• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2014年2月7日

 老舗の旅行雑誌「旅行読売」の最新号(2014年3月号→こちら)の長期連載記事「ふるさと食風土記」第123回にて、「北前船がもたらした昆布大国の食文化」として、高岡市の高岡昆布飯(たかおかこんぶめし)が取り上げられました。


 高岡昆布飯
は、昆布の消費量が全国の中で富山県がトップで、江戸時代に北前船で北海道から高岡に運ばれた歴史があることから、高岡を代表する新ご当地グルメとして、2年前から高岡市内のレストランや居酒屋などで、各店が腕を振るい、工夫をこらして、提供を始めたものです。


 2015年春には北陸新幹線「富山県」開業です。ぜひ、高岡にお越しいただき、美容と健康にも良い、おいしくて体にうれしい昆布料理をたっぷりとお召し上がりください。


高岡昆布飯について詳しくはこちら。昨年には昆布とスイーツのコラボ、高岡昆布スイーツも開発しました(→こちら)。

 

B134-135p

「旅行読売」2014年3月号より。

 

B136-137p
高岡昆布飯(昆布巻き)のレシピも載っています。

 

B表紙(大)
表紙

(SH)

2014年1月20日

 住まいと暮らしに関する泰文館の季刊誌「住む。」2014年冬号に、「歩いて探そう、高岡のものづくり」と題して、高岡市が紹介されています。古い街並みが続く金屋町(かなやまち)山町筋(やまちょうすじ)の風景を織り交ぜながら、14ページにわたって特集さてています。全国の書店やインターネットで購入することができます。 

 

B表紙
「住む。」のホームページより。写真は金屋町

 (SH)

2013年12月20日

 文藝春秋社が発行のトラベル誌「CREA Traveller」2014年冬号に、富山県、富山市、高岡市、氷見市、砺波市及び南砺市の1県5市が連携して、各地域の魅力を広く発信し誘客推進を図るため、10ページにわたる記事型広告「富山を味わう 富山に酔う」が掲載され、「CREA 」のホームページにも「越中とやまの食ロードを巡る旅」がアップされました(→こちら)。高岡市は「昆布で〆る。北前船が運んできた『食』文化」という記事で登場し(→こちら)、富山と昆布のゆかりや、塩谷昆布店や室屋(むろや)が紹介されています。

 

表紙トラベル誌「CREA Traveller」2014年冬号表紙

 

B記事
「CREA 」のホームページの「越中とやまの食ロードを巡る旅」トップページ

 

B高岡
高岡市が登場する「昆布で〆る。北前船が運んできた『食』文化」のページ

(SH)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.