• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2014年12月12日

明日12月13日は、映画『アオハライド』の公開日です。私たち高岡フィルムコミッションも映画撮影に協力しました。

アオハライド_B1

Ⓒ2014映画「アオハライド」製作委員会 Ⓒ咲坂伊緒/集英社

 

高岡のロケ地と撮影の思い出です。

【クルン高岡】 3月末にオープンした高岡駅隣接ビル、クルン高岡の2階人口デッキで撮影が行われました。スタッフの方々が下見に来られた2月は、クルン高岡は建設工事中でした。こんな状況でしたが、撮影地に選んで頂き、感謝です!撮影は4月でしたので、出来上がったばかりのクルンが映像におさめられています。

高岡駅(クルン) (3)高岡駅(クルン) (31)

 

【金屋緑地公園】 高岡鋳物発祥の地、金屋町の公園です。こちらでは、地元エキストラ300名に参加して頂き撮影を行いました。夜の撮影だったため気温10℃以下、凍える寒さの中、エキストラのみなさまは“夏服”で演技を! 長丁場の撮影に参加して下さったみなさま、本当にありがとうございました、お疲れ様でした。

IMG_9022

 

【高岡関野神社】 高岡駅から徒歩5分。町の真ん中にある神社です。毎年5月1日に行われる例祭「高岡御車山(みくるまやま)祭」は県内外の多くの観光客で賑わいます。関野神社の撮影時、「高岡ブラックコロッケ・ホワイトコロッケ」を差し入れました。キャスト・スタッフの方々に高岡名物をご紹介〜!(コロッケは道の駅高岡で購入できます。)

IMG_0049024

 

 

【御旅屋通り商店街】高岡大和前のアーケード商店街でも撮影を行いました。夜のシーンでしたのでこちらも寒い中、地元エキストラの皆様のご協力のもと、撮影が行われました。こちらの商店街には、撮影スタッフの拠点となっていた“ふたばビル”があります。主人公と同じ名前のビルです!

015

 

他にも・・千保川の桜並木、高岡市役所付近の桜並木、二上まなび交流館、イオンモール高岡のゲームセンターなど、高岡だけでもこんなに沢山のロケ地があります〜。

普段生活している(知っている)場所が、 映画の舞台になるってうれしいですね。皆さん『アオハライド』は明日公開です。是非、劇場で『アオハライド』をお楽しみ下さい。

(RN)

 

 

 

2014年12月5日

高岡市を拠点に県内各地で撮影された、話題の青春映画「アオハライド」。公開日は12月13日ですが、その前に記念イベントとして、富山からキャストとして参加した学生が中心となり“アオハライド 高岡文化祭”を開催することになりました。

aoha_B5_4P_front_out 2

Ⓒ2014映画「アオハライド」製作委員会 Ⓒ咲坂伊緒/集英社

 

地元のアオハライド応援団による映画裏話や、パネル展、撮影で使用したセットの展示、プレゼントじゃんけん大会など、盛りだくさんの内容で行われます。みなさん是非イオン高岡に遊びに来てください〜、お待ちしております!

 

〇期日 2014年12月6日(土)10時〜16時

〇場所 イオンモール高岡 1階「セントラルコート」

http://takaoka-aeonmall.com/news/event/#news-399

 

(RN)

2014年11月28日

今年の4月、高岡市と富山市を中心に約1か月かけて撮影された映画『アオハライド』。劇場公開が12月13日(土)と間近に迫ってきました!

アオハライド_B1

Ⓒ2014映画「アオハライド」製作委員会 Ⓒ咲坂伊緒/集英社

 

公開前に『アオハライド』について、おさらいです。

600万部突破の大ベストセラーコミック『アオハライド』待望の映画化が実現します。タイトルの『アオハライド』とは、原作者・咲坂伊緒さんが〈青春(アオハル)〉と〈ride(乗る)〉を組み合わせて作られた言葉だそうです。

ヒロイン・吉岡双葉役は、本田翼さん。双葉の初恋の相手・馬淵洸役は、東出昌大さん。この2人のもどかしく切ない恋を描いた、青春ラブストーリーです。

 

そして、今回映画撮影の大半が行われた富山のロケ地をまとめた、ロケ地マップが制作されました〜!高岡市内では、高岡駅高岡観光案内所や高岡大和7階 高岡市観光協会、TOHOシネマズ高岡等で配布されています。みなさん是非こちらを参考にロケ地を巡ってみて下さい。

昨日聞いたところ、さっそくロケ地マップをもとに、ロケ地巡りをされているかたもいらっしゃるようです。

公開前に回るのもよし、公開後に回るのもよし!みなさんも富山で“アオハル”しましょう。

 (RN)

 

 

 

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.