高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2013年7月22日

 7月6日(土)の新聞に「8月から高岡市の御旅屋通り/街なかにお化け屋敷/空き店舗を丸ごと活用」という記事が載りましたね(→こちら)。当ブログもどのようにリアクションしていいのか戸惑っていますが、特設会場の設営工事が始まったようなので、とりあえず現場を見に行ってきました。場所は高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中。カフェ「わろんが」の筋向い、チャイニーズレストラン「みんみん」のお隣です。公式ホームページはこちら

 

B130722_1427~03 B130722_1428~04

 大きな看板がすでに上がっており、カラフルだったシャッターが真っ黒に塗りこめられている最中でした。その名前は「足首屋敷」。「訪れた人の足首をつかもうとする女性の亡霊がさまよう屋敷」という設定で、「来場者は足首に紙のバンドを巻き、靴を脱いで歩く」そうですが、公式ツイッター https://twitter.com/ashikubiyashiki を読むともう少し具体的なことがわかります(<>内は亡霊のつぶやき)。


時間は10分程度。<体感時間はもっと長いです。恐怖が持続する時間は10分程度と言われています……。>

1グループにつき3人まで。<1人でも入れますよ……フフフッ 少し時間をおいて他のお客様が入ります。>
2グループ一緒は不可。<……お化けの都合もあるので……ごめんね……>
お化け役の人間が何人いるかは秘密。<人じゃないのもいたり………ね。>
<報酬はみなさんの叫び声。>


 会場となる空き店舗は、さかのぼると履物を扱う店だったこともあるという経歴に着目し、今回のオリジナルストーリーを考案した、日本唯一という「お化け屋敷プロデューサー」の五味弘文さんのホームページを見ると(→こちら)、もう何年も前から日本各地でお化け屋敷を企画しているようで、この夏も「ゆびきりの家」「呪い歯」「血手形の家」などの名前で、東京、名古屋、大阪、白浜(和歌山県)、広島、沖縄でお化け屋敷をプロデュースしているんですね。高岡の「足首屋敷」も今まで各地で積み重ねた恐怖のノウハウがぎっちり詰まっていそうで、だんだん楽しみになってきたぞ。

 

 

(SH)

 

2013年7月26日

 以前の当ブログでもお知らせしたように(→こちら)、高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中に8月1日(木)から「足首屋敷」という名前のお化け屋敷が登場します(→公式HPはこちら)。工事も進んでいるようで、昨日から入口に大きな案内看板も設置されました。6歳未満の入場は不可。18歳未満の方は19時以降は保護者同伴です。ちょうど、8月1日から高岡七夕まつりも始まり、御旅屋通り商店街にも夜遅くまで多くの中学生・高校生が行き来しますが、夜は保護者同伴でなければ「足首屋敷」には入場できませんので、ご注意くださいね。

 

 それから、公式フェイスブック https://www.facebook.com/ashikubiyashiki を読んだら、スタッフが面白いことを書いていました。

「お化け屋敷」と「肝試し」似ているようにも感じますが、本質的には異なります。
肝試しは恐怖を克服しようとするもので、お化け屋敷は恐怖を楽しむものです。
日常生活で恐怖を楽しむ体験ってなかなかできません。そんな非日常の世界を楽しんでもらえるとうれしいです。
 
 なるほどね、お化け屋敷は「恐怖を楽しむ体験」をしにいくところなんですね。
 
 
 BIMG_0001
左奥には階段が見えます。案内看板にも「階段を上がれない方」はご利用いただけません、となっているので、入場者はこの階段を上っていくのでしょうか。

 

 

BIMG_0007
案内看板を拡大してみました。
 
 
 
 
 
(SH)
 
2013年7月29日

 以前の当ブログでもお知らせしたように(→こちらこちら)、高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中に8月1日(木)から「足首屋敷」という名前のお化け屋敷が登場します(→公式HPはこちら)。そのお化け屋敷の演出を担当している、日本唯一という「お化け屋敷プロデューサー」の五味弘文さんが、昨日7月28日(日)のNHKBS1「Biz+SUNDAY(ビズプラスサンデー)」に登場しました。番組内容はこちら。番組キャスターのブログはこちら。ブログによれば、「五味さんのお化け屋敷の最大の特徴は、お客にミッションを与え、ストーリーの中に組み込んでしまうこと」だそうです。こんどの「足首屋敷」でも入場者には何らかのミッションが与えられるんでしょうか?

BIMG_0001
右に「入口」、左に「出口」の表示が加わりました。

BIMG_0004

(SH)

2013年7月30日

 以前の当ブログでもお知らせしたように(→こちらこちら)、高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中に8月1日(木)から「足首屋敷」という名前のお化け屋敷が登場します(→公式HPはこちら)。そのお化け屋敷の周辺飲食店がホラーにちなんだオリジナルメニューを開発し、このたび発表されました(→こちら)。それが以下の通り、なかなか愉快です。

★「ホラーメン」ラーメンから手が・・・・・
★「夏の夜のコワ美味トリオ」ジャカッセ風 本気のホラーメニュー!
★「ブラッディー・ヘブン」「ヨミのバラ」夏のオリジナルホラーカクテル!!
★「”ほっと”おばけランチ」「”ほっと”おばけパフェ」かわいいお化けに会いに来てね。
★「一つ目小僧からの贈り物」坂下小路コラボ商品
★「血まみれタルト」血を連想させるタルトで凍りつく!!

 

 

BIMG_0001

 

(SH)

2013年7月31日

 以前の当ブログでもお知らせしたように(→こちらこちら)、高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中に明日8月1日(木)から「足首屋敷」という名前のお化け屋敷が登場します(→公式HPはこちら)。そのお化け屋敷の成功安全祈願祭内覧会に参加してきました。詳しくは書けませんが、正直言います。大の大人でも十分に怖い。いやあ、実に怖かった。今から行かれる方にご忠告しておきます。よほど自信があっても、一人で入ることはおすすめしません。筆者も大人3人で入りましたが、先頭を押しつけあいながら進みましたものです。800円の価値あり! ぜひ、カップルでご参加ください!!

 

 

 

BIMG_0028 
射水(いみず)神社の神主によるお祓い。

 

 

BIMG_0060
このお化け屋敷の演出を担当している、日本唯一という「お化け屋敷プロデューサー」の五味弘文さんのご挨拶。ホームページはこちら

 

BIMG_0070
成功安全を祈願してヤクルトで乾杯!

 

 

(SH)

2013年8月1日

 昨日の当ブログで成功安全祈願祭と内覧会の様子をご報告しましたが(→こちら)、いよいよ本日8月1日(木)から、高岡市中心部の御旅屋(おたや)通り商店街のど真ん中に「足首屋敷」という名前のお化け屋敷が登場しました(→公式HPはこちら)。初日から盛況です。初日オープン(14時)の20分前には女子中学生4人組がもう並んでいました。

 

BIMG_0004
家族連れもちらほら。

BIMG_0011
涙目で出てきたにもかかわらず、「大丈夫」と言い張る女の子に取材するメディアも大受け。一番右で笑っているのは、このお化け屋敷の演出を担当した、日本唯一という「お化け屋敷プロデューサー」の五味弘文さん。初日の様子を見に来ておられました。盛況の様子に五味さんも大満足。五味さんのホームページはこちら

 

 

BIMG_0014
こちらは取材を受けるカップル。ぜひ、カップルでご参加いただき、お二人の愛をお確かめください。

 

BIMG_00231
階の入口を入ると、このような待合室です。左奥の黒い幕が2枚垂れさがっている所が、お化け屋敷の入口です。

 

BIMG_0025
入口を入ってすぐ左はこのようになっています。左は案内、真ん中は券売機、右は・・・

 

BIMG_0031
夕美(主役の亡霊の名前)と一緒に記念撮影!

 

BIMG_0019
出口にはこんな看板。当ブログでも以前お知らせした(→こちら)、周辺飲食店がホラーにちなんで開発したオリジナルメニューの一覧表です(→詳しくはこちら)。

 

 

(SH)

2013年8月3日

 大小約1,200本の七夕飾りが市街地を彩る高岡七夕まつりが始まり、2日目の8月2日(金)の夜の様子をお伝えします。複数の会場でイベントが開催されました。当ブログで主要行事や関連行事を日付別・会場別に整理したのはこちら。8月1日(木)から始まった「足首屋敷」も遅くまで盛況でしたよ。

BIMG_0042 
坂下町通りでの「やわやわ参道納涼祭」には富山ご当地アイドル「ビエノロッシ」が登場。今日はイベント出演が重なったので、半分の4人でした。

BIMG_0160 
桐木町サマーフェスティバルでのバンド演奏。

BIMG_0191 
旧万葉の杜では高岡民謡のど自慢大会。

BIMG_0197
旧万葉の杜のダイワ屋台村も遅くまでにぎわっていました。

 

BIMG_0237
「足首屋敷」は20時を過ぎても、これだけの列。

 

(SH)

2013年8月5日

 高岡七夕まつりの3日目の8月3日(土)の様子をお伝えします。イベント盛りだくさんでした。午後には御旅屋(おたや)通りでは親水イベント「まちなかウォーターランド」オタヤオープンカフェ「願い道」、ホラーハウス「足首屋敷」も大盛況。夕方からスエヒロードでは、たかまちフレンドパークやストリートバスケット、旧万葉の杜ではダンスイベント「Dance×3」。そして、20時からは「あみたん娘」の特別ステージがあり、カノンとセシルの声優の発表と、3DCGモデルが公開されました。

 

 

BIMG_0452
BIMG_0454
BIMG_0461
13:00〜15:30には御旅屋メルヘン広場で親水イベント「まちなかウォーターランド」で、子どもたちの歓声が響きました。

 

 

BIMG_0039
BIMG_0041
午後には御旅屋(おたや)通りでオタヤオープンカフェ「願い道」。胡弓(こきゅう)とキーボードの姉妹ユニット、胡恋風(こいかぜ)が心にしみいるような素敵な演奏を聞かせてくれました。

 

BIMG_0337
BIMG_0335
高岡大和前のフタバビル1階では、墨田区ミニ物産展(上)や北陸新幹線開業PRコーナー(下)。

 

BIMG_0061
BIMG_0065
ホラーハウス「足首屋敷」は大盛況で長蛇の列。17時頃には90分待ちとなり、入場制限がかかりました。

 

Bオリジナルメニューちらし
「足首屋敷」の周辺飲食店のオリジナルメニューや半券サービスのちらし。

 

BIMG_0078
17時からは旧万葉の杜でダンスイベント「Dance×3」。

 

 BIMG_0089 BIMG_0094 BIMG_0096
 スエヒロードでは18時からストリートバスケット(上)や、たかまちフレンドパークで利長くんふあふあ(中)、バンド演奏(下)が始まりました。   

 

BIMG_0124
そして、20時からは「あみたん娘」の特別ステージ。セシル(左)とカノン(右)から重大発表。

 

BIMG_0132 BIMG_0148
まず、セシル(左)とカノン(右)の3DCGモデルが曲に合わせて踊ります。写真ではピンとこないかもしれませんが、実際に見ると、これはすごい!

BIMG_0173
続いて、セシルカノンの声を担当する声優さんの発表です。カノンの声を担当する声優の山本希望(のぞみ)さんはビデオレターでの登場です。

BIMG_0248 
セシルの声を担当する女優のエリザベス・マリーさんは会場に駆けつけてくれました。

 

BIMG_0292
最後に3人で フォトセッションが行われました。

 

(SH)

2013年8月5日

 8月1日(木)から始まったホラーハウス「足首屋敷」は大盛況で、連日の90分待ち。昨日も今日の第1部も入場規制がかかっています。昨日8月4日(日)は19時半には21時までの分の受付終了。本日8月5日(月)も平日にもかかわらず、15時半に第1部(14〜17時)の受付が終了しました。人気が過熱気味です。せっかくお越しいただいても入場できないといけませんので、時間に余裕を持ってお越しください。

 

BIMG_0011
8月3日(土)までは立ちっぱなしで並んでいましたが、さすがに8月4日(日)からは椅子が若干用意されました。(列のうしろはやはり立ちっぱなしですが・・・)

 

 

 

BIMG_0006 
8月4日(日)は17時過ぎには90分待ちとなりました。

 

BIMG_0018
「足首屋敷」の周辺飲食店のオリジナルメニューや半券サービスのポスターです。

 

BIMG_0027 
本日8月5日(月)は平日にもかかわらず、14時のオープン時にもうこの状態。

 

BIMG_0031
本日8月5日(月)は14時のオープン即60分待ちでした。

 

BIMG_0036
15時過ぎには90分待ちに。

 

BIMG_0044
本日8月5日(月)も15時半に第1部(14〜17時)の受付が終了しました。

 

BIMG_0037 
「足首屋敷」の目の前の臨時かき氷屋さんは連日の大盛況。

BIMG_0040
ソフトクリーム屋さんも登場しました。

 

 

 

(SH)

2013年8月8日

 高岡七夕まつりも昨日終わり、ホラーハウス「足首屋敷」も一段落(でもないか?)。本日8月8日(木)は七夕まつり終了後の最初の平日ですが、14時のオープン時でもけっこうのお客様が並んでいました。それと、毎週木曜日14〜17時の御旅屋(おたや)通りは「おたや市」が立ちます。

 

 

 

 BIMG_0003
本日8月8日(木)は七夕まつり終了後の最初の平日ですが、14時のオープン時はこの状況。さすがに、七夕期間中のように、オープン時にすぐに待合席の椅子が全席うめるような状況ではありませんが、それでも酷暑の中、たくさんのお客様にお越しいただいております。

 

 

 

BIMG_0010 BIMG_0001

「足首屋敷」の周辺で生鮮野菜やお惣菜が売られています。

 

 

(SH)

2013年8月9日

 高岡七夕まつりも終わり、昨日は少し落ち着いたかなと思ったホラーハウス「足首屋敷」ですが(→こちら)、本日8月9日(金)はまたまたオープン時から大盛況。14時開始即60分待ち以上となりました。この好評を受けて、明日から2日間、8月10日(土)・11日(日)は12時開始予定を1時間繰り上げて、午前11時からオープンいたします。急な決定で、告知がそれほど進んでいないかもしれないので、明日の11時は狙い目かも。

 

BIMG_0016
14時のオープン時にもうこれだけの列。


BIMG_0022

14時のオープン即60分待ち以上となりました。

BIMG_0026
連日の猛暑を受け、扇風機が用意されました。

 

BIMG_0029
臨時のソフトクリーム屋も大盛況。

 

 

 

(SH)

2013年8月10日

 8月1日(木)のオープン以来、連日盛況だったホラーハウス「足首屋敷」ですが、今日8月10日(土)はそれほどでもありません。猛暑の天気予報に皆さんが外出を手控えたのか、はたまた、せっかくの週末なので遠出したのか、それとも、「足首屋敷」の開始時刻を今日は1時間早めたのが役に立ったのか、連日オープン時には50人以上並ぶのが普通でしたが、今日は最大でも20人ほど。お昼前後には並んでいる人数が1桁の時もありました。明日はどうなるやら。明日8月11日(土)も1時間早く、11時から開始です。

 

BIMG_0008
14時半頃の状況。並んでいるのは約20人。

 

 

 

 

BIMG_0004
臨時のかき氷屋さんは繁盛していました。

BIMG_0005 
氷柱も用意されています。

 

 

 

 

(SH)

2013年8月19日

 お盆休みは終わりましたが、ホラーハウス「足首屋敷」8月19日(月)も大盛況。今日は14時のオープン即2時間待ちでした。暑い日が続いていますが、お並びの皆さんはくれぐれも熱中症にお気をつけください。

 

BIMG_0022
14時のオープン時にはもう100人以上の列。お子様たちや学生さんにはお盆休みは関係無いですね。

 

BIMG_0004
この暑さですから、かき氷屋は大賑わい。
BIMG_0011

 

BIMG_0009
ホラーハウス「足首屋敷」お隣のチャイニーズレストランみんみんでは、チケットが100円券として使えます。

 

 

   BIMG_0018
筋向かいのカフェわろんがの看板。「絶叫したら喉が渇く!! 早めの水分補給で体調バッチリ!!」

 

 

 

(SH)

2013年8月26日

夏休みもいよいよあと1週間。ホラーハウス「足首屋敷」はまだまだ大盛況。8月26日(月)は14時のオープン時に約100人の列で、90分以上待ちの状態です。9月1日(日)で終了の予定でしたが、大好評につき、9月7日(土)・8日(日)12時〜21時の追加開催が決定!

 

 BIMG_0017
本日は14時のオープン時に約100人の列で、90分以上待ちの状態で始まりました。

 

 

BIMG_0005
9月1日(日)で終了の予定でしたが、大好評につき、9月7日(土)・8日(日)12時〜21時の追加開催が決定!

 

(SH)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.