• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2015年3月30日

 

  我が背子が 古き垣内の 桜花 

     いまだ含めり 一目見に来ね  (大伴家持)

 

日本中の注目を集めつつ、桜前線が着々と北上してきているようです。

ここ富山県では今月27日にツバメの初見を、30日にはウグイスの初鳴きを観測。

ほんの1週間ほど前までちらちらと雪が舞っていたのが嘘のように

肌で感じる気温の変化とともに、本格的な春の訪れを感じさせてくれました。

 

高岡ゆかりの歌人・大伴家持のみならず、

多くのひとたちが歌に詠み、えがき、愛でてきた、桜。

わたしたちにとっての桜は、なににもかえがたい特別なものなのだと

いつもこの時期になると思わずにはいられません。

ウェザーマップによると、富山県の桜の開花予想日は、4月1日。

高岡の桜の名所・古城公園が春のよそおいを見せてくれるのも、もう少し先になりそうです。

 

そして、春の高岡といえば、

【高岡桜まつり】に並ぶいきおいで存在感を放ちつつあるのが【高岡ねがいみち駅伝】。

今年で3回目をむかえるこのイベントでは、ランナーたちが

中心市街地に位置する高岡大仏・高岡関野神社・射水神社の3つの縁をつなぎ、

“願いの叶う道”とされる「願道(ねがいみち)」を駆けぬけます。

 

 

153790bff422f3470198b3d68aef0626

 

 

仲間と一緒にタスキをつないで走る「駅伝」、

こどもたちが元気いっぱいに走る「キッズラン」、

家族と一緒に走る「親子ラン」、

ひたすらに自分の力を試せる「個人ラン」。

いろんな年齢の、いろんなひとたちが、それぞれのスタイルで参加できるようにと

遊び心に加えてやさしさが感じられるのも、魅力のひとつなのです。

 

この【高岡ねがいみち駅伝】、

開催日は4月26日(日)で、エントリーは4月7日(火)まで。

大会に参加したひとだけが手にすることのできるオリジナル記念品もあるようなので、

興味をひかれた方は、コチラをのぞいてみてください。

だれかを誘って走ってみたくなっちゃう…かも、しれませんよ。

 

 

(tt)

2014年4月11日

ねがい道駅伝 

 

“走る人には、福きたる。”のキャッチフレーズのもと高岡ねがいみち駅伝が今年も開催されます!

高岡大仏・高岡関野神社・射水神社の3つの縁を繋ぐ「願(ねがい)道(みち)」。

このパワースポットルートを走れば、願い事がきっと叶うはず♪

 

ゲストランナーに元ノルディックスキー選手・萩原次晴さんを迎え、

MCのタナベマサキさん、田島悠紀子らが大会を盛り上げてくれます。

 

エントリーは4月15日(火)まで。ぜひご参加ください!

 

詳しくはこちら

 

 

 

 

(Y.G / T.T)

2014年1月29日

 東京マラソンが大成功して以降、日本各地で「ランニングイベント」が大盛況です。富山県西部の中核都市である高岡では、昨年4月に、誰でも参加できる新しい「ランニングイベント」として「第1回 高岡ねがいみち駅伝」が開催され、約1,800名の参加者で賑わいました。

 

 今年の第2回は5月11日(日)の開催です。キャッチフレーズは今年も「走る人には、福きたる。」 高岡の中心商店街沿いには、射水(いみず)神社高岡大仏関野神社という3つのパワースポットが一直線上に並んでおり、この3か所を結ぶ通りを「願いのかなうストリート・願道(ねがいみち)」と呼んでいます。その願道(ねがいみち)を舞台に、メイン会場の高岡古城公園を拠点とし、市街地をめぐる周回コースで行われるのが「高岡ねがいみち駅伝」です。

 

 種目のラインナップは、3〜6人のチームを組んで参加する「駅伝」をメインに、「親子ラン」「キッズラン」が用意されています。どなたでも気軽に参加できるようになっています。 普段のスポーツ仲間と、会社の同僚同士で、学生時代の友人たちと、そして家族や親戚同士で、様々な“願い”を胸に、高岡のまちを楽しく走ってみませんか?? 現在参加者募集中! エントリー締切は4月15日(火)。詳しくはこちらをご覧ください。

 

★昨年の第1回の競技記録はこちら

★昨年の第1回の大会レポートはこちら

★昨年の第1回の当ブログでのご報告はこちら

★昨年の第1回の当ブログでの仮装部門のご報告はこちら

 

 表紙

BIMG_0097
昨年のスタート風景

(SH)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.