高岡市観光ポータルサイト

たかおか道しるべ

  • teitter
  • facebook
  • お問い合わせ
利長くん、家持くん/観光素材ダウンロード

トピックス

2013年8月21日

富山きときと空港ターンテーブルに登場した「富山湾鮨(夏ネタ版)」オブジェは高岡で制作されたものです。

カテゴリー :グルメ


  富山きときと空港を利用するお客様へ、「寿司といえば富山」のイメージの定着を図るため、国内線手荷物受け取りターンテーブルに8月12日(月)から登場したお寿司のオブジェは高岡で制作されたものです。これは、おととしの11月から富山県と連携して県内の寿司店が提供している寿司のセットメニュー「富山湾鮨」のPRのためのもので、オブジェ自体は去年の12月から登場していましたが、今回はホタルイカやノドグロなど春から夏にかけてのネタにリニューアルしました。

 

 

 歴史都市高岡で銅器や漆器などの伝統工芸に従事する高岡伝統産業青年会の協力のもと、高岡の伝統工芸の技を結集して制作されました。1貫の大きさは長さ25センチ、高さ10センチほどで、よりキトキト感(=新鮮さ)を出すために職人たちが素材にこだわり、リアリティーを追求しました。

造形:薮元昭(ヤブ原型所)、嶋光太郎(嶋モデリング
着色:松本浩明(フィッシュクラフトマツモト
ディレクション:國本耕太郎(漆器くにもと

 

 

 

B富山県広報

(SH)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.