高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2017年3月10日

土蔵造りの町並みが美しい山町筋にひなまつりの季節がやってきました♪

普段は重厚な佇まいで来る人を魅了していますが、ひなまつりの日はレトロなまち並みギャラリーに姿を変え、いつもとは違う華やかな山町筋をお楽しみいただけます。

 

普段は一般公開されていない家々もひなまつりの期間中は家の中でひな人形を公開していますので、山町筋に来たことがある人も、前回は入ることができなかった土蔵造りの家々をお楽しみいただけます。

【開催日】3月11日(土)、12日(日)

【場所】山町筋一帯

【イベント】

講演会『高岡御車山を識る』

講師:樽谷 雅好氏(郷土史講釈・文筆家)

日時:3月11日(土)14時より

会場:高岡御車山会館

料金:無料

ひなまつり茶席

日時:3月11日(土)、12日(日)10時~16時

会場:土蔵造りの町資料館

料金:前売券500円、当日券600円

前売券販売所:ビューティヤソブ、若森質店、スーパー守山町店、大野屋、丸和

 

 山町筋のひなまつりチラシ表面  山町筋のひなまつりチラシ裏面

【お問い合わせ先】

土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会 TEL:0766-23-2623

(mm)

 

 

 

2017年1月20日

富山県では、男の子(特に長男)が生まれると、天神様、つまり菅原道真を学問の神様として「子供たちの頭が良くなりますように!」との願いを込めて、12月25日から1月25日まで、掛軸や、木彫の天神様等を飾る風習があります。

この風習は北陸地域の一部でしか行われていないらしく、全国的にみても珍しいそうですね!

掛軸や木彫りなど種類は様々ですが、確かに富山県にお住まいの方のほとんどは天神様を飾っていますよね。

そんな富山県にとってはなじみが深い天神様が展示される、『山町筋の天神様祭』が山町筋で開催されます!

開催日:1月21日(土)、22日(日)

場所:山町筋一帯

お問合せ先:土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会 TEL:0766-23-2623

URL:http://www.yamacho.org/

山町筋の天神様祭チラシデータ         山町筋の天神様祭マップ

 

また同日に講演会も開催されますのでこちらにも是非お立ち寄りください♪

≪講演会≫

ユネスコ無形文化遺産登録!高岡御車山祭』 講師:中村 知子氏(高岡御車山会館学芸員)

日時:1月21日(土)14時より

場所:高岡御車山会館

料金:無料

 

大きすぎて、小さすぎて、見えないもの』 講師:向井 康之氏(平米小学校長)

日時:1月22日(日)11時より

場所:土蔵造りのまち資料館

料金:一般:500円(15名) 小学生:無料(20名) ※事前申し込みが必要です

お問合せ先:土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会 TEL:0766-23-2623

 

歴史的な町並みが残る山町筋と豪華な天神様を堪能しに是非お越しください♪

 

(mm)

 

 

2015年11月13日

みなさ~ん!!

明日はついに!高岡御車山会館で富山県内最古級の「土蔵棟」が公開されますよ~~~☆☆彡

今日の新聞にも載ってましたね!!(●^o^●)うんうん
そうです。明日は高岡御車山会館は無料なんです!
土蔵棟

詳しくは、こちら→高岡市公式HP「ほっとホット高岡」

多くの皆様に愛され、高岡のまち歩きの必須お立寄りスポット
として君臨しつつある高岡御車山会館ですが、
もし、万が一、まだ行ったことない・・・(涙)という方がおられましたら
絶対にこの機を逃すべきではないと思いますよっ(●^o^●)♪

しかもしかも、明日はその「土蔵棟」や新しくできた「平成の御車山」の人形の
解説も行われます!
それこそ二度とないチャンスですよ!

平成の御車山「本座人形・相座人形」

ところで県内最古級ってどれだけ古いと思いますか?
1695年ですよ!320年前です!(゜o゜)
この江戸時代の技術で作られた土蔵が現存していることに私は驚きです。

高岡御車山会館のある山町筋は、土蔵造りの町並みが有名ですが、
その土蔵造りの家々が建造され始めたのは、明治33年(1900年)の大火の後ですから、
その200年前からあるってことなんですよね。確かに焼けた跡も確認できます。
・・・これはちょっと解説が気になりますね(^u^)イカナキャ

平成の御車山の人形については、もうとりあえず1回見て欲しいです!
とても大きいです。
とくに表情が見る角度によってかなり変わるところや、永姫の豪華な着物(西陣織)も見どころですね。
実際、かなり目を引くのでつい記念撮影しちゃうと思いますよ(笑)

平成の御車山デザイン決定

もうこれだけの要素がそろえば、行ったことのある人ももう一度行かなければですね!
というわけでお待ちしておりま~す\(^o^)/

(HO)

御車山会館HP

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.