高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • インスタグラム
  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2021年5月10日

令和3年度・4年度にご活躍いただける『高岡万葉大使』を募集いたします!✨

高岡市内外で開催する観光キャンペーン、公的事業のサポート等が主な活動です。

高岡市の素晴らしさを広く知っていただきたい!という方、ぜひご応募ください!

 

【募集期間】 令和3年5月10日(月)~6月28日(月) *当日消印有効

【募集人数】 2名

【賞  金】 10万円 / 1名

【応募資格】 *18歳以上(高校生は除く)

       *富山県在住の方

       *性別、未婚・既婚は問いません

       *令和3年8月から2年間、年間20回程度の活動に参加できる方

       *大使任命時、任期中に他の団体の観光大使等を務めている、または

        勤めようとする方は応募できません

【選考方法】 1次:書類選考(募集締め切り後実施・7/2(金)までに応募者全員に通知)

       2次:面接(7月10日(土)予定 )

 

【申し込み方法】

*申し込みフォーム〈https://www.takaoka.or.jp/taishi_form/〉を入力

*所定の申込用紙を記入し郵送もしくは持参

 ▷▷お申込み用紙・募集要項ダウンロード

〈宛先〉

 〒933-0029 高岡市御旅屋町101 御旅屋セリオ7階 (公社)高岡市観光協会

〈申込用紙について〉

 高岡市観光協会(御旅屋セリオ7階)、高岡市観光交流課(御旅屋セリオ5階)、高岡市役所1階案内所、イオンモール高岡、クルン高岡、ウイング・ウイング高岡、県内各大学などに設置

 

【お問合せ先】

 (公社)高岡市観光協会 Tel:0766-20-1547

 

2020年11月6日

高岡市の観光促進を図るため、市内企業の方々を対象に市内の観光施設案内の研修を開催いたします。

商用や研修・視察等でいらっしゃったお客様を市内案内する際にお役立てください♪

研修にご参加いただいた方には「たかおか案内人」として、市内観光施設の入館料や万葉線の運賃が無料になる等の優遇措置を受けられる(※ただし観光案内活動中に限ります)「たかおか案内人パス」を交付いたします。

 

【日  時】令和2年11月27日(金)13:00~16:55(予定)

 

【移動方法】市政バス

 

【研修内容】

13:00~13:10  受付(末広・御旅屋大型バス駐車場)

13:30~14:20  高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー 見学

14:40~15:30  雲龍山 勝興寺 見学

15:40~16:10  高岡市北前船資料館 見学

   16:50頃  末広・御旅屋大型バス駐車場 到着、解散

 

【定員・参加費】24名(各社2名まで参加可能)・無料

 

【申込方法】

申込書に必要事項をご記入のうえFAXにてお送りください。

(申込書)コチラからダウンロード(pdf) ※印刷してご利用ください。

(FAX送付先)0766-20-1497(高岡市観光協会)

 

【お問合せ先】

 (公社)高岡市観光協会 Tel:0766-20-1547

 

 

2020年2月28日

【開催中止のお知らせとお詫び】

3月14日(土曜日)に開催を予定していました、令和劇場「梅花の宴」につきまして、
新型コロナウイルス感染症の発生状況及びこれに伴う政府の基本方針を踏まえ、
参加者及び観覧者の皆さまの健康・安全面を第一に考え、開催を中止することといたしました。
急なご案内となり誠に申し訳ございませんが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

令和時代の「梅花の宴」の朗唱に参加しませんか?

 

「令和」の典拠である万葉集に記された「梅花の宴」。
高岡市万葉歴史館の中庭に咲く白梅の花の下で、「梅花の宴」を再現し、梅花の歌32首を朗唱します。

 

〈令和劇場「梅花の宴」〉

・日時   令和2年3月14日(土)午前10時30分~1時間程度(集合・受付 午前9時30分)

・場所   高岡市万葉歴史館 中庭(高岡市伏木一宮1丁目11-11) ※ 雨天の場合はラウンジ

・募集人数 30名+女官2名(先着順)

・参加費  500円

・申込方法 3月4日(水)までに、高岡市観光交流課へFAXまたは電話・E-mail等で参加者氏名・代表者電話番号を連絡

 

◆ ダウンロードはこちら ◆

梅花の宴朗唱募集チラシ ・ 参加申込書

 

〈「梅花の宴」とは〉

「梅花の宴」は、高岡ゆかりの大伴家持の父である大伴旅人が、九州の大宰府の自宅に部下たちを集め、主君と部下が和やかに心を開いて交わる理想の状態「君臣和楽」を目指して開いたものです。

1 2 3 8

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.