

 

「高岡万葉まつり」の中でも、全国の万葉ファンのみなさまに特に楽しみにしていただいているのが、

万葉集全4,516首を3昼夜をかけて歌いつぐ「万葉集全20巻朗唱の会」。

今年は、7月7日(木)から朗唱者の受付が始まりますよ!

DSC_2428

ぼくも、かつて歌人・大伴家持が度々おとずれた…と言われる雨晴海岸にて一首。

DSC_2434

“馬なめて いざうち行かな 渋谷の 清き磯みに 寄する波見に”(万葉集巻17・3954)

(馬を並べて、さあ出かけようじゃないか。渋谷(現在の雨晴海岸)の清らかな磯に打ち寄せている、その波を見るために。)

 

応募方法など、詳しくは後日お知らせしまーす♪

(Y)

2016年7月12日

海越しに3,000m級の立山連峰を臨むことができる雨晴海岸

白い砂浜に、松林が続く海岸は、古くは奈良時代の万葉集にも詠まれる景勝地として知られています。

SUPヨガ

そんな雨晴海岸の夏のレジャーが去年からパワーアップしています!

42B29B93-BD98-4C7C-B749-9271D282B477

雨晴・松田枝浜海水浴場近くにオープンした「WAVE LUNCH」では、

サーフィンやSUP(スタンドアップパドル)のレンタルを行っており、自然をおもいっきり楽しめます!

体験サーフィンスクールもやってますので、初心者の方も安心です(^^)

IMG_0017

美しい風景の中、水の流れに身をまかせてみれば、こんなポーズもできるようになるかも!?

238C9182-9034-4B2D-949F-014BFA146F11

 

 

IMG_0019

暑い夏をおもいっきり楽しみましょう!!

 

店名 WaveLunch(ウェーブランチ)
住所 〒933-0133 高岡市太田4764-4 松太枝浜海水浴場内
電話 0766-44-1173
営業時間 ランチ 水~日曜  11:30~14:00(ラストオーダー14:00)
カフェタイム 14:00~19:00
※ただし、夏季は営業時間に変更有り
定休日 火曜
駐車場 有り

「WAVE LUNCH」ホームページはこちら

(aa)

2017年5月8日

高岡市が誇る絶景、雨晴(あまはらし)海岸

富山湾の海越しに3,000m級の立山連峰を望むことができるこの地には、一年を通して多くの観光客・カメラマンが訪れます。

このたび、そんな雨晴海岸の360°画像を制作しました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらから雨晴海岸の360°画像がご覧いただけます!

 

スマートフォンでご覧いただくと、まるで自分が雨晴海岸に立っているかのような臨場感を味わえますよ!!

また、詳しく見たい部分を拡大したり、見どころを表示したりもできます。

 

高岡に興味はあるけどまだ行ったことがないという方も、この画像を見れば、今すぐ高岡に行きたくなること間違いなし!

まずは一度、ご覧ください(^^♪

 

(aa)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.