• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2017年2月17日

平成27年度より、高岡市・南砺市・東京藝術大学の三者が連携し、国宝法隆寺釈迦三尊像の再現に取り組んできました。

400年続く高岡市の鋳物技術と、600年続く南砺市の彫刻技術、東京藝術大学が保有する科学技術の結晶である3Dプリンターを用いることにより、門外不出の釈迦三尊像を限りなく科学的に同質なもので複製することに成功しました。

   

法隆寺にある本物の釈迦三尊像は、金網越しにしか見学することはできず、ましてや後姿を見ることなどは到底できませんでした。

しかし、今回の展示では、約2mの距離まで近づけ、像の裏側に彫られている銘も確認することができます。

その他にも、台座や金堂壁画を法隆寺の金堂に近い配置で展示し、3Dプリンターで制作された原型、鋳造工程で使用された石膏型なども展示します。

この様な機会は非常に貴重であり、北陸で見られるのはこれが最後かもしれませんので、少しでも興味を持たれた方は是非いってみてはいかがでしょうか。

【展示会概要】

◇展覧会

開催期間:平成29年3月10日(金)~3月20日(月・祝)(10:00~18:00 ※入場は17:30まで)

開催場所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール

◇オープニング
 日  時:平成29年3月9日(木)17:45~19:45
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
 内  容:[内覧会] [洋遊会と東京藝術大学のコラボレーションによる雅楽演奏]
      ※洋遊会/江戸時代からの歴史がある高岡市の雅楽団体                                             [ご挨拶] 髙橋 正樹(高岡市長)、田中 幹夫(南砺市長)
        [トークイベント](敬称略・50音順)
      伊東 順二(本展キュレーター、東京藝術大学社会連携センター特任教授)
      岩崎 孝進(井波彫刻協同組合理事長)
      梶原 壽治(伝統工芸高岡銅器振興協同組合理事長)
      隈  研吾(建築家・東京大学教授)
      髙橋 正樹(高岡市長)
      田中 幹夫(南砺市長)
      宮廻 正明(東京藝術大学大学院教授・学長特命・社会連携センター長)

◇ギャラリートーク

≪第1回≫
 日  時:平成29年3月11日(土)14:00~14:45
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
 内  容:彫刻技術による釈迦三尊像の再現](敬称略・50音順)
        大石 雪野(彫刻家・東京藝術大学特認研究員)、南部 克紀(井波彫刻協同組合常務理事)、
        深井 隆(東京藝術大学美術学部彫刻科教授)

≪第2回≫
    日  時:平成29年3月18日(土)14:00~14:45
    場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
    内  容:金工技術による釈迦三尊像の再現(敬称略・50音順)
        相原 健作(金工作家・東京藝術大学特認研究員)、嶋 安夫(伝統工芸高岡銅器振興協同組合
        直前理事長)、丸山 智巳(東京藝術大学美術学部工芸科鍛金研究室准教授)

◇職人による実演

≪第1回≫
 日  時:平成29年3月11日(土)13:30~15:30
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホワイエ
 内  容:台座を制作した彫刻師による実演
        (井波彫刻協同組合 彫刻師)

≪第2回≫
 日  時:平成29年3月18日(土)13:30~15:30
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホワイエ
 内  容:大光背の光背銘を彫金した職人による実演
        (伝統工芸高岡銅器振興協同組合 彫金師)

釈迦三尊像チラシデータ

新高岡駅から高岡駅までのアクセスは新高岡駅~高岡駅間を

10分ごとに運行する路線バス『シャトル6』が大変便利です♪

詳しくはコチラをクリック☛『新高岡駅から高岡駅までのアクセス情報』

(mm)

2017年2月10日

富山県内唯一の国宝である瑞龍寺のライトアップイベントが開催されます。

加賀前田家2代当主であり、高岡の開祖でもある前田利長公の菩提寺として知られる曹洞宗の名刹。

3代当主前田利常によって建立され、造営には約20年もの歳月が費やされました。

昼間の瑞龍寺は風格ある伽藍配置の荘厳さと、空と地面が作り出す様々な色のコントラストで、来る人々を魅了しています。

    

ライトアップイベントは、そんな昼間の姿とは全く違う瑞龍寺を見る事が出来る、大変貴重な機会です。

夜に様々な色に照らされ浮かび上がる瑞龍寺は、昼間の姿とは一線を画す神々しさがあります。

冬のライトアップでは、春と夏のライトアップでは見る事が出来ない、雪化粧された特別な瑞龍寺を見る事ができるかもしれません。

    

 

【日時】2月11日(土・祝)、12日() 17時30分~20時30分 ※大福市16時30分~

【場所】国宝 瑞龍寺 〒933-0863 高岡市関本町35 

【来場特典】11日(土・祝)、12日()の両日とも龍玉だんごを先着700名に無料で進呈します

【料金】前売券350円、当日券500円(中学生以下無料)

【駐車場及びアクセスについて】

会場付近には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

イオンモール高岡に臨時の駐車場を設置し、無料シャトルバスを運行いたしますのでご利用下さい。

シャトルバスは16:45~21:00の時間帯で随時運行します。

【お問合せ先】北日本新聞社高岡支社事業部 TEL:0766-22-2226 瑞龍寺ライトアップ公式HP

   瑞龍寺ライトアップチラシ

 

(mm)

 

2017年1月20日

富山県では、男の子(特に長男)が生まれると、天神様、つまり菅原道真を学問の神様として「子供たちの頭が良くなりますように!」との願いを込めて、12月25日から1月25日まで、掛軸や、木彫の天神様等を飾る風習があります。

この風習は北陸地域の一部でしか行われていないらしく、全国的にみても珍しいそうですね!

掛軸や木彫りなど種類は様々ですが、確かに富山県にお住まいの方のほとんどは天神様を飾っていますよね。

そんな富山県にとってはなじみが深い天神様が展示される、『山町筋の天神様祭』が山町筋で開催されます!

開催日:1月21日(土)、22日(日)

場所:山町筋一帯

お問合せ先:土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会 TEL:0766-23-2623

URL:http://www.yamacho.org/

山町筋の天神様祭チラシデータ         山町筋の天神様祭マップ

 

また同日に講演会も開催されますのでこちらにも是非お立ち寄りください♪

≪講演会≫

ユネスコ無形文化遺産登録!高岡御車山祭』 講師:中村 知子氏(高岡御車山会館学芸員)

日時:1月21日(土)14時より

場所:高岡御車山会館

料金:無料

 

大きすぎて、小さすぎて、見えないもの』 講師:向井 康之氏(平米小学校長)

日時:1月22日(日)11時より

場所:土蔵造りのまち資料館

料金:一般:500円(15名) 小学生:無料(20名) ※事前申し込みが必要です

お問合せ先:土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会 TEL:0766-23-2623

 

歴史的な町並みが残る山町筋と豪華な天神様を堪能しに是非お越しください♪

 

(mm)

 

 

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.