高岡市観光ポータルサイト
公益社団法人 高岡市観光協会
高岡市観光交流課

たかおか道しるべ

文字サイズ

サイトマップ

  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ
  • Facebook
  • Twitter

新着情報

2012年6月25日

 毎年10月初めに開催され、万葉集全20巻4,516首全部を3日間かけて朗唱する、高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会のチラシができあがりました。今年も高岡古城公園の中の島特設水上舞台で、10月5日(金)〜7日(日)に開催されます。どなたでも参加できます。参加者の受付開始は7月6日(金)からです。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会


(SH)

2012年8月30日

高岡万葉まつり大茶会の前売券の販売が始まりました。
 

日時 : 2012年(平成24年)10月5日(金)〜7日(日)
      各日 10:00〜15:30
 

場所 : 高岡市民体育館 特設野点席(高岡古城公園 内)
 

料金 : 600円(当日券は700円
 

販売個所 : 下記の5か所
  ・高岡市観光交流課(高岡市役所4階) TEL 0766-20-1301
  ・高岡駅観光案内所(JR高岡駅改札口前) TEL 0766-23-6645
  ・伊東園(高岡・御旅屋大和前) TEL 0766-24-1515
  ・木田芳香園(高岡市定塚町/大仏角) TEL 0766-24-0120
  ・高橋花暁堂(高岡市通町54) TEL 0766-22-0351

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり

(SH)

2012年10月2日

 いよいよ今週末の10月5日(金)〜7日(日)には高岡古城公園 で、万葉集全20巻4,516首の歌の全てを、リレー方式で歌い継ぐビッグイベント「第23回 万葉集全20巻朗唱の会」を中心とした、「第32回 高岡万葉まつり」が開催されます。

 これは、奈良時代の歌集「万葉集」の選者大伴家持が越中国守として高岡で5年間過ごしたことにちなむものです。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり
JR高岡駅では、この「第32回 高岡万葉まつり」に合わせて、奈良時代の衣装を再現した「万葉衣装」をまとった駅員さんが10月1日(月)にお目見えしました。

 大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり 
筆者が取材に行った時には、あいにく男性だけで、女性は不在でした。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり
改札の係員の人数分の衣装がそろわなかったので、若手を中心に数人が「万葉衣装」をまとっているそうで、ローテーションの関係で常にいるとは限りません。「万葉衣装」をまとった駅員は10月7日(日)までの9:00〜17:45の特急の発着時間帯を中心に改札にお目見えします。
 

 関連新聞記事はこちら。こちらの新聞記事の写真には「万葉衣装」をまとった女性駅員も2名写っています。

 

(SH)

2012年10月5日

 いよいよ本日10月5日(金)から高岡古城公園で、万葉集全20巻4,516首の歌の全てを、リレー方式で歌い継ぐビッグイベント「第23回 万葉集全20巻朗唱の会」を中心とした、「第32回 高岡万葉まつり」が始まりました。朗唱の会」7日(日)まで56時間ぶっ通しのイベントです。
 

 これは、奈良時代の歌集「万葉集」の選者大伴家持(おおとものやかもち)が越中国守(今でいえば富山県知事)として高岡で5年間過ごしたことにちなむものです。
 

 今年のパンフレットの表紙のうたい文句は「万葉びとに なりきり ときめく 三昼夜」。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
朗唱の会場は高岡古城公園のお濠に特設された水上舞台です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
朗々とうたいあげておられるのは、オープニング招待朗唱のヴァイオリニストの佐藤陽子さん。第1回からず〜〜っとご参加いただいております。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
オープニング朗唱の締めくくりは高岡万葉歴史館坂本伸幸館長。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
一般参加者に移り、まず登場したのは高岡カトリック幼稚園のみなさん。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
対岸は運動会の父兄席状態です。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
特設水上舞台は裏の浮き桟橋で陸地とつながっています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
遠景で見るとこんな様子。
 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会 
北陸銀行のみなさん。万葉衣装は有料(200円)ですがレンタルでき、豊富な種類の中から選択できます。みんな、色が違うでしょ。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
思い思いの万葉衣装の定塚(じょうづか)保育園のみなさん。子供用の万葉衣装は自前です。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
高岡古城公園内の高岡市民体育館前の広場では屋台村が設置されており、一部の店舗は56時間営業の予定です。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡万葉まつり第23回万葉集全二十巻朗唱の会
コンビニも臨時に設置されています。

(SH)

2013年7月2日

 毎年10月初めに開催され、万葉集全20巻4,516首全部を3日間かけて朗唱する、高岡万葉まつり第24回万葉集全二十巻朗唱の会のチラシができあがりました。今年も高岡古城公園の中の島特設水上舞台で、10月4日(金)〜6日(日)に開催されます。万葉集の朗唱は、どなたでも参加できます。参加者の受付開始は7月5日(金)からです。

Bちらし(表) 
ちらし(表)

Bちらし(裏)
ちらし(裏)

 

 

(SH)

2013年10月4日

 いよいよ本日10月4日(金)から高岡古城公園で、万葉集全20巻4,516首の歌の全てを、リレー方式で歌い継ぐビッグイベント「第24回 万葉集全20巻朗唱の会」を中心とした、「第33回 高岡万葉まつり」が始まりました。「朗唱の会」は6日(日)まで56時間ぶっ通しのイベントです。
 

 これは、奈良時代の歌集「万葉集」の選者大伴家持(おおとものやかもち)が越中国守(今でいえば富山県知事)として高岡で5年間過ごしたことにちなむものです。
 

 今年のパンフレットの表紙のうたい文句は「万葉の 想い歌に魅せられて―。」。

 

BIMG_0024
「朗唱の会」の会場は高岡古城公園のお濠に特設された水上舞台です。

 

BIMG_0013 
オープニング招待朗唱の一人、高岡市観光親善大使で作家の井沢元彦さん。本日10月4日(金)15時から射水神社(高岡工場公園内)で、週刊ポスト「逆説の日本史」連載1000回記念&高岡市観光親善大使就任記念という冠のついた講演会「井沢元彦のおしゃべりタイム〜井沢元彦の世界 大伴家持と万葉〜」があります。

 

 

BIMG_0055
朗々とうたいあげておられるのは、オープニング招待朗唱のヴァイオリニストの佐藤陽子さん。第1回からず〜〜っとご参加いただいております。

 

BIMG_0125
一般参加者に移り、まず登場したのは中央保育園のみなさん。可愛らしい万葉衣装ですね。

 

BIMG_0142
幼稚園・保育園コーナーが続き、次に登場したのは定塚保育園のみなさん。

 

BIMG_0134
特設水上舞台は裏の浮き桟橋で陸地とつながっています。

 

BIMG_0151
遠景で見るとこんな様子です。

 

BIMG_0083
高岡古城公園内の高岡市民体育館の中でも協賛行事を開催中。これは万葉大茶会

 

BIMG_0077
こちらは「万葉のふるさと高岡」写真展

 

BIMG_0070
高岡市民体育館前の広場では屋台村が設置されており、一部の店舗は56時間連続営業の予定です。

 

BIMG_0117
屋台村の一角に北陸新幹線「新高岡駅」開業PRコーナーがあり、アトラクションとしてボディペインティングを無料でしてくれるというので、筆者もやってもらいました。

 

BIMG_0106
最初、「顔にしましょうか」と言われましたが、さすがに遠慮して、手の甲に描いてもらいました。

 

BIMG_0111
これができあがり。

 

 

BIMG_0116
このお姉さんたちが描いてくれます。

 

 

BIMG_0165
高岡市立博物館(高岡古城公園内)前には万葉ふうの衣装のかかし2体が設置されています。昨年9月の中田かかし祭の入選作品だそうです。

 

 

(SH)

2016年6月28日

こんにちは、家持くんです!

“いえもち”ではなく、“やかもち”くんです!

DSC_2431

全国の万葉ファンのみなさま、大変長らくお待たせいたしました!

 

毎年10月の第1金・土・日に開催される、「高岡万葉まつり」。

今年は、10月7日(金)~9日(日)の3日間で行われます。

 

「高岡万葉まつり」の中でも、全国の万葉ファンのみなさまに特に楽しみにしていただいているのが、

万葉集全4,516首を3昼夜をかけて歌いつぐ「万葉集全20巻朗唱の会」。

今年は、7月7日(木)から朗唱者の受付が始まりますよ!

DSC_2428

ぼくも、かつて歌人・大伴家持が度々おとずれた…と言われる雨晴海岸にて一首。

DSC_2434

“馬なめて いざうち行かな 渋谷の 清き磯みに 寄する波見に”(万葉集巻17・3954)

(馬を並べて、さあ出かけようじゃないか。渋谷(現在の雨晴海岸)の清らかな磯に打ち寄せている、その波を見るために。)

 

応募方法など、詳しくは後日お知らせしまーす♪

(Y)

2016年7月5日

H27天平人

今年も10月に開催が決定した「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会」

10月7日(金)~9日(日)の3昼夜をかけて、万葉集全4,516首を歌いつぎます。

1-5392

高岡古城公園の特設水上舞台にて、ライトに照らされながら万葉集を歌うその時間は

まるで自分だけが奈良時代にタイムスリップしてしまったかのように、

ひとり、万葉歌人に思いを馳せる特別なひとときとなります。

 

今年は、7月7日(木)から朗唱者の受付が始まります!

ぜひ歌いたい歌がある方は、お早目にお申込みくださいね。

0001 (2)

朗唱申込用紙ダウンロード

参加費:無料(万葉衣装の着用には、協力金200円をいただきます。)

応募方法:申込用紙に、住所・氏名・年齢・電話番号・希望日時とご希望の歌番号(あれば)をご記入のうえ、郵便またはFAXで実行委員会事務局へお申し込み下さい。参加者が多く、申込用紙に書ききれない場合は、別途内容の分かるものをご送付ください。(様式任意)

☆電話での仮申し込みも受け付けています☆

 

申込・問合先:

〒933-8601富山県高岡市広小路7-50

高岡万葉まつり実行委員会事務局(高岡市観光交流課内)

TEL:0766-20-1301/FAX:0766-20-1496

e-mail:kankou@city.takaoka.lg.jp

 

詳しくはコチラをご覧ください。

(aa)

2016年9月26日

10月はもうすぐそこ。

いよいよ、「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会」の季節です!

万葉集全20巻4,516首を、3昼夜にわたって約2,000人の参加者で歌い継ぐ、歌人・大伴家持ゆかりの地、高岡ならではのビッグイベント。

2-6465

「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会」の特徴は、なんといってもお客様ひとりひとりがこのイベントの主役になれること!

万葉衣装をみにまとい(協力金200円で衣装貸し出し&着付けを行います。)、高岡古城公園の特設水上舞台に立てば、もう気分は大伴家持が生きた奈良時代へ。

 

どなたでも参加できますので、お早目にお申込みくださいね。

(日中は予約が埋まってきておりますが、まだあいている時間帯もございます。興味のある方は、お気軽にお問合せください。)

0001 (2)

朗唱申込用紙ダウンロード

参加費:無料(万葉衣装の着用には、協力金200円をいただきます。)

応募方法:申込用紙に、住所・氏名・年齢・電話番号・希望日時とご希望の歌番号(あれば)をご記入のうえ、郵便またはFAXで実行委員会事務局へお申し込み下さい。参加者が多く、申込用紙に書ききれない場合は、別途内容の分かるものをご送付ください。(様式任意)

☆電話での仮申し込みも受け付けています☆

 

申込・問合先:

〒933-8601富山県高岡市広小路7-50

高岡万葉まつり実行委員会事務局(高岡市観光交流課内)

TEL:0766-20-1301/FAX:0766-20-1496

e-mail:kankou@city.takaoka.lg.jp

 

「高岡万葉まつり」についてはこちら

「万葉集全20巻朗唱の会」参加申し込みについてはこちら

「高岡万葉まつり」期間中のイベントについてはこちら

(aa)

2016年9月28日

10/7~9の3昼夜をかけて行われる「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会」

高岡万葉まつりの期間中は、万葉集の朗唱以外にもイベント盛りだくさん!

その中でも、万葉ファンのみなさんに大人気の、バスツアー「観光ボランティアと行く万葉故地めぐり」をご紹介します。

dsc_1925

 

奈良時代の歌人・大伴家持は、越中国守(当時の富山県知事)として、ここ高岡に5年間滞在していました。

美しい越中国の自然の中で、家持は多くの優れた歌を詠み、万葉集に残しています。

そんな高岡には、万葉ゆかりの地がた~くさん!

「観光ボランティアと行く万葉故地めぐり」では、観光ボランティアの案内のもと、万葉集にまつわる高岡の名所・旧跡をめぐります。

 

【越中国庁跡(勝興寺)…奈良時代に当時の富山県庁の建物があった場所】

%e5%8b%9d%e8%88%88%e5%af%ba_001

 

開催日時:2016年10月7日(金)~9日(日) 各11:00~15:00

行先:高岡古城公園出発→越中国守館跡(高岡市伏木気象資料館)→越中国庁跡(勝興寺)→高岡市万葉歴史館→大伴神社→つまま公園→渋谷の崎(雨晴海岸)→高岡古城公園帰着

参加費:2,000円(昼食含む)

定員:1日につき、20名

お申込み・お問合せ先:高岡市観光交流課 TEL0766-20-1301

 

【高岡市万葉歴史館…全国初の万葉集に関する博物館】

%e9%ab%98%e5%b2%a1%e5%b8%82%e4%b8%87%e8%91%89%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e9%a4%a8%e5%a4%96%e8%a6%b3

 

 

 

「高岡万葉まつり」についてはこちら

「万葉集全20巻朗唱の会」参加申し込みについてはこちら

「高岡万葉まつり」期間中のイベントについてはこちら

(aa)

2016年9月29日

10/7~9の3昼夜をかけて行われる「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会」

高岡万葉まつりの期間中に行われるイベントの中から、今回は「万葉大茶会」をご紹介します。

%e6%8a%b9%e8%8c%b6

高岡の歴史の中ではぐぐまれてきた茶の湯の文化。

そのおかげで、高岡市内の和菓子屋さんの味はどこのお店もピカイチです。

3a-8122

風光明媚な古城の杜を背景に、高岡市民体育館で開催される「万葉大茶会」で、気楽に手軽におもてなしのひとときをお過ごしください。

2b-2063

 

開催日時:2016年10月7日(金)・9日(日) 各9:30~15:00の間で受付

協力団体:7日…裏千家淡交会高岡支部、9日…煎茶道松風流泉月会高岡支部

会場:高岡古城公園内 高岡市民体育館内

前売券:1枚600円(当日券は+100円)

前売券販売場所:伊東園(高岡大和前)、高橋花暁堂(高岡市通町)、木田芳香園(高岡大仏そば)、高岡市役所(4階観光交流課)

お問合せ先:高岡市観光交流課 TEL0766-20-1301

 

「高岡万葉まつり」についてはこちら

「万葉集全20巻朗唱の会」参加申し込みについてはこちら

「高岡万葉まつり」期間中のイベントについてはこちら

(aa)

2016年9月30日

「高岡万葉まつりきっぷ」。

え?万葉まつりが、きっぷに??

万葉ファンの方にとっては、たまらなく気になる存在ではないでしょうか。

%e4%b8%87%e8%91%89%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%b7%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%89

※イメージです。

 

10/7~9の3昼夜にわたり、高岡では秋の一大イベント「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会」が開催されます。

富山県の東側(富山市~朝日町)から、高岡万葉まつりへとお越しいただくみなさまには、お得な「高岡万葉まつりきっぷ」のご購入をおすすめします。

 

あいの風とやま鉄道タイアップ企画 高岡万葉まつりきっぷ
10月7日(金)・8日(土)・9日(日)の高岡万葉まつり期間中に限り、あいの風とやま鉄道東富山駅~越中宮崎駅の各駅から高岡駅までの往復運賃が1,000円になるきっぷです。

あいの風とやま鉄道有人駅の16駅窓口にて9月9日(金)より発売されています。(東滑川駅、西入善駅、越中宮崎駅では販売していません。)
なんと、高岡万葉まつり会場にて、「かえり」のきっぷをご提示の方は万葉衣装レンタル代(200円)が無料になる特典付き!
きっぷの詳細については、あいの風とやま鉄道にお問い合わせください。
TEL.076-444-1300(営業時間 平日8:30~17:15)
http://ainokaze.co.jp

 

 

また、北陸新幹線をご利用のうえ、高岡万葉まつりにご来場の方にも、嬉しい特典をご用意しております。

北陸新幹線開業1周年記念企画
ご来場またはお帰りの際に、北陸新幹線に乗車し、「新高岡駅」をご利用の方は、復路のきっぷまたは領収書等のご提示で万葉衣装レンタル代(200円)を無料とさせていただきます。

 

万葉まつり当日は、周辺駐車場が混み合います。

公共交通機関の積極的なご利用にご協力をお願いします。

 

「高岡万葉まつりきっぷ」についてはこちら

「高岡万葉まつり」についてはこちら

「万葉集全20巻朗唱の会」参加申し込みについてはこちら

(aa)

2016年10月6日

高岡古城公園の木々が、夕日を透かしてほんのり黄色く見える今日このごろ。

そんな高岡古城公園を舞台に、高岡の秋を彩る風物詩「高岡万葉まつり」がいよいよ明日7日(金)からはじまります!dsc_3084

 

こちらは、3日前に撮影した高岡古城公園内に建設中の特設水上舞台です。

高岡万葉まつりのためだけに、毎年設置されるこの水上舞台。

今日はもう万葉カラーの水上舞台がきれいにできあがっていますので、気になる方は、ぜひ会場の高岡古城公園にGO!

dsc_3082

高岡万葉まつりの当日は、お濠の噴水が停止しますので、噴水と水上舞台のコラボが見られるのは今だけですよ~

dsc_3079

高岡古城公園の周辺には、紫色ののぼりが立ち並び、万葉まつりの雰囲気をより一層盛り上げます。

dsc_3083

高岡万葉まつりは、10月7日(金)~9日(日)までの3昼夜にわたって開催されます。

高岡市へすでにお越しの方も、これから高岡に来られる方も、ぜひ会場の高岡古城公園へ足をお運びください!

 

「高岡万葉まつり」についてはこちら

「万葉集全20巻朗唱の会」参加申し込みについてはこちら

「高岡万葉まつり」期間中のイベントについてはこちら

 

(T)

2017年6月27日

奈良時代に、歌人・大伴家持が越中国守(現在の富山県知事)として5年間赴任した高岡市伏木(ふしき)。

家持が富山の美しい自然の中で詠んだ数多くの優れた歌が、日本最古の歌集である「万葉集」に残されています。

(二上山に建つ大伴家持像)

 

そんな「万葉のふるさと高岡」が、1年に1度、万葉の世界に燃え上がる3日間…

それが「高岡万葉まつり~万葉集全20巻朗唱の会~」!

メインイベントである「万葉集全20巻朗唱の会」は、連続三昼夜にわたり、万葉集全20巻4,516首を2,000人を超える人々がリレー方式で高らかに歌い継ぐ、ほかに類を見ないイベントです。

三日間限定で、高岡市街中心部の「高岡古城公園」内に設置される水上舞台は、朗唱される方を万葉の世界にいざないます。

 

この「朗唱の会」の特徴は、なんといっても“市民参加型”であること!

全国から!

どなたでも!!

参加費無料でご参加いただけます!!!!(万葉衣装の着用には協力金200円が必要です。)

 

今年の朗唱参加者募集は7月6日(木)8:30~受付を開始します。

万葉まつりのちらしはただ今鋭意製作中ですが、裏面の申込書だけ先に公開させていただきます。

万葉まつりチラシ裏面(申込書)

 

例年、申し込み開始初日は大変混み合いますが…

今年もみなさまのご参加をお待ちしております(^^♪

(aa)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.