高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • インスタグラム
  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2012年10月23日

 国の文化審議会は10月19日(金)に、高岡市の金屋町(かなやまち)重要伝統的建造物群(重伝建)保存地区に選定することを文部科学大臣に答申しました。富山県内で重伝建(じゅうでんけん)地区に選定されるのは、世界遺産になっている南砺市五箇山の相倉、菅沼両合掌集落と、高岡市の山町筋(やまちょうすじ)に続いて4件目。鋳物師(いもじ)としては全国初の選定です。早ければ年内にも正式決定します。(→文化庁の報道発表はこちら


 
加賀藩2代藩主の前田利長は、約400年前に高岡城と城下町を建設した際に、鍋や釜などを鋳造する鋳物師(いもじ)7人を砺波郡西部金屋(にしぶかなや)(現・高岡市戸出)から呼び寄せて、千保川(せんぼがわ)西岸に土地を与えました。この拝領地を中心として金屋町が成立し、鋳物師たちが鋳物産業を興して発展しました。「高岡鋳物発祥の地」とされています。

 

 金屋町では江戸時代から昭和初期までに建てられた町屋や土蔵がよく保存されています。保存地区は東西約140m、南北約450mの約6.4ヘクタール。高岡市は、街路の無電柱化や路面の石畳整備などで歴史的町並みの維持に努め、町に残る関連資料を展示する鋳物資料館も開設しています。

 

 重伝建地区選定理由は、「切妻造平入形式の町屋が連続して残り、正面一階にはサマノコと呼ばれる格子を設け、二階には袖壁を設ける。化粧で見せた長押(なげし)や貫が漆喰壁とコントラストをなして美しい」となっています。

 

 正式決定すると、重伝建地区は日本全国41道府県の82市町村に102地区となります。また、重伝建地区はその地区の種別によって、港町、武家町、商家町、宿場町、在郷町、茶屋町、寺町、鉱山町、温泉町、醸造町、漆工町、製織町、製塩町、製蝋町、製磁町、社家町、講中宿、里坊群、漁村、山村集落、養蚕集落、船主集落、島の農村集落などに分類されていますが、鋳物師(いもじ)としては全国初の選定です。(→上記の報道発表102地区全部が挙げられています)

 

 高岡市の金屋町が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されると、山町筋(やまちょうすじ)に次いで市内2か所目。それも、約600mで近接するという、全国でも極めて珍しいケースです。JR高岡駅から直線で山町筋までは約600m、金屋町 までは約1,200m。2か所の重伝建地区にぜひお越しください。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町 
金屋町の町並み。

 

 

(SH)

2012年9月20日

 いよいよ今週末9月22日(土・祝)・23日(日)の2日間は「金屋町(かなやまち)楽市 in さまのこ」です。高岡の鋳物発祥の地であり、地元では「さまのこ」と呼ばれる千本格子の家並みと、銅片の敷き込まれた石畳が美しいたたずまいを見せる金屋町(かなやまち)の伝統的な町並み全域を使って、工芸作品の展示・販売を行うイベントです。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金山町楽市 in さまのこ

日程:9月22日(土・祝)・23日(日) 10:00〜17:00
会場:富山県高岡市金屋町(かなやまち)石畳通り一帯
今年のテーマ:和敬清寂(わけいせいじゃく)
実行委員長:伊東順二氏(富山大学芸術文化学部教授)
協力:隈研吾(くまけんご) 氏(世界的な建築家)

 

【 特徴その1.世界的な建築家である隈研吾氏が協力 】
伊東順二 氏のお考えに共鳴した隈研吾氏がメイン会場の空間構成に協力。
★このお二人は、伊東順二氏が企画、隈研吾氏が設計で、『スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店』(福岡県太宰府市)という、とてもユニークな店舗を造り上げておられます。(→詳しくはこちらこちら

  

【 特徴その2.ゾーンミュージアム
「ゾーンミュージアム」とは、この「金屋町(かなやまち)楽市 in さまのこ」のために考え出されたコンセプト。伝統的な町並みと、銅器・漆器などの伝統産業の技が脈々と息づいている金屋町全域(ゾーン)を使って行う生活空間内展示。
★町中の屋内も屋外も美術館にしてしまうという前代未聞のプロジェクト!大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金山町楽市 in さまのこ
屋内もミュージアム(鷲北家)

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金山町楽市 in さまのこ
屋外もミュージアム

 

【 特徴その3.楽市 】
★ただ展示してあるだけではない! 工芸品を生活空間内で見て、触れて、気軽に買うことのできるイベント。いわば超大型クラフトマーケット
★展示作品は当代一流の作家から、全国一般公募の作家まで、さまざまな作品を楽しんでいただけます。
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金山町楽市 in さまのこ
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金山町楽市 in さまのこ

 

【 特徴その4.ポリゴニウム
ポリゴニウムも、この「金屋町(かなやまち)楽市 in さまのこ」のために考え出されたコンセプト。日本を代表する建築家隈研吾氏がデザインし、地元企業の三協立山アルミ(株)が製作したアルミ製の三角形を組み合わせたディスプレイシステム。
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
伝統的な景観の美を現代の製品で再生!
(喜多万右衛門家)

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
さらに、カフェもポリゴニウム

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
屋台の椅子や机もポリゴニウム


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
案内看板だってポリゴニウム

 

【 特徴その5.きもの通り
★石畳通りの風情ある町並みを、着物や浴衣姿の学生スタッフが歩き、華やかな楽市の雰囲気を再現します。
★事前に着物や浴衣姿での来場を促すとともに、当日は浴衣のレンタル・着付けをおこないます。大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
アトラクションのブラスバンドも全員が浴衣姿

  

【 特徴その6.伝統的な家屋 】
★今年中には指定(予定)の重要伝統的建造物群保存地区の、普段は見ることのできない伝統的な家屋の内側や中庭を楽しむことができます。
大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
喜多万右衛門家

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-金屋町楽市 in さまのこ
畠家

 

(SH)

2012年6月18日

 明日と明後日、6月19日(火)・20日(水)は高岡市の金屋町で御印祭(ごいんさい)です。御印祭は、金屋町鋳物の基礎を開いた前田利長公をしのび、今日の高岡銅器の隆盛を報告し感謝する祭りです。利長公は高岡のまちづくりにあたり、戸出西部金屋から7人の鋳物師を呼び寄せ、御印地と呼ばれる宅地やいろいろな特権を与えて厚く保護しました。利長公の死後、7人衆はこのご恩に報いるため、命日に利長公の御印文書を掲げて礼拝しました。これが御印祭の始まりだといわれています。両日とも鋳物師の作業唄民謡「弥栄節(やがえふ)に振り付けた踊りで千本格子の町を流します。古い街並みに情緒あふれる唄と踊りがとてもあっていますよ。 6月19日(火)は18時から神事があり、前夜祭町流し19:40〜21:10予定です。詳しい日程はこちらをご覧ください。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-御印祭

(SH)

1 6 7 8

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.