• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2017年3月29日

2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された高岡御車山祭

高岡の金工、漆工等の工芸技術の粋が凝縮された高岡御車山は全国的に見ても非常に華やかなものとなっています。

今年は登録を受けて初めて迎える祭なので、全国から大勢の観光客の方々が来ることが予想されます。

12時に片原町交差点で行われる『勢揃い式』は例年多くの人出で賑わい、7基の絢爛豪華な御車山が並ぶ姿は祭の一番の見どころでもあります。

その勢揃い式を御車山のすぐそばの桟敷席で見学することができる旅行商品ができました!

それがこちら!

        ユネスコ無形文化遺産登録記念旅行商品 

高岡御車山祭を最高のロケーションから見学できるのはもちろん、県内唯一の国宝に指定されている瑞龍寺など、高岡市の魅力的な観光地も一緒に巡ることができるます。

ユネスコ無形文化遺産に登録された高岡御車山祭をメインで見に来たけど、せっかく高岡まできたから他の観光地も見て回りたいという方にピッタリのプランとなっています♪

 

その他にも高岡御車山祭とは違った激しさと面白さがある、伏木曳山祭『けんか山』を桟敷席で見学することができる旅行商品もございます!

         ユネスコ無形文化遺産登録記念旅行商品 

けんか山のメインイベントである、山車同士が激しくぶつかり合う『かっちゃ』は、祭に来たすべての人々を魅了します!

けんか山で経験した興奮はずっと心の奥に刻まれ、また来たくなること間違いなしです!

 

富山県西部ではゴールデンウィーク期間中に魅力的な祭やイベントが盛りだくさんです!

みなさまのお越しを心よりお待ちしております♪

 

【旅行商品お申し込み先】

とやま観光推進機構 TEL:076-441-7722

 

(mm)

2017年3月10日

土蔵造りの町並みが美しい山町筋にひなまつりの季節がやってきました♪

普段は重厚な佇まいで来る人を魅了していますが、ひなまつりの日はレトロなまち並みギャラリーに姿を変え、いつもとは違う華やかな山町筋をお楽しみいただけます。

 

普段は一般公開されていない家々もひなまつりの期間中は家の中でひな人形を公開していますので、山町筋に来たことがある人も、前回は入ることができなかった土蔵造りの家々をお楽しみいただけます。

【開催日】3月11日(土)、12日(日)

【場所】山町筋一帯

【イベント】

講演会『高岡御車山を識る』

講師:樽谷 雅好氏(郷土史講釈・文筆家)

日時:3月11日(土)14時より

会場:高岡御車山会館

料金:無料

ひなまつり茶席

日時:3月11日(土)、12日(日)10時~16時

会場:土蔵造りの町資料館

料金:前売券500円、当日券600円

前売券販売所:ビューティヤソブ、若森質店、スーパー守山町店、大野屋、丸和

 

 山町筋のひなまつりチラシ表面  山町筋のひなまつりチラシ裏面

【お問い合わせ先】

土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会 TEL:0766-23-2623

(mm)

 

 

 

2017年2月17日

平成27年度より、高岡市・南砺市・東京藝術大学の三者が連携し、国宝法隆寺釈迦三尊像の再現に取り組んできました。

400年続く高岡市の鋳物技術と、600年続く南砺市の彫刻技術、東京藝術大学が保有する科学技術の結晶である3Dプリンターを用いることにより、門外不出の釈迦三尊像を限りなく科学的に同質なもので複製することに成功しました。

   

法隆寺にある本物の釈迦三尊像は、金網越しにしか見学することはできず、ましてや後姿を見ることなどは到底できませんでした。

しかし、今回の展示では、約2mの距離まで近づけ、像の裏側に彫られている銘も確認することができます。

その他にも、台座や金堂壁画を法隆寺の金堂に近い配置で展示し、3Dプリンターで制作された原型、鋳造工程で使用された石膏型なども展示します。

この様な機会は非常に貴重であり、北陸で見られるのはこれが最後かもしれませんので、少しでも興味を持たれた方は是非いってみてはいかがでしょうか。

【展示会概要】

◇展覧会

開催期間:平成29年3月10日(金)~3月20日(月・祝)(10:00~18:00 ※入場は17:30まで)

開催場所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール

◇オープニング
 日  時:平成29年3月9日(木)17:45~19:45
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
 内  容:[内覧会] [洋遊会と東京藝術大学のコラボレーションによる雅楽演奏]
      ※洋遊会/江戸時代からの歴史がある高岡市の雅楽団体                                             [ご挨拶] 髙橋 正樹(高岡市長)、田中 幹夫(南砺市長)
        [トークイベント](敬称略・50音順)
      伊東 順二(本展キュレーター、東京藝術大学社会連携センター特任教授)
      岩崎 孝進(井波彫刻協同組合理事長)
      梶原 壽治(伝統工芸高岡銅器振興協同組合理事長)
      隈  研吾(建築家・東京大学教授)
      髙橋 正樹(高岡市長)
      田中 幹夫(南砺市長)
      宮廻 正明(東京藝術大学大学院教授・学長特命・社会連携センター長)

◇ギャラリートーク

≪第1回≫
 日  時:平成29年3月11日(土)14:00~14:45
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
 内  容:彫刻技術による釈迦三尊像の再現](敬称略・50音順)
        大石 雪野(彫刻家・東京藝術大学特認研究員)、南部 克紀(井波彫刻協同組合常務理事)、
        深井 隆(東京藝術大学美術学部彫刻科教授)

≪第2回≫
    日  時:平成29年3月18日(土)14:00~14:45
    場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホール
    内  容:金工技術による釈迦三尊像の再現(敬称略・50音順)
        相原 健作(金工作家・東京藝術大学特認研究員)、嶋 安夫(伝統工芸高岡銅器振興協同組合
        直前理事長)、丸山 智巳(東京藝術大学美術学部工芸科鍛金研究室准教授)

◇職人による実演

≪第1回≫
 日  時:平成29年3月11日(土)13:30~15:30
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホワイエ
 内  容:台座を制作した彫刻師による実演
        (井波彫刻協同組合 彫刻師)

≪第2回≫
 日  時:平成29年3月18日(土)13:30~15:30
 場  所:ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)4階ホワイエ
 内  容:大光背の光背銘を彫金した職人による実演
        (伝統工芸高岡銅器振興協同組合 彫金師)

 

♢国宝仏の再現に挑む法隆寺釈迦三尊像と高岡・井波の職人たち

 

≪日本語版≫

 

ショートバージョン(16分)

 

ロングバージョン(36分)

 

≪Englishversion≫

 

short version(16分)

 

long version(36分)

釈迦三尊像チラシデータ

新高岡駅から高岡駅までのアクセスは新高岡駅~高岡駅間を

10分ごとに運行する路線バス『シャトル6』が大変便利です♪

詳しくはコチラをクリック☛『新高岡駅から高岡駅までのアクセス情報』

(mm)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.