高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2012年3月7日

レジェンド・オブ・ザ・シーズ
は4
20日(金)に


上海を出港。韓国の済州島21日(土)20時に出港して、


22日(日)は日本海を1日中クルーズ。23日(月)朝7時に


伏木港 に入港の予定で、同日の20時に出港し、


小樽青森を経て、28日(土)朝6時に横浜港に入港し、


最長で89日間のクルーズです。乗客は9日間ずっと


乗っていてもいいし、23日程度のクルーズもあり、


旅行会社がいろいろなコースを用意しています。



高岡市に本社のあるFKKエアサービス(株) という


旅行会社では、上海まで飛行機で行き、上海からクルーズで


帰ってくる56日のコースや、韓国の済州島まで飛行機で行き、


済州島からクルーズで帰ってくる34日のコースを用意しています。


このように片道は飛行機、片道はクルーズという旅行を観光業界では


「フライ&クルーズ」と呼んでいます。



外国を出発するクルーズ船ですから、外国人も多数乗船して


いますが、上記の「フライ&クルーズ」で日本人も


日本各地から多数乗船しているようです。上海済州島から


乗船する外国人の乗客も、帰りは飛行機になるので、


これも「フライ&クルーズ」ですね。


(SH)

2012年3月7日

423日(月)に高岡市の伏木港に米国船籍の大型クルーズ船が


寄港します。このことがマスコミ等を通じて知られてきたので、


当協会にも各方面から問い合わせが来るようになりました。



今回寄港するのはアメリカのロイヤル・カリビアン・インター


ナショナル という、22隻のクルーズ船を保有する世界最大


規模のクルーズ会社のレジェンド・オブ・ザ・シーズ


Legend of the Seas というクルーズ船です。


総トン数は7万トン。乗客定員1,804、乗組員数723


全長264、幅321995年に就航し、2008年から


アジア地域に配船され、日本への就航は20094月の


福岡に寄港したのが初で、以降は沖縄、鹿児島、福岡、


大阪、名古屋、横浜など日本各地の港に寄港していますが、


高岡市の伏木港 (正式名称は伏木富山港 )へは初めての


寄港です。伏木港 に寄港するクルーズ船としては過去


最大規模です。



日本の代表的なクルーズ船である飛鳥Ⅱ 5万トンですので、


随分と大きな船です。ただし、海外を見ると10万トンを超える


クルーズ船は珍しくない時代ですので、世界的に見て


最大規模の大きさという訳ではありません。


(SH)


1 9 10 11

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.