• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2013年3月11日

 昨日3月10日(日)午前中に高岡古城公園日本野鳥の会富山県支部主催のバードウォッチングの会がありました。ちにみに日本野鳥の会ではバードウォッチングの会探鳥会(たんちょうかい と呼びます。

 

 日本野鳥の会富山県支部では毎年この時期に高岡古城公園探鳥会を開催しています。(→去年の様子はこちら

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
あいにくの雨天でしたが、みなさん熱心に観察していました。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
高岡古城公園のお堀にはたくさんのカモがいました。マガモホシハジロキンクロハジロハシビロガモなど。シベリアから冬鳥として渡来し、日本で越冬します。まもなく北(シベリア)へ帰っていきます。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
上がキンクロハジロの雄。頭・背中・胸は黒い。クチバシは灰青色で先端は黒い。下はキンクロハジロの雌。全体的に褐色。ほとんどの野鳥は雄の方が派手な色をしています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
クチバシの先が黄色いのですぐわかるカルガモ。ほとんどのカモは雄が派手な色で、雌は地味ですが、カルガモは雌雄同色です。また、カルガモ渡り鳥ではありません。1年中、高岡古城公園の濠にいます。カルガモのように渡りをせず1年中いる鳥を留鳥(りゅうちょう)といいます。

 

 

【おまけ】
探鳥会が終わった後に、1人で立ち寄った古城公園動物園で撮った写真です。飼育されているオシドリを撮影しました。大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会
仲のいい夫婦を「おしどり夫婦」といいますが、いかにも仲の良さそうに寄りそうオシドリのカップル。ほほえましいですね。左が雄で右が雌です。オシドリも上述したように、雄の方が派手な色をしていますが、日本の野鳥の中でも、オシドリの雄はとってもきれいな部類です。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園での探鳥会 
雄単独ではこのような姿です。きれいですね。

(SH)

2012年12月21日

 高岡市の中心部にある高岡古城公園の濠(ほり)には毎年たくさんのカモが渡ってきます。今年もたくさんやってきました。

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の濠のカモ
中の島の前の噴水。左奥にもたくさんいます。


大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の濠のカモ
高岡市立博物館と動物園の間の枡形濠。

 大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の濠のカモ
キンクロハジロ
の雄。目が黄色で、頭・背中・胸は黒い。クチバシは灰青色で先端は黒い。シベリアから冬鳥として渡来し、日本で越冬します。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の濠のカモ
キンクロハジロ
の雌。全体的に褐色。ほとんどの野鳥は雄の方が派手な色をしています。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の濠のカモ
ホシハジロ
の雄の群れ。頭から喉まで光沢のある茶色で、上胸は黒い。背と腹は灰色。こちらもシベリアから冬鳥として渡来し、日本で越冬します。

 

大仏君の日記帳(高岡市観光協会のブログ)-高岡古城公園の濠のカモ
クチバシの先が黄色いのですぐわかるカルガモ。ほとんどのカモは雄が派手な色で、雌は地味ですが、カルガモは雌雄同色です。また、カルガモは渡り鳥ではありません。1年中、高岡古城公園の濠にいます。カルガモのように渡りをせず1年中いる鳥を留鳥(りゅうちょう)といいます。

 

(SH)

2012年3月13日

【 (1)から続く 】


 今年の冬は日本各地で冬鳥(シベリアなどの北国で繁殖し
日本で冬を過ごし春に北国に帰っていく鳥)が少ないねえということが愛鳥家の間で話題になっています。

 

新聞記事はこちら
個人のブログはこちらこちら

 

 日本野鳥の会「2011年〜2012年 小鳥類の越冬状況について」こちら日本野鳥の会も今年の冬鳥の少なさを認めています。

 

 今回の探鳥会でも、この時期なら公園の芝生の上に何羽もいるはずの、代表的な冬鳥ツグミ1羽もみませんでした。( 上記で紹介した個人のブログの両方にツグミの写真が載っています)

 

不思議ですね。

 

 

 

ところで、高岡古城公園の中に浪漫亭というレストランがありますが、入り口に高岡古城公園野鳥の写真がたくさん掲げてありますよ。

高岡市観光協会のブログ-浪漫亭ギャラリー(古城公園の鳥たち)
高岡市観光協会のブログ-浪漫亭ギャラリー(古城公園の鳥たち)
高岡市観光協会のブログ-浪漫亭ギャラリー(古城公園の鳥たち)

 

SH

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.