高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2012年10月16日

 国宝瑞龍寺(ずいりゅうじ)や高岡大仏、高岡市観光大使の「あみたん娘」などをラッピング塗装した列車の運行が、「鉄道の日」の10月14日(日)に、JR城端線、氷見線で始まりました。

 

 両線沿線の高岡、氷見、砺波、南砺の4市などでつくる城端・氷見線活性化推進協議会が各市の魅力を発信するために企画したもので、高岡をPRする車両が第一弾で、2016年までの4年間運行する予定です。残り3市の車両も来春までに順次登場します。北陸新幹線開業に向け、二次交通機関としての利用促進も図っていきます。

 

 ラッピング車両はこれまで、氷見市出身の藤子不二雄(A)氏のキャラクターによる「忍者ハットリくん列車」3両が氷見線で走っていました。今回、初めて沿線4市ごとのラッピングとなり、両線を走る24車両の中で計7両がラッピング車両になるそうです。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車 
車両先頭のキャラクターは「あみたん娘」カノン。(→「あみたん娘」の個々のキャラクターについて詳しくはこちらをご覧ください。)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
JR城端線、氷見線の沿線4市の市章です。


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車 
扉にも沿線4市の市章。ダークグレーの背景色にも沿線4市の市章がモノグラム風にアレンジしてちりばめられています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車 
JR高岡駅での10月14日(日)朝のラッピング列車出発式の準備風景。残念ながら筆者は他に都合があり、出発式には立ち会えませんでした。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車 
国宝瑞龍寺

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車 
左から高岡古城公園勝興寺、雨晴海岸から見た3,000m級の立山連峰。いずれも高岡市を代表する観光地です。写真にはうつっていませんが、この右は戸出七夕、左は高岡大仏の写真です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
「あみたん娘」カノン(左)とあみたん(右)。(→「あみたん娘」の個々のキャラクターについて詳しくはこちらをご覧ください。)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
JR高岡駅の南北自由通路から撮影しました。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
車両の反対側です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
「あみたん娘」セシル(左)と阿弥貴(あみたか)(右)。(→「あみたん娘」の個々のキャラクターについて詳しくはこちらをご覧ください。)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
高岡を代表するお祭りのひとつである高岡御車山祭(みくるまやままつり)



大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
この角度で眺めると
「あみたん娘」セシル(左)、阿弥貴(あみたか)(中)、カノン(右)の3人が勢揃い。(→「あみたん娘」の個々のキャラクターについて詳しくはこちらをご覧ください。)



大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-あみたん娘ラッピング列車
JR高岡駅に掲示してあったポスターです。

(SH)

修正 】車両横の七夕の写真を誤って「高岡七夕」と表記しておりましたが、読者の方から、この写真は正しくは「戸出七夕」であるとのご指摘をいただきましたので、修正いたしました。ご指摘いただき、まことにありがとうございました。

1 5 6 7

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.