高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2012年3月14日

5月1日の高岡御車山祭 と5月15日の伏木曳山祭


「けんか山」 の今年の新しいポスターができて、高岡市内の

あちこちで見かけるようになりました。もちろん、当協会の事務所の

入り口にも掲示してあります。春も間もなくですね。

高岡市観光協会のブログ-御車山祭(ポスター)
高岡御車山祭

高岡市観光協会のブログ-伏木曳山祭「けんか山」(ポスター)
伏木曳山祭「けんか山」


高岡市観光協会のブログ-高岡市観光協会事務所入り口(ポスター)

(SH)

2012年3月15日

高岡市を代表するお祭りのひとつである高岡御車山祭

展示施設高岡御車山会館(2014年度開館予定)では、

7基の御車山 (みくるまやま)の中から数カ月交替で展示する1基と


新たに制作される平成の御車山1基との計2基が展示される


予定ですが、高岡市は本日3月15日から、平成の御車山


デザイン案(3案あります)について、高岡市民の意見を募集しています。


高岡市観光協会のブログ-平成の御車山

一番上はA案(鎧兜姿の前田利長公と小姓と巫女)

真ん中はB案(衣冠束帯の前田利長公と正室永姫と子の満姫)

一番下はC案(衣冠束帯の前田利長公と正室永姫)


意見募集期間は4月15日(日)まで。

詳しくはこちら

応募用紙はこちら からダウンロードできます。

(SH)

2012年3月16日

 昨日のブログで平成の御車山デザイン案について、高岡市民の意見を募集しているという話を書きましたが(→こちら)、応募用紙の投票箱は高岡市役所をはじめとして、高岡市内約30か所に設置してあります。詳しくはこちら

 

高岡市民の皆様はぜひ投票を!!!

 

高岡市観光協会のブログ-平成の御車山
片原町の北陸銀行高岡支店のロビー


高岡市観光協会のブログ-平成の御車山
高岡大和の7階のレストランダイワ前


高岡市観光協会のブログ-平成の御車山
JR高岡駅の改札口の前

(SH)

2012年4月5日

 毎年5月1日に開催され、高岡の5月を彩る風物詩高岡御車山祭御車山巡行を曳いてみませんか? 高岡御車山保存会では御車山巡行の曳き手のボランティアを募集しています。
 

募集期間は本日4月5日(木)〜4月20日(金)

募集人数は4名程度。定員に達し次第締め切ります。

募集町内は御馬出街、木舟町、通町です。

募集条件は以下の通り。
①4月28日(土)に開催する「曳き手ボランティア講習会」に出席できること。
  ※山町筋防災施設2階(高岡市木舟町29-1)にて午後7時から1時間程度
②5月1日(火)祭礼当日の巡行(午前8時〜午後6時)に参加できること。
③18歳以上の健康な男性。
④無報酬(当日の昼食は準備します)
⑤傷害保険への加入(費用は山町で負担)
⑥茶髪、ピアスの禁止
※来年以降も継続して参加可能な方をお待ちしています。

 くわしくはこちらをご覧ください。

 (SH)

2012年4月9日

 高岡の春を彩る大型イベントの季節が近づいてきました。
 

4月28日(土)〜30日(月・振休) 国宝瑞龍寺 春のライトアップと門前市

5月1日(火) 高岡御車山祭(みくるまやままつり)

5月15日(火) 伏木曳山祭「けんか山」
 

この3つのイベントの大型ポスターがJR高岡駅の改札内のガラスの壁に掲示してあります。きれいですよ。

 

 高岡市観光協会のブログ-JR
高岡市観光協会のブログ
高岡市観光協会のブログ

(SH)

 

2012年5月1日

 本日5月1日(火)に高岡市では高岡御車山祭が開催されました。毎年5月1日には曜日にかかわらず高岡御車山祭開催されます。

 

 日本の文化財保護法において、お祭りなどに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、無形の民俗文化財のうち、特に重要なものを重要無形民俗文化財として国が指定します。また、お祭りなどに用いられる衣服、器具、家屋その他の有形の民俗文化財のうち、特に重要なものを重要有形民俗文化財して国が指定します。高岡御車山祭 重要無形民俗文化財にも重要有形民俗文化財にも指定されています。

 

 

 日本全国でお祭りは数多くある中で、無形と有形の両方で重要民俗文化財に指定されているのはたった5つしかありませんたとえば、京都の祇園祭や飛騨高山の高山祭などです。高岡御車山祭は国も認める非常に文化的価値の高いお祭りです。

 

 JR高岡駅から約600mの片原町交差点での7基の山車の勢揃いだけを見てお帰りになる観光客も多いようですが、毎年午後3時過ぎの重要伝統的建造物群保存地区である山町筋での奉曳(ぶえい)も風情がありますし、細い裏路地の奉曳(ぶえい)は迫力がありますし、前夜4月30日宵祭のライトアップきれいですよ。

 

高岡市観光協会のブログ-高岡御車山祭
山町筋の通称「赤レンガの銀行(富山銀行本店)の前を通る山車。

高岡市観光協会のブログ-高岡御車山祭
山町筋重要文化財菅野家の前を通る山車。

高岡市観光協会のブログ-高岡御車山祭
細い裏路地を通る山車。

高岡市観光協会のブログ-高岡御車山祭の宵祭・ライトアップ
宵祭のライトアップ

 

(SH)

2013年2月4日

 まだまだ冬の真っ最中の高岡ですが、毎年5月1日開催の高岡御車山祭と毎年5月15日開催の伏木曳山祭「けんか山」の今年の新しいポスターが早々とできて、高岡市内各所への掲示が始まりました。春の到来が待ち遠しいですね。

BIMG_0001

 


去年のポスターはこちら

 

(SH)

2013年4月11日

 5月1日(水)高岡御車山(みくるまやま)が近付いてきましたね。華やかな桃山様式を帯びた高岡名工の技が結集された7基の御車山が町々を巡行する華麗なお祭りです。当日の奉曳(ぶえい)順路・交通規制図ができあがりました。裏面は前日4月30日(火)宵祭・ライトアップの案内です。JR高岡駅前の観光案内所、当協会、高岡市役所4階の観光交流課などで配布を開始しております。

高岡御車山祭 交通規制図PDF

高岡御車山祭 交通規制図(表)
5月1日(水)
奉曳(ぶえい)順路・交通規制図

高岡御車山祭 交通規制図(裏)
4月30日(火)宵祭・ライトアップ

高岡御車山祭

(SH)

2013年4月11日

 日本のお祭り、生業、衣食住などについて、屋台、衣服、器具など有形なものについて、その文化的価値が非常に高いと国が判断した場合は、重要有形民俗文化財に指定されます。一方で、その信仰、風俗慣習、民俗芸能など無形なものについて、その文化的価値が非常に高いと国が判断した場合は、重要無形民俗文化財に指定されます。日本全国であまたのお祭りがある中で、有形無形の両方の分野で重要民俗文化財に指定されているのは、たった5つしかありません。5月1日に催される高岡御車山(みくるまやま)はその一つです。


 屋台、衣服、器具など有形なものについての重要有形民俗文化財は、文化庁データベースによると、日本全国で213件で、富山県内は高岡御車山、富山の売薬用具、立山信仰用具のたった3件です(→くわしくはこちら)。信仰、風俗慣習、民俗芸能など無形なものについての重要無形民俗文化財は、同じく文化庁データベースのよると、日本全国で276件で、富山県内は、城端(じょうはな)曳山祭、高岡市福岡町の菅笠(すげがさ)製作技術など8件です(→くわしくはこちら)。


 そして、日本全国であまたのお祭りがある中で、有形無形の両方の分野で重要民俗文化財に指定されているのは、たった5つしかありません。高岡御車山の他は、あの有名な京都の祇園祭(7月17日の山鉾巡行が有名)、これまた観光客を多く集める飛騨の高山祭(春と秋の年2回)、そして埼玉県の秩父夜祭(ちちぶよまつり)、茨城県の日立風流物(ひたちふうりゅうもの)です。後者の2つは関東のお祭りで、北陸には全然なじみがないですが、祇園祭高山祭は有名ですよね。そのふたつの祭と同程度に文化的価値が高いと国が認めている貴重なお祭りが高岡御車山です。華やかな桃山様式を帯びた高岡名工の技が結集された7基の御車山が町々を巡行する華麗なお祭りです。ぜひ一度お越しになり、ご覧になってください。

高岡御車山祭

(SH)

2013年4月30日

 明日5月1日(水)に高岡市では高岡御車山(みくるまやま)が開催されます。毎年5月1日には曜日にかかわらず高岡御車山祭は開催されます。

 
 日本の文化財保護法において、お祭りなどに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、無形の民俗文化財のうち、特に重要なものを重要無形民俗文化財として国が指定します。また、お祭りなどに用いられる衣服、器具、家屋その他の有形の民俗文化財のうち、特に重要なものを重要有形民俗文化財として国が指定します。高岡御車山祭重要無形民俗文化財にも重要有形民俗文化財にも指定されています。 

 
 日本全国でお祭りは数多くある中で、無形と有形の両方で重要民俗文化財に指定されているのはたった5つしかありません。たとえば、京都の祇園祭や飛騨高山の高山祭などです。高岡御車山祭は国も認める非常に文化的価値の高いお祭りです。 

 
 JR高岡駅から約600mの片原町交差点での7基の山車の勢揃いだけを見てお帰りになる観光客も多いようですが、毎年午後3時過ぎの重要伝統的建造物群保存地区である山町筋(やまちょうすじ)での奉曳(ぶえい)も風情がありますし、細い裏路地の奉曳(ぶえい)は迫力がありますし、前夜4月30日宵祭のライトアップもきれいですよ。

 
★奉曳順路・交通規制図はこちら
 

BIMG_0054 
山町筋(やまちょうすじ)の通称「赤レンガの銀行(富山銀行本店)」の前を通る山車。

 

BIMG_0090 
山町筋重要文化財菅野家(すがのけ)の前を通る山車。
 

BIMG_0115 
細い裏路地を通る山車。
 

BIMG_0172
宵祭のライトアップ

  
(SH)

2013年5月14日

高岡市の観光親善大使を務めていただいております、炭谷茂さんが、

5月1日に行われた御車山祭について記事にされております。

是非、ご覧下さい。こちら

 

 

BIMG_0115

 

(RN)

2014年3月5日

昨日4日(火)より、いきいき富山館 情報館(東京・有楽町)にて、『〜時を越えた華がゆく〜高岡 大曳山展』が開催されております。  期間は03/04(火)〜03/12(水)まで10時〜19時(日は〜18時)です。

有楽町の東京交通会館の中には、いきいき富山館の物産館と情報館があります。展示は、情報館で行われています。

IMG_4195

今回は、大曳山展ということで、高岡御車山まつり、そして伏木けんか山まつりの展示です。

IMG_6316

 

IMG_9325

IMG_4771

 

是非、お近くの方は、お立ち寄りください。

いきいき館HP こちら

(RN)

 

 

2014年4月8日

毎年5月1日に行われる、高岡御車山祭

順路および交通規制は下記のようになっています。

 

 奉曳(ぶえい)順路・交通規制のご案内

 

当日は10:00から交通規制が始まるので、車でお越しの際は早めの移動がおすすめです。

また、掲載されている順路・規制内容は天候により変わることがありますので、ご了承ください。

 

【お問合わせ先】

高岡市 産業振興部 観光交流課 

TEL:0766-20-1301

 

 

2015年4月20日

いま、高岡界隈を騒がせている“高岡御車山会館”が今週末にオープンします。

そこで、本日からオープンまでの6日間、短期集中連載というかたちで会館の情報をちょっとずつ皆様にお届けしたいと思います♪( ^0^ )ノ

 まずは基本編…高岡御車山会館とは何かについて!
「高岡御車山会館」とは、全国で5つしかない国の重要有形・無形民俗文化財である高岡御車山祭の「御車山」を通年展示する施設です。
概要だけ伝えると、よくある記念館のような印象ですが、ここでは、祭りを支えてきた地域の人々の文化に触れ、祭りという“ハレの日”の高揚感を味わい、そして山車に集約された高岡の伝統技術の高さに素直に感動できる施設として、ただ展示物を鑑賞するだけではなく、高岡の文化そのものを皆様に親しんでいただきたいと思います!(。`・ω・´)ノ

高岡御車山会館・外観

ちょっと熱いことを言いましたが、高岡御車山会館は、外観は町並みに溶け込んだ昔ながらの設え、入ればモダンな印象を受けるようなおしゃれな空間です。そしてなぜかほっとするような、あたたかい気持ちになれます。観光においでの方はもちろん、地元の方の普段使いにも適しております(^o^)♪

それでは開館までのあと5日間!期待に胸を膨らませながらお付き合いのうえ、ぜひご来館ください!!♪( ^0^ )ノ

 高岡御車山会館HP

(HO)

2015年4月22日

おはようございます。連載3日目。本日は館内の体験型の装置について紹介します。

高岡御車山会館は伝統を体感する場ということで、お囃子演奏体験装置が設置されています。祭りのお囃子に合わせて太鼓や鐘を叩ける採点マシーンで、どんどこビートを刻んでください♪なんとランキングも出ます♪ちなみにけっこう難しいです...(・ω・)

お囃子体験コーナー

もうひとつおススメなのが4Kの巨大シアターです。迫力の大画面、しかも高精細な映像で皆さんを祭りの世界にいざないます。さらに、山車の「本座(ほんざ)」と呼ばれる、神様がいらっしゃる部分から撮影した映像も差し込まれているということで、地元の方でも特別な人だけしか見ることのできないアングルから、神々の視点で祭りを疑似体験できるそうです。そんな非日常の体験をしたい方はお急ぎください((( ^0^)ノ
高岡御車山会館HP

(HO)

2015年4月23日

ご機嫌麗しゅう、皆様。連載4日目。開館に向けた準備で職員も慌ただしく、いよいよかという気がして参りました。ここにきて、肝心の展示品についてさくっと紹介します。

入館直後、御車山7基の勢揃いを再現したミニチュア模型が目を引きます。女子が大好きなミニチュア。「デートならとりあえず高岡御車山会館」が今後の高岡の常識?となりそうですね(*^0^*)なんとこの空間は無料スペースです☆彡

まあ、せっかくお越しいただいたのならば、有料ゾーンへも進みましょう。入館料は300円。コストパフォーマンスは最高です!ちなみに先日お伝えした“平成の御車山”へ寄附を5万以上いただいた方にはプレミアムパスポートが贈呈され無料で観覧いただけますよ (*・ω・*)How cool!

あ、展示品の話でしたね。山車を構成する「鉾留(ほこどめ)」や「独鈷(どっこ)」、「幔幕(まんまく)」などが、誇らしげに飾られている様は一見の価値有です。ちなみにこの専門用語、覚えておくと確実にモテます。この機会にしっかり覚えましょう。

ほかにも展示品は沢山ありますが、やっぱり来てからのお楽しみ・・・❤ということで、見どころ満載の高岡御車山会館で10人の町衆(のシルエット)とともに、皆様のお越しをお待ちしております!(`・ω・´)
町衆の想い

高岡御車山会館HPはこちら☆

(HO)

2015年4月24日

いよいよオープンを明日に控えました高岡御車山会館!連載も5日目を迎えました。

さてさて~本日は高岡御車山会館内に新店舗をオープンされる「カフェミンピ」さんについてお伝えしたいと思います。

ご存じ、ミンピさんは古城公園の前にも店舗があります。野菜ソムリエであるオーナーの奥様が地元高岡産の野菜を用いて、栄養バランスにも配慮した、安全・安心の食事を提供しておられます。健康志向のおしゃれ女子にぴったりなお店ですね!

わたしも古城公園前のお店には何度か足を運んだことがあるのですが、とてもおいしいです(*^0^*)彩りも華やかで女子会にはぴったり♪お昼の休憩時間に行くにはちょっと遠いのですが、それでも女子5人で無理やり行った経験もあります笑

それくらいおすすめなカフェの2号店で、さらに食器は大人気の「すずがみ」を使用するなど、どこまでも凝ったカフェですので、オープンが待ち遠しいですね(^O^)☆彡

ミンピさんはガイダンス棟(無料エリア)の中にあります♪
やま町ランチ

あ、それからそれからっ(^0^)ノお楽しみのギャラリーショップ、高岡銅器や高岡漆器、クラフト製品などが買えます。御車山にちなんだおしゃれなぐい飲みグラスや、ドラえもんグッズまで揃っておりますo((=゜ェ゜=))o

わたし個人としては御車山の車輪の形のピアスを商品化したら結構おしゃれだと思うのですが…皆さん何か欲しいものはありますか?(*・ω・*)

それではみなさま、高岡御車山会館のオープンは明日ですよ!あ し た ❤

ぜひともお誘いあわせのうえ、ご来館くださいねっ( ^0^ )ノ

高岡御車山会館HPはこちら

(HO)

2015年4月25日

みなさま!本日は、待ちに待った“高 岡 御 車 山 会 館”のオープンですよー!!

(((*^O^*)))高岡ルネサーンス♪♪

開館を前に、ここでとびっきりの大ニュース!

昨日、「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち」として高岡市が“日本遺産”に認定されました!!歴史都市・高岡の中核の1つである高岡御車山を展示する当施設としては、実にめでたく、晴れがましい気持ちを2倍にして、本日のオープンを迎えることができました(*^ω^*)♪♪気合も充分です☆

******( ^O^)***注意*一般公開は3時からです***(^0^ )******

 そんな高岡御車山会館では、現在展示されている通山の山車が、ほのかにライトアップされ、神々しい御姿でみなさんのご来館を静かに待ち望んでいるようです。これは5月1日の祭り当日とはまたひと味違う情景ですね。また、ほんの間近で見られる「平成の御車山」の部材たちも、本物だけが醸し出す、力強くも神秘的なオーラに包まれています。ぜひ、会館に足を運んでいただき、会館全体の“佇まい”とともに、高岡の底力を感じていただきたいと思います!

今後もこの高岡御車山会館が皆様に愛され、高岡の文化遺産群をめぐるまち歩きの“新たな拠点”として、多くの方にご利用いただけることを期待しております。Here we go!

~一週間お付き合いいただき、ありがとうございました~

日本遺産☆高岡御車山

高岡御車山会館HP
(HO)

 

2015年4月30日

 

陽射しだけをみれば、もう夏が来たのでは…と思うほど、気持ちよく晴れた天気が続いています。

桜の花が市内を彩っていたころには、まだ寒さが残っていたのに。

すこしずつの変化が日々積み重ねられていくなかで、

ある時ふと、目や耳や肌で、季節のうつろいを目の当たりにしたような、そんな気がしてしまうのです。

毎年おなじように四季は巡っているはずなのに。不思議なものですね。

 

木々が芽吹き、草花が萌え出し、みずみずしいいのちで満たされる、春の山々。

そのあかるくやわらかな姿を“山笑う”と表現するのだとか。

そして、そんな山笑う折、毎年5月1日高岡で行われ続けているのが、【高岡御車山祭】です。

 

 

IMG_9209

 

 

そのむかし、前田利家公が豊臣秀吉より拝領した御所車を

高岡のまちを開いた二代当主・利長公が町民に与えたのが始まりとされる、この祭礼。

歴史都市・高岡の旧市街を、一文笠に麻裃姿の男たちに伴われた7基の美しい山車が練り廻ります。

 

特筆すべきは、同祭礼が400年あまりの歴史をもち、国の有形・無形民俗文化財の両指定を受けていること。

「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 ―人、技、心―」の名で

先日認定されたことが記憶に新しい、高岡における日本遺産の一端をなしてもいるのです。

加えて、見る者のまなざしをとらえて離さないのが、華やかに飾られた各町の山車。

金工、漆工、染織などの工芸技術が光る山車の装飾には桃山文化の面影が残されており、その姿は優美かつ華麗。

歴史薫る土蔵造りの町並みを背景に巡行するさまは、典雅な絵巻物を思わせます。

 

 

IMG_9215

 

加賀前田家ゆかりのまち、高岡。

この地で大切に守られてきた雅やかな祭りは

町人たちの誇りや心意気とともに、往時の佇まいを、今に伝えてくれるのです。 

 

◆ 高岡御車山会館HP

◆ 「平成の御車山」制作へのご寄附

 

 

(tt)

2015年5月25日

みなさんこんにちは(*^O^*)

爽やかな風がなんとも心地よい五月晴れのなか、わたしが愛してやまない高岡御車山会館の来場者数が1万人を突破しました~~~~~~~!!!(*^□^*)(*^□^*)わーい♪

突破したのは昨日、5月24日のことですから、OPEN(4月25日)からちょうど1か月で10,000人ということですね!いっちまーんにーんっ(*^□^*)☆
1万人目のお客様には、7基の御車山が描かれたパネルが髙橋市長より贈呈されました!おめでとうございます!!

もう一万人の方に高岡御車山会館をご覧いただけたのだなあと思うと、感慨深いものがありますね。たいへん嬉しいです(`・ω・´)!!

 まあ、のべ人数なのでこの一万人の中には何回もお越しいただいた方もおられるのでしょうけども。
かくいうわたしも宣言通り、毎日・・・とはさすがに行きませんが、何度も足を運びましたけどもね!一万人目もこっそり狙ってましたけどもね!笑 

そういえば内設のカフェミンピさんでは「RED&WHITE」や「すずがみ」などの高岡鋳物の食器で食事を提供しているので、これからの季節に、涼しさを感じさせる高岡鋳物でランチ~♪なんてのも風流ですねぇ(´∀`*)夏に向けてクラフトの台所めぐりなんてのもしてみたいなあ、なんて話がそれましたが、高岡鋳物は御車山会館内のギャラリーショップにも売っておりますので、ほしくなったらすぐ!その場で!入手してくださーい☆

ではでは、相変わらず魅力を発揮し続けるこの高岡御車山会館!次は3万人突破が先か、はたまた通町→御馬出町の御車山の展示交代が先か!?今後とも話題を提供して参りますので、ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます(*^O^*)

☆DSCN2376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高岡御車山会館HP

(HO)

2015年9月1日

クールビズが定着したこのごろでは、秋冬ものへの衣替えはまだまだ先…という印象ですが、

高岡御車山会館は8月29・30日の週末にかけて、一足先に展示替えを行いました!

 

館内に展示されていた山車は、おまつり当日の巡行順どおりに、通町から御馬出町に交替となりました。

DSCF4463

(写真は、山車の組み立てが終わり、神事の準備をしているところです。)

御馬出町のみなさんのお揃いのTシャツから町の団結力が伝わってきますね。

 

御馬出町の山車の見どころはなんといっても豪華な幔幕!!

つい先日修理を終えたばかりですので、みなさんもいち早くその美しさを間近でご覧ください。

 

 

山町筋の散策の際は、8月にリニューアルオープンしたばかりの山町茶屋でほっとひとやすみ。

DSCF4460

山町氷(富山棒茶)700円

棒茶のやわらかい苦みは秋口にぴったりですよ。

 和菓子の老舗・大野屋さんの金時も乗ってとってもぜいたく!

まだまだ残暑の続く9月には、秋色のかき氷で季節の移り変わりを感じてみては。

 

 

高岡御車山会館HP

 

(aa)

2015年12月27日

今年は暖冬といわれておりますが、とうとう積もりそうな雪が降って参りました。

そんな冬将軍のお出ましにも負けず、「高岡御車山会館」では第2回目となります展示替えが行われております。

 

*********!御車山会館豆知識!****************

全部で7基ある「御車山」は、4ヶ月毎に1基ずつ展示を替えております。

順番は、5月1日の祭の日の奉曳きと同じ順です。

***********************************

 

1回目は、通町(とおりまち)→御馬出町(おんまだしまち)。

会館がオープンした4月から4か月後の8月。ちょうど夏休みが終わりに近づくころに行われました。

今回は、打って変わって雪の降りしきる中、御馬出町→守山町(もりやままち)の入れ替えです。

 

御車山展示替え(守山町)

 

国の重要有形民俗文化財にこんなに豪快に乗れるなんて・・・地元の方ならではですね。

 

ちなみに高岡御車山会館では、普通は公開しないこの入れ替え作業、

つまり解体や組み立ての様子も間近で見ることができるところが醍醐味!

2階から見るとこんな感じです。

KIMG0049

組み終えたら、左手前のガラスケース(高さ10メートル!)に移動させます。

毎回きちんと「神事」も行われますので興味のある方はぜひ。

一度は見ておくべきだと思いますよ~!

次回は、4月!正確な日付は高岡御車山会館公式ホームページで随時チェックしてください~

 

それではみなさん、よいお年を~(●^o^●)ノ”

(HO)

2017年5月1日

本日の高岡御車山祭は、悪天候のため、12時に予定しておりました勢揃い式は中止となりました。

なお、御車山の巡行については、午後2時に、高岡郵便局前に集合し、午後3時より巡行を開始します。

3時以降は、平常コースとなります。

 

交通規制の変更については、下図のピンクの部分の規制は解除します。

午後2時以降については、通常通り規制を行います。

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.