• 見どころ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 物産・特産・お土産
  • レンタルサイクル
  • 高岡市へのアクセス
  • 高岡駅・新高岡駅間のアクセス
  • コンベンション情報
  • たかおかフィルムコミッション
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 観光ボランティア
  • パンフレットダウンロード
  • 旅行者向けサービス
  • 観光素材ダウンロード
  • 画像&動画ライブラリ

カテゴリーアーカイブ

トップページへ >>

新着情報

2014年11月12日

落ち葉が木枯らしに舞う季節を迎えました。

北陸銀行高岡支店横ポケットパークの「夕日の像」の子供たちも寒そうにしていました。

でも、もう大丈夫。ことしも「おもてなしグループ『さくらG』」(代表:中井明子さん)のみなさんのおかげで衣替えです。ことしは、青と赤のフード付きケープです。

ここを通る皆さんの心にもこの温もりをおすそ分けします。

P1080742

2月末までご覧になれます。ぜひ立ち止まってご覧ください。

除幕式では、坂の下保育園の子供たちが元気に歌や踊りで祝ってくれました。

P1080745

 

(YG)

2014年7月8日

「ぎんぎん ぎらぎら」の像の子供たちがかわいい浴衣を着て、きょうからお出迎えです。

除幕式では、坂の下保育園の園児がかわいらしい歌をうたってくれました。

IMG_9475

北陸銀行高岡支店横のポケットパークを彩る夏のページェントとしてすっかり定着。

ぜひ立ち止まって、「なごみ」のひとときを楽しんでみてはいかがですか。

 

「おもてなしグループ『さくらG』」の皆さんが丹精した今年の装いは、ちょっとシック。ひょっとすると、ことしの夏の流行の先取り?

IMG_9484

 

8月下旬までご覧いただけます。

因みに、童謡「ぎんぎん ぎらぎら」は、童謡詩人葛原しげるの詩に高岡市出身の室崎琴月が曲をつけたもので、いまでも多くの人に親しまれています。

 

(YG)

 

2013年11月12日

 高岡市中心部の片原町交差点の北陸銀行高岡支店前の小公園には子供たちのブロンズ像「ぎんぎんぎらぎら」があります。これは童謡「夕日」をイメージした像で、作曲者で高岡市出身の作曲家室崎琴月(むろざき きんげつ)を顕彰するために1983年(昭和58年)に設置されたもので、童謡「夕日」の歌い出しの「ぎんぎんぎらぎら」の振り付けにちなみ、約50センチの子供9人が両手を上げています。

 

 例年、高岡市民有志のおもてなしグループ「さくらG」が冬はマフラーなどの装い、夏は浴衣を着せていますが、今年も本日11月12日(火)から冬の装いを着せてもらい、午前中には除幕披露があり、坂ノ下保育園の年長の園児17名が童謡「夕日」を合唱しました。

 

BIMG_0006
除幕披露が始まります。

  

BIMG_0020
めでたく披露されました。

  

BIMG_0030 
近付くとこんな様子です。色とりどりの帽子やチョッキをつけています。 

 

BIMG_0048 
ブロンズ像の前で坂ノ下保育園の年長児17名が「ぎんぎんぎらぎら」のブロンズ像と同じ振り付けをしながら、童謡「夕日」を合唱しました。

 

BIMG_0072
踊ったりもしました。

 

BIMG_0094
ちなみに、これは昨年の冬の装いです。今年とはちょっと違います。

(SH)

Copyright (c) Takaoka city Tourism Association. All Rights Reserved.