高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2012年3月7日

レジェンド・オブ・ザ・シーズ伏木港 では


万葉ふ頭3号岸壁に停泊の予定ですが、


船内は旅券(パスポート)が必要な外国扱いですので、


停泊中でも乗客・乗員以外は乗船できません。


また、大変残念ですが、セキュリティのために岸壁から


500m手前で入場制限をかけます。
万葉ふ頭緑地も


当日は入場禁止になります。
従って申し訳ありませんが、


関係者以外の方は
500m離れた場所からしか


船を見ることはできません。
間近での入港の見学や出港の見送り、


それに「かっちゃ」を近くで見ることはできません。


ご了解ください。


伏木港 の万葉ふ頭の空中写真はこちら

トップページの一番下に載っています。



ただし、4月23日(月)1430分〜16時に高岡市民対象の

船内見学会を実施します。定員は50人(抽選)で条件はふたつ。


423日の時点で有効な旅券または運転免許証で

 本人確認が可能な小学生以上の人 

②補助が無くても階段での移動を伴う約1時間の

 団体行動が可能な人。


応募方法は318日(日)(必着)までに、はがきに

住所・氏名・電話番号・年齢を記入し、高岡市役所商業観光課

(〒933-8601 高岡市広小路 7-50)へ送付してください。

1枚のはがきで2人まで申し込み可能です。

*当選者にのみ3月下旬に通知します。


問い合わせ先は高岡市役所商業観光課です。

TEL 0766-20-1301

*高岡市観光協会ではありませんのでご注意ください。


詳しくはこちら


(SH)

2012年3月7日

伏木は通称「けんか山」 と呼ばれる伏木曳山祭


有名です。毎年515日に開催され、夜は山車(やま)同士を


勇壮に何度もぶつけ合う祭りですが、423日の夜は


レジェンド・オブ・ザ・シーズ の寄港を歓迎して、


臨時で山車同士のぶつけ合いを披露する予定です。


下船した乗客は出港時間の1時間前には船に戻らなければ


ならないので、19時に乗客全員が船に戻るのを待ち、


船の目の前の岸壁で、祭の最大の呼び物である、


提灯を飾った山車の激しいぶつかり合い(地元では


「かっちゃ」と呼びます)をお見せして、


日本の祭り文化をお伝えします。


(SH)

2012年3月7日

レジェンド・オブ・ザ・シーズ の寄港地各港では


旅行会社が近隣の観光地へのオプショナルツアー


複数コース用意しているので、乗客はそのツアーに参加して


日帰りツアーをしてもよし、自分で港やその近隣を


観光してもよし、上陸しないで船の中にずっと滞在して


クルーズライフ満喫してもかまいません。



伏木港 に寄港する際は、観光地の知名度からいって、


立山金沢へのオプショナルツアーを選ぶ乗客が


多いと予想されています。もちろん、1千人以上の乗客がいますので、


中には高岡市を観光したい、高岡市でショッピングしたいと


いう人もいるかもしれませんが、実際は乗組員だけでも700人を


超えているので、高岡市を訪れるのは乗組員が中心に


なりそうです。この日は普段は高岡市内では見かけることの


少ない外国人の観光客乗組員が増えるかもしれません。


高岡市民の皆さんはぜひ歓迎の意向を示してあげてください。


目が合えばニコッとほほ笑むだけで十分です。ニコニコ



当協会では高岡市内の名所や商業地を巡るシャトルバス


用意し、高岡市を訪れる乗客や乗組員の便宜をはかる予定です。


シャトルバスは国宝の瑞龍寺 をはじめ、高岡大仏


イオンモール高岡 高岡大和百貨店 などを


15分間隔で回ります。また、伏木港 には観光案内所


物産販売のテントも設け、英語と中国語の通訳を置く予定です。


市民もてなしの日本伝統民謡や餅つき大会、抹茶席もあります。


(SH)

1 8 9 10 11

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.