高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • インスタグラム
  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2019年1月22日

高岡おとぎの森公園は、等身大のキャラクター像がいる「ドラえもんの空き地」や、「ドラえもんの日時計」などのほか、大型遊具やバラ園等があり、家族全員で一緒に楽しめる公園です(*^_^*)

現在、その公園内にある「ドラえもんの空き地」のキャラクター像のジャイアン、ドラミちゃん、しずかちゃん、スネ夫はお出かけのため、留守にしています。(メンテナンス中のため、一時撤去しております。)

平成31年3月中旬に帰ってくる予定です。

ドラえもんとのび太はお留守番をしているので、2人が寂しくならないようにぜひみなさん遊びにきてください(^^)/

留守にしている4人も春が近づいてあったかくなる頃帰ってくるので、また一緒に遊んでくださいね!

高岡おとぎの森公園ホームページ                               http://terfel.net/

(T.O)

2018年12月1日

高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーにて、12月1日(土)より新しい企画展「Fのロボ友 原画展」がはじまりました。

藤子・F・不二雄作品において、「ゴンスケ」(『21エモン』)や「ドンモ」(『モジャ公』)など、人間以上に人間らしい表情と心を持つ“ロボット”=“ロボ友”たちは欠かすことのできない登場人物(??) です。

今回の原画展では、豊かな表情を持つ“ロボ友”たちと、その周りで巻き起こるストーリーが原画で紹介されます。

原画を通してF先生が想像したであろう未来をご覧ください。

 

「Fのロボ友 原画展」(全二期)

会期(予定):

<前期>2018年12月1日~2019年5月26日

<後期>2019年5月28日~2019年11月30日

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーHP

2015年1月28日

一年のうちで寒さがいちばん厳しくなる時分。

一週間前に大寒をむかえ、

その字面に“どれだけ寒くなるのだろう”とおびえていたところ

思いがけず晴れ間が広がったり気温が高めだったり…といったことが、高岡市内では重なりました。

月をまたいですぐに立春が待っていることを考えれば、そう不思議なことでも、ないのかもしれません。

 

ついこのあいだ、あたらしい年をむかえたばかりな気がするのに。

もう次の月がせまってきているんだと思うと、わけもなくソワソワしてしまいます。

この調子で行けば、3月14日の北陸新幹線 東京-金沢・富山間開業までも、きっと、あっという間。

その記念すべき日には沿線各所がお祝いムードに包まれ、

新高岡駅をはじめとした会場で開業当日イベントを開催する高岡にとっても

にぎやかで晴れがましい一日となることでしょう。

 

開業を目前にひかえた3月1日(日)から、高岡市美術館にて  生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展  がひらかれ

この喜びをさらに大きくしてくれるようです。

藤子先生の生誕80周年を記念して2013年夏に東京タワーで開催された、こちらの企画展。

大迫力の室内型4Dプロジェクションマッピング「SF(すこしふしぎ)シアター」はもとより

「ドラえもん」や「パーマン」といった人気キャラクターたちの原画が見られる「原画の部屋」、

作品世界に入ってなりきり写真が撮れちゃうフォトスポットなど、

おとなから子どもまで楽しめる内容になっています。

会場でしかお目にかかれないオリジナルグッズもあるようなので、こちらも見のがせませんね!

  

 生誕80周年記念 藤子・F・不二雄 展 公式ホームページ

 生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展 

  【入場料】

前売り/大学生以上 1,000円、小学生〜高校生 600円 

当 日/大学生以上 1,200円、小学生〜高校生 800円、なかよし券(大人2人,小人2人) 3,500円

   ※ 65歳以上は 960円

 詳細サイトへ>> 

 

そして、今回の企画展のテーマとなっている、「つなぐ、未来へ」というフレーズ。

あたたかくて素敵な言葉だなぁ、と思わず見入ってしまいました。

それと同時に、昨年末、新高岡駅の公園モニュメント周辺に

市内小学校に通う子どもたちのデザインを基にした、照明飾りが取り付けられた…との記事を目にしたときにいだいた、

“彼らが生まれるずっと前に、北陸に新幹線が走る夢を描いたひとがいたのだ” という

しみじみとした思いもまた、よびおこされたものです。

 

 

 ◆ 立山連峰を背景に、新幹線の線路が走る(左手下寄り)

  

 何人かの “こんなこといいな” が、

たくさんのひとの力によって、ここまできた。

半世紀もの時を経て、その夢の実現は、もうすぐそこ。

夢が叶ったあとには、未来へのあらたな希望が、きっと、つながってゆくはず。

 

 

(tt)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.